What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

ポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦の振り返り


ドイツのシュツットガルトで開催中のポルシェ・グランプリに主催者推薦枠(ワイルドカード)で出場しているマリア・シャラポワですが、15ヶ月ぶりのツアー復帰は準決勝敗退という成績に終わりました。

復帰時期について多くの物議をかもしている今回の復帰戦は良くも悪くも注目を集めていますね。

それでは復帰3戦目となったポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦の準決勝について振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

準決勝 対K・ムラデノビッチ戦の振り返り

以下の動画はシュツットガルト ポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦のハイライト動画です。

K・ムラデノビッチが3-6、7-5、6-4の逆転でM・シャラポワを破りました。

第1セット

第1セットのセットサマリー(スタッツ)は以下のような感じ。ポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦 第1セットサマリー スタッツ

M・シャラポワは5回あったブレイクチャンスのうち1回をブレイクにつなげています。一方のK・ムラデノビッチはブレイクチャンスを得る事が出来ていません。

1ブレイク差でのセットアップですから僅差ですが、トータルポイントでは9ポイントの差。これは結構大きいです。

サービスのスタッツを見てみると、ポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦 第1セットサービス サマリースタッツ

K・ムラデノビッチは1stサーブは問題ないですが、2ndサーブでポイントが取れてませんね。対するM・シャラポワは素晴らしいサービスの出来。

サービスの差が大きかったということですね。

第2セット

第2セットのセットサマリー(スタッツ)は以下のような感じ。1セットオールに。ポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦 第2セットサマリー スタッツ

M・シャラポワは2回あったブレイクピンチを2つともブレイクされ、5回あったブレイクチャンスのうち1つだけブレイク成功。

K・ムラデノビッチは欲しいところでポイントが取れた事で1セットオールに持ち込めましたね。トータルポイントでは7ポイント差。第1セットと合わせると2ポイント差に縮まりました。

第2セットのサービススタッツは、ポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦 第2セットサービス サマリー スタッツ

お互い2ndサービスのポイント獲得率が散々です。その代わり1stサービスのポイント獲得率についてK・ムラデノビッチが大きく改善。

ただし、エースを多く取っているのはM・シャラポワでK・ムラデノビッチのダブルフォルトは7回となっていますのでサービスの調子が上向いたというよりもその後の展開、3球目攻撃などが上手く機能したということでしょう。

第3ファイナルセット

最終的なマッチサマリー(スタッツ)はこんな感じ。
ポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦 第3セットサマリー スタッツ

トータルポイント差は3セット戦って、たったの2ポイント差です。これは僅差。大接戦ですね。

ブレイクチャンスの数では倍の差がついているにもかかわらず、M・シャラポワはなかなかブレイクにつなげられず。

第3セットのサービススタッツは、ポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦 第3セットサービス サマリー スタッツ

M・シャラポワの1stサーブでの攻撃が上手く機能していませんね。

最終的な試合を通したサービススタッツはポルシェ・テニスグランプリ準決勝 M・シャラポワ vs K・ムラデノビッチ戦 サービス マッチサマリー スタッツ

まだトップ10プレイヤーとの対戦がありませんので、M・シャラポワの復帰後の調子については何ともいえない状況です。

マドリード・オープンやBNLイタリア国際でのプレー振り次第ということでしょうか。

 - テニス ,

スポンサーリンク