What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

消防用語。火災の「鎮圧」と「鎮火」のその意味の違いは?


2018年1月26日10時54分頃、三重県伊勢市曽祢1の高柳商店街で発生した大規模火災は14時10分ごろに「火災鎮圧」の発表がされました。

そこでふと気になった「鎮圧」の文字。普段報道で聞く場合は「鎮火」の言葉が聞き慣れているため若干の違和感を覚えます。では消防用語の鎮圧と鎮火の違いはなんでしょうか?またそれぞれどういった意味なんでしょうか?

スポンサーリンク

伊勢市役所広報の発表

伊勢市役所の広報いせの公式ツイッターのツイートから。

伊勢市役所 広報いせ 公式ツイッター 鎮圧と鎮火の違い

https://twitter.com/koho_ISE/status/956762363679596544

発表された内容には「14時10分に鎮圧」という文字。「建物火災鎮圧」という画像付きでツイートされていますね。

鎮圧と鎮火の意味の違い

埼玉西部消防局の消防用語の解説によると

鎮圧 – 消火活動により火災の勢いを弱くした状態

鎮火 – 火災が消火され、消防隊による消火活動が必要となくなった状態

出典:消防用語の解説 – 埼玉西部消防局

となっていますね。

火の勢いを消防隊がコントロールしている状態でそれ以上火災の拡大(延焼拡大)が無いと判断されたときに「鎮圧」とされ、現場指揮者の判断によって認定されるようですね。

一方、「鎮火」となった場合は再燃の恐れがないと現場指揮者に認定され、消火活動の終了を意味するようですね。

鎮圧→鎮火という流れになり、大規模な火災では鎮圧から数日が経ってやっと鎮火という認定がされるケースもあります。

スポンサーリンク

 - ニュース