What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第181回「青春高校 3年C組 月曜日」担任:バナナマン日村 家庭訪問で女鹿ちゃんが出口家に行ったと衝撃事実発覚


本日は既に告知されていた通りに家庭訪問SP企画を全編放送。第1弾企画として本日は出口家に家庭訪問。そこで何と女鹿ちゃんが出口くん宅に行ったことがあるという衝撃の事実が発覚。そして学生時代に荒れていたという非行少年時代も?

というわけで12月10日放送の第181回 青春高校 3年C組 月曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】バナナマン 日村勇紀、東京03 飯塚悟志

【副担任】NGT48 中井りか(欠席)

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【家庭訪問参加】『25』ボールドウィン零(れい)、『31』まーがりんorマーガリン:大曲李佳(おおまがりももか)

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【第一期生】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『4』めーな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『27』別所匠(べっしょたくみ)

【第二期生】『28』田中柊人(たなかしゅうと)、『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『30』もっちー:持田優奈(もちだゆうな)、『補欠』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『26』かのんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『32』黒木美佑(くろぎみゆ)、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)、『補欠』上島陸歩(うえしまりくほ)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『6』中本大賀(なかもとたいが)※中本くんは休学か卒業か不明。→第173回放送で正式に休学と発表。

家庭訪問SP

オープニングは日村先生と飯塚先生のコーナータイトルコールからスタート。

思いっきり外ロケですね。

日村先生「悟志とロケをやると、タモリ倶楽部をやってるような。」

という事で家庭訪問第1弾は出口家。

ロケのアシスタント役にはボールドウィンちゃんとまーがりんが参加するという異色の組み合わせ。

出口にゆかりのある二人という紹介ですが、

ボールドウィンちゃんは出口くんとデート企画でお相手役を務め、まーがりんは今、出口くんが推している相手との事。

デート企画後のボールドウィンちゃんと出口くんの関係性は、まあ普通の友だち的な雰囲気だそう。デート前よりは仲良くなったそうですが。

まーがりんは出口くんの印象としては「めっちゃ優しいです。」との事。

日村先生「そりゃそうだよ。好きなんだもん。」

飯塚先生「下心丸出し。」

そんなわけで今日はこの4人で全編ロケ。他の生徒たちはワイプに映るのみですね。

家庭訪問を前に手土産を購入。

チョコレートスイーツ専門店の「LES CACAOS」

飯塚先生「まーがりん、何が好き?」

まーがりん「チョコミントアイスが好きです。」

飯塚先生「あるもの言って!」

商品ラインナップにチョコミントアイスはナシw

日村先生「そんなのだったら俺だって明太子が好きだよ。そういう世界の話だもん。」

というわけでケーキの詰め合わせを購入。

スポンサーリンク

お宅到着

ちなみに出口家のご家族は4人が訪問する事を知らされてないとの事。

かなり大きめの集合住宅の前に到着した4人ですが、

ボールドウィン「普通の家。」

日村先生「普通の家とか言うな。笑」

飯塚先生「気をつけて。笑」

日村先生「なんで普通の家とか言うの。笑」

ボールドウィン「すいません・・・笑」

そして玄関前までやって来た4人。

そこで衝撃の光景に思わず吹き出してしまう日村先生&飯塚先生。

飯塚先生「嘘でしょ!?笑」

日村先生が指差す先をカメラが映すと、

何と表札が「でぐち」とひらがな表記w

日村先生「これは笑っちゃうって。笑。誰が書いたんだ・・・?」

しかもクレヨンで書いたような素朴な文字w

飯塚先生「こんな表札初めて見た。笑」

そしていよいよ玄関のチャイムを押すくだりへ。ボールドウィンちゃんがプッシュ。

ボールドウィンちゃんがハンディカムを持っている係なのでお家の人が出てきた瞬間のリアクションを押さえるように日村先生が指示を出しますが、イマイチその指示が伝わらず。

「カメラ撮っといて。」の指示になぜかチャイムのモニターを手で押さえるボールドウィンちゃん。

「玄関から出てくる人を撮って。」と具体的に目的をハッキリさせないで「撮っとけ。」しか言わないのでボールドウィンちゃんが一向に理解できずにてんやわんやの4人w

結局、中から返答があったので日村先生が「青春高校なんですけど、よろしくお願いします。」と対応。

ドアを開けて出てきたのは出口くん本人と妹さんでしょうか。

出口「えっー!」

4人が来ることを予期していなかった様子でプチパニック。

出口「なんでボールドウィンとまーがりんもいるの?」

外のスタッフ陣の多さを確認しようと身を乗り出したお母さんもさりげなくドアに頭をぶつける事態にw

家庭訪問スタート

中に入ると、長女の愛久美(めぐみ)ちゃん(12歳)、次女の綾花(あやか)ちゃん(9歳)が椅子に座ってスタンバイ。

早速、手土産のケーキを手渡す日村先生。

番組の出演については、お母さんから「楽しそうで何よりかな。」との事。

愛久美ちゃんは番組でお兄ちゃんは「やらかしてる。」という感想。

壁には出口くんが小さい時に描いた絵が飾ってあるようですね。どうやら出口くんは家では「はるくん」と呼ばれている模様。

そんな出口くんは小さい頃は本をよく読んでいて大人しい子だったとお母さん。

幼少期の写真を見せてくれるようにお願いすると率先して動く愛久美ちゃん。

日村先生「テレビ東京でADとして働いたほうがいい。」

出てきたのは小学校に上がる前の写真。ぽっちゃり気味。

飯塚先生「さすがに可愛くない?」

まーがりん「可愛いです。笑」

飯塚先生「今どう?」

ボールドウィン&まーがりん「・・・。」

ご家族の前でノーコメントw

そして、小学1年生時代の日記も登場。

クラス内の連絡事項などを伝える「つうしん」というものがあったようですが、そのネーミングを考えたという内容の日記。

「ぼくがかんがえたのは、みんなのつうしんです。」

失笑する一同。

日付が4月10日になっているので小学校入学直後に書かれたもののようですね。

これに対して先生のコメントは赤ペンで「いいねえ。」

翌日の日記には誕生日プレゼントでハムスターが家にやって来たというお話。

句読点が無いので読みにくい文章にクレームを入れる飯塚先生。

スポンサーリンク

お次は中学・高校のアルバム。

高校の文化祭でラップを披露した時の写真。

生徒たちがメッセージを書いているページでは出口くんは「またシェイホイしようぜ」という謎の文章。

学校独自のコール&レスポンスの盛り上げ方だそうで、

「盛り上がってるか?」の問いかけに「シャ~イ ホイホイホイ!」と返すのがお決まりだそう。

お母さんにもやらせようとする日村先生ですが、お母さんは完全拒否w

恋愛事情

家庭訪問に連れ添ってきているボールドウィンちゃんとまーがりんをそれぞれデートした人、今好きな人という名目でお母さんに紹介する飯塚先生。

飯塚先生「好みのタイプっぽいですか?」

お母さん「分かんない。はるくんのタイプってどんなの?」

妹さん2人もタイプについては把握していない様子。

日村先生「家に女子とかを連れてきた事はあるの?」

これには次女の綾花ちゃんが「あっ!ある!」と返答。

ここで30秒CM

提供バックでは高校の卒業アルバムにあった面白いクラスメイトランキングで1位を獲得していた出口くんが紹介されていますね。

CM明けに村西ちゃんと日比野ちゃんのウィンターライブ告知。チケット残りわずかとの事。

ムチャぶりチャレンジという事でライブの見どころを聞かれる村西ちゃん。

村西「お~。見どころ~。」「全部!」

特に動揺する事も無く冷静に対処w

そして気になる家に連れてきた女子とは、

何と「女鹿ちゃん」という証言。

スタジオの生徒たちは大騒ぎ。

飯塚先生「女鹿ちゃん連れ込んだのか?」

出口「いや。女鹿ちゃんがウチ犬飼ってて、その犬に会いたいって。」

日村先生「その手口だ。『犬見に来いよ』手口だろ!!お前!やったなお前!」

女鹿ちゃんは犬に会ったらすぐに帰ったという出口くんですが、

愛久美ちゃん「その後2人きりで喋ってました。」

でも実は犬を見ただけでホントに帰ったとの事。盛り上げようと妹さんがノッてくれたようですねw

お母さんの出口くんの理想の相手については、年上の人がいいというコメント。

家だとだらしないので面倒見のいいタイプが合うんじゃないか?という事だそうです。

愛久美ちゃんの推しは前川ちゃんだそう。面白いし可愛いしと高評価。

出口「いや。前川ちゃんもいいんですよ。いっぱいいすぎて選べないんですよね。」

日村先生「今は誰かって言ったらまーがりんなの?」

出口「最近、まーがりんが可愛いなあと。」

日村先生「バックに家族がいて告られてるから。笑」

今後、出口&まーがりんのデート企画があったらどう?という質問には前向きなまーがりん。

デートプランに関しては福引でクルージングのチケットを当てたという出口くんなのでクルージングデートを提案。

飯塚先生「青春高校でクルージングデートすんの・・・?笑」

日村先生「IT社長か!笑」

番組制作側からすると予算をかけずにクルージングデートの画が撮れればラッキー的な感覚もあるんでしょうか?w

スポンサーリンク

ただ、そんな出口くんも中学・高校時代はかなり荒れていて「ひどかった。」とお母さん。

夜中に補導された事もあるとの事。

17歳当時は髪の毛を金髪にしていかにも非行少年の過去w

中学校では男子校で校則もユルい学校だったので遊び始めてしまったと出口くん。

髪型をモヒカンにしてオレンジ色に染めたり、刈り上げ部に文字を書いたりかなりパンチの利いた髪型の写真も。

急にひじきパーマをかけてきた素地はこの辺にあったようですね。

多感な時期に校風がユルとこうなっちゃうパターンもあるんですね。昨今はブラック校則が批判されたりもしますが、自由過ぎるのもまあ考えものですね。お母さんがずっと放任主義だったという事も影響したかもとお母さんの弁。

日村先生は出口くんのクラスでのムードメーカー振りはこうやって育っていったんじゃないか?との事。

日村先生「明け透けなくあの子が好きだとか言えるのも、俺はいいと思うんですよね。なかなかこの状況でまーがりんの事が好きだって言えないですよ。」

確かにw

後ろに家族がいる状況で堂々と言えるのはなかなかのメンタル。

そいういう全部出しちゃう所が心配でもあるとお母さん。

ここで120秒CM

CM明けは今度は西村&まーがりんのライブ告知。

ムチャぶりチャレンジは西村ちゃんに一句。

西村「買わぬなら 買わせてみよう ホトトギス」

意外と上手い返しでしたねw

出口くんの将来は?

これからの将来の事について聞く日村先生ですが、

特に何も考えていなかった出口くんですが、青春高校の文化祭で披露した教室コントから「将来も演技が出来たらいいな」という気持ちが芽生えたとの事。

出口「役者さんとかを目指すのもアリなのかなと。」

飯塚先生「あの合同コントがきっかけで役者をやってみたいなと思ったんだ。」

出口「それぐらい楽しくて。」

お母さんは大学さえ出てくれれば後は何でもいいとの事。本人が楽しく生きて行ってくれればだそうです。

この辺で家庭訪問は終了。

日村先生「一応ねケーキを買って来たんですよ。」

お母さん「召し上がりますか?」

日村先生「あれはね。みんなで食べようかなって。もう時間が。」

飯塚先生「じゃあ言うなよ!何をチクチク言ってんだ!」

スポンサーリンク

VTRが終わるとスタジオでちょっとしたトーク。

ノブナガ岩永先生は出口くんと仲が良くて家に泊まったこともあるほどの間柄ですが、その先生にも女鹿ちゃんが出口くん宅にいった事は知らなかったとの事。

誰にも言っていないと出口くん。

小沼「別に出口と女鹿ちゃんがくっついた所でって感じ。」

出口「おい!小沼!」

という事で明日も家庭訪問企画。おばちゃん宅にサプライズ訪問ですね。

Paravi(パラビ)告知なしのスタッフロールで終了。

 - エンタメ

スポンサーリンク