What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

ニュー新橋ビル周辺の怪しげな中国人マッサージ店で本番は出来る?ボッタクリ?


夜の新橋は歩きにくい。と言うのも新橋駅日比谷口前のSL広場やその隣のニュー新橋ビル周辺を歩いていると中国人らしき妙齢の女性たちから強烈な客引きにひっかかるからですね。「お兄さん。マッサージ。気持ちいいよ?」と中国訛りの日本語で話しかけてきて、立ち止まろうものなら結構ガッツリ時間を取られます。

ではこの中国人マッサージ店ではどんなサービスが受けられるんでしょうか?ボッタクリとかそんな怖いことに巻き込まれることは無いんでしょうか?

その辺の詳しい実体験レポートを書いてみようと思います。

スポンサーリンク

ニュー新橋ビル周辺

私が友人と2人で歩いたのは終電後の人が少なくなる時間帯。

ニュー新橋ビル周辺の特にケンタッキーやパチンコ店がある交差点あたりが客引きの数も目立ち、頻繁に声がかかりますね。当然、夜もふけてくると声をかけるターゲットの数自体が少なくなるので男2人で歩いているとそりゃもうモテモテ。

怪しげな客引きとは言っても派手派手な格好だったり露出高めだったりということは全くありません。割と普通の見た目で年齢も30代後半から40代前半ぐらいでしょうか。結構キレイな見た目の子も多い印象ですね。

そんな彼女たちの宣伝文句は決まって「マッサージ」「3000円」「気持ちいいよ」と大体こんな感じ。

断ると「何探してる?」「女の子苦手?」と余計なお節介まで。ちょっとおもしろいので会話してみるとスマホで女の子の写真を見せてくれたりします。

見てみると割とかわいい子の写真が出て来て「この子呼ぼうか?」なんてことも。「イヤいいよ。」なんて言ってるうちに「リンちゃ~~ん」と大声で呼ぶ始末。10m先に振り返る子がいてこっちにダッシュでやって来ます。「イヤ。そこにおったんかい。」

「小腹空いた。どっかで寝たい。スマホ充電したい。」なんてわがままを言っていると「ウチで全部出来るよ?」「食べる所アッチにあるよ?」と夜中のコンシェルジュ状態で色々やってくれるみたいですね。実際、近くにある漫画喫茶のお店の前まで案内してくれたりでした。

「案内してくれる店内を見てからやめてもいいし。女の子を見てからでもいいよ。」なんて事も言われますね。

そんな他愛のない会話をしていると「スペシャルマッサージ」という言葉を聞くこともしょっちゅう。話しかけてくる冒頭ですぐさま「スペシャル」「最後まで」なんてワードを言ってくることも結構あります。

「うーん。大丈夫かな?」躊躇しつつも、また歩き出して、次に声をかけて来た子が目に留まります。

ニュー新橋ビルから1本駅から離れた通りですね。お店で言うと寿司屋さんの「すしまみれ 新橋店」の前の通りです。

「あれ?結構かわいいぞ?」顔の感じは芸能人にはあまりいないタイプの子ですがメイクも大人しめ。

スタイルも細めだし。ちょっと地味な感じだけど控えめで良い子そうな印象。

名前は聞きませんでしたが台湾人だそうです。年齢を聞くと25歳だそう。サバ読んでたりしたとしても見た目が若いんで確かにそのぐらいの年代です。まあ目で見て確認しているのでその辺はとりあえず問題なし。

話を聞くとスペシャルもOKだそう。「ちょっとついて行ってみようかな。」と話しに乗ってみることに。

お店に入ったら急に女の子が入れ替わってご高齢のオバサンに相手されるなんて事にもなりかねないので「君が最後までやってくれるよね?」と何度も念押ししておきます。

果たして最後までイケるんでしょうか?

スポンサーリンク

ビルの一室へ

「自分が最後までする」という確証もない言質はとりあえず取ったので、ビルのエレベーターに乗って店内へ。道中は腕を組んできてピッタリくっ付いてきます。

お店は個室マッサージの雰囲気。個室とは言ってもマッサージスペースをカーテンで仕切っただけの狭い一室。

全体だと10畳ほどのスペースで、5台ほどベッドが設置されているようでした。照明はかなり暗めなので目が慣れるまでは景色があまり分かりませんね。

特にアロマの香りがしたりということもなく無臭。

既にお客さんがいるようでマッサージを受けているようですね。「パンパン」と音が聞こえてきますが、アレの音じゃなく普通に肩を叩いたりしているようです。

顔を入れる穴の開いたマッサージ台に寝ますが、普通のマッサージはどうでもいいのですぐにスペシャルをしてくれるようにお願い。女の子も入れ替わらずひとまずは安心ですね。

さすがに30分で最後までイケれば3000円?なんて甘い考えは通用せず。普通のマッサージをスキップしてもしっかり料金は取られます。そりゃそうだ。スペシャル突入の時点で8000円。その場で清算ですね。

ちなみにマッサージ台にはタオルが敷いてありますが、マッサージオイルがしみ込んだみたいな微妙な感触。

「他のオッサンもここにも寝たんだろうなぁ」なんて考えるとちょっと気分が悪いですが、そんなのはつまらない雑念。

コッチもテンション上がってるのでそんなことはすぐにどうでも良くなってきます。

 スペシャルスタート

スペシャルの第1段階はオイルをたっぷりと股間に塗られて、手で行ってもらう感じですが、女の子は服を着たままでおっぱいは隠されたまま。

テクニック的にはまあ可もなく不可もなくと言った感じ。

「ちょっとゆっくり。」とリクエストすると、

「止めると冷めちゃうからね。」とやんわり拒否されてしまいました。

男の生理的に「とにかく速く動かせば達するわけじゃないのになー。」なんて思いながらもサービスは続行。

途中でさらなるアップグレードがあるということで+2000円でお触りOK。この時点で支払合計1万円。

既にテンションがかなり上がっていることもあって言われるがままに払ってしまうのが怖い所で、自然とお尻やアソコ周辺に手が伸びちゃうんですよね。

さらにアップグレードすれば本番もOKだそうで、そうなると+1万円で支払合計2万円。

メニュー表だとこんな感じですね。

メニュー支払金額追加料金分
マッサージのみ3000円 
スペシャル8000円+5000円
+お触りOK10000円+7000円
本番20000円+13000円

まあ2万円払えばで最後までいけるわけですが、財布の中身が寂しかったということもあってとりあえず1万円までで済ませました。テンションが上がりきっているわけですから財布に余裕があれば確実に払って最後までいっていたでしょうね。その辺が怖い所で言われるがままにどんどん払ってしまうんですよね。

とはいえ1万円でなんとかかんとか抑えたということで、最後はお手拭で綺麗にしてもらってサービス終了。

シャワーなんかは完備していないそうで、特に手を洗うこともなく服を着て退店(言えばトイレぐらいは貸してもらえると思いますが)。

退店時はエレベーターまで腕を組んでエスコートしてもらって終わりですね。連絡先とか聞いておけば良かったかななんて思いつつもこの日はこれでフィニッシュ。

正直な所、コスパ的にはあまり良くないですよね。場所を選べば1万円払うだけで最後までなんていう話もよく聞くので2万円かかるのは割高感が強いです。

ただ、外見などを実際に目で見て、会話した後にサービスを受けられるのはメリットですよね。途中で女の子が入れ替わるなんていう詐欺は直接確認したおかげか無かったですし。

まあもう一度リピートしたいかと言われれば割高感もあって微妙ですけどね。

 - 生活

スポンサーリンク