What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

正月太り解消に効果的な部屋で出来るトレーニング「部屋トレ」5選


年末年始は生活リズムが崩れてダラダラと過ごしがちですが、仕事明けに鏡を見て愕然としないためにも、きちんとリセットしておきましょう。さらには運動習慣を身に付けて新年を新しいボディと共に過ごせるようになる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

それでは早速トレーニング内容について解説・・・とその前に心構えについて是非知っておきましょう。

効果は「見た目」で判断すること。

ミラーマン

まず意識すべきなのは、あくまで見た目、「鏡」で判断するようという事。体重計を気にしない。

あなたの目標は何ですか?

体重計に表示されるのはあくまで数字です。一番大事なのは鏡に向かった時の自分の体の変化です。数字に惑わされないためにも「体重が戻った!! また増えてしまった・・・」と一喜一憂するのは止めましょう。

食事制限は行わないこと。

細かいカロリー制限を行って食生活をガラリと変えることは大変な負担で、肉体的にも精神的にも非常に強いストレスとなってしまいます。ここではあくまで、お正月に乱れてしまった食生活を元に戻すことだけを考えるようにしましょう。お正月以前の食生活に戻すのであれば、ある程度好きなものを食べてOKです。

単に戻すだけではなく、食事について少しだけ意識するとしたら、運動直後の栄養補給が重要です。

運動直後の15分から30分は筋肉のゴールデンタイムと呼ばれ、筋肉がたんぱく質やアミノ酸を欲します。この間にヨーグルトやアミノ酸アプリなどを摂取すればトレーニングの効果をさらに上げることが可能です。

トレーニングの時間帯はあまり考えなくてOK。

体の代謝リズムからすると午後3時辺りが運動に適した時間帯ということになっていますが、仕事中という人がほとんどだと思いますのであまり気にしなくてもOKです。

あえてオススメするとすれば朝の時間帯がベターです。少しでも布団に長くいたい気持ちも分かりますが、15分だけ早起きしてみましょう。朝に運動を行うと代謝がアップした状態を午後までキープすることが出来るので効率よく脂肪を燃やすことができます。

どうしても朝は無理という方は夜でも構いません。お風呂に入る前に行えば汗ばんだ体をリフレッシュして気持ちよく布団に入れますね。

要するにスキマ時間があれば朝でも夜でも、もちろん昼でも構わないということです。大事なのは「ある程度決まった時間に運動する生活リズムを手に入れる」ことです。

習慣化を目指して継続していきましょう。

トレーニング頻度は2~3日に1度で。

毎日きっちりと行うのではなく2日に1度を基本として行いましょう。筋肉痛が強く残っていたり、体調が優れないといった場合には1日スキップして3日に1度になってもOKです。大事なのは厳格なルールを意識しすぎないことです。繰り返しになりますが、とにかく続けていくことが大事です。

さて、これで心構えが整ったところで次はいよいよ肝心のトレーニング内容についてご紹介します。

鍛える部位は「体幹」「胸」「ウエスト」「背中」「下半身」の5つ。

【体幹のトレーニング アブアイソメトリック(プランク)】 30秒

  1. 四つん這いの姿勢で両肘から手と両膝を床につける。
  2. 両肘から手を床に押し付けながら、両膝を浮かし、体が一直線になるように30秒間静止する。

※腰の位置が下がらないようにかかとから首の後ろまでは一枚の板になるよう意識しましょう。

※強度を上げたいときは時間を少しずつのばしてみましょう。

【胸のトレーニング サイドトゥサイドプッシュアップ】 左右10回

動画では、左右交互に行っていますが、このようにして合計20回行ってもOKです。

  1. 通常の腕立て伏せの状態から、左手は肩の真下、右手は体から30cm程離す。
  2. そのまま腕立て伏せを左右を替えてそれぞれ10回行う。

※負荷が強すぎる場合は膝をついて行ってもOKです。

※慣れてきたら手の位置を前後左右に置き換えてアクセントをつけるのも効果的です。

【ウエストのトレーニング シーテッドアブクランチ】 ゆっくり10回

シーテッドアブクランチ

  1. 椅子に浅く座って、脚は揃える。
  2. 腹筋でバランスをとりながら、両膝を胸に近づける
  3. 姿勢を保ちながら横から見ると体がL字になるようにゆっくりと膝を伸ばす。 ※きつい場合は背もたれに体をつけたり、片脚ずつ行ってみましょう。

【背中のトレーニング ニーホールドクランチ】 左右ゆっくり10回

  1. 仰向けになり、膝を立てた状態から片方の膝を両腕で抱え、反対側の脚をまっすぐ伸ばし、床から浮かせる。
  2. 脇を締めたまま、腕と腹筋を使って上半身を起こして、ゆっくり胸を膝に近づける。くっついたら腕を伸ばして戻す。

【脚のトレーニング 相撲チェアスクワット】 ゆっくり10回

相撲スクワット

  1. 両足を肩幅より広く開き、上半身をやや前に傾けてすぐ後ろにある椅子に腰掛けるイメージでお尻を突き出す。
  2. お尻が座面につくギリギリの位置までゆっくりと膝を曲げて戻す。 ※背中が丸まらないように注意しながら行いましょう。

運動日にはこの5つのトレーニングを基本的には全て行いますが、体の調子をみて3つのメニューに絞ってみたり、回数を調整したりして継続していきましょう。これで正月太りを解消しつつさらに理想の体を手に入れる習慣を身に付けてみてくださいね。

スポンサーリンク

 - トレーニング , ,