What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

39歳バリバリの現役選手、ペイトリオッツのトム・ブレイディの食生活。


先日行われた第51回スーパーボウルで、劇的な勝利を収めたニューイングランド・ペイトリオッツですが、そのペイトリオッツのクォーターバックを務め、歴史的な勝利の立役者にしてMVPを獲得したトム・ブレイディの専属シェフがその食生活についてインタビューに答えていました。39歳で活躍を続け、NFL史上最高のQBの一人と称される彼は一体何を食べているのでしょうか?

スポンサーリンク

彼の専属シェフを務めているのはアレン・キャンベルさん。アレンさんはトム・ブレイディさんと妻でスーパーモデルのジゼル・ブンチェンさんやその子供たち全ての食事を管理しており、家族はアレンさんが提供する食事でのみ生活しているそうです。まさに料理番ですね。

その食事内容については、一般の人からすれば考えられないほど、こだわり抜かれたもので、流石トップアスリート、スーパーモデルと言った所でしょうか。

8割

「彼らの食事のうち8割は野菜に占められています。しかも出来る限り新鮮なものに限り、オーガニックである事も必須。もしそうでないなら絶対に使いません。8割には全粒の雑穀、玄米、キヌア、きび、豆も含まれます。」

との事。具体的にどんな野菜を選んでいるのかは不明ですが、雑穀については精製されたものは使わないと言う事ですね。それにしても食事の8割というのはかなりの割合ですね。

2割

「残りの2割は赤肉で、グラスフェッドのオーガニックステーキやたまにアヒル肉や鶏肉を選びます。魚であれば天然のサーモンを料理します。」

日本で一般的に販売される肉は穀物で育てられた家畜の肉がほとんどですので、オーガニック栽培の牧草で育ったお肉となると一部のスーパーでしか販売されていない高級肉ですね。アヒル肉や鶏肉も平飼いのケージ飼育ではないものでしょうかね。

次は、口にしないものについて。

「砂糖は全てNGで、小麦粉もダメです。うまみ調味料も使いません。オリーブオイルは使いますが、調理に使って熱を通すことはしません。調理用にはココナッツオイルを使います。例えばキャノーラ油はトランス脂肪酸に変性してしまいます。塩味を加える場合はヒマラヤピンクソルトを使い、ヨウ素添加塩(iodized salt)は絶対に使いません。」

精製された糖質は完全カットみたいですね。オリーブオイルは加熱用に使わないのは意外でした、オリーブオイルは健康的な脂質で調理用に使っても酸化しにくいように思うのですが、それよりもココナッツオイルの方がベターという事でしょうか。

確かにココナッツオイルは酸化しにくい性質を持っていますしね。ココナッツオイルは風味にクセがあるのですが、そこはシェフの腕の見せ所でしょうね。

塩分としては自然塩しか使わないと言う事ですね。日本では少ないですが、海外ではヨウ素添加された塩が一般的に販売されている事が多いようで、それらは加工された塩と言う事で避けているようです。

「ブレイディはナス類は食べません。ナス類には抗炎症の働きがないからです。ですから、トマトもピーマンもパプリカもナスも基本的に食べません。あとはマッシュルームも。トマトは食べるとしても月に1度くらいでしょうか。トマトは炎症を起こす作用があるため、注意をはらうべきですね。」

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」にも同じような記述がありましたね。

シリコンバレー式

ナス類は炎症を引き起こすヒスタミンが含まれているとしていました。

「あとはコーヒー、カフェイン、きのこ類、乳製品は全てNGです。」

カフェインはアスリートからすれば、持久力アップに使える云わば合法ドーピングみたいなもののように感じますが取らないんですね。あとは乳製品はカゼインフリーを意識しての事でしょうか。きのこは食べる意味がないというのは前述の「シリコンバレー式・・・」にもあったと記憶しています。バターコーヒーはNGなんでしょうか?

「スナックを食べるとしたら、野菜を添えたキヌアを選びます。ケールやスイスチャード(フダンソウ)にガーリックを加えてココナッツオイルでさっと炒め、アーモンドかカシューナッツのソースにライムカレー、レモングラス、しょうがを少々を加えます。あとはアボカドとアイスクリームのミックスです。」

もはや、前者のメニューはスナックでも何でもなく、極めて健康的なメニューですね。アボカドとアイスクリームの組み合わせはおもしろいですね。

アボカドアイス

スイーツとして食べるみたいですが、どんな味なんでしょう。

40代まで現役でプレーするのが目標と語るトム・ブレイディですが、そんな彼を支えているのはこんなストイックな食生活にあるとは。流石トップアスリート、食事についても抜かりないようです。

スポンサーリンク

 - , , ,