What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

男性ホルモンのテストステロンが最も強烈に作用する体の部位は?


一般的に筋肉の発達のためには男性ホルモン(アンドロゲン)の作用が重要で、その代表格であるテストステロンの分泌量は筋肉の発達しやすさに直結すると言われています。ただし、各筋肉群によってテストステロンが作用しやすい筋肉と作用しにくい筋肉という差があり、本記事ではそのメカニズムについてご紹介します。

スポンサーリンク

テストステロンの作用プロセス

そもそも、テストステロンが筋肉に作用する場合には、筋肉の細胞膜を通り抜けて、さらにその中にある核に入り、アンドロゲン受容体と呼ばれる器官と結合する必要があります。

この結合した受容体は遺伝子と結びつき、多彩なたんぱく質の合成を促進させます。このアンドロゲン受容体の数は筋トレによって増大する事が確認されており、「筋トレを行う→テストステロンと受容体が結びつく→筋肥大」というプロセスを辿って筋肉が発達していくと考えられています。

背中

つまり、筋トレを行えば行うほどに、アンドロゲン受容体の数が増え、より筋肉が発達しやすい体に変化していくというわけですね。別記事にあるとおり、筋トレは同時にアンドロゲンの一種であるテストステロンの分泌量を増加させるため、これらの働きが相互に作用する事によって筋肥大が起こるというわけです。

どの部位が発達しやすいのか?

2000年に行われた研究によると、男子のパワーリフティング競技者を対象として、僧帽筋と大腿四頭筋(外側広筋)を比較し、アンドロゲン受容体の量について調査が行われ、その結果は僧帽筋における受容体の量が多いという事が明らかになっています。

これを踏まえて、僧帽筋はテストステロンに反応しやすい=発達しやすい筋肉ではないかと考えられています。

また、これを同じ傾向は肩や、上腕についても同様に指摘されています。

ステロイドにも関連性が

先ほどの研究では、もう一つの調査が行われており、それはたんぱく質同化ホルモン、一般的にステロイドと呼ばれる筋肉増強剤の影響を調べるものでしたが、このステロイドの影響は僧帽筋に対して強烈に作用し、受容体の量を急激に増やすという事も分かっています。という事はつまり、同じように肩や上腕などの上半身にも作用しやすいという事が言えますね。

ですから、ステロイドを使用しているボディビルダーでは首から肩、上腕にかけて極端に肥大した姿になりやすい傾向にあると言えるというわけですね。

スポンサーリンク

 - トレーニング , ,