What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第174回「青春高校 3年C組 木曜日」担任:おぎやはぎ こじはる以来2人目というスタッフにキレるアイドル中井りか?


ウィンターライブの新曲発表ということで今日は2組の新ユニットのメンバーと新曲発表会。さらにライブの出し物についての最新情報も。ここまで何のユニットにも属していない別所くんに光が当たる機会はあるのでしょうか?そして中井りか先生の大御所的な仕切り方やスタッフにキレている姿に「こじはる以来2人目」と小木先生からのコメントが?

というわけで11月29日放送の第174回 青春高校 3年C組 木曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【第一期生】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『4』めーな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『25』ボールドウィン零(れい)、『27』別所匠(べっしょたくみ)

【第二期生】『28』田中柊人(たなかしゅうと)、『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『32』黒木美佑(くろぎみゆ)、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)、『補欠』上島陸歩(うえしまりくほ)、『補欠』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『26』かのんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『30』持田優奈(もちだゆうな)、『31』まーがりん:大曲李佳(おおまがりももか)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『6』中本大賀(なかもとたいが)※中本くんは休学か卒業か不明。→第173回放送で正式に休学と発表。

オープニング

まずは昨日のダンス&ボーカル部で相田先生がセンターに抜擢されるという衝撃のサプライズ人事について小木先生の感想から。

小木先生「相田に対してまだ俺その~・・・思い入れが無いから、何かね~期待できてないんだよね。生徒だったらまだこう一緒に応援できたんだけど。」

中井りか先生「生徒には愛があるけど相田に愛は無いと。笑」

また、前回おぎやはぎ先生が出演された際の放課後トークで中井りか先生についての話題が出たのですが、

小木先生「何となくね。」

11月15日放送の第164回では中井りか先生はベストヒット歌謡祭2018出演のため欠席だったんですよね。

ノブナガ岩永先生「中井先生に対して小木先生が『アイツばんばん仕切ってくるから苦手なんだよ。』と言った所、中井先生がすごい真に受けてガチ凹みしたと。」

爆笑する中井りか先生w

中井りか先生「一瞬ね。一瞬ちょっと。ガチで嫌われてんのかなと思ってすごい凹んだんですよ。笑」

次の日の放送ではテンションが低かったとの事。

小木先生「嫌われる要素沢山あるもんな?自分でも分かってっから何か言ったらすぐ凹むっていうのも分かんのよ。」

ノブナガ岩永先生「勘違いされやすいですからね。」

小木先生「ただホント仕切りがすごいから、(中井先生が)いない回やらせてもらったけど、“生放送の申し子”的なとこあるよね?ちゃんと企画があって、この時間までにコレって全部頭ん中入ってんのよ。」

矢作先生「めちゃくちゃ認めてんじゃん!笑」

小木先生「だからこっちのペースにはちょっとね。追いつけないんだよ。俺のペースはね。生放送の。」

矢作先生「凹み損だね。すごい褒められてたって事だね。」

小木先生「褒めてたんだよ。俺。」

中井りか先生「今日も頑張ります!笑」

ここでタイトルコール。

スポンサーリンク

新ユニット発表

「遂に遂に!新ユニット発表SP」

 とりあえずここまでの新曲発表状況についておさらい。

  • 軽音部「自己嫌悪の夜」作詞:秋元康、作曲・編曲:川浦正大
  • 企画ユニット「気まぐれカモン」作詞:秋元康、作曲:藤本貴則、編曲:APAZZI
  • ダンス&ボーカル部「マイナスワン」作詞:秋元康、作曲:前迫潤哉・7th Avenue、編曲:7th Avenue
  • 前川ソロ「クラクションレクイエム」作詞:秋元康、作曲:山田智和、編曲:住谷翔平

この中で小木先生が一番気になったのは「マイナスワン」だそう。ただ問題は相田先生のセンターと小木先生。

そして今日は新ユニットの発表ですが、未だに別所くんはどこのユニットにも属していない無所属。

小木先生「まあ入れ辛いもんな。どこにも。」「選ぶ側は困る生徒に一人だよな。」

別所「番組に遊ばれ過ぎてる。ちょっと。」

小木先生「遊ばれてるな。確かに。」

矢作先生「最終的に目立ってくるタイプだから。」

という事でまず男女ペアという一組目の発表。

暗転していつもの煽りのBGM。

大型ディスプレイに映されたのは、

おばちゃん&チャーリー

チャーリー「いやいやいや。」

矢作先生「チャーリーなんか結構やってんだよな?色々。」

チャーリーはダンス&ボーカル部に漫才部も掛け持ち中。

チャーリー「多いっす。多いっす。」

おばちゃんはダンス&ボーカル部とラジオ部を掛け持ちですね。ラジオ部は前説担当なのでまあそこまで負担は大きくないと思いますが。

ここでもまた別所くんは選ばれずw

チャーリーが選ばれた瞬間に嫌がったリアクションをしたのは役割が多くて嫌なのか?おばちゃんが嫌だったのか?とその真意を尋ねる小木先生。

もちろん役割が多くてという答えですね。

続けて秋元先生書き下ろしで二人をイメージして、当て書きで作られた新曲の発表。

タイトルは、

「ナイジェリアローズ」作詞:秋元康、作曲:zopp X 福田初 X Alan de boo X 石川陽泉、編曲:石川陽泉

「もうネタじゃん!笑」とタイトルに反応するチャーリー。

小木先生「いい曲とは思えないけど。笑」

ただ、既に視聴済みと言う小木先生はかなりいい曲という評価。

矢作先生「分かんないけどそんなバラないだろ?多分。」

大人の雰囲気漂うセクシーな楽曲で、

秋元先生指示でおばちゃんがゆっくりメガネを外して投げ捨てるという振り付けも用意されているそう。

スポンサーリンク

矢作先生「俺たち世代結構好きな曲じゃないかな。」

中井りか先生「あと作曲家の方もすごい方なんですよ。」

ということでその歌詞は、

(おばちゃん)  Oh Oh 気をつけなさい 取り扱い方 (Ah)

舐めてると 火傷をするよ

(チャーリー) アブナイ アブナイ その毒に

アブナイ アブナイ 触れたくなる

恋とはスリル (Oh Oh…)

(2人ハモリ) 一度でも抱いたら  終わりだよ

病み付き (ハイ) 中毒 (ハイ)

このまま2人 地獄まで急降下

(2人) ナイジェリア どういう花が咲いてるの?

開いたのは どんな花か 知りたくて

ナイジェリア

棘に刺されてみたくなる

火照る身体 熱い吐息

もう どうにでもして

ナイジェリアローズ

ラテンっぽいノリの曲ですね。

中井りか先生「結構エロ目の歌ですけれども。」

チャーリーは普段聞かないタイプの曲調なので不安な様子ですが、おばちゃんは「こういう曲大好き!」とテンションアップ。

中井りか先生「メガネとってさ、エロい顔してみてもらっていい?」

リクエストに沿ってメガネを外してつるの部分を口にくわえるおばちゃん。

ノブナガ岩永先生「何か惜しい。」

まあしっかりメイクさんが雰囲気作りしてくれる事でしょうw

おばちゃんとガチデート企画で一緒だった田中くんは、

田中「横行きたくても自分ナイジェリアの要素無いんで。」

お次はもう一組の新ユニットの発表。

別所「ここで入らなかったら俺なんなん?」

小木先生「選ばれなかったらもう退学だよな。もうな。いらないもんな。そんな奴ホントに。」

スポンサーリンク

という事で新ユニット2組目は、

別所&出口

おぎやはぎ先生「入ったっ!!」

別所「この二人でひきあるんすか?」

中井りか先生「退学免れましたね。良かったですね。」

別所「もう悪夢とか見てたんすよ。」

そのタイトルは、

「負け犬のブルース」作詞:秋元康、作曲:池澤聡、編曲:池澤聡

恋に破れた男の友情の曲との事。

矢作先生「この二人にピッタリだった。この二人しか歌えない曲だったと思う。」

その歌詞は、

(出口) 水たまりに映るのは 情けない俺さ

俯いて歩く 彼女に振られた今日

(別所) モテるタイプじゃないとは思っていたけど

今回もきっとお前の勘違いだろう

(出口) 恋なんてもうしないよ 傷つくのは嫌だし・・・

(別所) やめとけって言ったのに

(2人) 男といる方が 一億倍 楽だ

それでいいじゃないか?

俺が涙 拭いてやる

恋人なんかいなくたって 寂しい思いはさせない

それでいいじゃないか?

お前となら うまくいく

だって同じ想いして来た

カッコ悪い俺たちはカッコよく生きよう

負け犬のブルース

中井りか先生「これすごいいい曲ですよ~。」

イントロの時点で「好き」という感想を言い合う出口&別所の二人なので曲を聴き終わると嬉しそう。

中井りか先生「ニッコニコ。笑」

矢作先生「これズルくない?こんないい歌。俺たちが歌おうぜ。」

ただでさえ相田先生のダンス&ボーカル部加入で揺れているのにw

ここで30秒CM。

スポンサーリンク

出し物発表

実は出口くんのカラオケを聞いた秋元先生は新ユニットメンバー抜擢にちょっと不安だったとの事。

出口「結構下手ですね。」

小木先生「あれ上手くないとダメな曲だよな。」

中井りか先生「確かにね。」

出口「ボイトレをお願いしてもいいですか?」

矢作先生「めんどくせぇよ~。」

小木先生「俺が代わってもいいしね。」

矢作先生「小木はすごいから。小木はビブラートハンパじゃなぇからな。」

ここで新たに決定した2つの出し物についての情報公開。

まずは「新生コント部、始動」

文化祭では東京03飯塚先生が監修したコントを中井先生・うよの・河野のトリオで披露。

中井りか先生はあくまで“さとし監修”という紹介ですがw

小木先生「さとしの?ああそういう仲なの?もう。」

ノブナガ岩永先生「毎回怒られていますから。」

そして新生コント部は、

中井りか先生・佐藤・出口・わったー・河野

のメンバーに。

コント台本的には「握手会」をテーマにしたものになるという仮決定だそう。

中井りか先生がアイドル役でそこにやってくる様々なファンとの絡みという構図になりそうですね。シンプルな筋書きになりそうなので期待できますね。

中井りか先生「さとしが今回も監修という事で。」

矢作先生「じゃあいいねぇ。面白そうだね。」

そして生徒たちから強い要望があったという事で出し物のマリンバパフォーマンスが文化祭に続いて披露されることに。

小木先生「前回、どうしようもなかったやつだ。」

中井りか先生「どうしようもない空気になったやつをもう一回。リベンジという事で。アレが観れます。一番ヒドイやつですね。」

そのメンバーは、

おばちゃん・小倉・西村・ボールドウィン・浅井・宮本

さらに追加メンバーは有志で募集。

中井りか先生「やってみたい生徒いますか?」

手を挙げたのは上島くんのみw

中井りか先生「優しいねぇ。」「知らないと思うけど、ここに入ったら結構な空気浴びなきゃいけないよ?大丈夫?」

楽器好きという事で立候補した上島くんですが、すんなり加入決定。

中井りか先生「すぐ入れまーす!笑」

ここで120秒CM

スポンサーリンク

エンディング

何でもやりたがる涌嶋ちゃんがマリンバだけはノーリアクションだったことをイジる中井りか先生。

中井りか先生「何で?どうしてかな?」

涌嶋「もうちょっとオイシイ役の方が。」

ノブナガ岩永先生「言うな!そんな事。」

中井りか先生「マリンバナメんなよ!」

矢作先生「悪いヤツ。あいつ。」

最後に総括を求められた小木先生ですが、

小木先生「やっぱ今回は中井かな。中井はねCM中もねスタッフ呼び出してね、カンペの事すげぇ注意してた。アイドルであんなスタッフに注意してる奴ね、こじはるがロケ先で段取り悪いってキレてるの見たのと、それ以来2人目だよ。アイドルとしてすごい!やっぱり。すごい指示してるから。」

矢作先生「『(カンペを)ずっと出しといて!ずっと出しといて!』って。笑」

最後に大御所振りをイジられた中井りか先生でエンディングw

明日はいよいよアイドル部の新曲とセンターの発表。

Pravi(パラビ)告知ありのスタッフロールで終了。

 - エンタメ

スポンサーリンク