What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

2017年 大長みかんのレビューとみかんを贈られた際の豆知識について


瀬戸内海といえばレモンやみかんなどの柑橘類の栽培が盛んな地域ですが、そんな瀬戸内海の中でも広島県呉市豊町で作られる「大長(おおちょう)みかん」は広島県民なら定番のみかんとして知らない人は少ないのではないでしょうか。

毎年毎年の出来具合によって甘味や酸味に違いがあるということで、何年も続けて大長みかんを食べてきた筆者が2017年の大長みかんについてレビューをお送りします。

また、みかんが贈り物として届いた際にまずやるべき豆知識についても合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

大長みかん

大長みかんの箱と言えばコレ。大長みかんの箱

レトロなデザインが良い感じです。

味センサーというネーミングがついていますが、うま味や大きさを仕分けする際に機械の光センサーを利用ことに由来するようですね。

青秀(あおしゅう)、赤秀(あかしゅう)

大長みかんのグレード(等級)は箱の横にある表示ですぐに分かります。「青い印字で秀」なので青秀(あおしゅう)。贅沢する際にはこの青秀を選びます。ちなみに階級はサイズのことですね2017年大長みかん 青秀

さらにこれより上の最上級グレードが「赤い印字で秀」の赤秀(あかしゅう)。大切な方への贈答用に選ぶ際には赤秀を選んでおけば間違いありません。

スポンサーリンク

日常、常備するようなみかんは「優」や無印でOKですね。

私は現在実家を離れて暮らしているということもあって一年に一度青秀を送ってもらうようにしています。

2017年 大長みかん 青秀の出来具合

さて、2017年の大長みかん(青秀)についてですが、評価として今年はそこそこの出来ですね。

階級についてはMですがかなり小さめ。

色合いは黄色みが強い個体も少々混ざっている印象です。綺麗な橙色に黄色い部分が混ざると見た目からは「酸っぱそう」な印象を受けるのですが、流石に青秀であればまず問題ありません。

私は基本的に甘ければ甘いほど良いと感じるタイプですので、アクセントになるような酸味も全て必要ありません。

そういう意味では、以下の画像のような個体が理想に近い味がします。2017年大長みかん 青秀 出来具合

果実の上部が白身がかって熟した状態なのがお分かりになるかと思います。特に極限まで熟した個体になるとメロンのような発酵したような甘味が感じられるものもあります。

特に2014年の大長みかんではサイズが大きめで甘味が最高の個体だらけだった豊作の年でしたね。それと比べると2017年はまずまず。甘味が強い個体も多く混ざっていますので満足は出来ますね。

スポンサーリンク

みかん箱を贈る場合のサイズは何がおすすめか?

まず箱サイズですが、離れた場所に送る場合は5kg箱がおすすめです。

量的に物足りない場合は10kg箱ではなく、5kg箱を二つ。理由としては10kg箱の場合は箱の下のほうにあるみかんが輸送中の衝撃が原因で傷んでいることが多く、箱が届いたその日に既に腐りかけているケースがあるためです。そのため5kg箱を一つの単位として考えた方がいいでしょう。

そもそも一人暮らしの世帯に10kg箱を贈る場合はかなりのペースで毎日食べないと全て食べ終わる前に腐ってしまう事も多々ありますので5kg箱を基準とするのが無難ですね。

みかんが届いたらまず初めに

2017年大長みかん 箱の下のみかんをチェック

既に紹介していますが、みかん箱を開封してまず初めにすることは全てのみかんをチェックして傷んだものを選別することです。

表面がぶよぶよしていて、水膨れのような状態になっているものは全て箱から取り出します。これらをそのままの状態にしていると周りの健康なみかんにまで伝染していきますので出来るだけ早めに。まさに「悪貨は良貨を駆逐する」。

特に箱の下にあるみかんは上に折り重なったみかんの重さや下からの衝撃で傷むことが多いので入念にチェックしましょう。

 -

スポンサーリンク