What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第152回「青春高校 3年C組 火曜日」担任:バイきんぐ小峠 不良キャラの田中柊人が警察にお世話になったエピソード披露


入学希望者ウィーク2日目。昨日の放送に収まり切らなかった特技を披露するということで山田くん、久保くんの出番。さらに励まし先生のコーナーでは小峠先生が久しぶりにエキサイト。不良キャラの田中柊人くんが警察にお世話になったというエピソードでは逆にイイ奴認定される結末に。

というわけで10月30日放送の第152回 青春高校 3年C組 火曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】小峠英二(バイきんぐ)

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【入学希望者】松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)、川口友雅(かわぐちゆうが)、田中柊人(たなかしゅうと)、上島陸歩(うえしまりくほ)、久保侑大(くぼゆうだい)、山田結希(やまだゆうき)、大村紫真(おおむらしま)

【第一期生】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『4』日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『6』中本大賀(なかもとたいが)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『18』宮本ひなの(みやもとひなの)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『25』ボールドウィン零(れい)、『26』前川歌音(まえかわかのん)

【欠席】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『27』別所匠(べっしょたくみ)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)

オープニング

今日はハロウィーンの仮装をしている現生徒たち。

さすがに入学希望者たちは普通の格好ですけど。

昨日の放送では収まり切らなかった特技を今日も披露してもらうとの事。

一応、企画ユニット「PLANNERS」の新メンバーオーディションという事でもあるので河野くんに話を振りますが今日はドラキュラ風の衣装。

中井りか先生「そんな変な格好して。」

小峠先生「テレビでも恥ずかしいからな!その格好。」

今の所、気になる生徒については河野くんに憧れていると公言している久保くんとヴァイオリンの特技が目につく上島くんだそうです。

ちなみに河野くんの隣に座っている浅井くんは完全に黒い頭巾を被って顔が見えない状態。死神という設定のようですね。

中井りか先生「死神さんはどうですか?」

浅井「でも昨日何か・・・」

小峠先生「喋んなっ!お前は。一番大事な鎌持ってねーじゃねーか!」

喋ると黒い頭巾が吐息でフカフカするのがポイントw

昨日特技のラップを披露した田中くんですが今日も早速披露。

お題は小峠先生から「ハゲ」と「デブ」

すぐさまラップ開始。

順調に進んでいたように見えましたが「あ。一個忘れちまった・・・」と途中であえなくストップ。

小峠先生「忘れちまうとかねーだろ!」

中井りか先生「緊張してるの!」

小峠先生「でも、思ったよりすごいよ!」

中井りか先生は昨日の時点で田中くんをひとまず推している様子でしたね。

こんな感じで今日も特技を披露していく感じみたいですね。

ここでタイトルコール。

スポンサーリンク

シンプルに特技を見せてくれ その2

「オーディション受けに来たヤツらの才能がスゴい・・・シンプルに特技を見せてくれオーディション」

昨日に引き続いての同コーナー。

まずは昨日出番が無かった山田くんから。サッカーが特技でボールも持参ですね。

定番のリフティングを披露する事に。

サッカーでは全国大会2回出場と100m走は11秒台だそうです。

小峠先生「ホントにすごい奴は出ちゃいけない番組だからね。」

いざリフティングが始まると緊張しているようで2回ミス。

小峠先生「すごいけどさぁ。2回はミスったよね?笑」

中井りか先生「いいの!いいの!イケメンだからいいの!」「ミスってない。生放送だからね。緊張したね?ごめんね。はーい。」

ちなみにチャーリーもサッカー経験者ということで同様にリフティングを披露。今日は囚人服姿の仮装。

小峠先生「不法滞在で捕まった人でしょ。」

まあ普通にリフティングを披露するも最後は失敗。

これでアピール出来ているのかは微妙ですが、お次は久保くん。

笑顔が陸上の多田修平選手っぽい久保くんですが特技は「どの角度からも笑顔のキメ顔で対応できる」というもの。

ということで“自称”・青春高校ナンバーワンイケメンの河野くんと対決する事に。

河野「自称じゃないでしょ!何でよっ?」

小峠先生「河野くんの偽物感が目立つよね~。彼かっこいいよ。」

まあヘタレだったり泣き虫キャラが露呈して正統派イケメンからはちょっと見方が変わっている感じもありますが、河野くんもしっかりとイケメンですけどね。

スタジオ内の4台のカメラがランダムに切り替わるので、赤いランプを目印に素早くカメラを見つけてキメ顔を作るというもの。

判定は小峠先生が行いますが、

小峠先生「何で俺こんな判定しなきゃいけない。笑」

まずは久保くんから。

中井りか先生「かわいい~!」

小峠先生「かわいいけどさぁ。」

中井りか先生「何だろうすごいかわいい!めっちゃ!」

小峠先生「かわいいけどさ。ピースの回数多くねぇか?」

7回ポーズを決めてピースは3回でしたね。

中井りか先生「いいの!イケメンだからいいのよ!」

スポンサーリンク

お次は河野くんが挑戦。

いきなりスタートの真正面のカメラが分からない河野くんw

長い襟が邪魔で見えないと謎の言い訳の河野くんですが、襟を畳んで再挑戦。

河野くんも7回ポーズを作って最後は得意のフォンダンショコラを披露。

ただ、カメラ目線ではなく横顔になっちゃうケースが多かったですね。

中井りか先生「下手か!」

小峠先生「ほぼ側面だったよ。」

判定は速攻で久保くんの勝利。

中井りか先生「もうお気に入りだから私。」

2人目の中井りか先生の推しが決定したようですね。

続いては大村さん。唯一の女子のメンバー候補ですね。

昨日はアカペラ披露でしたが、今日はピアノでオリジナル曲の弾き語り。

ここで30秒CM

CM中にキーボードが運び込まれてCM明けに生パフォーマンス披露。

パフォーマンスが終わると、

小峠先生「すごすぎて引かせてんじゃないよ!」

3歳からピアノを弾いていて、小学生で作曲も始めたとの事。

中井りか先生「クオリティ的にはアンダーザなんたらドッグとは、」

小峠先生「“アンダー・ザ・チェーン・ドッグ”だよ!俺のバンドの!」

7月10日放送の第72回でギターの弾き語りを披露した小峠先生。この時の曲から軽音部の曲が作られたんですよね。

中井りか先生「どう?河野くん?」

河野「入って欲しいですよ。この歌唱力。ホントに!」

ここで120秒CM

スポンサーリンク

励まし先生

CM明けは励まし先生。

番組最初期から行っていてかなり息の長いコーナーになりましたよね。

まずはラッパーの田中くんから。

田中「昔は警察のお世話になったこともあったけど、今はしっかり更生しとるのに、まあ見た目のせいかちょっと不良に思われてしまうんですよ。どうしたらいいんですかね?」

小峠先生「最後の『ですよ』でイイ奴って分かっちまったじゃねーかよ。」「何やらかしたんだよ?不良って。」

田中「思い出したくない過去なんですけど。」

小峠先生「悪そうな面してんな?なんだよ?窃盗か?」

告白したのはまさかの「車の初心者マークの付け忘れ」

中井りか先生「それだけ!?ショボっ!笑」

小峠先生「初心者マークつけずに捕まる奴ってホントにいんのかよっ!?都市伝説と思ってたよ!」

しかも代車に乗っていて貼り替えるのを忘れていたという故意じゃない単純なミスw

中井りか先生「めっちゃいいヤツじゃん!だってお米運んでるんだもんね?」

田中「お米運んだ帰りの。」

まさかのw

小峠先生「その米はもちろん悪いから盗んだんだろ!」

田中「業者に送る用で。」

袖の所にワッペンのようなものを着けているのをイジられて、

小峠先生の「燃やしちまえ!そんなシール。」の言葉で励ましは終了。

実はいいヤツという事が分かったという事で、喧嘩の経験も全く無いそうです。

小峠先生「一回ぐらいあるだろ!喧嘩。」

田中「お母さんと。」

小峠先生「お母さんと。笑」

微笑ましいわw

スポンサーリンク

お次はヴァイオリニストの上島くん。

小学校3年生から不登校で引きこもり。そこからヴァイオリンを弾くだけで友だちもいないとの事。

むしろどこにも行かずにヴァイオリンだけを弾いてるって大天才が生まれるエピソードのようなw

小峠先生「何のためにヴァイオリンやってんだよ?」

上島「時間があったんで。」

小峠先生「早ぇ!早ぇ!ターンが早ぇ!」

小峠先生「お前は何のためにヴァイオリンやってんだよ?笑。上島!」

上島「将来音楽の仕事に就けたらいいなと。」

小峠先生「早ぇ!早ぇ!早ぇ!ターンが早ぇんだよ!」

小峠先生の質問にあっさりと答えを返す上島くんw

小峠先生「今は引きこもってねーんだろ?」

上島「・・・。」

小峠先生「遅ぇ!遅ぇ!」

ノブナガ岩永先生「難しいよ!」

小峠先生「音楽家とは思えないリズム感だぞ!」

中井りか先生「ごめんね。ごめんね。ありがとう。座ってね。ビビっちゃったから次行こうか。」

次は松岡くん。

前川ちゃんのためにラブソングを作ったものの発表する勇気が無いとの事。

中井りか先生「作りたてホヤホヤって事ですよね?」

小峠先生「わざわざ作ったんだな?前川さんのために。」「ダメだ!」

ノブナガ岩永先生「いいじゃないですか!」

小峠先生「松岡あきらめろ。ダメだ。」「昨日作ったんだな?」「ダメだ!」

ノブナガ岩永先生「何でなん!」

こんなやり取りをしつつも最後はOK。

するとすぐさま前に出て来る松岡くん。

中井りか先生「弾く気満々で。笑」

ノブナガ岩永先生「勇気が無いの嘘やん。」

ただ、途中で演奏をミスする松岡くん。

いちいちリアクションが気持ち悪いですね。

最後は手拍子に乗って、徐々に前川ちゃんに近づいていって「今夜ご飯行きましょう。」とリズムに乗ってお誘い。

前川「ごめんなさい。」

まあ定番のオチ。

小峠先生「何だよ。ナンパしに来たのかよ。コレ。」

エンディング

曲終わりでそのままエンディングへ。

「最後の歌はクソみたいなね。」と強烈にディスりながら小峠先生が締めコメント。

全体的に特技持ちの希望者が多くて感心した様子ですね。

明日も引き続き入学希望者ウィーク。

エンディングではウィンターライブ開催決定の告知が流れる新バージョンですね。

最後はPravi(パラビ)告知とスタッフロールで終了。

 - エンタメ

スポンサーリンク