What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第155回「青春高校 3年C組 金曜日」担任:バナナマン日村 田中柊人くんの母親が元芸人である事が発覚!?一体誰?


入学希望者ウィーク最終日。今日で企画ユニットの新メンバー候補生オーデションは最後ですが、最後は決めゼリフ選手権という事で楽曲「バトラー」のちょっとしたダンス審査と共に甘いセリフを堂々と言えるかという企画。そして金曜日名物のリップシンクではあのペアリップシンクが復活。そして候補生の田中柊人くんの母親が元芸人のLet’s グミグミ8号だという事も発覚します。

というわけで11月2日放送の第155回 青春高校 3年C組 金曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】バナナマン 日村勇紀、アンタッチャブル 柴田英嗣

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【入学希望者】松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)、川口友雅(かわぐちゆうが)、田中柊人(たなかしゅうと)、上島陸歩(うえしまりくほ)、久保侑大(くぼゆうだい)、山田結希(やまだゆうき)、大村紫真(おおむらしま)

【第一期生】『4』日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『18』宮本ひなの(みやもとひなの)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『2』佐藤諒(さとうりょう)、『6』中本大賀(なかもとたいが)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『25』ボールドウィン零(れい)『26』前川歌音(まえかわかのん)、『27』別所匠(べっしょたくみ)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)

オープニング

日村先生に新メンバー候補生たちから気になる生徒は?のお決まりの質問から。

実は田中くんのお母さんが元お笑い芸人で、日村先生と同時期に活動していたとのこと。

当時のコンビ名はLet’s グミグミ8号(レッツグミグミ8号)との事で、日村先生もしっかり覚えていたとの事。

というわけで田中柊人くんのお母さんで元 Let’s グミグミ8号(レッツグミグミ8号)のコンビ名で活動されていた方を調べてみると、

リナさんと畠山さんという女性二人のコンビだったそうで、ボケのリナさんは1996年に東京で女性だけのレゲエクルー「jacknapes」を結成され「Lina45」名義で活動されていた模様。

現在は分かりませんが、「田中里奈」の名前(おそらく本名)で活動されていた事もあったようですね。

苗字が同じなので田中里奈さんが田中柊人くんのお母さんに間違いなさそうです。1973年生まれになっていますので現在45歳。

こちらが画像。約10年前のものです。青春高校新メンバー候補生 田中柊人くんのお母さんで元Let's グミグミ8号のリナこと田中里奈さん

画像はコチラのページから

石川県小松市でアパレルのセレクトショップ「skylab(スカイラブ)」を開いていたようですが、2017年を最後にお店を閉められたんでしょうか。他にスピリチュアルカウンセラーとしての活動をされていたようですが。

コチラがお店の公式ブログ

あまりお変わりないご様子で2017年までの画像であればいくつかお店のブログに掲載されていますね。

柴田先生からすると先輩に当たるとのことで「だから田中くんには頭が上がらない。」とホントか嘘か分からないコメント。

日村先生「完全にだから特別視してしまいますよね。」

スポンサーリンク

中井りか先生「親のコネとかやめて。」

柴田先生「内緒で来てるんですから。表に出さないんだから。」

改めて顧問を務める漫才部について。

10月26日放送の第150回ではM-1に青春高校漫才部が挑んだ様子が伝えられていましたが、肝心の柴田先生はVTRに登場するだけで教室には来ず。

中井りか先生「何でいなかったんですか?」

柴田先生「逆に何で呼んでくんないんだよ!」

今日は企画ユニットの新メンバーオーディション最終日ですが、合格者の発表は来週に持ち越しで来週行われる予定のアイドル部の新メンバーオーデション合格者と合わせて発表を行うとの事。

発表は1週間おあずけという事ですね。

ここでタイトルコール。

スポンサーリンク

決めゼリフ選手権

「河野を超えろ!フォンダンショコラ決めゼリフ選手権」

企画ユニット「PLANNERS」の楽曲「バトラー」では各メンバーのセリフパートが見どころの一つという事で文化祭でのパフォーマンスの様子をプレイバック。

河野くんの「僕の唇はフォンダンショコラだ。」のセリフは特に有名で文化祭では、拍手しながら飛び跳ねて大喜びの中井りか先生の様子もありました。

日村先生「相変わらずカッコいいね。君は。」

中井りか先生「カッコいいのよ~。」

ノブナガ岩永先生「中井さんが飛び跳ねてました。」

中井りか先生「毎回あそこまでVTR使うの止めてもらっていいですか?笑」

という事で新メンバー候補生のみんなにはフォンダンショコラの部分をオリジナルのセリフに置き換えて事前に収録してもらっているとの事。振り付けもしっかりと河野くんがリーダーシップをとって練習したそうです。

中井りか先生「はぁ~偉そうに!」

まずは久保くん。

振付はしっかりこなして、決めゼリフは、

「こっちにおいで 優しく包んであげる 僕の唇は君のためにあるんだ」

最後は投げキスでキメ顔。

続いては川口くん。

振付はOK。決めゼリフは、

「契約しよう 好きと言えばいいんだ そうその調子 おいで 今から君は僕のものだ」

執事なので主従関係が逆のような気もしますが、まあ気にしない。

中井りか先生「契約やだ~。契約やだ~。」

続いては山田くん。

運動神経はいいハズですが、ダンスはもっさり。

決めゼリフは、

「僕に任せて 必ず君のハートにシュートを決める」

最後はシュートの振りでキメ。

続いては大村ちゃん。

ダンス部にいるという事で振り付けは問題なし。

決めゼリフは、

「どうしたの?こっち来なよ。ストロベリーミルク・・・しよ?」

指先にチュッとしながらの「しよ?」のセリフ。

「ストロベリーミルクする」っていう動詞なんですねw

中井りか先生「ストロベリーミルクとは何ですか!?」

続いては松岡くん。メガネ無しでダンス。

振り付けはかなりぎこちない感じ。

決めゼリフは、

「ほら 見て!見て!僕の瞳は たこ焼きなんだ。」

ノブナガ岩永先生「何を言うてんの!」

アップがキツいw

スポンサーリンク

続いては田中くん。一番ダンスがヤバいw

ほとんど動けてないですね。

決めゼリフは、

「俺んとこ来いよ 寂しんだろ 俺のここ でら温っけぇでな。」

ラッパー風にキメ顔。

最後は上島くん。意外にも振り付けはOK。

中井りか先生「頑張って踊って。かわいい!」

最後のセリフは、

まさかのヴァイオリン演奏。

セリフもなく、最後はお辞儀で終了w

柴田先生「何も言わんのかい!」

中井りか先生「いいのよ!いいのよ!あの子はそれでいいの!」

柴田先生「でも新しいかもしんない。」

確かにヴァイオリンが堪能なバトラーってアリですね。ヴァイオリンを積極的に生かしていく方向で。

ただ「全体的にダセェわ。これ」とバッサリの日村先生。

中井りか先生は「ストロベリーミルク」のセリフが引っかかったようですね。

中井りか先生「『ストロベリーミルク・・・チュ、しよ!』じゃねーんだよ!」

候補生にも牙をむき始めた先生w

元々は「フォンダンショコラしよ」のセリフを披露したものの、スタッフさんからの「もっとかわいく出来る。」というダメ出しでストロベリーミルクに変えたとの事。

ここで30秒CM

復活!ペアリップシンク

金曜日の定番といえばリップシンク。

今日は7月13日放送の第75回で使われたペアリップシンクが復活。

黒田&小沼ペアで小沼ちゃんが披露した「ねぇ 321で起きて ここにチューして?」という刺激的なセリフで教室内は大騒ぎにという事もありました。

当時のVTRがプレイバックされますが、信太先生も一緒にハシャぐ姿に、

日村先生「あっ信太いる。笑」

中井りか先生「あっ信太いる。笑」

久しぶりに信太先生を思い出した所で、

セリフ回しや楽曲は前回と全く同じ。

A「そろそろ起きよう」

B「あと5分寝かせて」

A「起きないと遅刻するよ?」

B「もうちょっと大丈夫」

A&B「なかなか起きないお寝坊さんをセクシーな一言で起こしてあげて!」

スポンサーリンク

まずは松岡&宮本ペアが挑戦。基本的に候補生&現役生という組み合わせ。

最後のセリフは「え~。もう一回セッションするぅ?」

ノブナガ岩永先生「何ですか?今の?」

日村先生は「やってくれたな?」と松岡くんに詰め寄り。

続いては田中&おばちゃんペア。

最後のセリフは「俺、チューしてくれんだら仕事行けんかもしれんなぁ。」

拳を突き上げてガッツポーズの中井りか先生w

おばちゃんも大興奮。

中井りか先生「いや。いいよ!セリフはすごい良かった!」

方言をフル活用していい感じですね。

お次は上島&日比野ペア

ただ、上島くんの全く口が動かず。再挑戦しても全く同じw

詰め寄る日村先生に割って入って「やめて!」と中井りか先生。

何かを変えてやってみようという事で相手役を日比野ちゃんから小倉ちゃんにスイッチ。

中井りか先生「日比野下がって!小倉ちゃん!これなら出来るでしょ?」

小倉ちゃんに変わると何とか口が動き出す上島くん。それはそれで小倉ちゃんに失礼w

最後のセリフは「夢から覚めて 僕と一緒に夢の国へ行こう」

グダグダでも最後のセリフは何とか。棒読み感半端ないですけどね。

続いては久保&小倉ペア

今日は久保くんは青春高校文化祭Tシャツ着用ですね。

最後のセリフは「ねえ起きて。横に眩しい太陽がいるよ?」

バックハグをしてセリフを言うという振り付けも事前に打ち合わせ済みっぽい感じ。

ノブナガ岩永先生「小倉ちゃんが無理やりやらせたやつ!」

小倉「違う!(久保くんが)やりたいって。」

続いては大村&出口ペア。出口くんは今日から髪型をチェンジ。

最後のセリフは「夢ばっかり見とらんで私の事見て?」

ノブナガ岩永先生「アイツ何でも出来んな。」

確かに大村ちゃんは何でも器用にこなしますね。

続いては川口&ハニトラペア。

最後のセリフは「ねえねえ起きて。君の寝顔見たらキスしたくなっちゃった。」

ハニトラの体をゆすってからのおねだりセリフ。その場に崩れる演技のハニトラ。

柴田先生「キスとか軽々しくダメだぞっ!」

ハニトラ「女性ホルモン出た。」

真面目な風紀委員的な発言の柴田先生w

中井りか先生「そうそう。アイツすごいエロいのよ。」

続いては山田&女鹿ペア。

最後のセリフは「寝てるって事は何してもいいって事だよね?お嬢様。」

女鹿ちゃんの肩に肘をついて、手の平は頭の上にというかなりレベル高めなポージング。

中井りか先生「ちょっと待って!もう青春高校なのに。」

意外と普通の事を言う先生w

スポンサーリンク

次はなぜか河野くんがお手本。

誰でも指名していいという事ですが、「誰でも出来ますよ。」と河野くんはまさかの日村先生指名。

最後のセリフは「早く起きてくれないと・・・襲っちゃうよ?」

日村先生「どういう関係なんだよ!?それ。何で俺にしたんだよ。」

河野「俺だってホントは中井さんが良かったですよ!」

ということで中井りか先生が相手役に。

河野「もうない!もうない!同じのしかない。」

急に焦り出す河野くん。

最後のセリフは「早く起きないと・・・襲っちゃうよ?」ほぼ同じ。

中井りか先生は「ありがとうございます!」とお辞儀。

当たり障りのないリアクション。

中井りか先生「ごちそうさまでーす!」

ここで120秒CM

エンディング

ラストは田中くんに1週間を振り返ってのラップを披露してもらう事に。

ラップの後はすぐさま締めコメントの中井りか先生。

ちょっと時間が余り気味。

エンディングではウィンターライブ開催決定の告知が流れる新バージョン。

最後はPravi(パラビ)告知とスタッフロールで終了。

 - エンタメ

スポンサーリンク