What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

ドラマや映画を見る時や実生活でも役立つ医学知識。キューブラー=ロスモデルとは。


毎クール放送されるドラマはもちろん、映画や小説などのフィクション全般において取り上げられやすいテーマといえば医療モノ、病院モノですよね。

やはり、命のやり取りをする現場は作家さんの創作意欲を強く刺激するのでしょう。パッと思いつくだけでも病院を舞台にした名作ドラマや映画は数え切れません。

そこで、そんなフィクション全般を見る時はもちろんの事、実生活においても役立つ医学知識「キューブラー=ロスモデル」についてご紹介します。

これを知っておくと登場人物の心理描写への理解が深まりますし、実生活においては相手をいたわる事にもつながりますから是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

エリザベス・キューブラー=ロス

エリザベス・キューブラー=ロス(Elisabeth Kubler-Ross)は精神科医で「死ぬ瞬間」の著者として知られています。

彼女はこの中で「死の受容プロセス」について説明し「キューブラー=ロスモデル」を発表しています。

これは人が死に向かって辿っていく5つのプロセス(死に至る5段階)について著したものです。

キューブラー=ロスモデル(死に至る5段階)

第1段階「否認と孤立」(denial & isolation)

自らが死の瀬戸際にいるという事実を突きつけられ、ショックを受けたり、放心状態に陥ったり、信じる事が出来ずに困惑し、「これは本当に現実なのか?」、「嘘に違いない。」などとという感情が生まれ、死について否認をする段階です。

大きなストレスを受けた際の防御反応の一種と捉えられますね。現実から逃れるという意味で外界との接触を出来るだけ持たないように努めるのも特徴で、逃れられない現実という事は気づいているものの本能的にそれを避けようとします。

フィクションであれば一人ぼっちで自問自答を繰り返すシーンなんかに投影されていますね。

第2段階「怒り」(anger)

現実を否定することが続かないと分かると、徐々にフラストレーションが溜まり「なぜ、自分がこんな目に遭うのか。こんなのはフェアじゃない。」とモノに対してや、家族や友人に対して怒りをぶつけたりといった段階です。

医師や看護師に対して攻撃的な態度を取りがちですので、フィクションで描かれる場合も数多く登場するシーンですね。

声を荒げたり、物を投げ付けたり、「独りにして!もう出ていけよ!」なんてセリフもよく出てきます。

第3段階「取引」(bargaining)

「これまでの生き方を改めるので何とかもっと生きられないだろうか。」「何でもするから、命だけは助けて欲しい。」とどうにかして死を回避する方法は無いかと取引をしようとする段階です。

神にもすがる思いというのはまさにこのプロセスと言えますね。心のよりどころを必死に探している段階で、人間の力を超越したものに頼ろうとする心理状態とも言えます。

涙ながらに医師にすがりつくシーンにこの段階が現れているように感じますね。「頼むから何とかしてくれよ。」なんてセリフは定番です。

第4段階「抑うつ」(depression)

取引など出来ないという事が分かり、待ち受ける運命に対して絶望したり、無力感に打ちひしがれて抑うつ状態になる段階です。

「神も仏もありはしない。何をしたって無駄なんだ。どうせ自分は死ぬんだから。」と何もする気が起きなくなるのはこの段階において多く見られます。

塞ぎこんでしまって暗い表情が多くなってくるシーンは登場人物の絶望を表現していますね。暗いBGMなんかも使われたりして一層強調されたりもします。

第5段階「受容」(acceptance)

自らの死を受け入れる最終段階。生きとし生けるものは全て死ぬのが自然なことであるという感情が生まれ、この世を達観したような精神状態となり、安らかな平穏を感じられるようになります。

「悟りを開く」というのはまさにこの段階において達する境地といえるでしょう。

穏やかな表情で、家族に別れを告げたりというシーンで受容のプロセスにある事が分かります。

家族が涙を浮かべるのに対して、にっこり笑って逆に慰めたりなんていうのはお決まりのパターンです。


 これが代表的な5段階と言われるものですが「段階」という言葉に引っ張られて、これらの状態が順序良く、全ての人に当てはまることなのかと言えば決してそうではありません。

フィクションの場合はこれらの段階が殊更大げさに描かれがちですが、現実世界ではそう単純なものではありません。

あくまでフィクションにおいてこのような知識があると登場人物の心理描写を理解する助けになるという事ですね。

また、これらの段階は一般的に多く見られるというだけで、段階を経ずに精神状態が変化していく事も珍しくないという点は注意が必要です。

ですから、「このような感情を持つべきだ」とか「こんな感情を持たないのはおかしい」と言う風に考える事は禁物です。

また、死について語る場合は実生活において非常にデリケートな話題ですから、やみくもに語るべき話題ではないという事も強調しておきます。

海外ドラマ「Dr. HOUSE」にも登場

海外医療ドラマである「Dr. HOUSE」において、この「死の受容プロセスの5段階」に触れているエピソードがあり、それはシーズン2 第1話「命の重み」の作品中に登場しています。Dr HOUSE シーズン2 第1話「命の重み」01末期がんを患った患者に対するがん告知を頑なに避けようとするキャメロン(手前)に対して、主人公のハウス(奥)がホワイトボードに5段階のプロセスを書くシーンです。

この作品中では患者ではなくキャメロンがこの5段階を経ていく過程が描かれるのですが、これを演出上の小道具の一種として上手く働かせる点は見事です。横線を引いてどのプロセスにあるかを説明しています。Dr HOUSE シーズン2 第1話「命の重み」02

しかし、エンディングのシーンではある事がきっかけで登場した酒瓶を手にしながら、Dr HOUSE シーズン2 第1話「命の重み」03

ホワイトボードの“DEPRESSION”(抑うつ)にフォーカスが寄ります。Dr HOUSE シーズン2 第1話「命の重み」

おもむろに立ち上がって文字を消しながらDr HOUSE シーズン2 第1話「命の重み」04

最後のACCEPTANCEに差し掛かると一瞬止まります。Dr HOUSE シーズン2 第1話「命の重み」05

ハウス自身、現在置かれている状況について“depression”抑うつのような感情に陥っており、これから“acceptance”受け入れなければならない、というそんな意味合いがこのシーンの裏にはあります。

実はこのエピソードの原題はそのまま「Acceptance」となっており、登場人物が作品中に様々な感情を受け入れていくプロセスをこの一言で表現しているという構造になっています。

ちなみに、エンディングのこのシーンのBGMとしてかかっているのがこの曲。


いかがだったでしょうか。このキューブラー=ロスモデルを知っておけば様々な場面における心理描写について理解する手助けとなりますので是非知っておいてください。きっと役に立ちますよ。

スポンサーリンク

 - 健康 , ,