What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

WordPress + Nginxの環境にJetPackを入れた際のトラブルシューティング


当サイトはお名前.comのVPSでWordPress + Nginxの環境によって動いています。ブログ更新時に、自動で各種ソーシャルメディアに投稿できるプラグイン「Jetpack」をこの環境に入れようとしたのですが、かなり苦戦してしまいました。その際にどのように解決すれば良いのかのヒントになればとメモしておきます。

スポンサーリンク

インストールは問題なく出来るが、Jetpack(WordPress.com)と連携できない・・・

Jetpackの追加はすんなりいきました。管理画面の「プラグイン」から「新規追加」でJetpackを追加し、有効化したのですが「WordPressと連携」を押すと「405」とエラーが表示されてしまいます。

サイトを色々回って調べて見たところWordPress.comが「xmlrpc.php」にアクセスすることで連携するようなのですが、Nginxの設定で「xmlrpc.php」へのアクセスは遮断している状態である事が分かりました。

なぜ遮断していたかというと、この「xmlrpc.php」は管理画面以外からもAPIを使って記事の投稿などができるソースファイルで、このファイルへアタックすることでサイトの乗っ取りやサーバの踏み台にしてしまうことができるため、このような設定になっているようでした。

Nginxの設定

ブロックされる状態の設定ファイルはこのようになっていました。

この設定ではxmlrpc.phpに対してアクセスはすべて禁止しアクセスログは出さないようになっています。

deny all;というのがアクセス禁止にしている文なのでこれをコメントアウトし、Nginxをrestartさせます。

この状態でJetpackの「WordPressと連携」ボタンを押すと、今度は「403」エラーが発生しました。 エラー内容は変わりましたが、アクセスブロックを解除したにもかかわらず再度エラーになったのでかなり混乱してしまいました。

もう訳がわからなかったので、一旦、xmlrpc.phpをすべてコメントアウトすることに。

コメントアウトすることで無事「Jetpack」と連携することができました。

ソーシャルメディアとの連携

記事投稿時にTwitterやGoogle+へ投稿するには「Jetpack」の設定から「Engagement」を選択し「共有」から設定できます。

ここで連携するときもxmlrpc.phpへWordpress.comからアクセスがあるようなのでエラーが発生してまいました。

jetpack-32300エラー

今度は-32300というエラーコードが表示されました。Worpressの連携は405エラーが表示されWebサーバが出力するエラーぽく見えてましたが、今度はJetpackがエラーをキャッチしてエラーコードを吐いてしまっているように見えます。

また、Nginxの設定からxmlrpc.xmlの部分をコメントアウトすることにしました。

すると・・・

Jetpack 連携完了ページ

この状態でなんとか連携することができました。テスト投稿も無事成功で一安心。連携できたあとはコメントを外して元の状態に戻してあります。

最後に補足ですが、Worpress.comからのアクセスは192.0.64.0/18の範囲でアクセスが来るので、このIPの範囲をアクセス許可することでいちいちコメントアウトする必要はありません。

スポンサーリンク

 - Wordpress ,