What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第162回「青春高校 3年C組 火曜日」担任:バイきんぐ小峠 友だちがいないという中井りかがその闇を告白


新入生・在校生と立場を分けた企画が進行する中、今日は女子メンバーに焦点を当てた企画、フィーリングフレンドを実施。フィーリングカップルの友だち版という事で友だちになりたい人を指名して両想いになればフレンド成立という企画ですね。そんな中、友だちがいないという中井りか先生がその闇を告白する瞬間も?

というわけで11月13日放送の第162回 青春高校 3年C組 火曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】小峠英二(バイきんぐ)

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【第一期生】『4』めーな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『27』別所匠(べっしょたくみ)

【第二期生】『28』田中柊人(たなかしゅうと)、『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『30』持田優奈(もちだゆうな)、『31』マーガリン:大曲李佳(おおまがりももか)、『32』黒木美佑(くろぎみゆ)、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)、『補欠』上島陸歩(うえしまりくほ)、『補欠』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『2』佐藤諒(さとうりょう)、『6』中本大賀(なかもとたいが)、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『25』ボールドウィン零(れい)、『26』前川歌音(まえかわかのん)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)

オープニング

今日の担任の小峠先生は企画ユニットの候補生としか番組内で絡んでいないのでアイドル部の候補生とは初絡み。

印象としては、「圧倒的に可愛いじゃないですか。みなさん。」との事。

中井りか先生「まあ確かにね。圧倒的に可愛いですけどね。」

ここでトークもほぼナシで即座にコーナータイトル。

スポンサーリンク

フィーリングフレンド

「どの先輩と友達になりたい?青春高校フィーリングフレンド!」

フィーリングカップルではなく、あくまでもフィーリングフレンド。それぞれがみんなに聞きたい質問をした後に友だちになりたい一名を指名。指名された側はフリップ(スケッチブック)をオープンしてそこに書いていた名前が一致して両想いになればフレンド成立。第一期生と第二期生に分かれて指名しあう感じですね。

今日は女子だけの企画なので、第一期生の男子生徒は全員立ちの状態で端っこに追いやられた状態。まあ人数も増えてきたので女子だけの回、男子だけの回みたいなのも作っても新鮮ですよね。第二期生は男子も一応画角にしっかり収まる位置にいますが企画には参加せず。

中井りか先生「あの人たちはガヤ芸人として。」

小峠先生「あれ位の位置だったら帰っていいよ。」

中井りか先生「さあそれでは質問ターイム!」

一斉に騒ぎ出すガヤ男子たちに「うるせーよ!」と先生w

まずは新メンバーの持田ちゃんからの質問「私が失恋した時にどんな風に励ましてくれますか?」

中井りか先生「励ますというのは友だちの醍醐味と言うか。まあ私友だちいないんで分かりませんけど。」

小峠先生「そんな奴が仕切ってんじゃねーよ。」

ノブナガ岩永先生「気遣うわ。」

中井りか先生「友だちいないとね私みたいに一人でディズニーに行くハメになりますから。」

ノブナガ岩永先生「友だちは大事って事よ。」

中井りか先生「そうそう。大事って事で。」

持田ちゃんの質問への答えが一気にオープン。既に用意されていたので事前に質問内容も分かったうえで書いてあったようですね。

中井りか先生「おばちゃんがね。すごいいい事書いてんのよ。」

おばちゃん「こんな可愛い子をふる人がいるなんて驚いた!そんな彼があとあと後悔しちゃうくらい素敵な恋を出来るよう全力で応援するよ!」

小倉ちゃんは「私の顔を見て」

自分の顔よりも何十倍も可愛いから元気出してという自虐的なネタ。

中井りか先生「あとは?日比野が薄いな。」

日比野「めいながいるじゃんか!」

中井りか先生「めいながいられてもね?」「あと西村もナメてんな?」

西村「何も言わない」

変に励ますと逆に傷つくかもしれないから敢えて触れずに隣にいるという答え。

小峠先生「隣にいるだけで何かあるほどの価値観ねぇけどな。そこまでの価値ねぇよ。」

スポンサーリンク

中井りか先生「でも小沼ちゃんが悪くない。」

小沼「人を好きになるのは凄いことだから、あなたを褒めてもいい?やっぱあんたは自慢の友だちだよ!」

そんな中、うよのちゃんは「まじわかんない」という答え。

中井りか先生「うよのちゃんは失恋してもテメェで何とかしろって感じなんでしょ。」

続いては在校生から新入生への質問。

小倉「そばは好きですか?」

小峠先生「そんな質問答えなくていいよ!」

小倉「大事!大事!」

小峠先生「みんな好きだよ!」

小倉「じゃあ友だちになれます。」

続いては小沼ちゃんの「手つないでデートしたいんですけどダメですか?」

中井りか先生「女子同士で手つなぐとかある?」

小峠先生「あれ何なの?女子同士で手つなぐ。よく見るじゃない?あれ。」

中井りか先生「つないだ事ないな・・・。」

小峠先生「友だちいねぇからだよ。」

苦笑いでうつむく中井りか先生w

黒木ちゃんはつなぐ派。

中井りか先生「マーガリンつなぐ?」

マーガリン「・・・」

中井りか先生「聞いてるよ?今ね。」

スッと手を取って手をつなぎ出す隣の涌嶋ちゃん。

小峠先生「謎の行動はしなくて大丈夫よ。」

中井りか先生「つなぐって事でいいね?はーい。」「まあ涌嶋ちゃんはまあウザいから・・・」

ノブナガ岩永先生「まだ2日目やから。」

小峠先生「分かる分かる。」

中井りか先生「つないで欲しくないなっていう気持ちはあるけど。」

涌嶋「つないで欲しくないってありますか?」

小峠先生「何だよ。ギターのヘッドに気持ち悪いの付けて。」

涌嶋「初めて気づいてくれたー!」

ウーパールーパーのぬいぐるみですね。ちなみにウーパールーパーを英語では“axolotl(アホロートル)”といいます。

スポンサーリンク

持田ちゃんは冬は寒いからみんな女の子同士でつなぐとの事。

中井りか先生「女の子だよ!?」「変わってるんだね。みんな。」

以上で質問タイム終了。ここで各自が手元のフリップというかスケッチブックに友だちになりたい人の名前を書きます。

中井りか先生「女子って言うのはビビッと来るもんだから。コイツとは合わねぇなっていうのが。」

合わない方を言うっていうのが流石w

ノブナガ岩永先生「中井さんいます?合う人。」

中井りか先生「こん中で言ったら・・・」「いねぇな!」

ノブナガ岩永先生「だからいねぇんだよ!友だち!」

小峠先生「選べる立場じゃねーから!いねぇんだから。」

新メンバーの中では?という質問には、

中井りか先生「こっち(新メンバー側)にはマジでいない!」「こっち(在校生側)だったらまだ・・・」

ノブナガ岩永先生「問題発言!」

ハッキリ言っちゃってますねw

ここで全員掛けたという事で「告白タイム」

まずは持田ちゃんから友だちになりたい人を発表。

「えのちん」

小倉ちゃんの事ですね。

LINEで話していて仲良くなりたいという想いがあるそう。

ノブナガ岩永先生「じゃあ今の全く関係あれへん!」

小峠先生「そばの質問とかね。」

ということで選ばれた小倉ちゃんの返答は、

「ごめんなさい。」

持田ちゃんに選ばれた時は大喜びでしたが、もっと仲良くなりたい人がいたそうで、

小倉ちゃんがフリップをオープンすると「涌嶋ちゃん」

嶋の字が島になっていますが。

中井りか先生「この二人でいたらウゼェなぁ!」

小峠先生「何も生まれねぇ会話し続ける。」

ですが、涌嶋ちゃんの返答は「ごめんなさい。」

ノブナガ岩永先生「これどんどん気まずなっていきますからね!」

そんな涌嶋ちゃんが選んだのは「めがちゃん」

中井りか先生「止めといた方がいいよ?なんで?女鹿ちゃんなの?」

涌嶋「姉妹なんですよ。」ウインクしながらの返答に、

ノブナガ岩永先生「何が?」

小峠先生「そのウーパールーパー焼くぞ!それ。」

女鹿ちゃんは涌嶋ちゃんのモノマネが上手いという事で披露してもらう事に。

涌嶋ちゃんの初登場時の自己紹介のモノマネを披露しますが、

女鹿「えっ!何でスベんの!?」

小峠先生「スベるよ。そりゃあ。何で?じゃねぇよ。当たり前の現象だよ!」

中井りか先生「止めて!生放送だから。そんなの急にやらないで!」

振ったのは中井りか先生ですけどね。

何の勝算があったのか不明と言う小峠先生ですが、

スタッフさんには割と好評だったと女鹿ちゃん。

スポンサーリンク

そんな女鹿ちゃんが選んだ人は「わくっしー」わくっしーとは涌嶋ちゃんの事ですね。

なぜかキス顔で女鹿ちゃんに近づいていく涌嶋ちゃん。

中井りか先生「勝手にやってて感が強い。」

小峠先生「このまま帰っていただいてもね。」

ここで30秒CM。

提供バックでは見つめ合ったり、お互い目の下にあるおそろいのほくろを指したりと仲良さげ。

フィーリングフレンド続き

ここで再度質問タイム。すでにフレンドが成立した女鹿ちゃんと涌嶋ちゃんは抜けた感じですね。

中井りか先生の掛け声に歓声を上げるガヤ男子たち。

中井りか先生「ウルセー男子。笑」

黒木ちゃんからの質問は「東京案内をしてくれるならどこに?」

在校生たちのフリップをオープンすると、

うよの「はなまるうどん」

なぜ?w

うよの「うどんが大好きなんですよ。」

小峠先生「いや。美味しいよ?はなまるうどんは美味しいけどさ。」

うよの「セットで安いんですよ。結構。」

小峠先生「はなまるうどんの安さと旨さは知ってんだよ。」

そば・うどんと謎の質問タイムw

あとは「私の家」という回答の小倉ちゃん。

タピオカ屋さんがめっちゃあるという理由で「新宿」と答えた西村ちゃん。

中井りか先生「みんあさ。自分の好きなものを押し付けてるよね。」

宮本ちゃんは109などを案内するという理由で「渋谷」というチョイス。」

続いては在校生の日比野ちゃんから「好きな男子のタイプは?」

この質問に浮足立つ男子たち。

黒木「一緒にいて楽しい人。顔がいい人。」

小峠先生「その二つを満たすような人はここには一人もいない。これからも入ってきませんから。」

マーガリン「面白い人。」

小峠先生「一人もいませんね。これからも入ってきません。」

スポンサーリンク

この中で選ぶなら?という中井りか先生の質問には、首をかしげてぼやかすマーガリン。

持田「リードしてくれる人。」

またしてもこの中で選ぶなら?という質問ですが、「リードしてくれる人は誰もいない。」と中井りか先生が言うので「じゃあ、いないです。」と持田ちゃんの答え。

中井りか先生「出口は海辺でハグしてくれるよ?」

ここで120秒CM。

提供バックではエアーハグを披露する出口くん。

CM明けは二度目の「告白タイム」

マーガリンが選んだのは「めいなちゃん」

相談を聞いてくれそうで一緒にディズニーに行きたいという理由。

日比野「かわいい。」

ではそんな日比野ちゃんが選んだのは「黒木ちゃん」

日比野「ホントにごめんなさい!」

中井りか先生「アイツああいう奴なんだよ!最低でしょ!ホントに。」

同じ手をつなぐ派だったり一目惚れもあったという日比野ちゃん。

ここで小沼ちゃんが一言言いたいことがあるようで、

小沼「手つなぐやつ私が聞いたんですけど!」

中井りか先生「そうだよねぇ?コイツこういうやつだから!」

いや。質問はみんなで共有するものじゃ?w

むしろ小沼ちゃんの性格が悪く見えますけどw

ではそんな黒木ちゃんは「彩乃ちゃん(おばちゃん)」という指名。

おばちゃんはガッツポーズで「みゆちゃん(黒木ちゃん)」ということでフレンド成立。

前に出て抱き着くおばちゃん。

普通に秋葉原に遊びに行くので親密になりそうな二人ですね。

ということで二組のフレンドが成立。

今日は特にエンディングパートも無くそのまま終了。

最後にはデート企画第3弾の告知。

何と小宮先生と村西ちゃんがデートに出かけるという禁断企画。村西ちゃんの理想のデートを叶えるという企画のようでしっかり手をつないでいる二人。渋谷のようですね。また、ピクニック風にレジャーシートを敷いてあーんをしてあげる村西ちゃん。

辺りも暗い中、水辺の桟橋のような所で「小宮先生ー!」と呼ぶ村西ちゃん。

一体どうなるのでしょうか?

ウィンターライブ告知・Pravi(パラビ)告知ありのスタッフロールで終了。

 - エンタメ

スポンサーリンク