What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第172回「青春高校 3年C組 火曜日」担任:バイきんぐ小峠 中井りかが握手会の塩対応のせいでファンが8割減を告白?


ウィンターライブの新曲発表はひとまずお休みして今日は軽音部の新曲「自己嫌悪の夜」を使った企画。自己嫌悪エピソードを披露してその直後にリキがサビを歌い上げるという大喜利的なコーナーで中井りか先生も塩対応に関する告白。さらにHKT48の5期生に正式加入した青春高校卒業生の長野雅ちゃんからのビデオメッセージも。

というわけで11月27日放送の第172回 青春高校 3年C組 火曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】小峠英二(バイきんぐ)

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【第一期生】『4』めーな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『26』かのんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『27』別所匠(べっしょたくみ)

【第二期生】『28』田中柊人(たなかしゅうと)、『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『30』持田優奈(もちだゆうな)、『31』まーがりん:大曲李佳(おおまがりももか)、『32』黒木美佑(くろぎみゆ)、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)、『補欠』上島陸歩(うえしまりくほ)、『補欠』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『2』佐藤諒(さとうりょう)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『25』ボールドウィン零(れい)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『6』中本大賀(なかもとたいが)※中本くんは休学か卒業か不明。

ビデオメッセージ出演:HKT48 5期生 長野雅

オープニング

今週はウィンターライブに向けての新曲大発表ウィークですが、今日は中休みして企画を進行。

そんな中「パーカーとチョッキは制服もらえないんだな?」と補欠の松岡くんと上島くんをイジる小峠先生。

ただ、補欠のままでも軽音部のメンバー入りは果たしているんですよね。

小峠先生「軽音部に入ったの?パーカーとチョッキが?」

ノブナガ岩永先生「呼び方!一応、顧問ですよ?」

小峠先生は軽音部の顧問なんですよね。その後も何か第三者的なコメントが目立つ小峠先生は顧問としての自覚が?ですねw

そしてウィンターライブの新曲発表については今のところ3曲が発表済み。軽音部・企画ユニット・前川ソロですね。

昨日は企画ユニットのセンター発表で泣き崩れた河野くんと報告されていますが、本人は泣いていないとあくまで否定。

小峠先生「本当に泣き崩れたいのは久保くんなんじゃないの?笑」

また、アイドル部は本日Zepp東京で行われる合同イベント「Girls Delight SP」でライブパフォーマンスを披露する予定になっているんですよね。

出番は19:50~20:00の予定だそう。アイドル部は当番組出演もしているので放送後に移動するみたいですね。

ただ、ライブイベントに関して時間を取り過ぎても企画を行う時間が足らなくなるのでバッサリカットして進行する中井りか先生。

小峠先生「冷たい女だよ。」

そのまま冒頭コーナーへ。

スポンサーリンク

青春高校ニュース

「青春高校ニュース」

元アイドル部 長野雅 HKT48の5期生として正式加入。

研究生という立場でスタートした長野ちゃんでしたが、このたび正式にHKT48のメンバーになったとの事。

小峠先生「えらいもんで1ミクロンも覚えてないですね。1ミリどころの話じゃないですよ。」

ということで長野ちゃん本人からのビデオメッセージ。HKT48 5期生 長野雅 ビデオメッセージ

長野「みなさんこんにちは。長野雅です。昨日お披露目があり晴れてHKT48の5期生になる事が出来ました。セレクション通過に向けてレッスンをしていたのですが、そのレッスンも厳しく、私が想像していたよりもはるかに厳しいものでした。そんなレッスンの中思ったのが、りか先生は沢山お仕事がある中こんな厳しいレッスンを受けていて本当にすごいなと改めて感心しました。先輩方が築き上げてきたHKT48に私が少しでも貢献できるように頑張っていきます!」

「ウィンターライブが中野サンプラザで開催されると聞いて私もすごく嬉しかったでーす!皆なら文化祭以上のものに出来るし絶対成功できると思っています。頑張ってください!」

親友の村西ちゃんはこれからも羽ばたいていってほしいというエール。

中井りか先生「頑張って欲しいですね。」

ノブナガ岩永先生「同じ48グループですからね?」

中井りか先生「はい。以上青春高校ニュースでした~。」

サラッと流す先生w

ここでタイトルコール。

自己嫌悪の夜選手権

「青春カミングアウト 自己嫌悪の夜選手権」

発表済みの軽音部の新曲「自己嫌悪の夜」にひっかけた企画で自己嫌悪を感じたエピソードを披露してもらって、それを言い終わったタイミングで軽音部ボーカルのリキがサビ部分を熱唱というもの。

まずは新曲をまだ聴いていないという小峠先生のためにみんなで試聴。

途中から急に歌い出す小峠先生w

小峠先生「それだけキャッチーだって。すぐに歌える。知らないのに歌えんだから。」

以降も所々で熱唱しては「ガマンしてください。」と中井りか先生にたしなめられるパターン。

最終的にはサビも歌い出した小峠先生に「ガマンしろっつってんだろ!」と怒り出す中井りか先生w

スポンサーリンク

まずは前川ちゃんが自己嫌悪エピソード披露。マイクスタンド前のリキが隣にいる状態でエピソード披露ですね。

自己嫌悪は恋の経験も無いのに失恋ソングのプレイリストを作って聴いては泣いているというエピソード。

前川「なんの涙やねんな・・・。」

リキ「wow wow wow・・・。」

まだエピソード披露からサビ歌唱の流れが分からないので戸惑い気味のリキw

小峠先生「そりゃそうなるよ。そりゃ動揺するよな。」

中井りか先生「初めてあんな余裕ないリキの顔見た。笑」

自己嫌悪エピソードをメロディに合わせて替え歌にするわけではないので曲中のセリフのような感じになりますね。

そこでいきなりサビから入るリキはかなり大変そう。どこでエピソードが終わりなのかも判断し辛いですしね。

続いては黒田くん。

ギター経験者という事で軽音部に入ったものの実力は発揮できず、さらにそれをイジられるのも辛いとの事。

黒田「もう正直イジられるのも辛い・・・。はぁ~。」

リキ「wow wow wow 自己嫌悪の夜」

また歌い出しに失敗して変な事にw

小峠先生「ため息終わりで歌行けねぇって!」

エピソード終わりが分かりにくいのが全ての原因w

最後に決まりのセリフとして「それでは聞いてください。」みたいなフレーズがあればまだマシかもしれません。

続いては本多くん。

本多「満員電車でリュックを背負っている人がいたら黙ってすごい押してます。今みんなが思っているよりもっと押してます。」

リキ「wow wow wow 自己嫌悪の夜」

今回は何とか形になりました。

手で押しているという本多くんですが「もう痴漢のやつだよ?痴漢の手つきだよ?」と小峠先生。

あくまでリュックを押しているそうですが。まあ変な動きはあらぬ疑いをかけられるので止めておいた方が賢明。

続いてはおばちゃん。

恋愛県警が無いにも関わらずに恋愛相談を受ける事が多く、その時に訳知り顔でうんうんと相槌を打って返事してしまうとの事。

おばちゃん「でも特に無いかもしれないなぁ~。分かんないや~。」

リキ「wow wow wow 自己嫌悪の夜」

小峠先生「バカ丸出しの喋り方じゃねーかよ!」

スポンサーリンク

続いてはハニトラ。

得意料理を聞かれて毎回ロールキャベツと答えるものの、実は一度も作ったことが無いとの事。

ハニトラ「・・・でもまた言うと思う。」

リキ「wow wow wow 自己嫌悪の夜」

今度はリキが歌い出したものの曲が上手くかからず。音出しのスタッフさんのタイミングがズレちゃいましたね。

そこもシステム的に問題アリw

中井りか先生「こんな怯えてるヤンキーやだよ!笑」

ここでリキの代わりにうよのちゃんがボーカル担当に。

自己嫌悪は黒木ちゃんが担当。

テスト期間中に友だちに教えた内容が間違っていたとの事。

黒木「全然違いました。」

うよの「wow wow wow 俺が悪い・・・あっ間違えた~!笑」

小峠先生「マジで全員さぁ。これ家でやってくんねーかな?」

ここで30秒CM

自己嫌悪の夜選手権 続き

リキがボーカル復帰。自己嫌悪担当は小沼ちゃん。

夜中のLINEに気を遣ってすぐに取り消したら、取り消したことで逆に心配されるとの事。

小沼「でも朝起きたらあんま覚えてない。みんなごめんね。」

リキ「wow wow wow 自己嫌悪の夜」

小峠先生「今のもさ含めて全部LINEでやってくんねーかな?」

続いては小倉ちゃん。

文化祭の手売りで小倉ちゃんから買ってくれた人がウィンターライブでも再度リピート購入してくれた場合に備えてお礼の手紙を50人分用意したものの5枚しか売れなかったとの事。

小倉「結局売れたのは5枚だったんだ。」

リキ「wow wow wow 自己嫌悪の夜」

45枚は家にあるという惨憺たる結果。

小峠先生「これは切ないよ。こういうのですよ。これはいいですよ。」

続いては女鹿ちゃん。

自分の脚が太い所がコンプレックスで全身写真を見せる時は隣に脚の太い子がいる状態の写真を見せるとの事。

女鹿「これ以上絶対にもう・・・自分が痩せなきゃいけないんですけど!まあ細い・・・」

小峠先生「なげぇよ!なげぇ!なげぇ!メロディ聞こえてきてたろ?」

喋り過ぎてサビが入るタイミングを逸した女鹿ちゃんに小峠先生が強制終了。

ここで120秒CM

スポンサーリンク

エンディング

最後は中井りか先生が自己嫌悪エピソード披露&小峠先生のボーカルというコンビ。

中井りか先生「握手会で塩対応をしすぎてファンが8割ぐらい減っちゃったんですよね~。悲しいな~。」

小峠先生「wow wow wow 自己嫌悪の夜 wow wow wow 自己嫌悪の夜」

ここで本編は以上。

Pravi(パラビ)告知ありのスタッフロールでそのまま終了。

 - エンタメ

スポンサーリンク