What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第173回「青春高校 3年C組 水曜日」担任:三四郎 ダンス&ボーカル部のセンター・新曲発表で衝撃発表!


ウィンターライブの新曲発表ということで今日はダンス&ボーカル部「The BUMPY」のセンターと新曲の発表会。リーダーの中本くんが休学という事で抜けてしまったのでその穴は誰が埋めることになるか?に注目が集まりますが、まさかの発表に教室内は騒然。秋元先生直々の指名だそうですが、一体誰になったのか?そして気になる新曲は?

というわけで11月28日放送の第173回 青春高校 3年C組 水曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】三四郎(小宮浩信、相田周二)

【副担任】NGT48 中井りか(ベストアーティスト2018出演のため欠席)

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【第一期生】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『2』佐藤諒(さとうりょう)、『4』めーな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『26』かのんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『27』別所匠(べっしょたくみ)

【第二期生】『28』田中柊人(たなかしゅうと)、『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)、『補欠』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【欠席】『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『25』ボールドウィン零(れい)、『30』持田優奈(もちだゆうな)、『31』まーがりん:大曲李佳(おおまがりももか)、『32』黒木美佑(くろぎみゆ)、『補欠』上島陸歩(うえしまりくほ)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『6』中本大賀(なかもとたいが)※中本くんは休学か卒業か不明。→第173回放送で正式に休学と発表。

オープニング

副担任の中井りか先生は日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2018出演のために欠席の模様。

代わりに誕生日を迎えて17歳になった西村ちゃんが臨時副担任。

小宮先生「誕生日だったらここに立てるって簡単な番組。」

ノブナガ岩永先生「違いますよ。」

ここでウィンターライブに関して気になっていることは?という三四郎のお二人への質問。

小宮先生「マリンバがあるかどうかがね。」

おばちゃんも手売りイベント時にマリンバはやらないんですか?と聞かれたとの事。

相田先生「あれ好評なんだよ。」

一部で根強い支持を受けるマリンバパフォーマンス。ウィンターライブで第2弾があるかどうかは不明ですが。

そして昨日はアイドル部がZepp東京で行われたイベント「Girls Delight SP」でパフォーマンスを披露。ノブナガ岩永先生と相田先生は完全プライベートで応援に行ったとの事。

日比野ちゃんに感想を聞きますが、関係ない涌嶋ちゃんがカットイン。

ノブナガ岩永先生「俺が間違えたんかなと思った!笑」

涌嶋ちゃんはアイドル部の選から漏れた事で悔しくて観に行かなったとの事。

プロのアイドルグループに囲まれて勉強になったと日比野ちゃん。

相田先生「周りがさ、すごいレベルが高いんだよね。そん中だったら割とよく頑張った方だとは思ったけどね。」「まあまあお前ら頑張った方だよ。」

急に担任風を吹かす相田先生w

スポンサーリンク

プロのアイドルグループと比べるとパフォーマンスのクオリティは多少見劣りするものの、今の実力を発揮できていた事を考えると及第点と相田先生の評価。

ノブナガ岩永先生「ライブ中、(相田先生は)すごい感動してたんですよ。」

ただ、アイドル部のライブが終わって他のアイドルグループが出てくると急にプロデューサーのような振る舞いで相田先生は観ていたとイジる岩永先生。

そのアイドル部が出演したイベントの模様は近日放送予定との事。

続けてアイドル部に関する発表。

「アイドル部 ミニライブイベント決定!」

  • 会場:サナギ新宿駅前イベントスペース (最寄り:新宿駅東南口)
  • 日時:11月30日(金) 19時スタート
  • 料金:無料 ※満員の場合は入場制限アリ
  • 出演者:アイドル部、出口、チャーリー
  • イベント終了後に特典付きチケット販売あり。

相田先生「OK。金曜ね?」

小宮先生「あれ?相田行きそうだな。」

相田先生「分かんないよ?分かんないすけど、ただ、金曜ね?今週ね?」

これは行く気満々の空気w

アイドル部のメンバーに加えて、出口&チャーリーの二人はMC役としてイベントに参加するとの事。

相田先生「若手芸人みたいじゃん。」

知らないアイドルを知らないヤツらがMCして、それを相田さんが観るという謎の構造のイベントという紹介のノブナガ岩永先生w

ノブナガ岩永先生「さあ西村ちゃん行っちゃいましゅか?」

シレっと噛む先生ですが、そのまま西村ちゃんリードでタイトルコール。

スポンサーリンク

センター&新曲発表

「どうなる?The BUMPY 運命のセンター&新曲発表SP」

今日はダンス&ボーカル部「The BUMPY」の発表が中心。

これまでグループのリーダー&センターとして引っ張っていた中本くんが学業に専念するために親御さんの要請で休学となった事もあって、一番先行きが不安。ちなみにグループ名も中本くんが出したアイディアが採用されたんですよね。

現状では、新入生の涌嶋ちゃんと田中くんが加入して、

トーマス・佐藤・きめしゅん・おばちゃん・チャーリー・宮本・出口・小倉・わったー・田中・涌嶋

の11名がメンバー。

ここで中本くん休学の報せを聞いてミーティングの場を設けた旧ダンス&ボーカル部メンバーたち(田中・涌嶋を除く9名)の様子をVTRでチェック。

いなくなってしまった中本くんの代わりを据えるというよりは、皆で抜けた穴を少しずつ埋めるという方法で意思は一致。

中本くんの存在もしっかりと残しながら構成を考えたいとも。

ノブナガ岩永先生「出口くんがちょっとリーダー狙ってる感じしないすか?笑」

小宮先生「途中からチャーリーがめちゃくちゃ喋ってて、チャーリーの方みんな見たから(出口くんが)すごい面白くない顔してた。」

相田先生「チャーリーが説得力あんのよ。」

小宮先生「そんな中すごい鼻をかむトーマス。」

ミーティングの席ではトーマスの前にだけ思いっきりティッシュ箱が置かれてましたよね。花粉症だったとの事ですが。

相田先生「誰がやんの?でも。」

リーダー役を募っても誰も手を挙げるメンバーはいない状態。

小宮先生「なんか佐藤が一人で喋ってるんだけど、大丈夫?怖い。」「何か言ってたのよね?日比野ちゃん。」

日比野「『なんだよなぁ。大きいよなぁ。』って。笑」

隣に座る日比野ちゃんからの情報w

小宮先生「一般のテレビ観てるおじさんじゃないからね。あなた出てるわけだからね。怖いから。笑」

ということで新ボーカルについては秋元先生から直々に指名があったとの事。

しかも本番30分前の打ち合わせの時点でも明かされず、先ほど連絡があったばかりだそう。

ノブナガ岩永先生「冬はこの人で乗り切るという。」

そう言われてちょっと控えめに祈りポーズの佐藤くんは「ワンチャンあるかなと思って。」

スポンサーリンク

小宮先生「小倉ちゃんも心臓ドキドキの機能止めてくれる?」

相田先生「小倉ちゃんは大丈夫よ。」

ノブナガ岩永先生「いつもありがとう。」

という事で新ボーカルの発表。この番組では珍しいですが、よくある感じのドラムロールが鳴り響いて発表。

大型ディスプレイに映されたのは、

まさかの相田先生

相田先生「俺っ!?」

観客席からは「エェ~~!」の声。

相田先生「どういう事!?えっ!俺?ちょっと!」

ノブナガ岩永先生「ダンス&ボーカル部の新センターは相田先生でーす!」

相田先生「ちょっと待って待って待って!」

佐藤「これはおかしい!笑」

生徒たちはほぼ総立ちの状態。そりゃそうですよねw

相田先生「マジでカメラさんのミスだと思った。」「どのモニター見ても俺が映ってるから。」「ホント意味が分かんない!秋元先生どうかしちゃった?」

秋元先生直々に、歌もダンスも上手かった中本くんの穴を埋められるのは相田さんしかいないだろうという選考理由だそう。

相田先生「ちょっと待って!冬、相田で乗り切るの?」

小宮先生「トーマスめっちゃ笑ってるけど?」

トーマス「冬乗り切るって保存食かよ!みたいな感じ。」

ダンスもほぼ未経験という相田先生。

小宮先生「だから練習するしかないよね。アイドル部のライブ観に行けなくなるかもしれない。」

AP(アシスタントプロデューサー)さんから相田先生のマネージャーさんにスケジュールの確認中という状況を踏まえて、

小宮先生「スケジュールが空かなくなるんで出口とカラオケも行けなくなるかもしれない。」

出口「相田さん、歌上手いですよ。」

ボーカルは大丈夫そうですねw

スポンサーリンク

という事で切り替えて相田先生から一言。

相田先生「よし!みんな!ダンス&ボーカル部!冬は相田で乗り切るぞー!」

謎のスローガン・標語が誕生w

ここで30秒CM。

新曲発表

ちなみにセンターの相田先生の脇を固めるのはトーマス&涌嶋ちゃんのサイドボーカルという発表も。

相田先生抜擢のニュースに霞みがちですが、なかなかの重大発表。

相田先生「頼むぞ。お前ら。」

先ほどはアイドル部のダンスパフォーマンスに上から目線でコメントしていた相田先生でしたが、

相田先生「すいませんでしたね。良かったら教えてね。」

平身低頭w

ここでダンス&ボーカル部の新曲発表へ。

タイトルは「マイナスワン」作詞:秋元康、作曲:前迫潤哉・7th Avenue、編曲:7th Avenue

小宮先生「中本が抜けたらマイナスワン?」

相田先生「台本見た時マイナスワンまでは知ってたけど、これ俺が歌うと思ってなかったから。」

あくまで他人事だったのがいきなり当事者のド真ん中へw

歌詞は、

Oh…

(相田) 突然に突きつけられた 僕たちが予想しないこと

目の前の現実なんて 砂の城よりあやふやなものなんだ

(相田・トーマス・涌嶋) ずっと気づかなかった 思い悩んでた昨日

隙間から吹き込む風は何を盗んだ?

(チャーリー・おばちゃん・田中) 止まらない涙か

(きめしゅん・小倉・出口) 信じていた愛か?

(佐藤・宮本・わったー) 守れなかった何か

(ALL) マイナスワンから始めよう 僕たちが力 合わせればいい

完璧な世界はないよ いつも何かが欠けてる 誰かいなくなったなら

自分の身体(からだ)を埋めるんだ 容赦のない風を全身で受けよう

Oh…

(田中ラップ) Don’t cry! ただ暗闇の中 どのくらい企んだ空はグレイ?

悲しみなんて金縛りより頑ななカラ騒ぎ C’mon!

スポンサーリンク

曲が流れるとすぐに泣きだしてしまうきめしゅん。

曲終わりに感想を聞かれると、

きめしゅん「・・・。」

首を横に振るだけで何も言えずw

単独の出番は今の所、相田先生と田中くんのラップパートのみが用意されている状況。

人が書いた歌詞をラップで歌うのは初体験という田中くん。

ここで120秒CM

エンディング

最後にトーマスから相田先生へエール。

トーマス「まああの腰には気をつけてっていう。」

相田先生「今年35歳だからな。急にダンスデビューさせられてもな。笑」

ちなみに前の曲も覚えるようにという指示にたじろぐ相田先生。

相田先生「前の曲も俺歌うの!?ヤバいよ!」

相田先生が頭を抱えた所で本日の放送は以上。

Pravi(パラビ)告知ありのスタッフロールで終了。

 - エンタメ

スポンサーリンク