What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

ドラマCRISIS公式ツイッターが視聴者の質問に答える企画第1弾まとめ。全23問。


ドラマCRISIS公式ツイッターアカウントでは、第3話放送終了後の21:54から22:30までの36分間で第3話に関する質問を募集する企画を実施していましたね。

「#ドラマCRISISに質問」のハッシュタグをつけたツイートの中から選ばれた質問に対し、原案・脚本を務めるの金城一紀氏や白木監督・プロデューサーなどのスタッフが公式ツイッター上で回答していきましたね。

さらにドラマ出演者のうち主役の稲見を演じる小栗旬さん、同じく主演の田丸役の西島秀俊さん、吉永班長役の田中哲司さん、大山玲役の新木優子さんも質問に答えるというスペシャルな企画になっていました。

回答は結局当日の23:23まで続き、当日分として14問に答え、さらに翌日には追加で9問の質問に答えていましたね。

ここではそれら質問のまとめをご紹介します。

スポンサーリンク

前半の14問

ドラマCRISIS公式twitterアカウント:https://twitter.com/crisis_ktv

ツイッター企画の前にはこんな感じのツイートもされていましたね。ドラマCRISIS 第3話を出演者4人で視聴中 小栗旬 西島秀俊 田中哲司 新木優子

https://twitter.com/crisis_ktv/status/856846599993077760

Q. 「スーツでの撮影、寒くなかったですか?」#西島秀俊 さんに聞きました!

A. 第1話で犯人に丸腰だと示すためにシャツ一枚で圭介の元へ行った時が一番寒かったので、上着があるだけマシでした(笑)

Q. 「稲見と田丸はどちらが強いですか?」班長を演じた #田中哲司 さんに聞きました!

A. 吉永が一番強いです!

Q. 「高い所が苦手と聞いたことがありましたが、今回の飛び降りのシーンはいかがでしたが?」#小栗旬さんに聞きました!

A. この撮影で色々やらされた結果、慣れました。

Q. 「大山のカバンの中身は何が入ってますか?」#新木優子さんに聞きました!

A. パソコンとケーブル類、犯罪に関する資料が収められたCD-ROM、スタンガン、あと大山が好きなお菓子も入っています。

Q. 「特捜班オフィスの注目ポイントは?」#西島秀俊 さんに聞くと、

A. 西島さん「取調室で手錠を通す溝が気になりました」

金城さん「あれは日本の取調室にはなくて、アメリカの取調室のものなんです。特捜班は最先端の設備にしたかったので作ってもらいました」

Q. 「台詞の多い班長 一番言いにくいセリフは!?」

A. 班長の#田中哲司さんいわく「出動だ」

しゅつどう… 言いにくいんです! でも、このセリフ、ここからけっこう出てくるんです。

Q. 「CRISISリアルタイムで、みんなどんなこと話してました!?」

A. 金城さんのじっくり見る様子に、白木監督もドキドキ。

ラストの「この国の未来のために」のエンドは、みんな知ってるのに 「わぁ~~」と思わず息をのんで、真剣に見てました!

Q. 「このチームを一言で表すなら?」#小栗旬 さんに聞きました!

A. いびつ

スポンサーリンク

Q. 「現場のムードメーカーは誰ですか!?」

A. やんちゃな小栗さん、大人な西島さんといる中で 小栗さんいわく、「#田中哲司 さん。とてもチャーミングな方で、現場に哲司さんがいないとみんなさみしがってる」なんですって。

Q. 「撮影で一番恥ずかしかった事を教えてください」#小栗旬 さんに聞きました!

A. 第1話の田丸さんとのグータッチ。

Q. 「3話で一番のハプニングは?」

A. これは、事前の番組を見てくださったみなさんでピンと来た人も多かったですが、小栗さんのカメラ追い越す事件。あのラストのダッシュシーン

小栗さんいわく「プロデューサーが早いんだろうなって煽るからやりきったんだよ」

Q. 「3話のアドリブはある?」

A. 1話、そして3話に出てきた、小栗さんのいわく「失敗したあ」これ、おちゃめな稲見の心情で小栗さんから出てきたんです! 小栗さんのお気に入りのセリフ

Q. 「小栗さんに質問!稲見の好きなところは!?」

A. 小栗さん「全部を乗り越えてきたゆるさ。」なんですって!稲見のかっこよさは、そんな思いから、出てきてるんですね!!

Q. 「③話の一番好きなシーンは!?」

A. 小栗さん「マンションの廊下の西島さんとの2ショットの戦い。家でも興奮して見た」
西島さん「ラストの維新軍の2人。これは勝てないと本気で思った」

以上が当日の回答分でした。

最後にはこんなツイートが。ハッシュタグの「#みんなもびっくりの結末が」が気になる所です。

後半の9問

ここからは次の日にも紹介された質問への回答つづきです。

Q. 「3話の音楽について、こだわった点は!?」

A. 白木監督いわく「音楽とセリフは一緒。少年たちの無邪気さや心情を表すのに、これまでよりだいぶ多くいろんな音をつけました」なんだとか!

Q. 「③話で一番大変だったシーンは!?」

A. 監督いわく「マンション前の銃撃戦。がっつり町中で撮影で、スムーズに緊迫感のある画を録るのが一番大変でした」

スポンサーリンク

Q. 「③話のこだわりの演出は!?」

A. 白木監督「今回は攻撃ではなく防御の回。維新軍の2人を平手打ちすることにも、稲見のやさしさや、思いを表してます」

Q. 「気に入っているセリフは!?」

A. 金城さん「俺たちに勝ち目はあるのか」、白木監督「銃をおろせっ」

Q. 「今後の展開はきになりすぎるんですが?」

A. 金城さん「一筋の光を感じてもらえるお話です」だそうですよー

Q. 「取り調べのコツは!?」

A. 田中哲司さんいわく「①話は脈拍チェック。③話は瞳孔。じっと目をつぶらないようにしたんです」

Q. 「稲見のスーツの色に意味は!?」

A. みなさん、しっかりみてくれてるんですね
小栗さん 「スーツの色は、稲見の心の色をあらわしてるんです。」だそう♪ ってことは、ラストには…

Q. 「走り方のこだわりは?」

A. 小栗さん「腕を顔の高さまで振り上げるんです!そうすると早くかっこよく見える。ウィル・スミスさんを参考にしました!」なんだそうですよ! 

Q. 「小栗さんの差し入れてくれたコーヒーメーカー。一番の利用者は?」

A. 4人「野間口さんっ!気づくと飲んでた。」なんですって。※ちなみにコーヒースマトラがお気に入りだそう。

最後はこんな感じの4人並んだ画像がツイートされて企画終了となりました。

ハッシュタグにもあるように右の小栗旬さん、新木優子さんと左の田中哲司さん、西島秀俊さんで対照的なポーズで写真に収まる様子は何だかドラマCRISISの持つテーマを暗示させるかのようですね。

スポンサーリンク

 - ドラマ