What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第182回「青春高校 3年C組 火曜日」担任:バナナマン日村 家庭訪問でおばちゃん家のオタク部屋に突撃


本日は家庭訪問SP企画第2弾でおばちゃん家を訪問。おばちゃんにだけは秘密でサプライズで行われた企画でプチパニック状態のおばちゃん。さらにオタク仲間しか入れないというプライベート部屋に突撃する場面も。また、家族が選ぶ青春高校のおばちゃん名シーンランキングも。

というわけで12月11日放送の第182回 青春高校 3年C組 火曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】バナナマン 日村勇紀、東京03 飯塚悟志

【副担任】NGT48 中井りか(欠席)

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【家庭訪問参加】『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【第一期生】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『4』めーな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『27』別所匠(べっしょたくみ)

【第二期生】『28』田中柊人(たなかしゅうと)、『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『30』もっちー:持田優奈(もちだゆうな)、『補欠』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『25』ボールドウィン零(れい)、『26』かのんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『31』まーがりんorマーガリン:大曲李佳(おおまがりももか)、『32』黒木美佑(くろぎみゆ)、『補欠』上島陸歩(うえしまりくほ)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『6』中本大賀(なかもとたいが)※中本くんは休学か卒業か不明。→第173回放送で正式に休学と発表。

家庭訪問SP

オープニングは日村先生と飯塚先生の2ショットからスタート。

日村先生「おばちゃんのおばちゃん、おばちゃんのおじちゃんもいるわけでしょ?」

飯塚先生「おばたちゃんのお母さんとお父さんね。」

ロケのアシスタント役にはチャーリーと涌嶋ちゃんが参加。

おばちゃんの印象について「仲間想い。すごい優しい。」とチャーリー。

涌嶋ちゃんは「抱きしめてくれます。」と謎のボケ。

飯塚先生「メンドくせぇな!何だコイツ。」

日村先生「辛いよねこの人は。」

涌嶋ちゃんに大甘の日村先生。

ここで涌嶋ちゃんからのリクエスト。ジャンプして現地にワープするというテレビのやつをやりたいとの事。

飯塚先生「今時やんねーよ!」

日村先生「やるでしょうがい!」

飯塚先生「涌嶋に甘いんです!」

ということでしょうがなくジャンプ。

日テレの「嵐にしやがれ」のMJ倶楽部企画でもジャンプでワープは定番ですけどね。

スポンサーリンク

お宅到着

という事でマンションの前までワープで移動。なかなかの高層マンション。

当然玄関はエントランスでのオートロック。

どうやって鍵を開けてもらうか思案する一同ですが、そこへ、

「すみません。おばちゃんの父です。」

と突然お父さんが登場。

おばちゃん本人にバレないようにご協力。おばあちゃんが来るという設定になっていますね。

家族全員が仕掛け人でおばちゃんだけが知らないとの事。

おばちゃん、おばあちゃんという言葉が飛び交ってややこしいと飯塚先生w

玄関の表札を確認すると宇都木としっかり漢字表記。

飯塚先生「ちゃんと漢字で。」

昨日の出口家はまさかのひらがな表記で「でぐち」でしたからねw

という事は出口家→宇都木家の順でロケしたようですね。

おばあちゃんという設定で日村先生が玄関を入るとiPadを持ったおばちゃんが出て来てビックリ。

パニックに陥って部屋の中から顔を出したり引っ込めたりと、ひょっこりはん状態。

お母さん「わざわざ遠い所ありがとうございます。」

日村先生「おばちゃんのもしかしておばちゃんですか?」

お母さん「リアルおばちゃんでございます。」

日村先生「同じテンションですね。2人がもう。笑。顔から背丈から全部一緒。」

明るい性格は母親譲りのようですね。見た目はそんなに似てる感じでもないですが。

リビングに通されるとカビゴンのクッションが椅子に置いてあるのが見えますね。これは田中くんとのデート企画でUFOキャッチャーで取ってもらったやつでしょうか。

この日の為にかなりお掃除されたようで、おばちゃんはちょっと怪しんでいたとの事。

普段はこんなに綺麗じゃない。いやいやそんなことは無い。と同じテンションでやり取りする母娘w

お母さんの若いころと比べるともっと似てるかもという事で昔の写真を出してもらうように頼むと、

時代を感じる肩パット入りのジャケットを着た24歳当時のお母さんの写真が登場。

続いておばちゃんのメガネをお母さんに渡してかけてもらうと雰囲気はそっくり。

まあ繰り返しますが、そこまでは似てないと思うんですけどね。

飯塚先生「かわいかったんですね。」

お母さん「“かった”ですか?」

なかなかグイグイくるお母さん。

ここで手土産をお渡し。チョコレートスイーツ専門店の「LES CACAOS」で昨日の分と一緒に購入したんでしょうか。

袋の中身を覗く母親ですが、頭がゴツン。

飯塚先生「見た?今。頭当たってんだよ?」

昨日も出口くん母がドアに頭をぶつけてましたしね。

ここで弟さんの紹介。

弟「おばちゃんの弟です。」

裕輝さん(16歳)ですね。

家でもおばちゃんは騒がしいという弟さんのコメント。

ここでなぜかお母さんのトランポリンダイエットのお話に。

一人用のトランポリンでジャンプをしてダイエットするというトランポリンダイエットですがお母さんは三日坊主で挫折したとの事。

テキパキとトランポリンを運んでくるお父さん。

飯塚先生「お父さんの仕事が早い。」

昨日は出口くんの妹さんがADさんのようにテキパキと動いていましたけどね。

デモンストレーションという事でお母さんにジャンプしてもらう事に。

おばちゃん「見てられない。見てられない。」

飯塚先生「順番にどうぞ。」

なぜか次々とお父さん、弟さんと続けてジャンプ。

スポンサーリンク

家庭訪問スタート

ここでやっと家庭訪問企画っぽい話題へ。

おばちゃんの卒業アルバムを拝見。

12歳の時のアルバム。この頃からメガネ姿。あまり雰囲気は変わっていませんね。

当時のあだ名は「ポケモンマスター」だったそうw

既にオタク要素があったわけですね。

爆笑するチャーリー。

続けて文集も拝見。必死に隠そうとするおばちゃんを涌嶋ちゃんが制止。

タイトルは「小学校の思い出」。

小学1年生から振り返る壮大なテーマw

2年生の思い出は「友だちと話しながら机を運んだ。」

たったそれだけでしょうか?w

思い出薄っ!

5年生では「クラスがえで楽しくにぎやかになった。悪い事をした。」「勉強も分からないままにして友だちとたくさん遊んだ。」

悪い事ってw

なぜか涙ぐむ母。

お母さん「泣いてない。泣いてない。汗です。汗です。」

飯塚先生「ごまかし方がそっくり!」

ここで30秒CM。

提供バックでは水族館に行った時のお母さんの若い頃の写真が出てきますが、お父さんは水族館に行った思い出はナシ。少し動揺するお父さんw

CM明けは村西ちゃん&前川ちゃんのウィンターライブ告知。

ムチャぶりチャレンジは決めポーズをして!というリクエスト。

ロッカーっぽいポーズで決め。

スポンサーリンク

おばちゃん幼少時代

昔のおばちゃんの写真が沢山出てきますが「魔女の宅急便」の黒猫のジジと一緒に写っている写真では光の具合も影響して少し日焼けした感じで雰囲気がちょっと違いますね。昔は黒縁のメガネだったようですね。

昔はイラストレーターを目指していて小説家になりたいという友だちのために挿絵を書いたりしていたとの事。

中学校時代に描いた絵が残してあるとの事ですが、当然そうなると「ちょっと見せてよ。」となりますよね。

おばちゃん「自分から何で言っちゃったんだろう・・・笑」

飯塚先生「とうとう自ら取りに行っちゃった。」

ここでおばちゃんの部屋を見たいという事で突撃する事に。

おばちゃん「あーこっち来ないで!ホントにヤメて!!」

かなりマジモードのおばちゃんw

それでも強引に部屋に突入。

まあイメージ通りのオタク部屋な感じ。

「うたのプリンスさまっ」通称:うたプリのグッズが多めですね。

推しキャラは神宮寺レンだそうです。

かなり狭いスペースに布団を敷いて寝ているとの事ですが、天井には「Free!」のポスターでしょうか。

寝る時はメガネも外して真っ暗なので結局何も見えないとの事。

そして肝心の絵については、昔は好きな漫画のキャラクターの模写などをしていたようですね。

急に「恥ずかしい!」と暴れ出すおばちゃん。

飯塚先生「何がこみ上げてきたの?笑」

青春高校について

ここでご家族が選ぶおばちゃんの名シーンベスト3を発表。

お母さんが選んだ第3位はものまねを披露したシーン。

5月8日放送の第27回

「うたプリ」の寿嶺二くんのものまね「よろしくマッチョッチョ。」を披露して千鳥のノブ先生にツッコまれるというシーンですね。

そして第2位は文化祭。

8月27日放送の第106回

家でも練習風景をビデオで撮ったりして頑張っていた姿を見ているのでやはり文化祭本番は外せないとの事。

そして第1位はやはりデート企画。

放送を何十回も観たとお母さん。

11月21日放送の第168回

まあ企画とはいえ、娘の人生初デートを覗ける事なんてまずないでしょうからね。

お母さん「初デートをテレビで観れる。こんな事は無い!」

ちなみにチャーリーのキュンとしたシーンは観覧車の場面。

涌嶋ちゃんは「収録が終わった後に田中くんの石川県の実家にご挨拶に行ってたのがすごい良かったなぁって。」

このボケはちょっと分かりづらい。

おばちゃん「待って。何の話?」

飯塚先生「メンドくせぇな!」

でもやっぱり日村先生は大甘の裁定。

飯塚先生「甘いからモンスターが生まれちゃう。」

お父さん的には娘の恋愛話に複雑な気持ちもあるのでは?という事ですが、今まで浮いた話がなかったので「やっとこういうのが来たか」と嬉しかったとの事。

ここで120秒CM

CM明けは今度は持田&まーがりんのライブ告知。

ムチャぶりチャレンジはライブの見どころ。

まーがりん「もちろんアイドル部ですよ~。」

スポンサーリンク

両親への感謝

最後は両親への感謝を伝えるという事に。

おばちゃん「ここで言うんですか?」

飯塚先生「どこで言うつもりだったの?笑」

将来どうなるのかもなかなか見えないで両親を心配させている事を自覚している様子のおばちゃん。

おばちゃん「ここまでずっと支えてきてくれてありがとうございました。」

お母さん「なかなかこんな言葉聞けないので。」

お父さん「こういう言葉もらえると思ってない。素直に嬉しいです。」

おばちゃんが話し始めたタイミングで弟さんが姿勢を正したのに感動したと飯塚さん。

飯塚「出来る子ですねぇ~。」

という事で家庭訪問は以上。

VTRが終わるとスタジオでプチトーク。

オタク仲間しか呼ばないと決めていたプライベートルームに思いっきり入られて恥ずかしかったとおばちゃんの感想。

田中くんに感想を聞いてみると、

「家族全員があったかいっていうか、仲がいいんで、安心して挨拶行けそうっすね。」

おばちゃん「何!?何!?何!?余計な事言わないで!」

という事で明日は青春高校球技大会の内容が放送されるとの事。

卓球・フリースロー・ドッジボール・大玉相撲などが行われたよう。

また収録っぽいのでプレトークはナシでしょうか。

Paravi(パラビ)告知なしのスタッフロールで終了。

 - エンタメ

スポンサーリンク