What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

チョコプラのネタ「Mr.パーカーJr.」で使用されているBGMの曲名は?


様々な新キャラを編み出して話題に挙がるチョコプラことチョコレートプラネットの新ネタ「Mr.パーカーJr.」ではネタ中の決めゼリフの前に流れるBGMが特徴的。という事であの曲と曲名をリサーチしてみました。

スポンサーリンク

Mr.パーカーJr.とは?

2020年4月15日放送の日本テレビ系「有吉の壁」内で行われた「流行語大賞の壁を越えろ!ブレイク芸人選手権2020」の企画でチョコレートプラネットの2人が披露した新キャラ。

この企画の2018年バージョンでは「TT兄弟」を既に生み出していた実績があるだけに期待がかかっていたわけですが、

「パーカーの可能性は無限大」を合言葉に、様々なシチュエーションで困る松尾駿の元に長田庄平演じるハイテンションの「Mr.パーカーJr. (ミスター・パーカー・ジュニア)」なる人物が現れ、パーカーを使って全てを解決するというのが基本的な流れ。

そしてパーカーを使った解決策を教えるくだりではある決まったBGMが流れ出し、ラッパー風に「Mr.パーカーJr.」と決めゼリフを放ってオチ。チョコプラのネタ「Mr.パーカーJr.」で使用されているBGMの曲名は?

これまでチョコプラの2人が作ったキャラクターは基本的に長田庄平が主導して作っていたそうですが、この「Mr.パーカーJr.」について松尾駿考案のものだそうです。

何となくネーミングが映画『ゴーストバスターズ』の主題歌を歌ったレイ・パーカー・ジュニアに響きが似ていたりしますがw

何度も観るうちにBGMと「Mr.パーカーJr.」の決めゼリフがクセになってくるわけですが、となると気になるのがあの曲は一体?という疑問。

Are You Gonna Go My Way

さてあの曲の正体についてですが、正解は、

Lenny Kravitz – Are You Gonna Go My Way

日本語名だと「自由への疾走」というタイトルが付けられていますが、レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)が1993年に発表したアルバムのタイトルトラック。

彼にとって世に出るきっかけとなった記念碑的な作品で世界的にも知られる存在に。

ヒットを受けてグラミー賞の最優秀ロック・ソング賞と最優秀ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞にもノミネートされていたり、MTV・ビデオ・ミュージック・アワードの受賞歴もあったりと彼の代表曲としては有名なのはもちろんですが、90年代を代表するヒット曲としても知られていて2001年に発売されたレーシングカーゲームの『グランツーリスモ3 A-spec』にリミックス版がBGMとして収録されたり、ギターをフィーチャーしたゲーム『Guitar Hero World Tour』にも曲が収録されたり。

YouTubed動画。

その他に日本だとアサヒ・ウィルキンソン タンサンのCMに使われたりと、コマーシャルソングとしても度々起用されていたり。

YouTubed動画。

音楽的にはその特徴的なイントロなども含めてジミ・ヘンドリックスを想起させると称されていたり。

という事で以上、チョコプラのネタ「Mr.パーカーJr.」で使用されている曲のタイトルについてでした。

 - エンタメ

スポンサーリンク