What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第82回「青春高校 3年C組 火曜日」担任:バイきんぐ小峠 小峠が壊れて不具合発生?謝罪する事態に


VTRの音声が出ないという機材トラブルが発生して急きょ「励まし先生」がプチ復活。ところが小峠先生が励まし先生中に壊れ気味で最後は謝罪に追い込まれる事態に。

一応、メインの企画は軽音部の中間報告だったんですが、機材トラブルと小峠先生の不具合でめちゃくちゃな展開に。

というわけで7月24日放送の第82回 青春高校 3年C組 火曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】小峠英二(バイきんぐ)

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ(岩永達彦、信太優人)

【ゲスト】

※『』内は出席番号

【第一期生】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『4』日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『6』中本大賀(なかもとたいが)、『7』西村瑠香(にしむらるか)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』本多睦(ほんだむつみ)、『16』小沼綺音(こぬまあやね)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『26』前川歌音(まえかわかのん)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『17』長野雅(ながのみやび)、『18』宮本ひなの(みやもとひなの)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『25』ボールドウィン零(れい)、『補欠』別所匠(べっしょたくみ)

オープニング

冒頭で「カズレーゼー先生」と甘噛みの中井りか先生。

昨日からの引き継ぎ事項の紹介ですね。

「なるくんの事はそってしておいて」

でしたが、

小峠先生「どうしちまったんだよ?おい。」

髪を染めた上に奇抜なメガネ姿のなるくん。

「髪の毛があるうちに遊ばないと」と小峠先生をディスっていますが、

「校則違反なんでクビですね。クビです。退学です。」と宣告。

髪の毛イジリは即刻クビだそうです。w

小峠先生「生えてるだけで憎いんだから。」

ここで早速コーナーへ。

スポンサーリンク

火曜日コーナー

「学園祭への道 ユニット別中間発表」

青春高校ニュース内ではなく、別個のコーナーとして今回は紹介されるようです。

今回は軽音部の中間発表。

バンドメンバーの起立を促しますが、

椅子をガタガタ鳴らす小沼ちゃん。多分わざと?

小峠先生「うるせぇな!」

中井りか先生「1回でね。ガタガタはね。」

課題曲はSEKAI NO OWARIの「RPG」で練習中。

ドラム歴2年と言う前川ちゃんのインタビューVTRが流れますが音声が流れず。

画面に思いっ切りミュートマークが表示されてしまったりと放送トラブル発生ですね。

テロップだけは表示されているのでかいつまんでみると、

お父さんが楽器の経験者で一緒に遊びながらやっていたので一応経験者だそうですが、本格的なバンド活動は今回が初めてみたいですね。

無音で何も流れないので佐久間Pの指示で教室の映像に切り替わります。

なぜかインタビュー自体がパントマイムで行われた設定にされる前川ちゃん。

中井りか先生「パペットマペットみたいなね。」

小峠先生「読み取れたわ。」

ノブナガ岩永先生「ああ、そういうこと?」

小峠先生「私の唇読み取りなさいよと。そういう挑戦的な事で大丈夫ですか?」

前川「そんなにおしとやかじゃないです。笑」

一応、経験者も混ざっているようで、例に上がった前川ちゃんがドラム、黒田くんがギター。さらに小沼ちゃんもキーボード担当ですが、ピアノの経験があるようです。

練習の手応えは良かったと言う前川ちゃんですが、黒田くんは暗い表情で「全然」とのこと。

音声トラブルがあったために、一番面白い所を口頭で言ってよとムチャ振りする小峠先生。

小沼ちゃんに振ってみると「何がですか?」と何も聞いてなかった様子。

小峠先生「そんなアンテナ一本立ててね。」

今日は頭のてっぺんで髪を一本結んでいる小沼ちゃん。

小沼「先生がツイッターフォローしてくれた。」

ピアノの先生がツイッターフォローしてくれたという個人的なエピソードを語る小沼ちゃんw

小峠先生「先生はコッチだよ!ピアノの先生かなんか知んねぇけど!先生はコッチだろうがよ。」

ノブナガ岩永先生「軽音部の顧問ですから。」

小峠先生「軽音部の顧問?」

中井りか先生「あっそうだ。小峠ぇ・・先生、軽音部の顧問に・・・」

小峠先生「今、小峠で止めそうになったろ。見逃さないよ。普段裏でそう呼んでるってことでしょ?」

中井りか先生「あの例の歌があって。」

小峠先生「例の歌って何だよ。腫れ物に触るみたいな言い方しやがって。」

中井りか先生「あの例の校歌になりかけた。」

スポンサーリンク

オリジナル曲の「好きなっちゃって」を生歌唱した小峠先生でしたが、あれがきっかけで顧問に就任したそうです。

第72回「青春高校 3年C組 火曜日」担任:バイきんぐ小峠 パンクロッカー小峠先生がギター弾き語りで大熱唱!生徒は爆笑の渦?

あの放送回では校歌に決まったような感じでしたが、今日の中井りか先生の口ぶりでは、非公式の校歌という扱いのようですね。

あの曲を披露した後に秋元康先生からLINEで「あの曲に嫉妬した」というメッセージがあったと報告するノブナガ岩永先生。

以前にもこのエピソードは紹介されていましたね。佐久間Pに秋元先生がLINEを送って来たという報告が第73回放送であったんでしたね。

ここで「好きになっちゃった」を生披露することに。しかもアカペラ。

小峠先生「ちょっと待て。さすがにアカペラはキツイ。」

中井りか先生「みんな聞きたいよね~?」

生徒一同「聞きたーい!」

リクエストに応えて口ギターで生歌唱の小峠先生。

教室は「フ~フ~!!」と大盛り上がり。

ここで60秒CM。

提供バックで「音声トラブルですいませんホントに。色々と音声トラブルで申し訳ないです。」と中井りか先生の謝罪メッセージ。

今日はオープニングのタイトルコールやオープニングムービーも流れないままですね。

緊急企画「励まし先生」

CM明けは音声トラブルが続いているということで緊急企画として「励まし先生」のコーナーが復活。

バンドメンバーで悩んでいる生徒がいるということでまずはリキから。

ノブナガ信太先生「励まし先生は手軽に出来ますからね。」

小峠先生「簡単に言うんじゃねぇよ!手軽じゃねぇよ!命削ってやってんだコッチは。」

さて、リキの悩みは、

「ボイトレの先生に怒られ過ぎて1000人の前で歌う自信が無くなってきました。どうすればいいですか?」

クセのある歌い方で感情が込められてないというダメ出しをボイトレでウケているというリキ。

マイクの持ち方を聞く小峠先生ですが、小指を立ててマイクを持つタイプと決めつける先生w

小峠先生「ツラ見りゃ分かるよ。マイクをこうやって小指立てて持つタイプなんだよ。お前は。」

「1000人でも、お客さんは1人でも一緒なんだよ!相手のハートに届く、ビートを刻め!!」

「デケぇ声出してみろ。今。」

リキ「あぁ!!」

小峠先生「もういい!」

続いてはうよのちゃんの悩み。

バンドリーダーなのにギターがなかなか上手くならなくて悩んでいるそう。

小峠先生「なげぇ金髪があるんだからさぁ、頭振り回してみろ。」

うよの「やだー!」

小峠先生「やってみろ!」

うよの「やだー!」

小峠先生「やだーってなんだよ!やだなんかねぇよ。やれっつってんだよ!頭ぶん回してみろ。」

ノブナガ岩永先生「うよのちゃんどう?」

うよの「やだ。」

絶対にやらないうよのちゃんw

スポンサーリンク

ここで中井りか先生からVTRが正常になったという報告。

励まし先生の途中ですが、ばっさりカットで軽音部の初めての音合わせの映像へ。

小峠先生「どのタイミングで直ってんだよ。」

VTRではプロの先生方が見守る中での合同練習。

経験者の前川ちゃん、小沼ちゃんはしっかりリズムが取れていてOK。たった10日間の練習で立派。

また、初めてベースに挑んだ本多くんも目立ったミスもなく無難にこなしているようです。

先生からも「上達が早く、5日間でここまではかなりスゴイ。」「天才なんすかね?」というリップサービスが飛び出すほど予想外の出来。

スタッフさんからも「お前何で引きこもってたんだよ!」とツッコみ。

そんなメンバーの中で問題児はギター担当の黒田くんとうよのちゃん。2人とも全く手が動いていません。

ギターはバンドの顔なので前に出るポジションですが、全く弾けていませんね。

経験者という黒田くんの出来にはスタッフさんも裏切られてしまった格好ですね。

ここでも人に聴かせられるレベルではないとお説教。

練習後の感想ではギターにダメ出しする初心者の本多くん。

中井りか先生「一丁前に。」

前川ちゃんも「人前に出る覚悟が」と笑顔ながら痛烈にダメ出し。

当の本人たちは、

周りの仕上がりに比べって明らかに出遅れている自分に黒田くんはかなりショックのようですね。

うよのちゃんに関しては「もう全体練習したくない。この場から逃げたい。生きてるので精一杯。何も感じられない。」とかなりプレッシャーを抱えている様子。

学園祭本番まで34日ですが、どうなってしまうんでしょうか?

VTR終わりでは褒められて有頂天になっている本多くんをイジる先生陣。

本多「自分で言うのもあれなんですけど、センスがすごいのかなっていうのは。」

小峠先生「自分で言うんじゃねぇよ。ベースは間違ってもちょっと聞こえにくいからね。ギターに比べて。」

中井りか先生「顔も結構プロの顔してましたよ?」

小峠先生「確かにああいうスタジオミュージシャンいるよね。アイツ、スタジオミュージシャン顔なんだよ!」

個人練習や黒田くんとの合わせ練習もしていたというギター担当のうよのちゃんですが、全体練習では生きた心地がしなかったそう。

スポンサーリンク

黒田くんはメンタルがボロボロということでここで励まし先生へ。

経験者にも関わらず足を引っ張っているのがショックと言う黒田くん。

小峠先生「経験者がそんなに偉いですか?未経験者が経験者に勝つことはないんですか?ええ!アナタは経験者ですね!楽器の経験者ですね!この人たちは未経験者ですね!経験者がそんなに偉いですか!この人たちは未経験者。アナタは経験者。経験者デスネ!」

ノブナガ岩永先生「うるさいなぁ!何を言ってんすか!」

中井りか先生「小峠先生、着地決まってないやつ。」

気を取り直して励ます小峠先生ですが、

小峠先生「アナタたちは未経験者デスネ!コッチは経験者!アナタたち・・・」

結局「未経験者&経験者」ループに逆戻りw

ここで30秒CM→提供バック→90秒CM。

エンディング

CM明けは、

中井りか先生「はい。改めて機材トラブルのためVTRに不具合がありまして申し訳ございませんでした。はい。ということでですね、小峠先生にも不具合が。」

小峠先生「そうですね。さっきの出来事ですけどもう何も覚えて無いですから。」

ノブナガ岩永先生「僕たちは耳から離れないです。『経験者デスネ!』」

中井りか先生「ホントに壊れかけのおもちゃ。」

ノブナガ信太先生「こういうトラブルは経験者なんですか?」

小峠先生「経験者デスネ!ワタシハ経験者デスケド、アナタタチハ未経験者デスカ!」

ノブナガ信太先生「アカン。アカン。」

最後に黒田くんが余計に凹んじゃったという中井りか先生ですが、

「黒田、安心しろ!お前より俺の方が今日は落ち込んでんだよ!」と小峠先生。

最後の引き継ぎ事項は、

「三四郎先生は経験者ナンデスカ?未経験者ナンデスカ?ドッチナンデスカ?」

最後まで地獄のループにハマり込む小峠先生w

「経験者デスカ?三四郎さんは経験者ナンデスカ?」と中井りか先生に詰め寄る始末w

スタッフロール、Paravi(パラビ)告知、学園祭告知で終了。

今回は色々なトラブルがあって、オープニングタイトルが省略されたり、小峠先生が壊れたりで最後までめちゃくちゃでしたね。

たまにはこういう放送回があっても生放送っぽくでいいですけどね。

 - エンタメ

スポンサーリンク