What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング一覧 蔦谷好位置、いしわたり淳治、佐藤千亜紀の紹介曲


23年1月22日「関ジャム 完全燃SHOW」では2022年の年間マイベスト10企画という事で蔦谷好位置、いしわたり淳治、佐藤千亜紀の3人が選んだランキングを一覧でまとめてご紹介。

スポンサーリンク

いしわたり淳治

10位 なとり『Overdose』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング10位 Overdose

「抜け感の良い日本のポップ音楽の新しい王道」

9位 idom『i.d.m.』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング9位 i.d.m.

「曲にインパクトと人懐っこさを与えるイントロに注目」

8位 サカナクション『ショック!』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング8位 ショック!

「悲しみを中和するコミカルなサビ」

7位 imase『Have a nice day』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング7位 Have a nice day

「2022年に起きたウソのような本当の出来事」

6位 今市隆二『辛』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング6位 辛

「切迫感のある歌詞と甘い雰囲気のメロディーが出す良い違和感」

5位 YONA YONA WEEKENDERS『考え中』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング5位 考え中

「サビの歌詞が機能的」

スポンサーリンク

4位 ???

3位 ???

2位 ???

1位 ???

※4位以降は1月29日放送回で紹介予定

佐藤千亜紀

10位 chilldspot『BYE BYE』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング10位 BYE BYE

「今、一番気になるバンド」

9位 a子『太陽』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング9位 太陽

「懐かしくなるサウンドと耳元で囁かれているようなウィスパーボイスが心地良い」

8位 NAYEON『POP!』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング8位 POP!

「ひたすらワクワクさせてくれる楽曲」

7位 UA『お茶』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング7位 お茶

「逆再生のサンプリングから始まるイントロがカッコいい」

6位 Kep1er『WA DA DA』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング6位 WADADA

「数曲分を詰め込んだような展開の多さ」

5位 水曜日のカンパネラ『エジソン』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング5位 エジソン

「中毒性があり癖になる曲」

スポンサーリンク

4位 ???

3位 ???

2位 ???

1位 ???

※4位以降は1月29日放送回で紹介予定

蔦谷好位置

10位 和久井沙良『Escape(feat.mimiko)』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング10位 Escape

「邦楽界を支えるスーパー鍵盤奏者のリーダー作」

9位 水曜日のカンパネラ『エジソン』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング9位 エジソン

「中毒性サウンドの天才発明家が新アイコンを迎えての第2章」

8位 yonawo『tokyo feat. 鈴木真海子、Skaai』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング8位 tokyo feat. 鈴木真海子、Skaai

「美しいメロディーと耳に残る言葉選びと遊び」

7位 Mori Calliope『MERA MERA』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング7位 MERA MERA

「凄まじくハイレベルな表現技術」

6位 米津玄師『KICK BACK』関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング6位 KICK BACK

「王の風格を纏う強大な力で新時代を切り開くスーパーアーティスト」

5位 和ぬか『青二才』※アルバム関ジャム年間ベスト10 2022 ランキング5位 青二才

「ペンタトニックスケールで構成されたメロディー」

スポンサーリンク

4位 ???

3位 ???

2位 ???

1位 ???

※4位以降は1月29日放送回で紹介予定

以上「関ジャム 完全燃SHOW」から2022年の年間マイベスト10でした。

コチラの記事も

バズリズムこれがバズるぞ2023 ランキング1位~30位一覧 今年バズるアーティストは?

 - エンタメ

スポンサーリンク