What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

薄毛対策に摂るべき栄養素とは?改善のためにおすすめの食べ物


薄毛対策と聞いてまずあなたは何を思い浮かべますか?育毛剤、頭皮マッサージ、病院に相談なんかが想像できると思いますが、その前に基本的な食事から見直してみませんか?健康的な頭髪のために欠かせない6つの栄養素を押さえることで効果的な薄毛対策となりますのでご紹介します。

スポンサーリンク

1. たんぱく質

たんぱく質

頭髪も含めた全ての毛髪はたんぱく質から出来ています。ということはつまり、十分なたんぱく質を摂ることが薄毛対策には必須ということになります。魚、お肉、豆類、ナッツ、乳製品(ギリシャヨーグルト、チーズ)を日々の食事に積極的に取り入れて豊富なたんぱく質を取り入れられるよう心がけましょう。

2. 鉄分

鉄分

毛髪に活力を与えると言う意味で鉄分は非常に重要です。ただし、鉄分単体では体内に吸収されにくい性質を持っているため、赤身の肉、豆類に含まれる鉄分をビタミンCと共に取り入れるよう心がけましょう。そうすることで、体内により吸収しやすい効果が生まれ、体内の鉄分貯蔵量を増やす効果が期待できます。

3. ビタミンC

ビタミンC

鉄分の吸収率アップのためにはもちろんですが、ビタミンCには毛髪の幹の部分を強化し、ダメージに強い毛髪を作る効果も持ち合わせていますので、積極的に摂りたい栄養素の一つです。かんきつ類、グァバ、キウイ、パパイヤ、さつまいもに豊富に含まれていますのでおすすめです。

4. オメガ3脂肪酸

フィッシュオイル

頭皮環境を整える意味でオメガ3脂肪酸は有効です。オメガ3脂肪酸が不足すると、頭皮は乾燥、炎症を起こし、抜け毛ひいては薄毛の原因につながってしまいます。オメガ3脂肪酸は頭皮や発毛に関わる毛包(もうほう)に潤いを与え健康的な頭髪の成長・維持に貢献してくれます。鮭やサバ、サンマ、イワシ、マス、ニシンに多く含まれますので積極的に摂りましょう。魚以外では、亜麻仁油(フラックスオイル)やチアシード、くるみ等に多く含まれます。

5. 亜鉛

赤身の肉

毛髪を構成するたんぱく質の大部分を占めるケラチンという組織を支えるのが亜鉛です。亜鉛不足になると毛髪は乾燥しがちになり、弱々しく、脆くなってしまいます。特に女性は不足しがちになる代表的な栄養素ですので注意が必要です。亜鉛不足には牡蠣がベストですが、苦手な方もいらっしゃいますので、赤身の肉やかぼちゃの種などのナッツ、大豆製品、ひよこ豆で積極的に摂取しましょう

6. ビタミンA

ビタミンA

より健康的な頭髪を目指すにはビタミンAも欠かせません。ビタミンAは頭皮の皮脂腺が十分な皮脂を分泌する助けとなり、乾燥から頭皮を守ってくれる働きがあります。にんじん、さつまいも、マンゴー、かぼちゃ等がビタミンA摂取にはおすすめの食材ですので日々の食事に摂り入れてみてください。


以上の栄養素はサプリメントの形で摂取することも可能ですが、まずは食事から十分な量を取り入れられるよう心がけてみましょう。「毛髪はあなたの食べたものから出来ている」という言葉が示すとおり、これらの栄養素を食卓に取り入れることが薄毛対策の第一歩となりますので、高価な育毛剤を購入する前に是非試してみてください。

スポンサーリンク

 - 健康 ,