What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

ロジャー・フェデラーの年度別の年間試合数、勝率、獲得タイトル数、獲得賞金額について


2018年の全豪オープンを制したことでついに生涯グランドスラム獲得数を前人未到の「20」の大台に乗せたスイスのロジャー・フェデラー。

四大大会だけで20タイトルを獲得しているわけですが、そんな彼はこれまでどのような成績を残してきたのか、年度別に年間試合数、勝率、獲得タイトル数、獲得賞金についてリストアップしてみました。

※ATPツアーのみの成績を基にしておりますので下部大会であるチャレンジャー大会やフューチャーズ大会などの成績は除外されています。

スポンサーリンク

1998年から2007年まで

1998年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
52勝3敗40%0$26,370

16歳でのプロ転向後初の試合は地元スイスで開催されたスイス・オープン・グシュタード。ルーカス・アーノルド・キブロンに 4-6 4-6のストレートで敗れたのがフェデラーの第一歩でした。この時の世界ランキングは702位。手にした賞金は$5,250でした。

この頃はまだジュニア大会への出場がメインだったため、ツアーレベルへの出場は3大会のみ。

ちなみに、この年に喫した1敗にはバーゼル・オープンで対戦した際にアンドレ・アガシ(当時世界ランク8位)にストレートで敗れたものが含まれており、ツアーレベルにおける初のトップ10プレイヤーとの対戦でした。

1999年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
3013勝17敗43.3%0$200,986

2月のマルセイユで当時世界ランク5位だったカルロス・モヤを破って初のトップ10プレイヤーから奪った金星。

グランドスラムに次ぐマスターズ大会デビューは3月のマイアミ。一回戦敗退の成績でした。

フェデラー初のグランドスラム大会本戦出場はこの年の全仏オープンでした。対戦相手は当時世界ランク3位のパトリック・ラフター。オープニングセットを奪ったものの続く3セットを連取されて1回戦敗退に終わっています。

また、ウィンブルドンでの本戦デビューもこの年でした。ワイルドカード(主催者推薦枠)での出場でしたがこちらも1回戦敗退。芝の王者としての第一歩はここからだったんですね。

1999年9月20日付のランキングで95位をマーク。初のトップ100入り。

2000年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
6636勝30敗54.5%0$468,974

全豪オープン本選に初めて挑んだのはこの年。1回戦ではマイケル・チャンを相手にストレートで勝利。3回戦敗退という成績でした。

全米オープン本戦のデビューもこの年でこちらも3回戦敗退という成績。

グランドスラムの4大会全てで本戦出場を果たしたのはこの年が初めてのことでした。

スポンサーリンク

2001年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
7049勝21敗70%1$773,591

ついに待望の初優勝の年。2月のミラン・インドアで初めてATPツアータイトルを獲得。

この年のウィンブルドンでは第15シードでの出場でしたが、4回戦で当時絶対王者として君臨していたピート・サンプラスとセンターコートで対戦。3時間41分に渡る7-6(7)、5-7、6-4、6-7(2)、7-5の熱戦をものにして一躍時の人に。試合後に感極まって涙する場面もありました。サンプラスの大会31連勝記録をストップしたのがこの戦いでした。

マッチポイントを決めた際、まるで優勝したかのように倒れこむフェデラーの姿が印象的ですね。

映像の24:35頃には観客に対して一礼するサンプラスに対して慌てて一礼するフェデラーの可愛らしい場面も。

続くティム・ヘンマン戦に敗れて準々決勝敗退に終わったものの、新たな時代の幕開けを象徴するような大会となりました。

2002年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
8058勝22敗72.5%3$1,837,097

 マスターズ初の決勝進出は3月のマイアミ。そして5月にはマスターズ初タイトルをハンブルグで獲得。

8月にはジュニア時代をコーチとして支えてくれていたオーストラリアのピーター・カーターを交通事故で亡くすという悲劇に見舞われています。

それでも着実にランキングを上げていき、ランキング上位8名が出場できるマスターズ・カップに初出場し、世界ランキング6位でこの年を終えています。

2003年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
9578勝17敗82.1%7$3,877,080

この年には9つの大会で決勝進出を果たし、そのうち7つで優勝を飾る活躍を見せました。そのうちの一つにはウィンブルドンで達成した自身初のグランドスラム初優勝も含まれています。

自身初の世界ランキング1位獲得へあと一歩の所で届かず、世界ランク2位でこの年を終えています。

2004年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
8074勝6敗92.5%11$6,337,660

全仏オープンでは3回戦敗退に終わったものの、残りのグランドスラム3大会では優勝。シーズン初頭の全豪オープンで優勝したことで遂に自身初の世界ランキング1位の座を獲得しています。

この年フェデラーは勝率90%以上を達成。これは1989年のイワン・レンドル以来となる快挙でした。

ちなみに74勝6敗で勝率92.5%という数字は1986年にイワン・レンドルが全く同じ記録でシーズンを戦っています。この時の獲得タイトルはグランドスラム2つを含む9つだったので、フェデラーの記録はさらにその上をいくものでした。

スポンサーリンク

2005年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
8581勝4敗95.3%11$6,110,468

ウィンブルドンと全米オープンを制してグランドスラム2冠。マスターズでは4冠を獲得。

1984年にジョン・マッケンローが達成した年間勝率96.47% (82勝3敗)という記録に肩を並べるかに期待がかかりましたが、最終戦であるマスターズ・カップにおいてダビド・ナルバンディアンを相手にフルセットの末に敗北。

マスターズ・カップ決勝のハイライト Part1

マスターズ・カップ決勝のハイライト Part2

最終的には勝率95.3%でフィニッシュしています。

2006年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
9792勝5敗94.8%12$8,333,585

フェデラーの2006年シーズンはオープン化以降でも1969年のロッド・レーバーに次ぐベストシーズンと言われ、キャリアの中でも絶頂期を迎えます。※ちなみに1969年のロッド・レーバーはグランドスラム4冠の完全制覇を達成し106勝16敗(勝率86.9%)という成績でした。

全仏オープンはナダルに敗れたもの、残りの3冠はフェデラーが獲得。この年にフェデラーが喫した5敗はラファエル・ナダルから4敗、アンディ・マレーから1敗というものでした。

2007年

試合数勝敗勝率獲得タイトル数獲得賞金額
7768勝9敗88.3%8$10,111,510

全豪オープンでは全試合ストレートによる勝利という圧倒的成績で優勝。前年に続いてラファエル・ナダルに全仏オープンは奪われたものの、残り3冠を達成。

前年から連勝記録を伸ばしていたものの、インディアン・ウェルズの2回戦でギリェルモ・カナスに敗戦し記録は41連勝でストップ。続く大会(16日後)でも同じくギリェルモ・カナスに敗れるというフェデラーとしては珍しい記録。同じ相手に2大会連続して破れるのはラファエル・ナダルを除いて2003年以来の事でした。

続く

 - テニス

スポンサーリンク