What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

「 視聴方法 」 一覧

Jリーグ

サッカーJリーグ全試合をネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

日本のサッカー文化の振興に大きな役割を果たしているJリーグ(日本プロサッカーリーグ)。1993年に10のクラブでスタートしてから四半世紀、参入チーム数は5倍以上。各チームの戦力が拮抗しているために毎年のように優勝クラブが変わる様は世界屈指と言われることもありますね。 (さらに…)

Bリーグ全試合をネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

日本のプロバスケットボールのトップリーグであるBリーグ(B.LEAGUE)。日本におけるバスケットボールの頂点を巡る戦いは年々ハイレベルなものとなっていますね。
(さらに…)

野球日本代表 侍ジャパンシリーズ2018 2連戦 日本 vs オーストラリア戦

野球侍ジャパンシリーズ2018 2連戦 日本 vs オーストラリア戦をネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

2020年の東京オリンピックでの金メダル獲得へ、稲葉篤紀監督率いる野球日本代表侍ジャパンの2018年の戦いがここからスタートします。本格的なチーム作りの土台となるメンバー選出と稲葉監督は事前のメンバー発表の場で語っていますが、メンバー入りへ名乗りを上げる選手は誰になるのか?
(さらに…)

アビエルト・メキシコ・テルセル (Abierto Mexicano Telcel)

錦織圭、R・ナダル出場のアビエルト・ メキシコ・テルセルをネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

ATP500大会、メキシコのアカプルコで開催されるアビエルト・ メキシコ・テルセルに日本の錦織圭が出場します。また第1シードにはラファエル・ナダルが入り、ATP500大会らしい非常にレベルの高いトーナメントになっていますね。 (さらに…)

AFCチャンピオンズリーグ

AFCチャンピオンズリーグ全試合をネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

アジアのサッカークラブチームにとっては最も権威のある大会で、アジアの頂点を決める大会であるAFCチャンピオンズリーグ。近年ではJリーグ勢の成績低迷が叫ばれる中、2017年シーズンでは遂に浦和レッズが悲願の優勝。浦和レッズとしては2007年以来10年ぶり、Jリーグ勢としては2008年のガンバ大阪以来9年ぶりの戴冠となりましたね。
(さらに…)

R・フェデラー、杉田祐一出場のABNアムロ世界テニス・トーナメント ロゴ

R・フェデラー、杉田祐一出場のABNアムロ世界テニス・トーナメントをネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

ATP500大会、ABNアムロ世界テニス・トーナメントに5年ぶり9度目の出場を決めたロジャー・フェデラー。グランドスラム大会の全豪オープンを2連覇した勢いをそのままにオランダ・ロッテルダムに乗り込みます。また、日本の杉田祐一も今大会にエントリー。先日の南フランス・オープンでは残念ながら初戦敗退に終わっていますが、今大会で躍動出来るか注目ですね。 (さらに…)

錦織圭出場のニューヨーク・オープン

錦織圭出場のニューヨーク・オープンをネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

ATP250大会、ニューヨーク・オープンからATPツアーに復帰する日本の錦織圭。2018年シーズンは下部大会であるチャレンジャー大会からスタートし、ダラスでは見事優勝も飾っていますね。呼称を抱えていた右手首の状態も非常に気になるところですが、今大会は今後のツアー転戦の試金石となるはずです。 (さらに…)

UEFAチャンピオンズリーグ全試合をネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

サッカー欧州No.1クラブを決める欧州ひいては世界最高峰の戦い。毎年ビッグクラブ同士がしのぎを削り、時にはダークホースによる番狂わせも起きる熾烈な戦いは全フットボーラー達が憧れる夢の舞台ですね。 (さらに…)

平昌オリンピック

平昌オリンピックをネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

いよいよスタートする冬季オリンピック。戦いの舞台は韓国の平昌(ピョンチャン)。フィギュアスケート、スキージャンプ、スピードスケート、フリースタイルスキー、スノーボード、ノルディック複合など日本選手団の活躍やメダルの獲得に期待のかかる競技が連日行われますね。 (さらに…)

デビスカップ(デ杯)

デビスカップ(デ杯)をネットのライブストリーミング放送で完全無料で視聴するには

個人スポーツのイメージが強いテニスですが、団体戦の形、さらには男子の国別対抗戦として知られるデビスカップ(デ杯)。日本男子代表が目立った成績を残せていないため、日本国内での注目度はイマイチな印象が否めませんが、強豪国がひしめくヨーロッパを中心に大きな盛り上がりを見せています。 (さらに…)