What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

実は個人でも買えるHPの法人向けノートパソコン HP EliteBook 820 G3購入計画 その2


さて、前回の記事ではHP EliteBook 820 G3のセール時期についての注意点をご紹介しましたが、今回は、いよいよ具体的な購入方法についてご紹介します。

特に難しい事ではありませんし、どなたでも簡単に試せる方法になっていますので、興味のある方には是非おすすめです。

HPの法人向けページでは一見すると個人では購入ができないように見えますが、個人でもバッチリOKです。※不定期で開催される週替わりキャンペーンでの購入を例にご紹介しておりますが、それ以外でも同様の方法で購入可能です。

スポンサーリンク

週替わりキャンペーンでの購入方法

前回の記事でご紹介したとおり、週替わりキャンペーンで購入すると通常の割引キャンペーンよりもさらに安く購入ができますので、購入希望の機種がキャンペーン対象である場合は絶対にお得です。

この記事で例に挙げている「HP EliteBook 820 G3」は週替わりキャンペーンの対象ですので、まずはキャンペーン期間のタイミングを狙います。

週替わりキャンペーン

週替わりキャンペーンの対象ページ下部を確認すると、このような表示になっており「電話連絡での注文」という案内になっている事が分かります。

注文の流れについて

まずは上記の連絡先へ電話連絡します。音声ガイダンスが流れますので、指示通りに1⇒2と番号をプッシュして進みます。

するとオペレーターに直接繋がりますので、週替わりキャンペーンの機種を購入したい旨を伝えます。

その後、注文受付の準備のためでしょうか。3分ほど待たされます。

そして氏名の確認をしますが、漢字も含めてフルネームをオペレーターに伝えます。

次にポイントの法人名について尋ねられますが、ここで「個人事業主で自分のフルネームがそのまま屋号」という風に伝えます。

そしてHPのパソコンについて以前に購入した事があるかどうかを聞かれます。

その後、購入希望のパソコンについて構成の確認があります。メモリやSSD、オフィスソフト付属などについて希望がある場合はここで構成についてリクエストを出しましょう。※私はSSD256GBを希望していましたので、オペレーターにその旨を伝えました。その他の構成についてはそのままでOKでしたので特に変更はしませんでした。

構成について確認が終わると、一度電話を切った後に再度HP側からメールでの連絡があるということで、こちらのEメールアドレスを伝えます。

電話を切って2時間ほどでしょうか、そのぐらいの時間にEメールで【日本hp Directplus】お見積書のご案内 という件名でメールが届きます。

差出は法人営業担当の個人名になっていますね。添付ファイルはPDF形式の見積書になっています。

メールにはご注文の依頼には全返信をする事と、折り返し電話連絡を希望する場合は希望の時間帯について明記するように書いてありますので、その通りに返信します。

ちなみに、私は改めて自分のフルネームと住所についても書いた上で返信しました。

すると、電話連絡がありますので、支払い方法についての案内があります、私はクレジットカードでの支払いを希望しましたので口頭でカード番号を伝えて支払い完了となりました。

ちなみに銀行振り込みも選択できるそうです。※確か三菱東京UFJ銀行宛ての振込みになると言っていたような気がしますが、定かではありませんのでオペレーターに直接お尋ねください。

クレジットカード払いの場合は支払いに問題が無ければ、すぐに承認が下りますので2時間ほどしてから正式受注のメールが届きます。※銀行振り込みの場合は多少時間がかかるそうです。

その後、1時間ほどすると請求先、納品先住所の確認メールが届き、その日の夜遅くに納期確定のメールが届きます。納期確定メールには納期確認用のURLが貼られていますので、HPの納期確認用ページ上で確認するようになっていますね。

私の場合の納期は注文日の1週間後となっていましたので、注文確定日の2日後には発送通知のメールが届いています。ヤマト運輸の伝票番号も記載されておりました。

これで注文受付から発送・受け取りまでの流れは完了です。合計で5通のメール連絡がありました。こちらから返信したのは1回だけでしたね。


上記の方法でHPの法人向けパソコンを個人でも購入する事ができますので、興味のある方は是非お試しください。

もちろんEliteBook 820 G3以外の機種についても同様ですので、週替わりキャンペーン実施中は特に要チェックです。

スポンサーリンク

 - デジタル