What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

マツコの知らない世界の昭和歌謡曲の最強イントロベスト10&マツコが一番好きな曲は?


20年4月28日放送のTBS系「マツコの知らない世界」では70年代&80年代の昭和歌謡曲(昭和ポップス)をそのイントロに特に注目して「昭和イントロ・ベストテン」と題してランキング。果たしてトップ10に選ばれた曲たちは?そしてマツコさんがイントロが一番好きと語った珠玉の一曲とは何だったのでしょうか?

というわけで20年4月28日放送の「マツコの知らない世界」から【今、若者に大人気!昭和ポップスの世界!ベストテン復活!】の詳細をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

第10位~第7位

第10位 1986オメガトライブ「君は1000%」

マツコ「思い出せない・・・。君は1000%のイントロ・・・全然覚えてない。笑」「『ふたりの夏物語』の方が覚えてるのよ。あっちの方がカッコいい・・・あっ、あっちの方がって言うと申し訳ないけど。笑」

YouTube動画。

ちなみにマツコさんはイントロ的にも曲全体としても杉山清貴&オメガトライブの「ふたりの夏物語」の方がお好きだそう。

第9位 大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」

YouTube動画。

マツコ「これはもうオシャレイントロですよ。」

第8位 梅沢富美男「夢芝居」

マツコ「これはもうイントロ史上に残る名作ですよ。」「今ン所私が好きなのが出て来ませんね。あえて黙ってたんですけど。夢芝居が来ちゃったらもう来ないかなっていう。」

第7位 寺尾聡「ルビーの指環」

マツコ「カッコいいですよ。」

番外編~編曲家編~

番組では作詞・作曲だけではなく普段はあまり注目を浴びない「昭和の三大編曲家」にも注目。

名前が挙がったのは、

  • 萩田光雄
  • 船山基紀
  • 大村雅朗

の顔ぶれ。

そこでマツコさんが最初に言及したのが、

マツコ「萩田先生は凄いわよ。ホントに。スゴイ。」

特に印象に残っているのは山口百恵作品だそうですが「百恵ちゃんってなってくると阿木燿子さんが好きなのよね。私。詩良いよね。あれはウーマン・リブ(女性解放)よ。あれは。」

マツコ「百恵ちゃんの秋桜のイントロとかも良いわよね。」

続いて船山基紀さんについては、

マツコ「恋人よ!」

五輪真弓『恋人よ』のYouTube動画がコチラ。

マツコ「『仮面舞踏会』もスゴいわよ。」

少年隊『仮面舞踏会』

最後に大村雅朗さんについては、

マツコ「実は私一番好きです。」「みずいろの雨が一番好きかな~。ストリングスが好きだね。まだ自分が自由に出来ない時の、ある物で作ってる頃の。みずいろの雨のストリングスとかホントにもう素晴らしい!」「八神(純子)さん大好きよ。八神さんはMr. ブルーが一番好きだけどね。宇宙船地球号ね。」

八神純子『Mr. ブルー ~私の地球~』

「故郷を聞かれたら 迷わず地球と答えるの」の歌詞が一番のお気に入りと言うマツコさん。

マツコ「地球代表か!お前は!っていう。笑」

スポンサーリンク

第6位~第4位

ここからイントロランキングに戻って、

第6位 松田聖子「チェリーブラッサム」

マツコ「分かります~・・・チェリーブラッサムは分かりますよ~。これはスゴい曲です。ホントに。聖子ちゃんで一番好き。大村(雅朗)さんのストリングスは素晴らしいでしょ。」

マツコ「チェリーブラッサムは分かります。これはもう生涯好きな歌の中でも上位に入って来ます。」

ちなみに同じく松田聖子さんの『夏の扉』のイントロで流れるキーボードの音も気になるとマツコさん。

松田聖子『夏の扉』

第5位 中森明菜「少女A」

マツコ「まぁいいんだけどねぇ・・・。私『1/2の神話』派なのよ。どっちかっていうとイントロも。好きなのよ。少女Aも。」

中森明菜『1/2の神話』

第4位 C-C-B「Romanticが止まらない」

マツコ「オシャンティよ。これもねぇちょうどリアルタイムで見た頃はこんなオシャレだって気付かなかったのよ。」「あとドラムの人のビジュアルとね。笠さんね。」

第3位~第1位

第3位 田原俊彦「抱きしめてTONIGHT」

マツコ「抱きしめてTONIGHTはイントロで入るか?まあイントロもスゴイけどこれはもうねイントロも含めて全部サビなの。全部聴き終わった後、えっ!?って思う。どこがサビだったの!?って。でも全部盛り上がる!」

マツコ「スゴイ曲だよね。」

第2位 久保田早紀「異邦人」

マツコ「これはねぇ。クイーン・オブ・イントロですよ。これは。三洋(電機)のコマーシャルソングに決まってそのコマーシャルを砂漠で撮る事になって、それに合わせたアレンジに萩田先生がして。そしたらあんなに大ヒットしたのよ。」

ちなみにイントロで入る中東の民族楽器であるダルシマーの音色がどこか印象に残りますが、他にダルシマーが使われた曲としては犬神家の一族のサントラも有名所。

マツコ「何か変な音流れてたもんね。ずっと。」

第1位 ジュディ・オング「魅せられて」

マツコ「あ~確かにね。素晴らしいですよね。イントロ。イントロっていうか全部素晴らしいですけど。」「芽生えの一つよ。この歌詞は。女は強いんだ!女は自由に生きていいんだ!っていうのをね。芽生えです。私にとって。私のメイクやってるオカマもね、この曲を聴いて母親の紅をさすようになったって言ってたからね。これは色んなオカマを芽生えさせてます!この歌は。スゴイです。」

マツコ「今まで見たことも聴いたことも無かったタイプの歌だったわよ。」

ちなみにサビの「Wind in blowing from the Aegean」とは「エーゲ海から吹く風」という意味。

歌詞を良く知らないとAsianと聞こえるかもしれませんが、実はエーゲ海の事なんですね。

スポンサーリンク

マツコのイントロNo1曲&まとめ

ちなみにマツコさんがイントロ史上一番好きと豪語するのが、

北原ミレイ『石狩挽歌』

マツコ「もうイントロって言ったらアレですよ。スゴイ良いイントロですよ。アレは。トランペットのね。」「個人的にイントロナンバーワンはどれか?って言われたら私は石狩挽歌なんですよ。」

という事でランキングトップ10+番外編をまとめると、

  • 第1位 ジュディ・オング「魅せられて」
  • 第2位 久保田早紀「異邦人」
  • 第3位 田原俊彦「抱きしめてTONIGHT」
  • 第4位 C-C-B「Romanticが止まらない」
  • 第5位 中森明菜「少女A」
  • 第6位 松田聖子「チェリーブラッサム」
  • 第7位 寺尾聡「ルビーの指環」
  • 第8位 梅沢富美男「夢芝居」
  • 第9位 大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」
  • 第10位 1986オメガトライブ「君は1000%」

マツコの個人的イントロナンバーワン曲:北原ミレイ「石狩挽歌」

以上、マツコの知らない世界で紹介された昭和歌謡のイントロトップ10&マツコの個人的ナンバーワン曲でした。

 - エンタメ

スポンサーリンク