What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第383回「青春高校3年C組 火曜日」知名度UPプロジェクト発表で「がんばリンゴ~」の合言葉が爆誕w


今日から生放送から収録スタイルに切り替わったという事で番組もプチリニューアル。今日行われたのはメジャーデビューに向けての知名度UPプロジェクトの発表。女子アイドル部に限っては都市部に限るというあからさまな優遇処置に一斉にブーイングの他の部活メンバーたちですが、特に不満タラタラのダンボ。そんな時は中井りか先生考案の「がんばリンゴ~」の合言葉で何とか乗り切りましょうw

という事で19年10月1日放送の第383回「青春高校3年C組 火曜日」の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】小峠英二(バイきんぐ)

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦(療養中)、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号、生徒名の前の表記はニックネーム、愛称

※VTR出演のみの生徒は除く

【第1期生】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『4』めーなorめいな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井ちゃんor優子:浅井優平(あさいゆうへい)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』のすけ:河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『26』(か)のんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『27』べってぃーorベティー:別所匠(べっしょたくみ)

【第2期生】『28』田中柊斗(たなかしゅうと)、『30』もっちー:持田優奈(もちだゆうな)、『31』まーがりんorマーガリン:大曲李佳(おおまがりももか)、『34』上島陸歩(うえしまりくほ)

【第3期生】『36』川谷花音(かわたにかのん)、『37』杉山龍生(すぎやまりゅうせい)、『40』ゆうちき:藤原侑也(ふじわらゆうや)、『43』兎遊(うゆ)、『45』齋藤有紗(さいとうありさ)

オープニング

今日から収録スタイルでの放送です、が生徒の出席名簿も冒頭にスーパー表示されるようになったり、随所にSEが挿入されたりと全体的にガチャガチャした雰囲気ですね。

収録にあたって小峠先生からのアドバイスは「ヤバイのとかどんどん切っちゃったらいいんで。だから放送禁止用語とかバンバン言っちゃってください。」

ただカットされるだけなのでダメですw

そしてメジャーデビューを目前に控える身というメンバーたちですが、そんな雰囲気はナシ。

メジャーデビュー感を醸しだすには?とチャーリーから聞かれると、

小峠先生「俺もメジャーデビューした事ないから分かんないよ。笑」

ということでオープニングは以上で完パケ一発目のタイトルコール。

スポンサーリンク

新プロジェクト立ち上げSP

「青春高校メジャーデビューへの道 新プロジェクト立ち上げSP」

コーナータイトルの雰囲気が一新されて、黒板をバックにした感じにリニューアル。

さらに「コーナー」という名称ではなく、一応「授業」という名称で進行する様子。

まずはデビューに向けて青春高校のテーマを発表。

中井りか先生「別所くん、何だと思いますか?笑」

別所「え~・・・え~・・・。」

小峠先生「違う!」

結局別所くんが絞り出したのは「フレッシュ」。

前川ちゃんに聞いてみると「先祖への感謝」というとんでもないワードw

小峠先生「お盆じゃねぇんだよ!」

正解は「マジ」

青春高校の基本コンセプトは理想のクラスを作ろうという所からスタートしたのですが、これからメジャーデビューをするといっても実力と知名度が足りないというのが現実。

そこで、実力アップを図るためには「各部活ごとに課題をクリアしていく」という強化プラン。

そして、知名度アップの為には「新たなプロジェクトを立ち上げて行く」事に。

そもそも実力も知名度も大して無いのにメジャーデビューする方が無理があるような気がしますが、

発表された新プロジェクトは、

「青春高校ファン拡大キャンペーン全国行脚!知名度UPプロジェクト」

部活ごとに生徒自らが全国各地に出向いてファン獲得活動を行うようですが、生徒にとっては待望のロケ企画。

小峠先生からすると、まずはロケでキャリアを積んでからやっとスタジオ収録に参加できるようになるというのがタレントさんのキャリアアップという認識。

小峠先生「俺だってスペイン行ってさぁ、クマと組体操したりとかさぁ。やった事ねぇだろ!そんなの。」

過酷ロケにも生徒をガンガン行かせる気満々の中井りか先生は「どういう内容かも知らないでやりたいって言ったからな?お前ら。」と脅し文句。

女鹿ちゃんはNGナシなので体でも何でも張る覚悟のようですが。

小峠先生「池袋のチーマーとケンカとかあるよ?」

兎遊ちゃんに振ってみると「北海道でスキーしたいです。」

ただの旅行ロケw

中井りか先生「てめぇナメてんのか!おい!」

スポンサーリンク

プロジェクト発表

ここからは各部活がどういった方針で知名度UPプロジェクトを行うのかを発表。

女子アイドル部 – 関東圏・名古屋・大阪など主要都市

この発表に荒ぶるダンボのメンバーたち。

ビジュアル面という武器があるので逆に地方に積極的に出て行ってほしいと希望するチャーリーですが、

アイドル部に関しては個人個人でソロ仕事をこなしていたりするので活動範囲は近場に絞りたいという事情があるとの事。

逆にダンボは個人案件なんてほぼ無いのでガンガン出ていけと雑な扱い。

チャーリーに限ってはドラマの仕事が入っているハズですけどねw

そんなダンボは放っておいて、まーがりんは地元の大阪凱旋の機会がありそうで嬉しそう。

兎遊「大阪でたこ焼き食べようね。」

観光しか考えてないw

続いては、

男子アイドル部 – 温泉街を中心に

小峠先生「完全に純烈の二番煎じ。」

孫を可愛がる感じで年寄りを狙うと?w

温泉地なら全国どこでも守備範囲になると小峠先生。ただ生徒には絶対に温泉には入らせないと厳しいルールもぶち上げていますがw

小峠先生「どんだけ体汚くてもダメだよ!」

別所「我が群馬県とか温泉街なんで。」

小峠先生「市長じゃねーだろ!」

中学時代はマダムキラー(部活の保護者の人気者)という異名をとった別所くんだそうなので、意外とノリノリ。

続いては、

軽音部 – 路上ライブで10万円稼ぐ

ちなみに小峠先生がボーカルをしていたバンド「アンダーザチェーンドッグ」でも路上ライブの経験は無いそう。

なかなか高いハードルのプロジェクトですがリーダーの本多くんは「わくっしーに水着で歌わせる」という露骨な作戦で獲りに行くゲス作戦を口にw

水着姿で地球の音を聞くあのいわく付きのポーズをするとなると・・・とやる前から笑う中井りか先生w

エラいシュールなグループになっちゃいますね。

90秒CM

CM入り前には「このあとダンボ部のプロジェクト発表」というあおり演出も。収録ならではですね。

CM明けには「生徒手帳」というミニコーナー。

出席番号順に生徒を短めに紹介。初回はトーマス。

キャッチコピー的なモノは「ワードセンス抜群」

イメージビデオ的な映像で将来の夢は「専業主婦と人をびっくりさせること」という謎の夢を語るトーマスw

初見の人向けのようなコーナーですが・・・これいるんでしょうか・・・?

スポンサーリンク

さて、気を取り直して最後に発表されたのは、

ダンス&ボーカル部 – 東北地方

既に発表前から中井りか先生が半笑いで嫌な予感がプンプンしていましたがw

内容は「これから冬を迎えて寒いけど東北地方で何かしてもらう」というザックリとしたものw

雪かきのボランティア活動?

しかもダンボに限っては「スタッフさんが同行するかも曖昧」という鬼仕様w

小峠先生「NOカメラ NOマイク IN東北」

中井りか先生「りんごあるからね。青森にりんごある。ガンバりんご~。笑」

「ガンバりんご~」の一言を武器に頑張ってもらおうという魂胆w

小峠先生「合言葉は『ガンバりんご~』だよ!」

下積みのバンドやアイドルグループは一台のワゴン車にギュウギュウになって全国を周ったりしていますし。

小峠先生「雑草魂みたいなのはさぁ、一度火が付くとバーっと燃えちゃうから。で灰になって終わりだよ。」

ダンボだけ灰になって廃部w

あからさまにノっていないダンボメンバーたちに「じゃあやめる?」と問いかける中井りか先生ですが、そう言われたら「やります。」としか言えないw

中井りか先生「じゃあガンバりんご~。笑」

無理やりダンボに「ガンバりんご~」を言わせてとりあえずまとめw

チャーリー「何だコレ!?こんなヤツ売れるか!」

揉めたら「ガンバりんご~」で何とか収めるw

ついでに、ダンボの出口くんと軽音部の本多くんが車の免許取得予定のようなので2人が地方キャンペーンのドライバーを担当するようになるかもしれないという計画もあるとの事。免許取り立てで危なっかしいですがw

ロケバスの運転手というキャリアパスも見えて来るw

ちなみに出口くんは教習所に通っている最中だそうですが、本多くんに関してはもう既に免許取得済みで逃げ場ナシ。

ダンボのドライバーとして軽音部の本多くんが駆り出されるw

小峠先生「その為に取ったんだろ?何となく予想してさぁ、俺ダンボのドライバーやるんじゃねぇかな?って。」

スポンサーリンク

個人の知名度UPプロジェクト

ここからは個人個人がやってみたいと希望する知名度UPプロジェクトについて発表。

まずフィーチャーされたのが女鹿ちゃんの「滝行」。

アイドルのヒット祈願とかなら分かりますが、滝行で知名度アップにはつながらないと思いますがw

中井りか先生「でもやるんだったらアイドル部全員でやるよ?」

兎遊「女鹿ちゃんはすっぴん平気なんですけど、私たちは・・・。」

女鹿ちゃん以外はすっぴんNGのアイドル部w

それはそれで問題のような気も。

そしてもっちーの希望は「激辛店でチャレンジして顔を売る」。

小峠先生「顔売れんのは、激辛マニアにしか売れないよ?」

大会に出るとかそういうのでもない限りはね。

番組の激辛クイーンとして名高いもっちーなので個別で激辛行脚のロケとかLINE LIVEで企画するとか?

同じく激辛に強いという触れ込みで過去の激辛企画に参加した杉山くんですが、そんな杉山くんの希望は「護摩行 (ごまぎょう)」。

滝行だとか護摩行だとか色々と修行が好きですね。

プロ野球選手が行っていたりと杉山くんが言っていますが、動画だとこんな感じ。

新井貴浩選手などが現役時代に行っているのをニュースで報道されたりしていましたね。

小峠先生「近めのキャンプファイヤーって事?」

祈祷なのでキャンプファイヤーとは違いますw

火を囲んで歌を歌うのを祈祷とするなら中らずと雖も遠からずw

火傷したりも普通のこの護摩行なので顔がどうなろうと知ったこっちゃないダンボにはピッタリと杉山くんのヒドい物言い。

小峠先生「チャーリーなんかそれやった後だろ?その頭。」

チャーリー「あんただって焼け落ちてんだろ!」

小峠先生「なんで0か100か何だよ!」

スポンサーリンク

その他にめーなの希望は「何かギネス記録に挑戦」。

確かにギネス認定されれば多少は知名度UPするかも。芸人さんのチェリー吉武さんとか知られていますしね。

佐藤くんがやるなら?という話題では「お尻でくるみ割り」なら出来そうとの事。

まさにチェリー吉武さんのヤツ。

ちなみに劇団ひとりさんがレモン3個早食い記録1分33秒のギネス世界記録を保持していたとか。

レモンの早食いも自信ありという佐藤くんなので「近日公開 佐藤のギネス記録に挑戦」だそうです。

めーなの希望はどこ行った?w

90秒CM

CM明けはトーマスのイメージビデオw

青春高校に入って変わった事は「大人が苦手じゃなくなって人見知りしなくなった」そうですw

トーマスのドアップはなかなか・・・。

最後は軽音部の「好きなら Yeah! Yeah! Yeah!」のサマーライブの映像でお別れ。

青春高校 3年C組に関する全記事はコチラのリンクから

一覧:テレビ東京「青春高校 3年C組」

 - エンタメ

スポンサーリンク