What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

ロサンゼルス・ドジャースはなぜドジャースというのか?その由来についての詳細


MLB(メジャーリーグベースボール)でも屈指の人気球団として知られるロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)は1995年に日本の野茂英雄がメジャーリーガーとしてデビューした球団でもあり、日本での知名度も非常に高いチームですね。

ではそのチーム名となっている「ドジャース(Dodgers)」の由来はいったい何なのでしょうか?その詳細について調べてみました。

スポンサーリンク

ドッジ=Dodge

ドジャース(Dodgers)は英単語の“dodge”が由来となっており、日本語訳では「よける、かわす」という意味です。子どもの頃遊んだことがある「ドッジボール」は“Dodgeball”と書きますが、同じ単語ですね。

それに「するもの、する人」という意味を表す接尾辞“er”を付けて“Dodgers”(よける人たち)。複数形なので“s”がつきます。

これが基本的な意味になりますが、では一体何を「よける人たち」なのでしょうか?

チームの歴史

何をよける人たちなのかはチームの歴史を少し紐解く必要があります。

ロサンゼルス・ドジャースというチーム名は1958年から使用されているもので、それ以前はニューヨークのブルックリンに本拠地を置いているチームでその歴史は1884年まで遡ります。

その頃の市内交通と言えば「馬車鉄道(horsecar)」が主なもので金属のレール上で大きな客車を引っ張る馬の姿が多くみられました。速度は比較的ゆっくりとしたもので歩行者とあまり変わらなかったようです。ブルックリンの馬車鉄道

しかし1892年に電気で動く路面電車(trolley)が市内交通に導入されると、それから3年がたつ1895年には路面電車と歩行者の事故が増加。その頃のブルックリンにおける死者は130人あまり、負傷者は500人にも上ったといわれています。1895年ごろ ブルックリンの路面電車

これがきっかけで「ブルックリンの人たち=路面電車をよける人たち(trolley dodgers)」というパブリックイメージがその頃から形成されていき、広まることになりました。

スポンサーリンク

1895年のシーズンの始め頃には徐々にスポーツ記者たちが“trolley dodgers”という名称でチーム名を表すようになっていきます。

そして1898年初頭には本拠地のブルックリン(Brooklyn)と合わせ、さらにtrolleyを省いて短縮させて「Brooklyn Dodgers」という名称が広く認知されるようになっていきます。

長いチームの歴史ではDodgers以外にAtlantics、Grays、Grooms、Bridegrooms、Superbas、Robinsなどの名称が通称としてファンや記者から使われていましたが、これらは公式なものではありませんでした。

ユニフォームにDodgersという文字がプリントされるようになったのは1933年から。遂に公式な呼び名として認められたのがこの年です。肩のBはBrooklynの頭文字ですね。1933年 ブルックリン・ドジャースのユニフォーム

そして1958年から本拠地をロサンゼルスに移し、ロサンゼルス・ドジャースが誕生したというわけですね。

スポンサーリンク

当時の市内交通の映像

最後に当時の市内交通の映像についてご紹介します。

以下の動画は1896年から1901年までニューヨーク市の市内交通の様子が収められたものです。

当時は道路の交通ルールについてかなりアバウトで基本的には自由に交通可能でした。路面電車の合間を縫って歩行者が悠々と横切って歩いていく光景は日常の一コマだったんですね。

2:30頃には警察官と思われる人物が歩行者に対して手のサインを使って交通整理する様子も収められています。

こちらは1906年当時のサンフランシスコの市内交通の様子が収められた動画。音声も詳細に聞くことができます。

サンフランシスコは1906年4月18日にサンフランシスコ地震を経験しており、壊滅的な損害を負ったのですがこの映像はその地震直前である4月14日に記録された映像。

この頃の市内交通では馬車、自動車、歩行者などが入り乱れており、全員がDodgersだったようですね。

スポンサーリンク

 - スポーツ