What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

「 ラグビー 」 一覧

ラグビーで独特のドリンクボトルが使われるのはなぜ?あの名称は何という?alineのボトル

ラグビーやサッカーで独特のドリンクボトルが使われるのはなぜ?あの名称は何という?

ラグビーの試合を観ていてふと気になるのが試合中の水分補給で選手たちが使うあの独特の形のドリンクボトル。そしてラグビーのみならず、サッカーの舞台でも徐々に浸透してきている感のあるあのユニークな形状は何か目的があるハズ。そしてあのボトルの呼び名は何というのか? (さらに…)

現役ラグビー選手100人が選んだタックル強烈ランキングトップ5&イケメントップ5は?

19年12月15日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」にはラグビー日本代表選手たちが出演。そこでは現役ラグビー選手100人にアンケート調査を実施し、ガチ投票で決める「タックル強烈ランキング」&「イケメンランキング」を実施。そのランキングトップ5にはどのような選手が選ばれたのでしょうか? (さらに…)

ラグビー選手が頭や太ももにテーピングを巻いているのはなぜ?ラグビー特有の理由

ラグビー選手が頭や太ももにテーピングを巻いているのはなぜ?ラグビー特有の理由

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ。普段あまりラグビーは観ないという方でもテレビ中継でふと気になったりなんて事があると思いますが、そこで目につくのが頭や太ももにテーピングを巻いた選手の存在。激しいコンタクトスポーツであるラグビーなので怪我してたりとかそんなもんなのかな?と思いがちですが、実はああいったテーピングを巻く理由にはラグビー特有の事情があったりするんですね。 (さらに…)

ラグビーワールドカップ2019日本大会全試合をネットのライブストリーミング放送で無料視聴

ラグビーワールドカップ2019日本大会全試合をネットのライブストリーミング放送で無料視聴するには

いよいよ開幕のラグビーワールドカップ2019 日本大会。4年に1度のラグビー最強国決定戦は緊張感と熱気に包まれて、どの試合も白熱する事間違いなし。前回大会で日本代表チームが世界を驚かせたあの試合は未だに記憶に残っている方も多いと思いますが、日本開催という一生に1度のこの機会にホームの歓声を受けて史上初の決勝トーナメント進出はなるでしょうか? (さらに…)

第61回 NHK「チコちゃんに叱られる!」恐竜はなぜいない?ラグビーで得点を決めても「トライ」という理由

第61回 NHK「チコちゃんに叱られる!」恐竜はなぜいない?ラグビーで得点を決めても「トライ」という理由

19年8月30日放送の第61回 NHK「チコちゃんに叱られる!」はゲストに木村文乃さん(初登場)、ザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也さん(初登場)を迎えて取り上げられた疑問は、恐竜はなぜいない?ラグビーで得点を決めたのに「トライ」というのはなぜ?というもの。そして久しぶりに英語版のNHKたぶんこうだったんじゃないか劇場が復活。 (さらに…)

スーパーラグビー サンウルブズ全試合をネットのライブストリーミング放送で無料視聴するには mylivesport 試合放送

スーパーラグビー サンウルブズ全試合をネットのライブストリーミング放送で無料視聴するには

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ。世界の頂点を決める大会を目前に控えてラグビー最高峰リーグであるスーパーラグビーの舞台で戦うもう一つの日本代表チームと言われるサンウルブズの試合も要チェック。ということでまずはスーパーラグビーの試合観戦からスタートさせてみませんか?BS放送の視聴環境が無かったり、スカパー!のJ SPORTS、DAZN(ダ・ゾーン)などの有料サービスもお金がかかるし…と諦めなくてもOKです。 (さらに…)

ラグビー日本代表を支える神の手トレーナーの肩こり解消ストレッチとは?櫻井翔も激変!壁スクワット01

ラグビー日本代表を支える神の手トレーナーの肩こり解消ストレッチとは?櫻井翔も激変!

2015年のラグビーワールドカップで日本が歴史的な勝利を挙げたあの快進撃を裏で支えたのは実は神の手を持つという名トレーナー・佐藤義人さん。そんなゴッドハンド佐藤義人さんが紹介した肩こり解消ストレッチとは、壁さえあれば誰でもどこでもすぐに実践可能なトレーニング方法でしたが一体どんなものだったのでしょうか?

(さらに…)

ワールドラグビーU20選手権 ロゴ

日本代表出場のワールドラグビーU20選手権 全試合をネットのライブストリーミング放送で無料視聴するには

これからの日本代表を支える存在になる若手選手たちが出場するワールドラグビーU20選手権(旧 ジュニア世界選手権)。アンダー世代ながらもその戦いは激しく、ワールドカップを目指す若手選手にとっては負けられない戦いが続く国際大会となっていますね。 (さらに…)