What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第4話 日曜劇場「小さな巨人」画像で見るダイジェスト。あらすじ。


この度、TBS系列で放送される4月期の日曜劇場で、警察内部の戦いをテーマにしたドラマ「小さな巨人」が絶賛放送中ですね。主演を務めるのは長谷川博己さん、日曜劇場で初となります。

第4話では組織内の内通者について大きな展開が。

そして次回の芝署編完結に向けて盛り上がっていきますね。

ということで、5月7日放送の第4話のあらすじ、ダイジェストでまとめてみました。

※画像は追って更新予定です。

スポンサーリンク

第3話からの流れ

小野田の情報を所轄に流し協力する山田。

ゴーンバンクはその系列会社が警察OBの天下り先になっているという調査結果が。

山本アリサはロンドン・リバー証券の社員だったという事も。

中田隆一の指示で身を隠す山本アリサ。

上司への造反行為ともとられかねない内偵を行う事を覚悟する山田。

プライベートの時間帯は記録されないというルールがあるためこの時間帯が怪しいと睨む。

香坂の捨て身の作戦

香坂は逆インサイダーを仕掛ける事を提案する。

そこで佐川記者に接触する香坂。

翌日、新聞記事に中田社長の殺人隠蔽疑惑がでかでかと載る。

そして中田と小野田が接触する時を待つ。

警察の内部情報をマスコミにリークした事がばれれば懲戒免職もの。捨て身の作戦だ。

情報漏れについて調査を開始する小野田一課長。

二課と柳沢監察官とのつながりについても探りを入れる小野田一課長。

三笠署長は香坂の危うい行動に危惧するが、親心からその行動に理解を示し激励する。

スポンサーリンク

料亭で会合のはずが

その頃、急な電話を受けた小野田は予定を変更して料亭みやびで会合を。プライベートとの事。

山田からの情報を元に、張り込みする所轄メンバー。

隣室には香坂が待機し、会合の内容を録音する準備も。

先に料亭に着いた小野田一課長は部屋で待つことに。

小野田の待つ部屋に向かう直前に何かの連絡を受け、引き返す中田社長。

突然の事態に戸惑う所轄と山田。

そして、小野田に香坂が問い詰められる。

覚悟を決めた香坂は、内通者の話を直接小野田に話す。

「私が内通者だというのか?小野田義信の目を見て答えろ。」と激しく迫る小野田一課長は香坂と対峙することに。

睨みあう香坂と小野田一課長。

「もし私が内通者であるという証拠がなければ、その時は覚悟しておけ。」と部屋を去る小野田一課長。

そして、小野田の妻にはインサイダー取引に関わったと言う確証はなく、二課の捜査も決定的な証拠を掴めないでいた。

勇み足で窮地に立たされる香坂。

会合の情報が所轄に漏れた事で山田にも疑いの目を向ける小野田。

藤倉にも叱責される香坂は白旗状態。所轄の完全敗北だ。

警察官を辞めることになるかもしれないと妻の美沙に頭を下げるが

あくまで前向きな妻に励まされる。まだ諦めるわけにはいかない。

スポンサーリンク

残された道は

香坂は山本アリサへの揺さぶりを突破口にしようと考える。

山本アリサは知らないうちに殺人の隠蔽に関わってしまったのではないかという点を突くことに。

何らかの方法で中田隆一に直接接触するのではないかという予想から徹底的に中田隆一を張る所轄。

そして遂に山本アリサが姿を現す。

犯罪の共犯になってしまったことにようやく気付く山本アリサだったが、

そんな彼女に対して中田隆一は冷たく突き放す。

中田が去った直後、そこへ香坂と山田がやって来る。

山本アリサの心情に訴えることで、自首することを勧める香坂。

名刺を渡して立ち去る香坂と山田。

山本アリサの決断

香坂へ電話連絡が。

山本アリサが自首することに。

明日の朝、山本アリサが出頭する予定であることを捜査会議の席で発表する香坂。

そして、自首するという山本アリサの連絡を受けた中田隆一は慌てて電話連絡を。

すぐに車でどこかへ向かう小野田。あえて運転手は山田ではない別の署員に。

その頃、山本アリサが身を隠していた家に近づいていく男の姿が。

香坂「どうしてこんな所にいらっしゃるんです?」

顔を現したのは何と三笠署長。

待ち伏せしていた香坂と山田に挟まれる三笠署長。

明日の朝自首する予定と捜査会議で話した香坂だったが実際は当日中に確保していたのだった。

そして署で山本アリサを保護した後で本部へ報告という一計を案じ、内通者を炙り出すための罠を張っていた香坂。

小野田一課長への疑いはどうした?と問う三笠署長だったが、

料亭での一件の際に堂々と姿を現した小野田一課長は中田社長との関係を公にしたくないのであれば、そんな事は出来ないとして小野田一課長はシロだとする香坂。

そういえば香坂が左遷されるきっかけとなった事件では小野田一課長の他に三笠署長もその場にいた。

そして三笠署長は所轄の動きを全て把握出来る立場にある。

香坂「内通者はあなたなんですね?」

「99%の疑いがあっても100%の確証でなければそれはゼロだ」とシラをきる三笠署長。

100%クロだと言い張る香坂。それは自分の「勘」だと言い放つ。

激怒する三笠署長は地べたに這いつくばって誠心誠意謝罪しろと絶叫する。

「私にとってはあなたはもはや親ではない。ただの敵だ。私はあなたの事を絶対に許さない。」確証が得られるまで徹底的に戦うと香坂は宣戦布告する。

「お前達には何もできんよ。この私を敵に回すという事は警察組織全体を敵に回す事なんだよ。いずれ分かるよ。お前達のやっている事はお前達自身を否定する事になる。」

「結局お前達もゼロなんだよ。」不敵に笑いながらその場を去る三笠署長。

その頃、小野田一課長は柳沢監察官と情報漏えいについて話をしていた。

山本アリサの証言を頼りに三笠署長を落とす作戦だったが、山本アリサの身柄は捜査一課に引き渡されることになってしまう。

抗う所轄だったがどうする事も出来ない。

三笠署長が口論の中、口にした「警察組織全体を敵に回す」とは一体・・・。

スポンサーリンク

 - ドラマ