What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

コーヒーについてあなたの知らない11のコト


お目覚めの一杯にコーヒーが欠かせない人は多いとは思いますが、コーヒーについてあなたのきっと知らない11の豆知識をお届けします。これを知ってコーヒーを飲めばまた、一味違ったものになること間違いなしです。

スポンサーリンク

1. 日に1~2杯のコーヒーを飲むと心臓疾患による死亡リスクを20%低下させ、認知症の発祥リスクは最大で1/3になる。

ハート

2型糖尿病の発症抑制や、うつ症状の緩和、皮膚がんの予防などコーヒーの持つ健康増進効果は枚挙に暇がありませんが、適量を保つことが重要です。

2. クリームを加えることでコーヒーが冷めるのを防ぐ効果がある。

コーヒークリーム

一般的にクリームは酸味を和らげるために入れるのですが、温度低下を防ぐ効果もあるため、冷めたコーヒーを飲みたくないならクリームの使用をおすすめします。

3. コーヒー中毒の原因は遺伝的なものと考えられている。

遺伝子

PDSS2と呼ばれる遺伝要因がカフェインの代謝に関係しており、PDSS2遺伝子の活動レベルによってよりカフェインを欲する身体になるかどうかが決定しているのではと考えられています。

4. 美味しいコーヒーを入れるには90℃から96℃が最適な温度で、インスタントコーヒーの場合は80℃から85℃である。

温度計

コーヒーを入れる際には厳格な温度管理が鍵になります。また、インスタントコーヒーに場合はやや低い温度が最適になるので注意が必要です。

5. 言い伝えによると、コーヒーの起源はヤギが特定の木の果実を食べると活動的になって眠らなくなることをエチオピアのヤギ使いが発見したものによると言われている。

ヤギ

コーヒーの起源には諸説あり、そのうちの一つであるこの言い伝えは後世かなり脚色されたものになっています。ちなみに、この時のヤギ使いには“Kaldi”という名前がつけられました。輸入食品を取り扱うカルディコーヒーファームの由来はここから来ているんですね。

6. コーヒーの味わいをアップさせるためには冷凍庫でコーヒー豆を保存するとよい。

冷凍庫

コーヒー豆を出来るだけ低い温度に晒すことでコーヒーの成分が引き締まって味わいが引き立つそうです。その為に冷凍庫で保存するのがベストで、コーヒー豆は水分含有量が少ないために凍結してしまうことはありません。

7. ヒトの一日の活動サイクルからいくとコーヒーを飲むのにベストな時間帯は9:30~11:30もしくは13:30~17:00

時計

朝8時~9時の間にコーヒーを飲むのは避けたほうが懸命ですが、これは体内のコルチゾールレベルに関係しており、この時間帯にコーヒーを飲んでしまうと、カフェインの覚醒効果が打ち消されるばかりか、人間の持つ概日リズムを崩してしまうと言われています。

8. 世界貿易で取引される商品としてコーヒーは世界第2位の取引額。

コーヒー02

取引額第1位はいわずと知れた石油ですが、コーヒーはそれに次ぐ第2位です。その取引額は年間800億ドル以上といわれています。

9. コーヒーはフルーツ。

コーヒーチェリー

コーヒーノキが採れる果実はさくらんぼに似ていて、その種を焙煎することで見慣れたコーヒー豆が出来上がります。

10. コーヒーの致死量はおよそ100杯。

コーヒーの悪魔

コーヒーに含まれるカフェインの致死量は体重1kg当たりおよそ200mgと言われています。コーヒー1杯に含まれるカフェイン量は70~140mgなため、コーヒー100杯は体重35kg~70kgぐらいの人間の致死量です。ただし、中毒症状には急性のものがありますので、これより遥かに少ない量(コーヒー10杯程度)で重篤な症状を引き起こす可能性があるためコーヒーの飲みすぎには注意が必要です。

11. エスプレッソ1杯に含まれるのはコーヒー豆およそ42粒。

エスプレッソ

コーヒー豆一粒は大体0.2g。エスプレッソには7g~10gのコーヒー豆を使用しますので大体これくらいの量になるようですね。


コーヒーについてあなたの知らないコトはいくつありましたか?コーヒーを味わうためにはこんな知識の数々が役に立つかもしれませんね。あくまで適量を守って豊かなコーヒーライフを送られるよう心がけてください。

スポンサーリンク

 - コーヒー