What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

全豪オープンテニス2017を観るなら全豪公式ページから。もちろん無料で。練習風景も観れるかも。


テニスシーズン始まってすぐに開催されるグランドスラム大会である、全豪オープンですが、WOWOWに入ってないし観れないなと思っていませんか?実はインターネット環境さえあれば、PC、スマホ、タブレットから試合の生中継を無料で観る事が出来ますので要チェックです。

しかも、普段は観る機会の少ない練習風景すら中継される事がありますので、興味のあるファンにとっては最高の環境です。

全豪公式ページだけあって、流石に英語表記になってはいますが、難しい単語が並んでいる訳ではありませんので是非覗いてみてください。

スポンサーリンク

公式ページでの視聴方法について

公式ページ http://www.ausopen.com/en_AU/video/live.aotv.html

上記のリンクで、全豪オープンテニスの公式ページに移動し、画面中央の再生ボタンを押せば、短い10秒ほどの広告が入った後にすぐに再生が開始されます。

時間帯によっては選手の試合後の記者会見であったり、空っぽのコートが延々と映っていたりしますので、その場合は他のアリーナコートや20以上にあるサブコートで試合を行っていないか観てみましょう。

【追記】全豪オープンテニス2017決勝戦については、視聴ページの接続が不安定になっている模様ですので、他記事「全豪オープンテニス2017決勝はAO TV Liveの接続が不安定。それでも観る場合。」にて補足しております。是非ご参照ください。

全豪オープン公式ページの試合視聴画面 再生画面

画像では、ちょうどナダル対ズベレフの3回戦が始まる直前になっています。

全豪オープン公式ページの試合視聴画面 他コートの見方

「PLAYERS ARRIVE ON COURT」と表示されていますね。これは選手入場という意味です。ちなみに「RLA」という表示は「ROD LAVER ARENA」の略語で、メインアリーナのセンターコートの意味ですね。他のコートの進行状況をチェックしたい場合は赤枠、黒枠で囲った矢印をクリックしてみましょう。

左に縦に並んだ項目である「LIVE」、「COMPLETED」、「UPCOMING」についてはそれぞれ、「生中継中」、「試合終了」、「次の試合予定」という意味です。

COMPLETEDでは終了した試合映像が観れるわけではなく、スコアのみ表示されますのでスコアを確認したい時に。

予定は、スケジュールの別ページでチェックすれば良いですし、まあ中継中の試合を観る事が多いでしょうから、ほぼLIVEに合わせていればOKだと思います。

【追記】視聴画面上の「LIVE」、「COMPLETED」、「UPCOMING」操作パネルは表示される場合と表示されない場合があるようです。

表示されない場合は、下に記載にしてあるスケジュール確認の方法をご参考に「In Progress」(試合進行中)の試合をチェックして視聴してみてください。

画像はA・ズベレフ vs R・ナダル戦の試合中の様子です。全豪オープン公式ページの試合視聴画面 別コートの選択方法

気になる試合がある場合は、画面のメニューからSelect Courtのメニューをクリックしてコートリストを表示させてクリックします。

または、画面下の横スクロール画面からコートをクリックします。左端のAO LIVEチャンネル(Select Courtだと一番左上)をクリックすると、ハイライト的な映像や注目の記者会見、練習コートの風景などが放送されます。

シード上位選手の場合は練習風景が放送される可能性がありますので、気になる選手がいる場合はAO LIVEチャンネルは要チェックですね。

画像は画面ではR・フェデラー選手の練習風景が放送されていた画面です。生中継されていましたね。フェデラーの練習風景 全豪 2017 全豪オープン公式ページより

大きな番号のコートではダブルスの試合やジュニアの試合の生中継が観れますので、かなりおもしろいです。複数タブで画面を開けば複数画面で同時に観る事も可能ですね。

スポンサーリンク

たまに、接続環境が不安定になった場合は以下の画面が表示される事がありますが、すぐにチャンネルを選択し直せば、そのまま問題なく再生が開始される場合が多いです。

全豪オープン公式ページの試合視聴画面 ネットが接続されない場合

画面が表示されたままいくら待っても自動で再生が復帰する事は無いようですので、この画面になったらすぐさまチャンネル操作を行う事をおすすめします。

試合スケジュールの確認方法

ちなみに公式ページのホーム画面から中継画面を辿る場合には、上記メニューの「VIDEO」をドロップダウンさせると表示される「AO TV LIVE」をクリックしますが、ここではスケジュール確認の方法について見てみましょう。

全豪オープン公式ページの試合視聴画面 試合スケジュールの見方

スケジュールはその通り、上記の「SCHEDULES」をドロップダウンさせて赤枠のOrder of Playを選択します。

全豪オープン公式ページのスケジュール確認の方法 order of play ao 2017

左にコート名と試合開始の目安時間(現地時間に注意!)が書いてありますので、大体の時間をそこでチェックします。「In Progress」は現在進行中の試合の意味です。

その日の試合の進行によって試合開始時間は前後しますので、絶対に観たい試合がある場合は時間的余裕を持って観戦予定を立てましょう。

試合開始時間はオーストラリア、メルボルンの現地時間になっていますので、日本から観戦する場合は「マイナス2」と覚えておきましょう。「7:00PM」と表示があれば日本では「5:00PM」です。

ちなみに、センターコートの「ROD LAVER ARENA」に限っては、直後に試合を控えた選手がバックステージでウォーミングアップをする様子や、入場を待つ様子が放送される事があり、普段見る機会のないシーンですので覗いてみてください。

試合スケジュールの確認について補足

全豪公式ページのスケジュール表では、デイセッション(午前)、ナイトセッション(午後)の試合順の表示だけで、試合開始時間の大体の目安を把握する事が難しいため、外部サイトで確認するのがおすすめです。

SCOREBOARD.com http://www.scoreboard.com/tennis/

こちらのサイトでは世界中で開催されているスポーツ大会のライブスコアをまとめて確認できるのですが、テニスのスコアを確認できるページでは、試合の進行状況によって後に控えている試合の開始時間が更新されていきますので、大体の試合開始時間を把握する場合に使えます。

ライブスコアや試合開始時間をチェックするだけであれば登録もログインも無しで利用できますので是非チェックしてみてください。

まずは、時差の調整を行いますので、右上の青枠で囲まれた時間をドロップダウンさせて、現在の時刻(日本時間)に合わせます。すると、全てのスケジュールが日本時間に切り替わりますので、時差を常に計算するよう意識しておく必要がなくなります。ただし、場合によってはこの設定が勝手に切り替わっている事がありますので設定時刻には常に注意しておきましょう。Scoreboard.com スコアボード.com の見方

始めに当日の試合スケジュールが表示されるようになっていますので、翌日以降のスケジュールを確認したい場合は、黄枠で囲まれた部分をクリックしてドロップメニューを表示させるか、左右の矢印をクリックして確認したい日付に移動させます。

表示させたら赤枠で囲まれた時間を確認する事で大体の目安を把握する事が出来ます。この時間は定期的に更新されていきますので何度か確認される事をおすすめします。Scoreboard.com スコアボード.com の見方 日付と試合時間の確認

運が良ければ練習風景が観れるかも

試合を行っていないコートを使って選手が練習を行うわけですが、有名選手に限っては生中継がされる場合があり、その確認方法についてご説明します。

練習時間についてはSCHEDULESドロップダウン黒枠のPractice Schedulesをクリックします。

練習風景 練習スケジュールの見方 全豪オープン公式ページの視聴画面

リストがズラッと出てますから、気になる選手の英語表記を検索して表示させると分かりやすいでしょう。

全豪オープン公式ページ 練習スケジュール practice schedules ao 2017

「Kei Nishikori」(錦織圭)「Andy Murray」(アンディ・マレー)「Roger Federer」(ロジャー・フェデラー)「Rafael Nadal」(ラファエル・ナダル)などの有名選手は生中継があるかもしれませんので、 気になる選手が見つかったらコート番号と開始時間(現地時間)をチェックです。

その時間辺りに該当コートかまたは「AO LIVEチャンネル」を開いてみれば運が良ければ練習風景を観る事が出来ます。該当コートが選択不可になっている場合は「AO LIVEチャンネル」が中継してくれるのを願うしかないですね。

また、上記のスケジュールは完全に目安の時間になっており、予定よりかなり早めに練習が開始されるケースも多いようです。ピンポイントで練習時間を狙って視聴するのは不可能に近いですね。

どうしても観たい場合はAO LIVEチャンネルを開きっぱなしにしておいて、ちょくちょくチェックするしかないです。一応この方法で私は錦織圭選手、ロジャー・フェデラー選手、ラファエル・ナダル選手の練習風景を観る事が出来ました。

視聴画面を含めて全てのページはスマホでも操作が可能となっていますので、スマホでYoutubeを見るような感覚で生中継を楽しむ事が出来ます。画面回転や全画面表示にも対応しており、他コートをチェックする場合もスムーズに切り替わります。

通信にどれだけの容量が使われるのかは確認していませんが、かなりの高画質ビデオですので1時間に500MB以上は掛かるのではないでしょうか。その辺は徐々にご自身で確かめながらお使いください。

以上、全豪オープンテニス2017公式ページから無料で試合の生中継を観る方法をご紹介しました。これで時差の少ない全豪オープンをたっぷりと楽しめますね。

スポンサーリンク

 - テニス ,