What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第253回「青春高校3年C組 月曜日」「電脳トークTV」にレギュラー出演決定、全員曲の新情報、CDデビュー詳細について


今日は新元号「令和」が発表されてもその事に一切触れないままで新学期1発目の生放送。「重大発表てんこ盛りSP」と題して4月スタートのテレ東の深夜番組「電脳トークTV ~相内さん、青春しましょ!~」にアイドル部の3人がレギュラー出演決定に、劇場公演で発表される全員曲の新曲の進捗、CDデビューなどの重大発表連発。

という事で19年4月1日放送の第253回 「青春高校3年C組 月曜日」の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】メイプル超合金(カズレーザー、安藤なつ)

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦(療養中)、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号、生徒名の前の表記はニックネーム、愛称

【第一期生】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『4』めーなorめいな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井ちゃんor優子:浅井優平(あさいゆうへい)、『8』りせさん:村西里世(むらにしりせ)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』のすけ:河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『25』ボールドウィン零(れい)、『26』かのんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『27』べってぃー:別所匠(べっしょたくみ)

【第二期生】『28』田中柊人(たなかしゅうと)、『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『30』もっちー:持田優奈(もちだゆうな)、『31』まーがりんorマーガリン:大曲李佳(おおまがりももか)、『32』みゆぴ:黒木美佑(くろぎみゆ)、『34』上島陸歩(うえしまりくほ)、『35』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)

【休学中】『6』中本大賀(なかもとたいが)※中本くんは休学か卒業か不明。→第173回放送で正式に休学と発表。

オープニング

アルタの劇場公演の映像も盛り込まれた新オープニングムービー。

ハニトラの卒業式当日の放送で流れたものをマイナーチェンジしたバージョンですね。

ハニトラの卒業証書授与だったり、ハグしてお別れの挨拶をしたりと卒業式の模様が組み込まれた作り。

中井りか先生「今日から2年目がスタートとなりまーす!」「なんだかんだで2年目。」

今日から新年度がスタートしますが、

カズレーザー先生「皆さん!初めまして!」

なつ先生「ガッツリ記憶消してるやん!」

中井りか先生「1年の記憶消したの!?笑」

心機一転ということで全てリセットした様子のカズレーザー先生w

なつ先生「トリッキーすぎる!」

カズレーザー先生「チャ・・チャーリーさん?ナイジェリアと日本のハーフ?ああそうですか。」

新年度から観始めたという人は多くは無いでしょうけど、こんな設定でも面白いかもw

中井りか先生「女鹿ちゃんもちゃんとハマる所から始めなきゃいけない。」

カズレーザー先生「女鹿ちゃんという子がいるんですか?」

「ここ!ここ!」と挙手してアピールの女鹿ちゃん。

女鹿「なんかやだ~寂しい・・・。」

1年の抱負について聞いてみると、

カズレーザー先生「記憶リセットしたんで、名前を覚えるっていうのがあります。ゼロから積み重ね!ゼロからの積み重ねだから。頑張りましょう。」

スポンサーリンク

ハニトラの卒業に関しては、

日比野「まだ実感が無くて、いるんじゃないか?ってまだ思っちゃってますね。」

卒業ライブでは寂しさもありつつも元気に送り出せたという感想。

女鹿ちゃんは悲しくて泣きそうになりつつもライブは楽しく出来て、新オープニングでもハニトラの映像がしっかり残っていた事が嬉しかったそう。未だに現況が分からないうよのちゃんと休学中の中本くんは映っていなかったですけどね。

中井りか先生「さぁ!それでは。笑」

カズレーザー先生「今喋ったのが女鹿ちゃん?」

女鹿「も~イヤ~~!もう~~!」

ここでタイトルコール。

重大発表てんこ盛りSP

「今年の青春高校はこうなります!重大発表てんこ盛りSP」

この所の月曜日は重大発表が多くなっていますが、今日は新学期に合わせて衝撃発表がてんこ盛りだそう。

拡大版の青春高校ニュース的な感じですね。

カズレーザー先生「誰か退学か?」

中井りか先生「そんな事は無いです。笑」

「また誰かがやらかした」的なカンペが出ていたような雰囲気ですがw

まず発表されたのは「羨ましすぎるニュース」との事ですが、

「日曜深夜のゴールデンゾーンに3Cの生徒がレギュラー出演決定!」

カズレーザー先生「深夜にゴールデンゾーンなんてあるの!?」

確かにw

19年4月7日日曜深夜の00:30スタートで放送時間は5分間の新番組「電脳トークTV ~相内さん、青春しましょ!~」ですね。

テレビ東京のアナウンサー相内優香さんが演じるVTuberアナウンサーの相内ユウカを起用した番組で、相内ユウカに“青春”を教えて行くというコンセプトだそうです。

中井りか先生「電脳世界に生きる相内ユウカさんに10代の今どきカルチャーをレクチャーするという企画で青春高校の生徒が出ると。」

日曜深夜の00:30~00:35の枠は前の放送枠の「乃木坂工事中 (乃木坂46出演)」と後の放送枠の「欅って、書けない? (欅坂46出演)」に挟まれた枠で“深夜のゴールデンゾーン”との事。現在は短いTXNニュースが放送されていますが改編されるんですね。

さらに「欅って、書けない?」の後には「ひらがな推し (日向坂46出演)」が放送されている(ひらがな推しは一旦最終回を迎えて新展開があるとの事)のでテレ東が誇る日曜深夜の坂道グループ枠ですよね。

中井りか先生「なので、アイドルファンがたくさん見てる。」

ちなみに相内ユウカアナを起用した別番組は既に配信されていますがこんな感じ。コチラが視聴動画。

スポンサーリンク

そんな深夜のゴールデンゾーンにアイドル部から3人が抜擢という事ですが、

カズレーザー先生「まず佐藤くんと?」「エゼマタ、きめしゅんね?」

チャーリーをエゼマタと呼ぶカズレーザー先生w

そんなメンツになるわけはないので、大型ディスプレイで改めて発表。

選ばれたのは、

日比野・持田・まーがりん

の3名。

カズレーザー先生「特に驚いていないって事はもう収録はしたんですね?笑」

そういう事ですねw

ただ、初回についてはこの3名に決まったものの今後は変更があるかもしれないという含みのある説明。

「レギュラー出演決定」という名目で発表したのでこの3名でしばらくは行くんでしょうけど。

中井りか先生「りかが出たいよ。ホントに。」

ちなみに番組出演決定を本人たちに報せた際のVTRも撮影していたとの事でみんなで鑑賞。

持田ちゃんと日比野ちゃんの2人に合わせて報告。

ちょっと、お話があって。と始めるスタッフさんに、

日比野「怖い。なに?」

と警戒。

スタッフ「4月から新しい(番組)枠をやって欲しいなと思ってて。」

持田「新しい枠?」

日比野「枠?」

スタッフ「3人で3分の番組をやって欲しい。」

実質の放送時間は3分みたいですね。

持田「えへへへ。」

日比野「えっ!?」

ニヤけ顔の持田ちゃんのスロー映像w

日比野「衝撃・・・」

持田「とりあえずどの位なんですか?期間。」

スタッフ「とりあえず1クール(3か月)はやるよね。」

日比野「青春高校で学んだ事も生かしつつ、3人で盛り上げていこうと思います。」

続いてはまーがりんにも報告。

まーがりん「怖い!怖い!なんで(カメラ)回ってんの!?も~怖いです。」

スタッフ「えっと・・・」

まーがりん「えっ!?ちょっと待って!ホンマに怖い!ホンマに怖い!」

ビビリ過ぎのまーがりんw

割と素のリアクションで収録中とは声の大きさとか段違い。

スタッフ「え~新番組に出てもらおうかなと。」

まーがりん「えぇ?スゴっ!」「自分(上手く)喋れないから・・・トークって言われたら。えぇ・・・不安です。まぁでもがんばります。」

「がんばります」はささやき声w

スポンサーリンク

既にカズレーザー先生が指摘したように初回収録は既に終わっているそうですが、

中井りか先生「ディレクターさんに聞いた所、日比野が一本目終わりにあまりの不甲斐なさに前室で号泣したらしい。」「あのいつでも代わりますんで?」

日比野「やります!やります!」

カズレーザー先生「坂道グループの間の枠なんで、ごめんなさい。ちょっと。笑」

あくまでゴールデンゾーンの枠を狙う中井りか先生を牽制するカズレーザー先生w

カズレーザー先生「考えてください。そこは。笑」

中井りか先生「上手い事流れるかなと思ったんですけど。笑」

坂道ファンからの流入を狙う中井りか先生w

初回収録では日比野ちゃんがトークの回し役だったそうですが、全然上手くいかなかったと日比野ちゃん。

日比野「だから、りか先生本当に尊敬してます。だから。」

持田「もう既に『泣き虫めいな』ってあだ名が付いてて。泣き虫めいなって呼ばれてます。バーチャルの人に。」

相内ユウカアナに青春を教えるという基本のテーマがあるものの、割とフリートークになるようでかなり苦戦したと日比野ちゃん。

中井りか先生「でも乃木坂さんと欅坂さんの間だから、ファンをねガッチリ流してもらって。笑」

カズレーザー先生「坂道系のファンはね、目が肥えてるからね。顔でやっぱ勝負しないとコッチもいけないから。もしヤバくなったらいつでも佐藤くん準備しといて。意外と坂道にメガネ枠とポッチャリ枠いないから。攻め方があるから。勝算ある。」

青春高校のテーマ

さらにニュースその2は、

「放課後公演で初披露!3Cの全員曲が完成」

曲名は、

「青春高校のテーマ」

生徒たちにこれが伝えられたのは3月29日の卒業ライブの終了直後。

生徒一同を前に控室的な所で佐久間Pから伝えられますがその際のVTRをチェック。

佐久間P「劇場が週明け(4月3日水曜日)から始まるじゃない?で秋元康さんが全員曲ってのを作ったんだけど、明日(3月30日土曜日)からレコーディングしないと間に合わない。レコーディング土日でして、練習月火でして水曜から始まるから。」

相変わらず青春高校は発表スケジュールがギチギチw

デモをその場で流すとK-POPっぽいというか、EXILEなどのLDHグループっぽい男性的なイメージの曲ですね。

ラップパートもかなり入っている模様。

佐久間P「ラップ歌い分けな。みんな。」

小沼「すっごいカッコいい!」

卒業ライブ直後なのでハニトラもしっかりいますが、ハニトラはこの曲とは関わらないのにちょっと複雑。

佐久間P「これを水曜までに歌えるようにな。笑」「あと踊りもあるからな。」「まあ頑張るしかないよね。よろしくお願いしまーす!」

曲を聴いた感想は、

小沼「カッコよすぎて鳥肌が立った。」

女鹿「全員で踊ったり歌ったりするのって合唱曲はみんなで歌うけど、踊りはないので楽しみでしょうがない。」

出口「歌下手ですけど、ラップは関係ないです。いけます!」

チャーリー「みんなで一個の壁として頑張って乗り越えて良いものにしたいんで。」

ドラマ撮影の為に劇場公演をほぼ欠席する事が決まっている前川ちゃんは「応援を欠かさず。笑」とちょっと照れつつもエール。

スポンサーリンク

ラップが得意な田中くんですが、

田中「全員がやるって事なんで、やっぱ難しいんでラップって。みんながラップ嫌いになったりせんようにしんと。」

ラップの振興も考える田中くんw

カズレーザー先生「出口言ってたように、歌の上手い下手よりもライムの切り方だからね?」

出口「リズム感なんで。」「ありますよ。」「前川の分も僕がラップで・・・違うか。」

スベッた空気w

カズレーザー先生「合ってんのよ。合っててこの結果よ。笑」

ここで90秒CM。

CMの長さが今回は変更になっていますね。今後も継続するのかは不明ですが。

CDデビュー

CM明けも重大発表が続きますが、

カズレーザー先生「打ち切り!?打ち切り!?遂に?」

中井りか先生「打ち切りは無い!」

重大ニュースその3は、

「劇場&ライブ動員1万人でCDデビュー決定!」

1万人を動員出来たらその時点でCDデビューが確約されるとの事。

劇場公演に使用される「新宿アルタ Key Studio」のキャパは150人なので、1万人動員までに単純計算で3か月超かかるとの事。

毎日満席だったら67公演で大体1万人達成ですが、公演が休みの日も含めて3か月。あくまで満席の仮定なのでこれはかなり早い計算。

お笑いのライブだとお客さんの数が“ゼロ”というのもザラにあるとメイプル超合金のお二人。

カズレーザー先生「お客さん0人なのにネタやって、なんかスベるんですよね。」

なつ先生「そう。」

カズレーザー先生「笑いも何もないハズなのになぜかスベってる空気。笑。不思議な感じ。」

これは下積み時代の劇場舞台に立った人しか感じられないあるあるなんでしょうねw

これとは別に例えばAKB48の初日公演の観客数はたった7人だったという伝説も。

カズレーザー先生「有名な話ね。こっからスタートしたわけだね。」

中井りか先生「これやってる最中に番組終わっちゃうかもしれないし。したらCDデビュー出来なくなっちゃうしっていう。」

カズレーザー先生「こっからAKBの伝説は始まってるわけだから。どうでしょう?我々も最初は7人しか入れないっていうのは?7人で打ち止め。伝説を作ろうよそっから。」

フェラーリのブランド戦略「需要より1台少なく作れ」みたいな。あえてニーズにより少ない数しか生産しないw

公演の展望については、

河野「ウィンターライブでも2000人来てくれましたし、それこそさっきのバーチャルなやつとか、外での活動も始まってるんで、まあ5か月は切りたいですよね。」

カズレーザー先生「3か月でやれよ。笑。なんでそんなに言ってんのに保険かけてんだよ!2か月保険かけんなよ。3か月でやります!だろうが。笑」

おばちゃんはCDを是非聴きたいという事ですが、途中でこんがらがって「あの・・・分かんなくなっちゃった。笑」

スポンサーリンク

中井りか先生「なんか夏までにやらないと番組が終わるかもしれない。」

カズレーザー先生「3か月単位(1クール)で番組はリメイクがあるから、もしかしたらこの青春高校自体が無くなる可能性もあるから。」

中井りか先生「番組の放送もしっかりやって劇場もしっかりやって、他の仕事もしっかりやってってやらないとやっぱり。長くは続かない。」

おばちゃん「ビラ配り頑張ります!」

カズレーザー先生「どうした?急に?」

中井りか先生「急に意気込んだ。笑」

カズレーザー先生「『ビラ配り頑張ります。』か。日本語に聞こえる外国語喋ったのかと思った。笑。空耳アワーか。」

ビラ配りはプレトークで話していた話題ですね。宣伝の為に生徒たちの手でビラ配りをしたそうですが。

ここで90秒CM。

最後に総括。

カズレーザー先生「これは頑張んないとマズいんじゃないの?1万人はなかなか大きい目標なんでこっから気持ち引き締めて頑張ってください。普通に頑張ってください。笑」

中井りか先生「ちゃんとした応援。笑」

なつ先生「頑張るしかない。おばちゃんのビラ配り大事よ。」

おばちゃん「ビラ配り頑張ります!」

中井りか先生「はい!今年も青春高校盛り上がって行きましょ~!」

新学期1発目は以上。今日は新元号「令和」の発表もあったり、カズレーザー先生の本名が金子和令(かねこ かずのり)だったりというニュースもありましたが、一切そんな話題には触れずの生放送でしたね。

テレビ東京「青春高校 3年C組」に関する全記事はこちらのリンクから

一覧:テレビ東京「青春高校 3年C組」

 - エンタメ

スポンサーリンク