What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

エンゼルス大谷翔平の登場曲・入場テーマ曲は誰の何という曲?またドッキリで流れた曲とは?


MLB・米メジャーリーグに衝撃的なデビューを果たして、アメリカでも話題を振りまいているロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手。

本拠地であるエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(Angel Stadium of Anaheim)で打席に立つ際に、その選手が希望した登場曲・入場テーマ曲(英語でwalk-up songと言います)がかかるのが恒例となっています。

それでは、投手とバッターの二刀流で活躍する大谷翔平は誰の何と言う曲を使っているのでしょうか?実は登板時と打席に立つ時の2パターンでそれぞれ曲を使用しているということで詳しく調べてみました。

また、これら以外にも春季トレーニング(春キャンプ)ではある曲が「ドッキリの一環として」流れたって知ってました?

スポンサーリンク

大谷翔平の登場曲 バッター編

こちらの動画は4月3日(日本時間4日)の本拠地エンゼルスタジアムの試合に初出場した際の登場シーン。

かすかに後ろで流れているポップな音楽が登場曲となっています。日本ハム時代と同じ曲だそうです。

誰の何と言う曲?

さて、この気になる登場曲についてですが、曲名は”Wrapped Up(ラップド・アップ)”、アーティスト名は”Olly Murs(オリー・マーズ)”となっています。

大谷翔平は同じリズムで打席に入ることが出来るという理由から使い続けているようで、そのルーティンは海を渡っても変わらないようです。

さて、この”Wrapped Up”についてですが、Olly Mursにとっては4枚目のアルバムとなる”Never Been Better”の先行シングルとして2014年の10月31にリリースされました。

こちらがジャケット。大谷翔平の登場曲 Wrapped up by Olly Murs

歌っているのは英国出身のシンガーソングライター、Olly Mursですが、この曲ではジャケットにもある通り、アメリカのラッパーであるTravie McCoy(トラヴィー・マッコイ)とのフィーチャリング曲となっていますね。

世界中で大ヒットした曲ということではないのですが、実はBillboard JAPANの洋楽チャート “Hot Overseas”では1位を獲得している曲なんですね。

スポンサーリンク

大谷翔平の登場曲 投手編

投手として登板する際に使用される曲はこちらです。

“Afrojack vs. Thirty Seconds to Mars(アフロジャック VS サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ)”の”Do or Die(ドゥ・オア・ダイ)”リミックス版

こちらがリミックス版ではない通常版。

勝負師らしく曲名の意味は「やるかやられるか、命がけの」という意味ですね。冒頭の歌詞には”angels”というワードまで入っていますね。

ちなみにNHK BSのメジャーリーグ中継でロサンゼルス・エンゼルスの試合が放送される際にテーマとして使用されているのもこの曲になっていますね。

リミックス版ではない通常版の”Do or Die”はヨーロッパでプロモーション用のシングルとして2013年7月1日にリリースされ、実は2013年のMLB・米メジャーリーグのレギュラーシーズン後のポストシーズンにおけるメインテーマとして使用されたことがある曲なんですね。

ただし、大ヒットした曲かと言えばそうではなく、各国のランキングなどを見ても20位、30位とかそれ位になっています。

スポンサーリンク

ドッキリで使われた曲とは?

そして、ちょっと気になるのがドッキリで流れた曲についてですが、

春季トレーニング、3月11日のテキサス・レンジャース戦にバッターとして大谷翔平が登場した際にかかった曲はこちら。

まさかのきゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」だったようですね。

このドッキリを仕掛けたのは誰かについてははっきり語られていないようですが、大谷選手自身は犯人の目星はついているような気配。「クラブハウスのスタッフさんと色々あって。」とコメントを残してます。

 - エンタメ

スポンサーリンク