What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

ゴチに初参戦の明石家さんまの好物リスト。その食生活とは?なぜ游玄亭を選ぶのか?


7月19日に日本テレビ系で放送された「ぐるナイ」の2時間スペシャルでは、明石家さんまさんがゴチ企画に初参戦。最高級フレンチでゴチメンバーと対戦していましたが、普段のさんまさんの食事と言えば実はかなり“質素”であるのは有名な話。

そんな明石家さんまさんの食生活や好物リストについて番組内で触れられた内容を元にまとめてみましたので詳しくご紹介します。

さんまさん御用達の高級焼肉店「游玄亭」を選ぶ本当の理由とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

明石家さんま好物リスト

  • アジフライ
  • サバの塩焼き(※現在はセブンイレブンで売られているもの)
  • さんま丼
  • 赤ウインナー
  • クジラ鍋
  • アイスコーヒー(ブラック)
  • グラタン
  • かき揚げ(義母の手料理)
  • チャーハン(大竹しのぶさんの手料理)
  • 野菜ジュース
  • 安岡蒲鉾のじゃこ天
  • 成城石井のハンバーグ(プレーン)
  • 壬生菜の漬物
  • きなこたっぷりのお餅
  • 氷を入れた赤ワイン
  • エシレバター
  • ランチパック

以降はそれぞれについて補足情報も交えつつ詳しく見てみましょう。

“お笑い怪獣”食ヒストリー

幼少期

番組内では「お笑い怪獣 明石家さんま 食ヒストリー 」と銘打って再現VTRの形で構成されていましたね。

まずはさんまさんの本名である「杉本高文編」からスタート。“芸能界入り前”というニュアンスでこのタイトルのようです。

1955年7月1日生まれ、本名は杉本高文。

出身は奈良県のイメージが強いですが、実は和歌山県古座町(現在の串本町)生まれ。

実家は水産加工業を営んでおり、意外と裕福な少年時代を過ごしています。

市場で美味しい魚介類が簡単に手に入ったこともあってアジフライサバの塩焼きが食卓によく上がっていたそう。

その中でも特にお気に入りだったのがさんま丼

少年時代の好物がのちの自身の芸名になるとは夢にも思っていなかったようですね。

そして親の目を盗んでこっそり食べていたのが当時大流行していた赤ウインナー

スタジオのさんまさんは「まあ俺たちの時代はな。」とボソッとコメント。

愛犬と山分けしてつまに食いを繰り返していたそう。

そんなさんまさんにとっておふくろの味として思い出されるのがクジラ鍋

鯨肉、じゃがいも、玉ねぎを一緒に入れた水炊きで、それをウスターソースとケチャップを混ぜて作った特製ソースにつけて食べるのが杉本家流。

「これ。それ以来食べてないねん。」と当時を懐かしむさんまさん。

しかし、実際に番組でクジラ鍋について調査した所、情報は全くナシだったそう。ひょっとすると杉本家オリジナルの料理だった可能性もあるとのこと。

さんまさんの記憶を頼りに番組ではクジラ鍋を再現して試食。一口食べるなり、

「これや。」とさんまさん。

スポンサーリンク

一方で嫌いな食べ物もあり、それは当時の関西では一般的ではなかった納豆

60年代になると徐々に商店街でも売られるようになったそうですが、

小学6年生で初遭遇した杉本少年はその臭いが大の苦手。

嫌いと言っていたにも関わらず、毎日食卓に出てくるためについには怒って家出するという事態も。

実際に2日間友達の家に泊めてもらってプチ家出。

以来、納豆は一切口にしていないそう。

高校時代

時は流れて高校時代に入ると、その当時夢中になっていたのが、

ブラックのアイスコーヒー

大人ぶりたくてガムシロップ抜きのアイスコーヒーブラックがお気に入り。

デートで当時流行っていたホットケーキとアイスコーヒーを注文した際には、

ホットケーキ用のガムシロップを間違ってアイスコーヒーに入れるというミスを犯してしまった杉本少年。

そして高校3年生の時に落語家の笑福亭松之助に弟子入り。

実家がさんまの加工業をしていたことから“笑福亭さんま”の高座名をもらう。その後師匠の本名である“明石”から明石家さんまに。

デビュー後

デビューして数年でテレビ、ラジオのレギュラー14本を抱える売れっ子に。

やがて活動範囲を東京に拡げたことで上京する機会も増えた頃に出会ったのがグラタン

島田紳助・松本竜介の竜介さんと喫茶店に入った時に偶然目にしたこのメニューに大きな衝撃を受けたそう。

当時は料理の上手な人がタイプだったさんまさんですが、ある持論が。

それは「得意料理をロールキャベツ、肉じゃがという女性は料理が下手」というもの。

そして1986年7月~9月まで放送された「男女7人夏物語」で運命の出会いが。

それが大竹しのぶさん。この時、ある出来事が結婚のきっかけになったそう。

しのぶさんは手作り弁当をドラマの撮影現場に差し入れ。

そこに入っていたかき揚げを大絶賛したさんまさんでしたが、これが結婚のきっかけに。

その後、毎日のようにかき揚げ弁当を作ってくれたそう。

ドラマの放送から約2年後の1988年に二人は結婚。

ただ、あのかき揚げは大竹しのぶさんのお母さんが作っていたものだということを後から知ってショックを受けるさんまさんでした。

ただ、しのぶさんの手作り料理にも大好きなメニューがあったそうで、それがチャーハン

ステーキの残り汁を使って作られるこのチャーハンにはあまり具を入れずにしょうゆとニンニクで味付けしたシンプルなもの。

ただ、美味しいと褒めてしまうとしのぶさんが調子に乗ってしまうからという理由であまり料理を褒めることはしなかったそうです。

そんな事もあってか夫婦仲は長くは続かず、1992年に離婚。

スポンサーリンク

さんまルール

その後は現在に至るまで独身生活を謳歌しているさんまさんですが、

スタッフや若手芸人などと一緒に外食をする際には「さんまルール」と呼ばれる独自のルールがあるそうで、

游玄亭 西麻布本館、中国飯店 六本木店、麻布十番のイタリアン

以上の3店のローテーションがそのルール。

また、明石家さんまさんが出演されているラジオ番組 MBSヤングタウン土曜日の7月28日放送分では、

この3軒のローテーションについて、

「あれはテレビ的に言うてるだけで、俺も(他のお店)知ってんねん。」「団体で来る店が少ないねん。ボケ!言うて。」

と発言されていましたので、あくまでも、ある程度の大人数で食事をする時に選ぶ3軒という意味ですね。

さて、明石家さんま御用達として有名な游玄亭でのお決まりメニューは、

  • タン
  • シャトーブリアン
  • アワビ
  • オマールテール
  • カルビ
  • ロース

特に何も頼まなくてもこのメニューが出てくるそう。

ちなみに番組で流れたのは焼き肉店「游玄亭」での打ち合わせの一コマ。まるで番組収録のように話題の中心となって喋るさんまさんですが、さんまさんが着けているエプロンにはお店のロゴと共に「明石家さんま様」の名前入り。ぐるナイ ゴチ 明石家さんま 游玄亭 エプロン

また、さんまさんのNG食べ物が納豆以外にもあるそうで、それは、

カニ

その理由は、カニを食べているとトークが出来ないから。

さんまさんのひと言で用意されたカニには一切手を付けず、急きょ用意させた牛丼で打ち上げをするという事もあったそうです。

ということもあって、なぜ游玄亭や中国飯店を愛用しているかについてさんまさんは、

「言うときますけど、全部。沢山で行くんですけど、喋りやすいスペースを探しに探しぬいた場所なんです。他のレストランと比べてみ?喋りやすいやろ?味とかじゃないんです。」

とのこと。

最後はちょっとギャグっぽく答えてらっしゃいましたが、味が美味しいのは大前提でその上でトークがしやすいかどうかを重視しているようですね。

一日の食ルーティーン

朝はお付き合いしていた女性に教えてもらったという1本350円の高価な野菜ジュース

その後は自分で挽いたアイスコーヒーを飲む。

ご飯のおかずにはコンビニで売っているサバの塩焼き。※番組ではコンビニとなっていましたが、正確にはセブンイレブンのサバの塩焼きですね。

かなり完成度が高くてついつい手が伸びてしまうと自身のラジオ番組内で語っていましたね。

その他には、

阪神百貨店地下街で売られている安岡蒲鉾のじゃこ天

成城石井のハンバーグ(プレーン)

最近はキャベツとじゃこ天を一緒に炒めて食べるのにハマっているそう。

また、番組では触れられませんでしたが壬生菜の漬物もさんまさんの好物として外せませんね。

そして夜食にはきなこたっぷりのお餅

夜な夜な自分で焼いた餅を食べているそう。

そして晩酌には氷を入れた赤ワイン。冷たいと美味しいからという理由だそう。

そしてCAの知り合いにわざわざフランスで買って来てもらうという

エシレバター

3ツ星シェフやロイヤルファミリー御用達のフランスを代表する発酵バターもさんまさんの大好物で、このエシレバターを使ったほうれん草炒めやトーストに塗って頻繁に食べていますね。

また、さんまさんがお好きな剛力彩芽さんがCMをしているランチパックも好物。

 - エンタメ

スポンサーリンク