What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

フィギュア長洲未来の太ももにあったUSAマークについて詳細。日本でも購入可能?


平昌オリンピック、フィギュア団体女子フリーにアメリカ代表として出場した長洲未来選手がトリプルアクセルを決める活躍でアメリカ代表の銅メダル獲得に貢献しましたが、視聴者は彼女の太ももにも興味津々。

競技中にちらりと見える彼女の太ももにはハッキリと「USA」の文字がありましたが、その詳細についてご紹介します。

スポンサーリンク

「USA」の正体

長洲未来 平昌オリンピック 太もものテープ

アメリカのワシントン・ポストによると、このUSAマークは伸縮性の高いテーピングであるキネシオロジーテープだとのこと。長洲未来選手は特に大きな負傷をしていたりということは無いそうですが、あくまで筋肉をサポートする目的で貼られていたようですね。

そのテープの正体が「KT Tape」というもので、アメリカ選手団に提供されているものにはしっかりとUSAの文字が刻まれています。

オリンピックアメリカ代表チームの公式スポンサーであり、ばっちりライセンスを受けていますね。長洲未来 平昌オリンピック 太もものテープの正体はKT Tape

今年に入って2度目の注目

これが注目を浴びるのは今回が初というわけではなく、プロフットボールNFLのペイトリオッツでQBを務めるスーパースター、トム・ブレイディ選手が2018年1月、AFC決勝で痛めていたボールを投げる右手を保護する目的で貼られた事で話題になったことがあるんですね。

この時はアメリカ代表チームに提供するわけではないので、ただの黒いテープでした。トム・ブレイディ のKT Tape

アメリカンフットボール界を代表する選手のトム・ブレイディ選手が「謎の黒いテープを着けている!?あれは一体なんだ?」という事で世間から大きな注目を浴びたんですよね。

また、夏季オリンピックにおいても2016年のリオ大会のビーチバレー選手が使用していたという記録が残っています。

この種のテーピングは1970年代頃から盛んに使われ始めたスポーツ用具なので今更そんなに騒ぐものでもないんですけどね。

スポンサーリンク

平昌オリンピックで意外な使われ方

アルペンスキーのアメリカ代表であるテッド・リゲティ選手は風の当たる顔部分にテープを貼って、少しでも保温になればと厳しい寒さと戦っているようですね。青鼻のピエロのようなかなり目につくスタイルですよね。

かなり粘着性の高いテープになっていますので剥がす時も苦労しているように見えます。トム・リジディー 平昌オリンピック 顔のテープを剥がす

スポンサーリンク

実際に高速で雪面を滑り降りる際には体感温度が-20℃近くにもなるそうで、アルペンスキー女子のミカエラ・シフリン選手も同様に貼ってます。ミカエラ・シフリン 平昌オリンピック 顔にテープ

このような使い方でどれほどの保温効果があるのかについてですが、実際はあくまで「気休め」程度だそうで、社内でもリサーチが行われた結果、効果は不明という結論だったそうです。

コチラがそんなデータを物語る記事(英語ページが開きます)。

Even for the Winter Olympics, it’s really cold in the mountains of Pyeongchang – National Post

日本でも購入可能?

長洲未来選手の活躍のおかげで今年に入って2度目の注目を浴びることになったKT Tapeですが、USAマークではないものの、同様の製品が日本でも販売されていますので興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょう。

長洲未来 平昌オリンピック 太もものテープの正体はKT Tape 同様のものがAmazonでも購入可能

https://www.amazon.co.jp/dp/B00AB9T3TY/

ちなみにトム・ブレイディ選手が貼っていたのはより粘着力の強い「エクストリーム」のほうだと言われているようですね。

長洲未来 平昌オリンピック 太もものテープの正体はKT Tape Amazonでも購入可能?

https://www.amazon.co.jp/dp/B01CH32VS6/

 - フィギュアスケート

スポンサーリンク