What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

男性は特に意識して欲しい柑橘類と紫外線の恐怖。知らない間にシミの原因に。


普段からスキンケアに関してあまり気にしない男性には特に気をつけて欲しいのが、柑橘類と紫外線の相性の悪さ。ビタミンCがたっぷり入っていて健康に良いイメージのある柑橘類ですが、実は、お肌の大敵シミを作る原因となります。確かにビタミンCはスキンケアに有効ですが、そこには落とし穴があるんです。

スポンサーリンク

柑橘類に含まれるソラレン

レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれるソラレン(psoralen)は紫外線を吸収しやすい作用(光毒性)があり、シミやそばかす、日焼けの原因となるメラニン色素を刺激します。

さらには肌のかゆみを生じさせ、炎症作用もあるため、健康的な肌を目指すには大敵となります。

uv

ちなみに、日焼けサロンにあるタンニングマシンには「タンニングの前にミカン、オレンジ等、柑橘類の果汁を肌に塗らないでください。」という注意書きがあるほどです。

タンニング

理由は前述の通りで、それほどにソラレンは強力なんです。

美容に関して普段から気をつけてらっしゃる女性の方からすると常識になっているかもしれませんが、特に男性からすると柑橘類と紫外線の相性が悪いなんてことは初耳かもしれませんね。

ソラレンが多く含まれる果物リスト

シトラス

  • みかん
  • レモン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • すだち
  • キウイ
  • アセロラ
  • いちじく

ビタミンCと言えばレモンのようなイメージを持っているかもしれませんが、ビタミンCを摂りたいのなら、野菜から摂取するようにしましょう。

と言っても以下のリストに含まれる野菜にもソラレンが含まれますので注意が必要です。

ソラレンが多く含まれる野菜リスト

にんじんときゅうりのサラダ

  • にんじん
  • きゅうり
  • セロリ
  • みつば
  • パセリ
  • しそ

スキンケアを考えると、これらの果物や野菜は避けたほうが良いですね。

朝食やアウトドアにオレンジジュースはNG

オレンジジュースの朝食

紫外線の影響を考えると外を出歩く機会が多い分、朝や昼に柑橘類は摂らないようにするのが吉です。

朝食に出てくる機会の多いオレンジジュースやグレープフルーツジュースは実は肌の大敵だったんですね。

同様に、外で体を動かす際には、スポーツドリンク代わりにオレンジジュースやグレープフルーツジュースを飲むのも止めましょう。

BBQでソフトドリンクを用意する時も柑橘類のジュースなんて選んでいたらNGです。

 - 健康

スポンサーリンク