What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第180回「青春高校 3年C組 金曜日」担任:バナナマン日村 東京03飯塚先生が無茶振りを喰らって半泣き状態に


本日はダンス&ボーカル部の進捗状況についてVTRで発表。新センターに選ばれた相田先生の出来具合はどんな感じなのか?そして休学となった中本くんからのメッセージも紹介されてスタジオはしんみりモード。そんな中、何度も無茶振りを喰らった飯塚先生がこっぱずかしい状況で半泣き状態に。日村先生が飯塚先生をギュッと抱きしめるに至った経緯とは?

というわけで12月7日放送の第180回 青春高校 3年C組 金曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】バナナマン 日村勇紀、東京03 飯塚悟志

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【第一期生】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『4』めーな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、

【第二期生】『28』田中柊人(たなかしゅうと)、『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『補欠』上島陸歩(うえしまりくほ)、『補欠』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『25』ボールドウィン零(れい)、『26』かのんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『27』別所匠(べっしょたくみ)、『30』もっちー:持田優奈(もちだゆうな)、『31』まーがりんorマーガリン:大曲李佳(おおまがりももか)、『32』黒木美佑(くろぎみゆ)、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『6』中本大賀(なかもとたいが)※中本くんは休学か卒業か不明。→第173回放送で正式に休学と発表。

オープニング

オープニングから声が詰まり気味の中井りか先生。

日村先生「大丈夫か?笑」

飯塚先生「声細っ!」

ウィンターライブに向けて気になる事は?という質問には「ダンス&ボーカル部のセンターに相田先生が選ばれた事」という答えの日村先生。さらに秋元先生に一言物申したいという事ですが、

日村先生「相田が悪いとは言わないけども、今までのParaviの映像全部見直してください。センターさとしでしょう!」

飯塚先生「それは絶対に無い!笑。一つも踊れねぇよ!まだ相田で良かった。」

そんな“さとし”はウィンターライブで披露される中井りか先生・河野・佐藤・出口・わったーのコント部の監修を担当するんですよね。

飯塚先生「面白そうなメンツですね。」

中井りか先生「これはね、さとしの監修ありきなんでね。よろ!って事で。」

飯塚先生「一旦ごめんなさいね。“飯塚さん”ね?」

という事で早速コーナー。

スポンサーリンク

青春高校ニュース

コーナータイトルの発表で何やら小さなトラブルがあった様子。何が起こったのかは不明ですが。結果的に中井りか先生はタイトルが言えず。

そして発表されたニュースは、

「日比野、グラビアソロデビュー」

中井りか先生「あ~読みたくもねぇ・・・。」

やさぐれる先生w

中井りか先生「日比野ばっかりでさぁ他の生徒もさぁ羨ましいんじゃないの?」

小倉「ズルい。」

中井りか先生「お前がズルいはおかしい。笑」

これまではアイドル部というくくりでのグラビアを飾っていましたが、今回は日比野ちゃんのソログラビア。

乃木坂46の白石麻衣さんが表紙を飾る12月4日創刊の雑誌「WHITE graph」でのデビューですね。

サンプルで日比野ちゃんのグラビアが映されると、

中井りか先生「イイ感じに補正されて。」

飯塚先生「補正なんかしてないよね?」

日比野「確かに綺麗に撮っていただきました。笑」

ちなみに日比野ちゃんの特集は10ページほど割かれているとの事。

さらにもう一枚、防波堤で座っている日比野ちゃん。

中井りか先生「これね。さとしも出来るみたいで。」

飯塚先生「はぁ?どういう事!?どういう事!?」

なぜか急に日比野ちゃんと同じようなポーズで座るように振られる飯塚先生。

中井りか先生「これが本物だよ!」

全然違うちょっとセクシー気味のポーズでボケる飯塚先生。

飯塚先生「どっち?」

改めてそれっぽくポージングしますが微妙な空気。

飯塚先生「正解分かんねぇよ!何が良かったんだよ!」

ここでタイトルコール。

ダンス&ボーカル部チェック

「相田先生が新センター!ダンス&ボーカル部は大丈夫なのか?チェック」

日村先生はあくまで“センターさとし”を推しているようで、

中井りか先生「2曲あるからね。1曲だけでも。さとしが。」

飯塚先生「何でねじ込もうとすんだよ!ムリだよ!」

中井りか先生もノリノリw

とりあえず相田先生のダンス&ボーカル部での活動ぶりをVTRでチェック。

相田先生の新センター発表時には「冬は相田で乗り切る」という名言が生まれましたよね。

そしてその日の放送終了後には早速、新曲の「マイナスワン」を口ずさんで練習する相田先生。

エレベーター移動を止めて体力作りも兼ねて階段移動に切り替える気合の入りよう。相田先生を先頭にダンス&ボーカル部のメンバーも一緒。続いて初ミーティング。

それまでは中本くんが抜けた事もあって少し暗い雰囲気が漂っていましたが、相田先生が加わってにぎやかな雰囲気に。

ダンス未経験者から始めて文化祭のパフォーマンスに臨んだメンバーを確認する相田先生。ほぼみんなが未経験者からのスタートだったのですが、やはり練習量はかなり積んだとの事。

相田先生「教えてね。みんな。」

チャーリー「いい意味でハードルが下がったというか。笑」

相田先生「おい!」

期待値的に本番でいいパフォーマンスをすると余計に評価が上がりやすいという意味合いのようですね。

スポンサーリンク

相田先生「秋元先生の歌詞のうたを歌って踊れるなんかないからね。圧倒的に不安の方が多いけど、ほんのちょっと楽しみにはなってきたけど。」「絶対俺は足引っ張るからな!」「とりあえず後でみんなのグループLINE作ろう。」

そして自主トレの様子。バラエティ用の無地ジャージで登場の相田先生。

まずは既存メンバーはしっかりダンスが入っている文化祭曲から。

相田先生はなかなか体がついていかない様子。

スタッフ「出来そうですか?」

相田「無理です。笑」

練習初日にして諦めモードw

そして以前の創作ダンス企画で全く踊れないというポンコツぶりを発揮してしまった田中くんですが、

おばちゃんにマンツーマンで教えてもらってニヤニヤ気味。

スタッフ「どう?覚えられそう?」

田中「頭に入んないすね。普通より入りづらい。」

3時間みっちり練習。全体で合わせてみると田中くんはかなり踊れるようになって来ていますね。

その一方で、

相田先生「終わったかもしれない・・・笑」

ここでVTR終了。

日村先生「知らない展開。(田中は)おばちゃんの事好きだったんだ?」

田中「あの難しいんでParavi観ていただいた方が早いと。」

日村先生「そう言う事!皆さんParaviを観ましょう!」

新センターの相田先生について他のメンバーたちは「雰囲気も良くて楽しい」と好評。

中井りか先生「まずグループLINE作る芸人いないからね。笑 」

グループLINEでは練習動画をやり取りしたりしているようですね。

実際の相田先生の習得度はかなり進んでいるとチャーリー。

日村先生「何点?今。」

チャーリー「50点。」

日村先生「本当は?」

チャーリー「30点。」

飯塚先生「何で一回嘘ついたんだよ!笑」

日村先生「『クリスマス ダンス 相田』どうですか?皆さん?」

飯塚先生「何で投げかけたの?笑」

それでもやっぱりセンターさとし推しが止まらない中井りか先生は曲を流して踊るように無茶振り。

嫌がる飯塚先生をよそに新曲のイントロ部分が流れ出し、

一番曲が静かになるポイントで気合が入ったダンスという致命的なミスw

見かねた日村先生が抱きしめてストップ。

日村先生「OK。OK。やめてくれ。」

ストップをかける監督状態w

日村先生の胸で号泣の飯塚先生。

日村先生「さとしは曲が盛り上がると思ったから激しめのステップ行こうと思ったら意外にリズムが『ドン』(と静かなりズム)。笑」

顔を覆って赤面する飯塚先生w

飯塚先生「あ~恥ずかしい~。」「止めてくれてありがとう!」

泣きそうな飯塚先生で30秒CM。

スポンサーリンク

中本くんのメッセージ

CM明けも飯塚先生の大惨事が尾を引く日村先生。

飯塚先生「俺が心を決めた瞬間を見抜くの止めてくださいよ。」

激しめのステップに行こうとした瞬間に思いとどまるシーンを再現する日村先生。

飯塚先生「もういいんだよ!もう~!」

日村先生「この模様もParaviで観ましょう!」

ここで打って変わって休学する事になった中本くんからのメッセージが紹介されることに。

ナレーションで代読。

ダンスボーカル部の皆さんへ

先週水曜日の放送を観て、感動して、感謝の気持ちをどうしても伝えたくて手紙を書きました。

本当にいっぱい迷惑をかけてしまって、申し訳ありませんでした。

VTRのみんなの一言一言に、また救われました。

文化祭の時もみんなに救われて、情けないリーダーだったなって思います。

だけど、離れてみて更に最高の仲間に恵まれたと実感しています。

田中くん、涌嶋ちゃん、そして相田先生も加わってくださって、パワーアップしたダンスボーカル部、

これまでのようにチームワークはどこにも負けないと信じています。

このメンバーだからこそ、でこぼこだからこそ、

みんなを感動させられるパフォーマンスができると思っているので、

自信を持って頑張ってください。

ウィンターライブの成功を心から祈ってます!

そして、今でも僕にとってTHE BUMPYは宝物だし、みんなが大好きです。

本当にみんなに感謝しています。

ありがとう!

中本くんを欠いた直後のダンス&ボーカル部のミーティングの様子を観て本人から手紙を書きたいという要望があったとの事。

いなくなった中本くんの穴はみんなで埋めるという事でリーダーの席は空けたまま活動を続けようという考えで一致したメンバーたちでしたよね。

中本くんのメッセージを受けて涙ぐむメンバーたち。

中井りか先生「だからね・・・ちょっと、さとし・・・。」

飯塚先生「は?」

中井りか先生「中本に届くようなダンスをしてもらいたい。笑」

日村先生「やってやろうじゃねぇか!」

飯塚先生「さっき見たろ!俺泣いてんだぞ!」

流れ出す「マイナスワン」のイントロ。

何とか踊り出す飯塚先生ですが、結構長めに泳がされる事にw

飯塚先生「止めてくれよ!早く抱きしめに来てよ!」

生徒たちから小声で聞こえた「頑張れ。頑張れ。」の言葉が余計にキツかったと飯塚先生w

飯塚先生「全然、抱きしめに来ないじゃない!」

ノブナガ岩永先生「届きましたよ。中本くんに。」

ここで120秒CM。

スポンサーリンク

エンディング

来週月曜日は日村先生と飯塚先生が行った家庭訪問企画の様子がVTRで流されるとの事。

中井りか先生「それではミュージックスタート!」

もう流れも何もあったもんじゃない振りw

生徒たちも手拍子。

飯塚先生「『頑張れ。』やめろー!励ますな!!」

Paravi(パラビ)告知ありのスタッフロールで終了。

 - エンタメ

スポンサーリンク