What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

テニスのハイブリッドストリング(ガット)は主流の張り方?その長所と短所


現在では多くのトップ選手がテニスストリング(ガット)のメイン(縦糸)とクロス(横糸)で違う種類のガットを組み合わせて張る「ハイブリッドストリング(ガット)」の構成で戦っているのがメジャーになってきている感がありますね。事実、そんな流れがアマチュアプレイヤーにも徐々に広まってきているのを肌に感じつつ、

長らくポリ単体張りにこだわっていた私だったのですが、少々事情が変わってきているのでその辺を詳しく書いてみたいと思います。

ナイロンとポリの組み合わせは邪道だと思っている人には必見の内容になっているはずですので是非ご参考に。

※本来、ガットという単語はナチュラルガットを指す言葉であって、ポリガットやナイロンガットという単語は英語圏では妙に聞こえます。ポリストリングやナイロンストリングと表現するのが正しい表記なのですが、記事中ではガットとストリングの単語がごっちゃになって使用されていますので予めご了承ください。

ちなみに英語だとサービスキープなんて言葉も使いません・・・。英語圏ではホールドが一般的ですよね。

スポンサーリンク

ハイブリッド(張り)とは?

ハイブリッドという単語を聞くと真っ先に思い浮かぶのは車のハイブリッド車(ハイブリッドカー)ですが、元々ハイブリッドという単語には植物や動物の違う種のものを掛け合わせて新しい種を作るという意味があり、「違うものを組み合わせる」という意味で使われるのが一般的ですね。

単語の起源は1600年頃まで遡り、家畜の雌豚と野生のイノシシを掛け合わせて出来た種を表すラテン語の”hybrida”という単語がハイブリッド(hybrid)の語源となっています。

先のハイブリッドカーでは電気とガソリンを動力とするためハイブリッドの単語が使用されていますが、例えば「テレビジョン」と言う単語はギリシャ語のテレとラテン語のビジョンを掛け合わせて作られた「ハイブリッド語」という表現もします。

話しが逸れてしまいましたのでテニス界におけるハイブリッド(張り)に話題を戻しまして、

テニスのストリングではメインの縦糸とクロスの横糸で構成されますが、縦と横の組み合わせで違うストリングで張り上げるパターンを全てハイブリッド(張り)と表現します。

現在、手に入るストリングの主な種類ではナチュラル(ガット)、ナイロンマルチ、ナイロンモノ、ポリエスエルに大別されますが、例えば縦と横で違うストリングを使用すれば全てハイブリッド張りになりますので違うポリガットを縦横で張った場合もハイブリッド張りと呼ばれます。

例えばスペインのフェリシアーノ・ロペスはメインにルキシロン・アル・パワー 16L(1.25mm)を張り、クロスにルキシロン・エース(ビッグ・バンガー) 18G(1.12mm)を張るというポリxポリのハイブリッド張りにしているようですね。

あまりメジャーではありませんが、ナイロンxナイロンで違うストリングを使用した場合でも当然ながら、ハイブリッド張りと呼びます。

このハイブリッド張りについてですが、1970年代にナチュラルガット(メイン)とナイロンガット(クロス)を組み合わせて使われ出したのが始まりだと言われており、レジェンドプレイヤーであるアメリカのアンドレ・アガシが1990年代に導入したのがきっかけで大きく広まったと言われています。

当時のアガシはメインにケブラーストリング、クロスにナチュラルガットという構成で張っていたようですが、メインに張っていたケブラーは後にビッグ・バンガー→アル・パワーと変遷していったようです。※ケブラーはポリガットが広まる前に耐久性のみを追求したストリングとして一部で使われていたもので、防弾チョッキに使われる素材として有名ですよね。一応、今でも販売されていますが過去の製品となってしまっている感があります。ASHAWAY アシャウェイ ケブラーストリング

ちなみにハイブリッドを導入した頃のアガシ(1993年~1998年頃)はラケットのストリングパターンが20 x 21というものを使用していたので現在のハイブリッドとは打感そのものが違うかもしれませんね。

さらにその後、テニス界のシンボルとして長らく頂点に君臨することになるロジャー・フェデラーが2002年頃に英国のティム・ヘンマンの勧めでハイブリッド張りで戦うようになって、ハイブリッド張りは通称「フェデラー張り、フェデラーハイブリッド」とも呼ばれるようになり、急速に広まっていきましたね。

2002年と言えばフェデラーが使用ラケットのヘッドサイズを85インチから90インチにアップさせたタイミングと大体同じぐらいですね。

スポンサーリンク

ハイブリッドガットの特徴とは?

元々はストリングメーカーで後にラケットメーカーとしても知られるようになったフランスのバボラ(Babolat)ではラケットとストリングをそれぞれ50%、50%としてボール打球時のパフォーマンスが決まるとしていますが、その中でもストリングの張り方をハイブリッド張りにすることでプレイヤーのポテンシャルを最大限に引き出すことが出来ると堂々と宣言されていますね。

また、同じくラケットとストリングの両方を取り扱うウィルソン(Wilson)やヨネックス(Yonex)でもハイブリッド張りについてはかなりポジティブな意見を寄せています。

そんなメーカーでハイブリッド張りの特徴として語られることが多いのは、

ポリエステルガットのスピン性能や打球スピードなどの特徴を生かしつつ、ポリガットの「硬い」というデメリットを和らげるためにナチュラルガットやナイロンガットを組み合わせてプレイヤーにかかる負担を低減する。

というものですね。

2017年のデータでは男子テニスのATP世界ランキングトップ10の70%、女子テニスのWTA世界ランキングトップ10の80%がハイブリッド張りの構成でテニスツアー戦線を戦っているというデータもありますね。

ちなみに世界ランキングトップ20にまで広げるとATPでは45%、WTAでは65%のプレイヤーがハイブリッド張りを採用しているというデータもあります。

ハイブリッド張り=プロ選手だけのもの?

ハイブリッド張りと言えばフェデラー張りと言われるほどにメジャーな存在となったロジャー・フェデラーは、

メイン(縦糸)にナチュラルガット(ウイルソン ナチュラル) x クロス(横糸)にポリガット(ルキシロン アル・パワー・ラフ(ALU POWER ROUGH)

日本の錦織圭は、

メイン(縦糸)にポリガット(ルキシロン 4G 125) x クロス(横糸)にナチュラルガット(ウィルソン ナチュラル16)

で張っていた時代もありましたし、現在では、

メイン(縦糸)にナチュラルガット(ウィルソン ナチュラル16) x (ルキシロン 4G) x クロス(横糸)にポリガット(ルキシロン 4G 125)

ドミニク・ティエムは、

メイン(縦糸)にナチュラルガット(バボラ VSチーム 130) x クロス(横糸)にポリガット(バボラ RPMブラスト 125)

ちなみに女子の大坂なおみは、

メイン(縦糸)にポリガット(ヨネックス ポリツアープロ) 125 x クロス(横糸)にナイロンマルチ(ヨネックス レクシス 130)

特に大坂なおみのセッティングはマチュアプレイヤーにとってもぐっと身近に感じられる構成だと思います。

とにかくナチュラルガットは値段の高さが最大のネックとなってなかなか手が出しにくいため、アマチュアにとってはポリガットとナイロンガットの組み合わせこそがハイブリッド張りのスタート地点と言ってもいいかもしれません。

スポンサーリンク

ポリ単体こそ男(漢)のセッティング?

これまでの私のイメージとしてはポリガット単体で張る構成こそが男(漢)と思っていました。

例えば、ラファエル・ナダルが良い例ですよね。

バボラ Duralast(デュララスト)→バボラ・プロ・ハリケーン・ツアー135→バボラ・RPMブラスト135と使用ストリングを変えてきたラファエル・ナダルですが、いずれもポリ単体で張っており、ハイブリッド張りには手を出していません。

練習からハードヒットするのが彼の信条、ポリシーのようで、ボールがかわいそうになるぐらいに全力でボールをぶっ叩いていきますよね。

確かにポリガット単体張りこそ男(漢)の生きる道なのはそれもそうなのかもしれませんが、テニスのパフォーマンスにおいてはポリガットだけにこだわるのはもったいないような気がしているのが正直な所です。

特にウィルソンのウェブマガジンで掲載されている情報(後述)には「メイン(縦)ナイロンマルチ x クロス(横)ポリガット」の組み合わせがボールスピード、スピン量共に最高の組み合わせであるという実験結果が発表されているのを見ると、ハイブリッド張りも試してみたいなと思ってしまいますね。

縦にポリ?横にポリ?

ポリガットとナイロンガットのハイブリッド張りを試してみる場合に、縦にポリガットを持ってくるのか、横にポリガットに持ってくるのかによって性質が変わってくることに注意が必要です。

一般的に、

スピン量を増やしたい場合は、以前の錦織圭のように縦にポリを持ってくる構成が適しています。

というのも、ストロークではラケットを横向きにして使うため、スピンをかけるために動くストリングは縦糸。

その縦糸にポリを張ったほうが、当然スピンはかかりやすいことになります。

横糸はナイロンモノが選択肢ですが、実はスピン量だけに着目すると縦にポリを張ると、横にナチュラルガットを張ろうが、ナイロンガットを張ろうがスピン量は変わらないというデータがあるそうで、横糸はコスト面で圧倒的に有利なナイロンモノでOKとなりますね。

もちろん大坂なおみのように横にナイロンマルチを張る構成でも良いですけど。

では、横にポリ、縦にナイロンの組合せ(ある意味、疑似フェデラー張り)にするとどうなるか?についてですが、こちらは、スピン量では不利になるものの飛距離が出やすく、さらにポリの最大の弱点とも言われる打球感の硬さを柔らかくマイルドにしてくれるというメリットがあります。

スピン量よりも、ボールのタッチ感を重視して、ボレーなどでも使いやすい構成と言えるかもしれません。

ダブルスプレイヤーであれば横にポリガットを張るのは選択肢としてアリですね。その打球感などのメリットをダブルではより生かしやすいですよね。

スポンサーリンク

縦横については試してみるしかない?

とまあ、縦にポリ、横にポリの特徴について触れてはいますが、実は「実際に打ってみないと分からない」というのが答えだったりもします。

というのも、

こちらのウィルソンのウェブマガジン記事、

スピン・モンスター「BURN 100S CV」×ストリング・セッティングで自分仕様にカスタマイズ!それにより引き出される能力とは!?

を読んでいただければ詳細がはっきりしますが、

縦ナイロン、横ポリで張った構成がスピン量、打球スピードの観点で見たときに最高のパフォーマンスが出るケースが多いという一応の結論が導き出されているものの、中にはナイロン単体、ポリ単体で張った時の方が最高のパフォーマンスが出ている人もいたりとかなりカオスな実験結果となっています。

テスターの年齢やプレースタイルからも一概に「スイングスピードが速く、パワーもある」からと言ってポリ単体がベストとは限らないという実験結果はかなりショッキングです。

漢の中の漢のようなプレイヤーでもポリ x ナイロンのハイブリッド張りでベストパフォーマンスを引き出せるかもしれないというわけです。

これまで私が持っていた偏見のような固定観念が崩されたのはこのデータからです。

しかし、注意点が一つ。

このデータを参考にするなら「縦にポリ?横にポリ?」の比較についてはただの机上の空論でしかなく、長々と講釈を垂れてるサイト(私のこの記事も含め)の情報も多く目にしますが、正直な所、打ってみて自分で判断するしかないと言うのが真実だと思います。

一応、前述の記事を参考にするのであれば、とりあえず、ハイブリッド張り事始めとして、

横にナイロン、縦にポリの組み合わせからスタートさせて、感触を確かめた後に縦にポリ、横にナイロンの組み合わせもチャレンジしてみて比較するという方法を取るのがベストでしょうね。

さらに言ってしまうと、ナイロン単体やポリ単体がベストかもしれないということも忘れてはいけませんが。

テンションについて注意点

現在、市販されているハイブリッド張り用のパッケージ商品(ポリ x ナイロン or ナチュラル)では、ナイロンストリングやナチュラルガットのゲージ(太さ)が一つ上のものが組み合わさっているケースが多いですよね。

これは、過度な飛びを抑えるために柔らかいストリングであるナイロンやナチュラル側を1段階太いものにして調整するためという狙いがあったりします。

 

また、ナイロンガットのほうが耐久性が低いのでナイロンがポリに力負けしないように太いものにしているという面ももちろんありますね。ポリがナイロンをどんどん削っていくので同じゲージだとすぐにナイロン側がダメになってしまうはずです。

ですから、既にセット販売されているパッケージを購入するのではなく、単体で販売されているものを組み合わせて使う(そちらの方が安く済む上に好きなハイブリッド構成に出来る)場合はナイロン側を1ゲージ太いものを用意するのがポイントです。

まあ同じゲージ同士でハイブリッド張りにしてみて試してみるのも一応アリだと思いますので、参考までに。

また、テンションの設定についてですが、縦と横のテンションを変えるというセッティングもプロ選手の間で広まっており、横糸を2lbs(ポンド)から4lbsほど下げるのが主流になっていますね。

ポリ単体で張っている選手の中でもよくあるテンションの設定方法なのですが、ポリ x ナチュラルのハイブリッドでも横のテンションを下げて張るのはよく見るパターンです。

というわけで、ポリ x ナイロンの構成でも同じように横糸をちょっと緩めに張るセッティングはアリですね。

 - テニス

スポンサーリンク