What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第3弾放送「嵐にしやがれ」大野智の船舶プロジェクト 波乱の初航海、東京湾特訓ツアーの様子まとめ


4月21日に日本テレビ系で放送された「嵐にしやがれ」では嵐のリーダー・大野智くんの新企画「船舶プロジェクト」でついに念願の大海原に初出航となりましたね。これまでは「船舶免許取得プロジェクト」として進んできたこの企画。

4月7日放送の「嵐にしやがれ 超豪華!2時間スペシャル」では無事に二級船舶免許試験に合格ということで、最終的なゴールである「自分で運転する船で海に出て、マグロを釣り上げる」に着々と近づいていますね。

さすがに嵐のリーダーということで嵐の海に初出航となった、そんな波乱の様子や、ゲストとして登場した加藤諒さんとの東京湾特訓ツアーについて詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

番組企画オープニング

まずはこれまでの企画のおさらいからスタート。

防波堤に置かれたディレクターズチェアに腰を下ろしたティアドロップのサングラス姿の大野くんの定番のオープニング。これまで初回で放送された映像がそのまま使われていますね。

短くまとめると「自分で運転する船で海に出て、マグロを釣り上げる」のが最終目標。しかし大野くんは船舶免許がない状態だったので、まずは船舶免許取得を目指すことに。

一級小型船舶免許はハードルが高そうということで、人並みに勉強すれば9割方は合格できる二級小型船舶免許に挑戦することに。

そして緊張の試験日。

結果発表を待つ間は、これまで試験というものから逃げてきたという事もあって、どんどん自己嫌悪に陥る大野くん。

櫻井くんを「受験の男」と呼び、最後は謝罪するまで追い詰められた大野くんでしたね。

緊張の合格発表では、ちょっとドラマチックな合格発表の仕方を披露する先生。

「次は出航します!」という大野くんの力強い一言までが前回放送でしたね。

自分の運転で初航海

船を貸していただく方々に船舶免許合格を報告に行く大野くん。

企画スタートで使わない漁船を貸していただく約束になっていた川﨑さんと藤嵜さんご夫婦ですね。

合格記念で大漁旗のプレゼント。

旗には大きく「祝大野丸 大漁 恒漁丸第一晴海丸」の文字。第3弾放送「嵐にしやがれ」大野智の船舶プロジェクト 放送内容まとめ

企画スタート時に既に大野丸と名付けていましたよね。

船にはお供えものがしてあってキャベツ、人参、ナス、玉ねぎ、鯛などが飾ってありますね。

講習で使ったボートとは違ってガチな漁船である大野丸ということもあって不安な大野くん。

藤嵜さんも一緒に乗船してサポートしてもらってますね。流石にいきなり一人でというのはムチャですよね。

スポンサーリンク

しばらくすると「よっしゃよっしゃ分かった。」と慣れてきた様子の大野くん。

しかし、

初出航にして荒れる海に翻弄される大野丸。

叫び声を上げながら必死に舵を握る大野くん。

ナレーション「阿鼻叫喚のジェットコースター状態。」

出航してものの15分ですぐに帰港。

海の恐ろしさを思い知った大野くんは「ちょっと酔ったぞ。」まさか船長が船酔いとはw

「東京湾でやろうよまず。もっかい教習受けようかな俺」と言い出す始末w

企画初回に船を借りに神奈川に向かったはずなので、神奈川の海にビビってしまった様子ですね。

改めて東京湾特訓ツアー

数日後、大野くんのリクエスト通りに東京湾で練習をすることに。

まだ船の操縦に不安があるという事で静かな海でトレーニングですね。

さらに大野くんの応援としてあのゲストが登場します。

「大野さ~ん!」の一言から「アハハハハ」と笑いながら突進してくる人物は加藤諒さんですね。

いきなり飛び蹴りを食らわせる大野くん。

地面に転がってお尻をカメラに向けた状態でゲスト紹介。

加藤諒さんは船舶免許は持っていないようで、テレビで大野くんの新企画がスタートしたのを知ったようですね。

「抜けがけ」と大野くんを責めていますw

何も知らされていないことに憤る加藤さんにビンタを食らわせる大野くん。

跳び蹴りとビンタを食らっても「超久しぶり過ぎて、スッゴい楽しいです今日!」と全く動じていない様子。

そんな加藤さんに「落としてぇ~」と恐ろしい言葉を口にする大野くん。

ということで練習ルートは浦安から木更津までのおよそ40km。

所要時間は順調に行けば3時間ほど。

出航を前に、

大野「ぶつかったらごめんね。」

加藤「ゲェー!」

というやり取り。漫画のリアクションみたいな声出すなw

スポンサーリンク

ということで大野丸にとっては2度目の出航。

操縦中に声をかけてくる加藤さんに「ちょっとうるせぇぞ!」と大野くん。

さらによそ見をする大野くんに「待って!よそ見していいんですか!」とクレーマー状態の加藤さんw

ベタ凪の静かな海を順調に進むと東京ディズニーシーが遠くに。2人してサイレンみたいな感嘆の声を出してますw

そこにはプロメテウス山、S.S.コロンビア号、タワー・オブ・テラーが。

東京ディズニーランドはパーク内から外の景色が見えないように綿密に設計されているのは有名な話。富士山の近くにディズニーランドを建設する話が持ち上がった際に「富士山が見えてはいけない」という理由で建設地から外れたなんて話も聞きますよね。

しかし海をテーマに作られた東京ディズニーシーでは東京湾を風景の一部に取り入れているそうです。

東京ディズニーシーでライブを行った嵐でしたが、その際、ミッキーと踊ったことをプチ自慢の大野くん。

また、大野くん曰くミッキーは普段からずーっと気さくだそうです。

そこから30分程船を走らせると見えてきたのは羽田空港の滑走路。もちろん飛び立つ旅客機の姿も。

空港には近づいていけないのが東京湾のルールなので遠目から眺めるだけですね。

飛行機と一緒に写った写真を狙いますが、大野くんの誤操作などもあって、写真撮影はなかなか上手く行かずw

加藤「行ってもうた~!」

結局撮れたのはどこに飛行機がいるのか分からない写真でした。

しばらく進むと見えてきたのは風の塔。第3弾放送「嵐にしやがれ」大野智の船舶プロジェクト 放送内容まとめ 風の塔

東京湾アクアラインの海中トンネルの真上に作られた人工島でトンネル内の換気用に作られたものです。

二つある塔のうち小さい方は排気用ダクトで大きな方が吸気用ダクト。

スポンサーリンク

初の魚釣り

大野丸としては初となる魚釣りを行うことに。

普段はルアーや疑似餌しか使わないそうですが、今回は生餌であるアオイソメを使うことに。

小野君にアオイソメを近づける加藤さんはやっぱりここでもビンタを食らっています。

大野「どうも嫌いなんだよ昔から!ダメなんだよ俺は!」

ナレーション「自分が触れないものをなぜ選んだのか?」確かにその通りw

餌のセッティングは全部加藤さんにやらせることに。

ビンタを食らう加藤諒。自分が触れない生餌を選んだ大野くん。

ダメ出しを連発する大野くんに「じゃあやってくださいよ~!」と加藤さん。白目剥いてますw

なんてやり取りがありつつも記念すべき初ヒットは加藤さん。

見事、シロギスをゲットする加藤さん。初の釣果ですね。

大野「お前 先釣んなって!」

その後、大野くんも無事シロギスをゲット。

釣りたてのシロギスは大野くんがささっとサバいてお刺身でいただく2人。

大満足の2人はハイタッチ。

大野&加藤「フッフ~!」2人してダブルでサムズアップしてますw

ここで緊張の着岸へ。船の操縦に最も難しいのがコレ。

慎重に行って着岸は無事成功。

東京湾特訓ツアーはひとまず終了ですね。

スポンサーリンク

「やっぱ海が似合う男ですね。背中がデカかったですよ。」急に親分をヨイショする子分状態の加藤さん。でも大野くんもまんざらでもない様子。

「僕も船舶(免許)取ってみたい。」とテンション上がった様子の加藤さん。

ナレーション「それは勝手にどうぞ。」バッサリでしたw

どんどん友達を増やそうと意気込む大野くんでしたが、

加藤「りゅうちぇるくんとか?ぺぇくんとか?いいですか?」

大野「まぁそういう系なんだね全部。」

というわけで東京湾特訓ツアーでした。

エンディングトーク

櫻井「自力の操縦はどうだった?やっぱちょっと違うの?」

大野「最初はやっぱり怖い。」

櫻井「これからの道はどうなんですか?マグロへの道なんですか?これは。」

大野「今、二級取ったから、とりあえずもうちょっと二級範囲内でいろいろやって、んで一級いけたらなっていう感じですね。」

松本「単純に(行ける)距離が変わるだけなんでしょ?」

大野「そうそうそれだけ。だから、とりあえず今はもうちょっと遊ばせてください。」

相葉「頑張ったからね。」

こんなやり取りでエンディングということでこれからも二級船舶の範囲内でちょっとチャレンジした上で、一級船舶免許取得も目指していく方向性のようですね。

 - エンタメ

スポンサーリンク