What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第7回(7th WEEK)最終回「モンスターハウス」豊島園から生放送。クロちゃんのクロ節、殺人者の顔、そして収監国民投票


18年12月26日放送の「水曜日のダウンタウンSP」でいよいよ最終回を迎える安田大サーカスのクロちゃんの人気コーナー「モンスターハウス(MONSTER HOUSE)」ですが、その最終回は豊島園からの生放送も交えてお送りするスペシャルにふさわしい内容。遂に告白してカップル誕生か?という流れですが、クロちゃんのクロ節が満載で時折怖すぎる殺人者の顔を織り交ぜながら、最終的には“収監をかけてクロちゃん国民投票”という結末に。

というわけで2018年12月26日放送の「水曜日のダウンタウン2時間スぺシャル」から第7回(7th WEEK) 最終回「モンスターハウス」について詳しく見ていきましょう。

やらせかやらせじゃないかはとりあえず置いておいてクロちゃんのクロ節には注目ですね。

※その後盛り上がり過ぎた「真・モンスターハウス」イベントは中止という憂き目にw

スポンサーリンク

モンスターハウスの企画概要

フジテレビ系で放送のTERRACE HOUSE(テラスハウス)、通称:テラハをイメージしまくった企画内容となっており、男女が一つ屋根の下でシェアハウス生活を送るというコンセプトはそのままに、

そこにモンスターが混ざっていたらどうなるか?というのが本企画の肝。

そのモンスターとはもちろんクロちゃんの事ですね。今のところ。※実は他の5人の中にモンスターがいるという展開や全員がモンスターだったなんてオチもあり得ますが。

本家のテラハでは「台本が無いという設定の台本」の通りに出演者同士の恋愛模様が描かれたりといったストーリーが進んでいきますが、モンスターハウスで台本というものがあるのかどうかについては今のところ不明。

「水曜日のダウンタウン」自体が視聴者を騙したりという企画を仕掛けてくる場合もあるので、その辺は何か裏設定となるものが動いているかどうか?種明かしはあるのか?といった事についても動向が気になりますよね。

モンスターハウスでのシーンが放送される際には右上のワイプでスタジオで見守るダウンタウンの2人やゲスト出演者たちが好き勝手にコメントを言うというシーンも注目ポイント。特にダウンタウン2人のリアクションは見ものですね。

第1話 1st WEEK – 2018年10月3日放送

第2話 2nd WEEK – 2018年10月31日放送

第3話 3rd WEEK – 2018年11月14日放送

What an Interesting World
日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト
 What an Interesting World

※番外編 2018年11月28日放送

第4話 4th WEEK – 2018年12月5日放送

第5話 5th WEEK – 2018年12月12日放送

What an Interesting World
日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト
 What an Interesting World

第6話 6th WEEK – 2018年12月19日放送

What an Interesting World
日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト
 What an Interesting World

水曜日のダウンタウン モンスターハウス特別編 – 2018年12月26日放送

What an Interesting World
日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト
 What an Interesting World

第7話 7th WEEK 最終回 – 2018年12月26日放送

スタジオ出演者

【MC】ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)  

【プレゼンター】たむらけんじ

【パネラー】バナナマン(設楽統・日村勇紀)、秋元真夏(乃木坂46)、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、青山テルマ

モンスターハウス出演者プロフィール※ネタバレあり

【男子】

  • 佐野健太(さのけんた) 29歳の大工・ミュージシャン。第一印象では歩美ちゃんが気になる?愛称:サノケン?初デートは歩美ちゃんと川越へ。クロちゃんと莉音ちゃんの関係性について莉音ちゃんから相談されている。面談でクロちゃんに恋愛を邪魔するなと釘を刺される。
  • 山崎大雅(やまざきたいが) 21歳の大学生。交際経験ゼロ。自分は根暗という自らの印象。莉音ちゃんが気になる?初デートで蘭ちゃんから積極的にキスされる。それでも整理がつかない様子でちょっと蘭ちゃんと距離をとる?サノケンと同様に面談でクロちゃんに恋愛を邪魔するなと釘を刺される。
  • クロちゃん 41歳のお笑い芸人。最年長という事もあって仕切り役。莉音ちゃんが気になる?初デートは莉音ちゃんと。2回目のデートも莉音ちゃんと。ただ、夜飲んでいる間に流れで蘭ちゃんにキス。その後に怪行動に視聴者はドン引きする事に。二股を狙う様子。モンスターハウスで彼女を作ってそのまま結婚するという強い意志を語る場面も。黒い箱ではモンスター振りを発揮。自分に気にない女性は容赦なく切り捨てる策士な面も。新メンバーのももはるにも気がある様子?

【女子】

  • 蘭(らん) 22歳。モデル。第一印象では大雅くんということで積極的に大雅くんに仕掛け。付き合う対象じゃなくてもキスや手つなぎは出来るとクロちゃんに発言。大雅くんに初デートの帰りにキスするも、その後大雅くんからは距離を置かれる感じに。夜飲んでいる時にクロちゃんとキス。真意は不明。クロちゃんの二股発覚時の冷静な対応から、たむらけんじ・浜ちゃんからは「一番大人な対応」という評価。結局クロちゃんが気になっていると面談の席でクロちゃんに話した模様。
  • 奈良歩美(ならあゆみ) 24歳。レースクイーン。サノケンに優しそうという好印象。サノケンと初デートではいい感じに。今の所はあまり出番なし。マッチングアプリに興味あり?莉音ちゃんをフォローする優しい一面も。第5話では第1号の脱落者に指名されてモンスターハウスを去る事に
  • 莉音(りおん) 21歳。グラビアアイドル。クロちゃんに対して悪い印象では無さそう?ファーストキスでは衝撃の告白も。2回目のデートでは手作りのお弁当持参で膝枕をクロちゃんにしてあげる。クロちゃんの二股が発覚してショックを受け涙する場面も。以降はクロちゃんを軽蔑するように。それでも面談の席ではクロちゃんと仲直り。クロちゃんから仲直りとして誓いのキスを受ける事に。
  • 百瀬はる夏(ももせはるか) 21歳。元アイドルで現タレント活動中。愛称は“ももはる”。歩美ちゃんの代わりにやって来た第5話からの新メンバー。クロちゃんの事が好きでモンスターハウスに入りたかったと加入早々に告白。
スポンサーリンク

生放送オープニング

番組冒頭はいきなりたむらけんじさんのアップ映像。

たむらけんじ「さあ始まりました水曜日のダウンタウン2時間スペシャル。今夜は都内某所より一部緊急生放送でお送りいたします。わたくしこんな大事な時にグラサンを忘れたたむらけんじでございます。」

都内某所とは遊園地の「豊島園(としまえん)」の事ですね。イルミネーションもバッチリ後ろに映っていますし。

カメラが引くと隣にはヘッドホンと目隠し状態のクロちゃんの姿。もう「水曜日のダウンタウン」+クロちゃんではおなじみのシーン。

たむらけんじ「今夜あのモンスターハウスがいよいよ最終回となっております。クロちゃんが一体なぜ今こんな事になっているのか後ほど分かると思います。」

突然クロちゃんの股間を掴むたむらけんじさん。

クロちゃん「わぁ!!!何!?何!?」

たむらけんじ「番組後半でまたこちらの生放送に戻って参りますのでお楽しみにしててください!それでは水曜日のダウンタウン2時間スペシャルスタートです!」

こんなツイートが公式アカウントではされていましたね。

そして水曜日のダウンタウンのオープニングムービー。

ここからは第4回替え歌最強トーナメントやMr.シャチホコのオレオレ電話でアッコファミリー全員集められる説などを検証。

途中のCM中にはメリーゴーランドの白馬に乗せられて「何これ!?動いてる!動いてる!何なんホントに!何が起きてんの?」と叫ぶクロちゃん。そして隣には同じく白馬に乗って一言も発しないたむらけんじさん。

改めてオープニング

そして改めてスタジオ収録の映像。

プレゼンターで登場のたむらけんじさんはしっかりとグラサン姿。

設楽「あれ?」

浜田「いつもより声援が。」

たむらけんじ「大歓声。でも正直僕じゃないと思うんですよね。」

松本「あぁなるほど!」

たむらけんじ「今皆さんはコチラに夢中なんじゃないかという事で。」

表示されるモンスターハウスのタイトル。

大歓声。

松本「第何弾でしたっけ?」

たむらけんじ「今日で最終回です。」

残念がる一同。

設楽「こんなキラーコンテンツを。」

日村「もっとやってよ!」

浜田「FINALやんな?笑」

設楽「もっと見たいけど、確かにもうやめた方がいいかも。笑」

たむらけんじ「これ以上は危険ですよね?」

ちなみにここまでのクロちゃんの女性メンバーに対する好意のランキングで言うと、

  1. 莉音
  2. ももはる

という順番。

ただ、ももはるちゃんの出方によっては順位も変わるかもと匂わせていたゲスなクロちゃん。

秋元「何か上から目線ですね。笑」

設楽「テレビ史上初じゃないですか?こんな人気企画に出てるメインがこんな嫌われてるって。」

たむらけんじ「超ヒールですからね。今。」

スポンサーリンク

第7話(7th WEEK)のはじまり

ダイニングテーブルで鍋を囲む6人。

クロちゃん「共同生活ももう終わりなんだね。」

莉音「寂しいね。そう考えると。毎日一緒にいたから。」

既にモンスターハウスの住人にもこの企画の最終回が近いことは通知済みの様子ですね。

オンエア後の反響については、元カレから連絡が来たという蘭ちゃん。

莉音ちゃんも友達、家族から連絡があったそうで、たまたま放送を観たおじいちゃんからは、

「怖い目遭ってない?」という心配の連絡あったとの事。

たむらけんじ「怖い目めちゃめちゃ遭ってる。笑」

サノケン「一緒にいて大丈夫って事?」

莉音「そう!」

クロちゃん「いや。『そう!』じゃないよ!」

そんなクロちゃんもモンスターハウスの反響はすごく感じているそうで、親から連絡があったとの事。

たむらけんじ「仕送りもろてる親な。」

クロちゃん「『あんまり嘘つくな。』って言われたね。『あなたは心が汚れてる。』って。」「あとね・・・笑。キャバ嬢から連絡来なくなったね。笑」

モンスターハウスでのガチ恋愛がバレてしまったので連絡が途絶えているとの事。

たむらけんじ「違うやろ!お前がモンスターやからや。」

サノケンから「キャバクラで何してるん?」とキャバクラでのクロちゃんの遊び方について聞かれると、

クロちゃん「キャバクラでお酒飲んだりとか、まあ社交場だからね。あとアレあるじゃん?君の名はが流行ってたから“口噛み酒ごっこ”ハマってた。」

キャバ嬢に口にお酒を入れてもらってそれを吐き出したものを飲むという口噛み酒ごっこ。

蘭「クロちゃんも口噛み酒を飲むの?」

クロちゃん「まあ基本は女の子にやってもらうけど。」「横に付いてたはずの君が見えないって言って、でその口噛み酒作ってもらってそれを飲んで、あっ!見えた!運命の人!みたいな感じで遊んでたの。」

全員がドン引きw

クロちゃん「40代の人は大体こんな事してるから。」

ここでいつものオープニングムービー。

設楽「オープニングがいつもヒドイ話ばっか。笑」

秋元「何で自分から言っちゃうんだろう。笑」

流れるBGMは定番曲。

Taylor Swift「We Are Never Ever Getting Back Together」

本家テラスハウスでおなじみの曲ですね。

視聴動画はコチラ。

蘭ちゃんの映像が流れると「この子は魔性だよな。」と設楽さんの印象。

そしてパチンコ屋でクロちゃんが他人の出玉を覗き込んでいるおなじみのオープニング。

設楽「人の出玉なんだ。いつも。笑」

莉音&蘭

部屋にはハロウィーンのかぼちゃの飾りつけ。ジャック・オー・ランタンですね。

蘭「最近、大雅と仲いいじゃん。莉音ちゃん。」

大雅くんの事を気になっていた莉音ちゃんですが、大雅くんと蘭ちゃんがデートも行っていていい雰囲気だというのを感じて一歩引いて遠慮していたそう。

これから先について聞く蘭ちゃんですが、

莉音「分かんない。でも・・・。」「気になるけどまだよく分かんない。うん。」

そして二人でモンスターハウス第2話のオンエアを一緒に鑑賞。

蘭「みんな何してたかコレ観ないと分かんないじゃん?真相がコレ観ないと分からないから。」

莉音ちゃんにキスをしようとするクロちゃんの姿を見て笑い出す蘭ちゃん&莉音ちゃん。

莉音「何か懐かしい。笑」

そしてキッチンにいる蘭ちゃんを自撮りするフリをして盗撮していたシーンが公開されると、

蘭「えぇ!!嘘でしょ!?」

莉音「えっ!?」

たむらけんじ「盗撮バレました。笑」

クロちゃんがダイニングテーブルに座って自撮りをしている姿をよく目にしていたと莉音ちゃんの証言。

莉音ちゃんの事を「バカそう。」と評していたクロちゃんを見て「はっ?」というリアクションの莉音ちゃん。

観終わると、

蘭「でも、何か一般の人が観たらキモいんだろうけど、何か慣れちゃったね。」

莉音「うーん。分かる。何か・・・麻痺してんのかな?」

蘭「麻痺しちゃったのかな。ヤバいね私たち。笑」

スポンサーリンク

ももはるの真意

場面は東京・渋谷の「カーサ アスティオン」

ももはるとアイドル時代の先輩である小桃音まい(ことねまい)さんがカフェでツーショットトーク。

ももはる「クロちゃんが好きっていう感じで入って行って。」

小桃音まい「そうなの?やっぱ変な人好きだね。笑」

意外にもクロちゃんを狙うライバルが多いことに驚いた様子のももはる。

ももはる「私、クロちゃんの事ナメてたなと思って。あんな人好きになるの私しかいないと思ってた。笑」

今後の攻め方については、自分からグイグイ行ってみるという作戦のももはる。

たむらけんじ「グイグイ行ってますもんねぇ~。」

クロちゃん&ももはるデート

そして場面は東京・池袋のサンシャイン水族館。

黒い革のライダースジャケット姿で待つももはるの元へクロちゃんが走って登場。

クロちゃん「雰囲気違うね?革ジャンだもんね。何かワイルドな感じ。こういうのも似合うんだね。」

ももはる「ホントに?ありがとう。」

しっかり女の子のファッションを褒めるクロちゃん。

そして自分から手を差し出して手をつなぐももはるに感嘆の声が漏れる観客席。

サンシャイン水族館を楽しむ二人ですがクロちゃんは魚の群れに「魚群~。」と反応。

設楽「パチンコやってっから。魚群~って。笑」

パチンコ台のCR海物語シリーズには魚群のアクションがついてたりしますよね。

コチラが参考動画。

どうやらサンシャイン水族館デートに誘ったのはももはるからのよう。

ももはる「クロちゃんと一緒に来れてよかった。」

クロちゃん「ホントに俺の事好きなんだね。」

浜田「腹立つわぁ。何なんコイツ。」

ずっと手をつないでいて周りから見ると絶対カップルに見られていると言うクロちゃんですが嬉しそうなリアクションのももはる。

秋元「でも嬉しそう~。」

初デートでは手をつなげなかったので今回はつなげて良かったとももはる。

たむらけんじ「まあでもモテテクニック持ってんねんなぁ。」

二人はサンシャイン水族館名物のペンギンエリアへ。

すると突然ももはるがかしこまった様子で「話したい事あるんだけど、いい?」と仕掛けます。

ももはる「私が好きだっていうのはさ、前ちょっとだけ話したじゃん?最初は見た目がすごく好きだったんだけど、前回のデートとか通してクロちゃんの中身もすごい好きになって。」「だから・・・付き合ってもらえませんか?」

この告白に「ええ~~!」と観客席。

すると泣き出しそうな表情になるクロちゃん。

浜田「何やこの顔!」

クロちゃん「ごめんね。」

日村「フッた!」

浜田「何なんコイツ?コイツホンマ何なん?」

クロちゃん「告白されると思わなかった。初めてだから。」

ももはる「泣かないでクロちゃん。」

クロちゃん「俺なんかの事好きになってくれてありがとう。」

両手で手を握り合う二人。

クロちゃん「けど、今どうしても、うんって言えないよ。」

ももはる「他に好きな人がいるとか?」

クロちゃん「何で俺、一番ももはるの事が好きじゃないの?」

ももはる「嘘つかないでくれるって事だもんね?」

一番好きな人ではないので告白には応えられないと素直に言うクロちゃん。

クロちゃん「もうズルいのや嫌!ホントにもうこれ全部バレるから。」

ももはる「でもクロちゃん変わったね。」

クロちゃん「違うから。変えてくれたのはももはるとかみんなだから。」「最後にほっぺに・・・キスしていい?」

謎の申し出。告白してくれたせめてものお返しにという事でしょうね。

そしてももはるの頬にチューをするクロちゃんに当然悲鳴が上がる観客席。

ももはる「ありがとう。クロちゃんの恋も応援してるから。」

浜田「何なん?」

たむらけんじ「フッちゃいましたね。今までならキープしてたハズやのに。」

秋元「確かに。ちょっと違いますね。」

スポンサーリンク

クロちゃん@ジム

東京・新橋にあるトレーニングジム「ミッドブレス虎ノ門」。

後輩芸人の吉田寛(よしだひろし)さんとトレーナーさんを交えてクロちゃんがトーク。

モンスターハウスの状況について聞かれて、新しく入って来たももはるから告白された事を報告するクロちゃん。

「告白されて付き合ったんですね?」と聞かれると、

クロちゃんは「フッた。」と一言。

理由については「好きな子がいるから。」と素直な答えのクロちゃん。

クロちゃん「正直言うと、フラれた時の為に本当はキープとかしときたいよ?」

浜田「やっぱりな。うん。」

まあ正直な事を言えばみんなそう思いますよね。

ただ、モンスターハウスの共同生活がどんどん放送されるにつれてそんな魂胆はバレバレになってしまうので、

クロちゃん「それでホントに好きな子に勘違いされたりとかさ、何かダメになっちゃうから。」

と、誠意を見せて嘘はつかないと誓うクロちゃん。

浜田「信じられへん。笑」

それで結局誰が本命か?と問われると、蘭ちゃんと莉音ちゃんが同じ位好きだった所、結局は、

クロちゃん「悩んだんだけど・・・やっぱり今後自分がずっといっしょにいたいなって思った時に一番最初に顔が出てきたのが、莉音ちゃん。」

莉音ちゃんが本命とはっきりと宣言。

クロちゃん「ももはるちゃんの気持ちも持っていく。」

浜田&たむらけんじ「・・・はっ?」

たむらけんじ「置いていけ!」

指輪を購入

東京・表参道のショップ「ケイウノ」に指輪を探しに来たクロちゃんと後輩芸人の菊池優志さん(2回目の登場)。

たむらけんじ「後輩芸人キャラ強すぎんねん。」

派手で分かりやすいものというリクエストのクロちゃん

告白の時にサプライズで渡す用との事。

店員さんからおすすめされたのはダイヤモンドが一石埋まったタイプのシンプルな指輪。価格は3万5700円。

クロちゃん「手ごろかなぁ~。」

大事なのは気持ちという事で「絶対喜ぶ。莉音ちゃん。」とクロちゃんは購入決定。

設楽「指輪買うだけで(観客席から)悲鳴が。笑」

クロちゃん&莉音デート

初デートをした思い出の海沿いに莉音ちゃんを呼び出したクロちゃん。

クロちゃん「てか、ここ覚えてる?」

莉音「覚えてるよ。すごい懐かしいね。」

覚えてなくても覚えてるって言うでしょ?とちょっと意地悪な表情で言うクロちゃんに、

浜田「腹立つ顔やわもう・・・笑」

クロちゃん「もうそろそろ共同生活も終わっちゃうからさ。だからこの感じのまま終われないなぁと思って。で色々さ俺もズルい事とかしたかもしれないけど、そんだけ本気だったの。本気で莉音とデートした時に誰にも奪られたくないって思ってさ。」

たむらけんじ「出るぞ~。クロ節出るぞ~。」

クロちゃん「はっきりここで宣言したいと思うんだけど。」「莉音姫にしっかり俺がナイトとして、これからも守っていきたいから、もし良かったら・・・。」

ひざまずいて指輪の入った黄色い箱を開けるクロちゃんは「これを受け取ってください。」

クロちゃん「僕と泣いたり笑ったり一緒にしてください。付き合ってください!」

浜田「断れ!断れ!断れ!」「取って投げろ!」

莉音ちゃんの答えは、

「ごめんなさい。」

一安心した空気が流れるスタジオ。

ひたすら莉音ちゃんを見つめるクロちゃんに、

日村「どういう顔よコレ。笑。何だこの顔?」

爆笑する浜田さんw

莉音「クロちゃんとこうやって共同生活して来たじゃん?ホントにすごい楽しくて。」

それでもずっと同じ表情で見つめるクロちゃんに、

松本「殺すんじゃない?」

莉音「いいと思ってくれてるのかなってずっと思ってて、まっすぐ見てくれてるのかなって。」

浜田「怖いって。顔が!」

もはやクロちゃんの呆然と見つめる表情ばかりに目が行って、莉音ちゃんの言葉入ってこない状況w

莉音「ももはるちゃんともすぐにデートしてたじゃん?結構それも悲しかった。蘭ちゃんとも色々あったのも知って結構ショックで。」

スポンサーリンク

そしてフラフラと立ち上がるクロちゃん。

クロちゃん「違うよ。違う。」

悲鳴が上がる観客席。

設楽「違う。違う。そうじゃない。笑」

浜田「はっはっは。そうじゃない。笑」

それは鈴木雅之さんの「違う、そうじゃない」ですねw

コチラが視聴動画。

莉音「クロちゃんと付き合ったら沢山辛い想いするんだろうなって思って。」

クロちゃん「いや。違う。違うって。違う。俺変わったから!変わったの!俺変わったのホントに!」

浜田「変わってないよ!お前変われへんよ!」

クロちゃん「俺もう嘘つかなくなったの!莉音。ホントに嘘つかなくなったから。」

涙を流す莉音ちゃん。

クロちゃん「ダメだってコレ。ももはるちゃんに告白されたの俺。もう嘘ついちゃいけないからキチンとフッたの。今までだったら俺嘘ついてももはるちゃんにダメだったら付き合うよって言ってたはずだもん。けどそうじゃない!もう捨てたの。そんなの。嘘が嫌だから。莉音に変えてもらったの俺は。」

浜田「どんな顔して観たらええねん。笑」

たむらけんじ「パニックなってる。笑」

クロちゃん「ももはるちゃんがクロちゃん頑張ってねって言ったんだもん。」

泣き声のクロちゃん。

浜田「莉音、帰れ帰れ!」

クロちゃん「ホントに好きな気持ち伝えてくれって言ったから、今勇気出して言ってるから。お願い!ホントに!ホントに!」

浜田「うるさい。莉音、帰れって!」

クロちゃんは再度ひざまずいて「付き合ってください!」と告白。

笑いが起こるスタジオw

割と真剣な眼差しでみつめる秋元真夏さん。

松本「長ゼリフやったなぁ~。」

最終的には土下座のような形のクロちゃん。

なだめるように一緒にしゃがむ莉音ちゃん。

莉音「ごめんね。もっと早く変わって欲しかったなって。」

浜田「そりゃそや。」

クロちゃん「莉音!」

浜田「サヨナラって。」

クロちゃん「莉音!」

浜田「サヨナラって。」

クロちゃん「俺だけに笑顔見せてよ!いつもの笑顔見せてよ!喜んで受け取ってよ!」

たむらけんじ「お前ええぞ!!笑」

ドラマのセリフのような文句が飛び出したクロ節に爆笑するスタジオw

浜田「クロ節やな。クロ節。笑」

そして背中を見せてその場を立ち去る莉音ちゃん。

浜田「よしよしよし!」

その背中に向けて「受け取ってよ!受け取ってよ!ももはるちゃんの気持ちも入ってんだからねぇ!」と絶叫するクロちゃん。

浜田「いや。関係ないやん!こっからのクロちゃんが怖いぞ?」

秋元「衝撃的。」

遂には地面に突っ伏してしまうクロちゃんは「何で!!何で俺のものにならない!」

すると、

「何だよ!変わり損じゃねぇか!」のクロちゃんの言葉に一斉に悲鳴。

日村「怖ぇぇ~~!!」

指輪をポケットにしまい込んで、

クロちゃん「どうしたらいいのぉぉ!?」

ヤバい表情を見せるクロちゃんに引きまくるスタジオw

設楽「怖ぇーー今の顔!」

青山テルマさんは怖すぎて顔を覆う始末。

浜田さんだけは大爆笑していますが。それはそれで浜田さんが怖いw

怖すぎる顔を見せたクロちゃんに騒然となったまましばらくザワつきが収まらないスタジオ。

たむらけんじ「あれ横に刃物あったらヤバかったですよね。」

秋元「いっちゃってましたね。」

この壮絶な告白劇の後にモンスターハウスに戻る事になる莉音ちゃんとクロちゃんですが、

設楽「皆殺しじゃないですか?」

浜田「(爆笑)」

ここで前半戦終了ですが、

たむらけんじ「あの後、惨劇があったから切ったわけじゃないですよ。笑」

松本「あれで終わりやったらどうしようかなって思って。」

設楽「鉄筋か何か落ちてガシャンって潰れれば。笑」

松本「すごかったなぁ~。でこから何か角出るんちゃうかなって。最後。」

日村「めちゃめちゃ怖いもん。最後の顔面。」

スポンサーリンク

男子会トーク

東京・新橋の居酒屋「十米 本店」にて男子3人が集まってトーク。

クロちゃんがサノケンと大雅くんを誘うという珍しい男子会。

クロちゃん「告白したの。」

サノケン「誰に?」

クロちゃん「莉音ちゃん。」

たむらけんじ「ちょっと大雅複雑~。」

クロちゃん「・・・フラれた。」

ちょっと泣き顔のクロちゃんに爆笑するスタジオw

クロちゃん「嘘もつかずに真剣に言ったけど・・・ちょっと時が遅かったみたいでダメだったね。」

声を震わせるクロちゃんに笑いが止まらない浜田さんw

クロちゃん「変わったんだけどね。策士策に溺れるじゃないけどさ。」

松本「違うな。」

「自業自得」とか「身から出た錆」とかそっちのほうが適しているシチュエーションではありますよね。

サノケン「そんな好きだったんだね。」

クロちゃん「・・・好きだったねぇ~。」

敢えて明るく振る舞うようにちょっとはにかんだ表情のクロちゃんに笑うスタジオw

クロちゃん「俺じゃなかったみたい。ナイト。」

その表現好きですよね。クロちゃんはナイトに退治されるモンスター側ですからw

大雅「すごい言いづらいんだけど・・・クロちゃんがフラれたって事は莉音さんには、いってもいいって事?」

鼻水がキラキラ光るクロちゃんの哀れな表情w

クロちゃん「このタイミングで言う?笑」

浜田「お前フラれたからやん。」

クロちゃん「今の今で複雑だけど、同じ女に惚れた同士だから・・・応援する!」

浜田「あら?」

青山「あっ。かっこいい。」

たむらけんじ「変わったんかな。コイツ。」

大雅「クロちゃんもこのまま卒業すんの?」

設楽「卒業。笑」

ちょっと表現が違うような気もしますが共同生活の終わりという事で変換しておきましょう。

クロちゃん「色々考えて・・・やっと自分の本当の気持ちが分かった。」

たむらけんじ「嘘でしょ!?」

青山「ええぇ~~!」

浜田「ほら!な?変わってないやん!」

クロちゃん「俺、蘭ちゃんの事が好き。」

騒然となるスタジオw

結局、莉音ちゃんがダメだったから乗り換えたとも取れる発言。まあこっちがダメだったからこっちというのは自然な流れっちゃあ自然ではありますけど。

クロちゃん「俺、蘭ちゃんに告白する。」

日村「ズリぃ。コイツ。」

1番好きなのが莉音ちゃんで2番目が蘭ちゃんだったんじゃないの?と確認するサノケンですが、

クロちゃん「やっぱりよく考えたら蘭ちゃん。」

松本「どつけ!どつけ!」

青山「最悪!」

松本「さっきの涙何やったんや。」

サノケン「フラれたから蘭ちゃんにいくとかじゃないよね?」

松本「どつけ!どつけ!箸で刺せ!」

クロちゃん「違う。ホントに好き!」

青山「さっきまで泣いてたのに。」

大雅くん&莉音ちゃんデート

埼玉県・宮代町の東武動物公園で大雅くんと莉音ちゃんがイルミネーションデート。

イルミネーションを人生で初という大雅くん。

二人で記念撮影をしたりといい雰囲気。

浜田「絶対、告白せなアカンって。」

途中で「手つないでいい?」と勇気を出して手を差し出す大雅くん。

莉音「えっ?え・・・。」

少し戸惑いながらも手を重ねる莉音ちゃん。

たむらけんじ「おぉ~。大雅が頑張ってる~。」

浜田「攻めてる。攻めてる。」

照れたように笑い合う二人。

莉音「手あったかいね。」

設楽「これはこれでいいんだけど、やっぱクロちゃん早く観たくなっちゃう。笑」

青山「そうなんですよ。笑」

みんな認めたくないけど、やっぱりモンスターハウスの主人公はクロちゃんなのでw

スポンサーリンク

クロちゃん&蘭ちゃんデート

場面は東京港区・お台場「KING OF THE PIRATES」

実は初デートのクロちゃんと蘭ちゃんは窓辺の席で向かい合って食事。

秋元「もう誘っちゃったんだ~。」

蘭「嬉しかった。誘ってくれて。結構待ってた。」

まんざらでもない笑顔を見せる蘭ちゃんに「えぇ~~!」と観客席からリアクション。

クロちゃん「今日、だけどホントにかわいいよね。いやホントに。」

蘭「クロちゃんの為におめかしした。」

設楽「何なの?好きになっちゃったのかな?」

浜田「意味が分からん。」

モンスターハウスでの共同生活で一番の思い出に残っているのは何?と聞くクロちゃん。

「嘘でしょって言うかもしれないけど・・・」と前置きをしつつ、

蘭「一番はクロちゃんとのチュー。」「あれは一番だね。」

大雅くん&莉音ちゃんデート その2

場面は変わって大雅くん&莉音ちゃんのデートの様子に。

手をつないでイルミネーションを楽しむ二人。

たむらけんじ「大雅、告れ!告れ!」

浜田「せやねん。もう言うたほうがええよ。」

たむらけんじ「浜田さんも応援してるよ?」

急に黙り込む二人。

大雅「いやぁ・・・」「言いたい事があるんだけどさ。」

エールを送るスタジオの一同。

大雅「一応、恋愛をするみたいな感じで始まったじゃん?自分はね。始まった時は絶対人の事を気になったりすることが無いって思ってたんだよ。でも結構一緒にさ、二人さ。」

実は他の住人の帰りが遅い時などは特によく二人で話をしていたそう。

莉音「みんな(私たちの事を)仲いいって言うよね?」

大雅「普通にそう・・・。」「好きになった。」

たむらけんじ「告白した。」

大雅「付き合ってほしい。」

笑顔を見せる莉音ちゃん。

莉音「ありがとう。」「私もホントに人として大雅好きだから、すごい嬉しい。」「こんな親しくなると思ってなかったし。」

松本「ちょっと微妙か?」

何かはっきりしない態度の莉音ちゃん。

莉音「正直・・・あんまり、そういう風に意識はしてなかったんだよね。だから何かそんなに急に恋人みたいになれるかって言ったら分からないけど・・・。」「うん。」

たむらけんじ「莉音ちゃん?」

設楽「どうだ?」

大雅「えっ?どう・・・OK?」

莉音「・・・うん。」「うん。うん。」

たむらけんじ「もう~ドキドキするやんか!」

大雅「じゃあお願いします。」

浜田「良かった良かった。」

イルミネーションを前に抱き合う二人。

そして大雅くんから莉音ちゃんにキス。

設楽「ありゃ、りゃりゃりゃ~。」

大雅「これからお願いします。」

莉音「こちらこそ。」

初々しい二人にほっこりした空気になるスタジオ。

クロちゃん&蘭ちゃんデート その2

そして場面は変わって。

海をバックに「蘭ちゃん、手つないでいい?」とクロちゃん。

大雅くんの同じセリフと対比させているかのような。

秋元「こっちもでもいい感じになってる。」

恋人つなぎで手を握り合う二人に悲鳴。

クロちゃん「俺はしっかり蘭ちゃんを守っていきたいから。」

たむらけんじ「出たっ!殺し文句。得意技。」

浜田「いつものセリフ。」

そしてひざまずくクロちゃん。

蘭「嘘でしょ・・・!?」

クロちゃんが取り出したのはどこかで見た黄色い箱。

日村「それ同じ指輪!」

たむらけんじ「一緒の指輪や!」

浜田「これアカンって!」

たむらけんじ「指輪使い回しや!」

スポンサーリンク

クロちゃん「ホントに好きなんです。一緒にいたいなぁと思ったので、僕と付き合ってください。」

頭をおさえる蘭ちゃん。

蘭「待って!待って!」「えっだって・・・。」

クロちゃん「ホントに好き。」

浜田「アゴ蹴れ!アゴ蹴れ!」

蘭「う~ん・・・。」「クロちゃんはさぁ人としてはホントに好きだけど、優しいし、すごく大人だし、紳士的だし。」

松本「優しくないよ?大人じゃないよ?紳士じゃないよ?」

蘭「クロちゃんの事いいなって思ってる。」

クロちゃん「付き合ってください!」

浜田「一点張りやな!」

たむらけんじ「ホンマにハート強いなぁ。」

指輪の入った黄色い箱に手を伸ばす蘭ちゃんに「えぇ~!」とリアクションの観客席。

浜田「やめとけって!」

でも蘭ちゃんが取った行動は黄色い箱の蓋を閉めるというもの。

浜田「いいよ!」

戸惑った表情で見つめるクロちゃんw

浜田「また人殺しみたいな顔してる。怖い怖い怖い。」

クロちゃん「・・・どうして?」

蘭「放送全部観てから判断させてほしい。」

この冷静な答えに感心した様子で笑い出すスタジオ。

設楽「あ~頭いい。」

たむらけんじ「ナイスアイディア!笑」

浜田「これはヤバい。笑」

クロちゃん「何で?観なくていいじゃん?」

立ち上がるクロちゃんに恐怖を覚えるスタジオ。

蘭「莉音ちゃんにも私にも同じ事言ったから。信用できない部分もあるし。莉音ちゃんに同じ事してるんじゃないかなって。」

クロちゃん「してないよ!してないよ!」

たむらけんじ「してるよー!」

指輪も使い回しですしね。やっぱり嘘をついちゃうクロちゃん。

蘭「してないの?」

クロちゃん「してない!」

浜田&たむらけんじ「してるよ!」

青山「怖い。」

クロちゃんの言葉に疑心暗鬼になっている様子の蘭ちゃん。

蘭「分かんないからクロちゃん。ホントかどうか。」

クロちゃん「分かんないじゃないじゃん。別にいいじゃん!付き合ってから始まる恋があってもいいじゃん!」

たむらけんじ「出た!クロ節!」

蘭「放送観て決めたい。」

クロちゃん「待って待って!放送観たらさ。放送観たら・・・。」

たむらけんじ「放送観たら?」

クロちゃん「付き合ってくれる可能性あんの?」

爆笑するスタジオ。

日村「超おもしれぇなぁ。笑」

クロちゃん「観たとてだよ!」

謎の言い回しのクロ節w

蘭「観たとて?」

クロちゃん「一緒に共同生活して、見る目変わったって言ったじゃん。俺変わったんだから!見てる今がリアルじゃない?」

蘭「2番目じゃない?」

クロちゃん「1番だよ!」

観客席はドン引きw

膝立ちのまま蘭ちゃんにすり寄っていくクロちゃんに悲鳴が上がる観客席。

蘭「待ってて。もうちょっと待つだけ。オンエアまで待つだけ。」

たむらけんじ「そうや。別に何も無かったら待ったらええねん。」

クロちゃん「恐れるなよ!何でそうなの?俺も頑張って勇気出して言ってんじゃん!」

松本「オンエアを恐れてるのはお前や。」

クロちゃん「ずっと好きだって言ってんじゃん!初めから好きだったし!」

蘭「クロちゃんの事好きなのはホントだから。」「本気で好きなら待っててください。」

たむらけんじ「そりゃそうや。」

松本「でもまだフラれたわけじゃないもんね?」

クロちゃん「待つから・・・。」「キスだけしよう?」

ドン引きの観客席。

たむらけんじ「キスしたいだけですやん~。」

浜田「コイツ何なん?ホンマに。」

たむらけんじ「理性ないんか!」

少しずつ顔を近づけるクロちゃんですが、すんでの所で、

蘭「あの時は・・・初めてキスした時は軽い気持ちだったから。今は真剣に考えてるから・・・オンエアまで待ってほしい。」

10cmぐらいの超至近距離で冷静な答えの蘭ちゃんw

設楽「オンエアで全て終わる。笑」

なくなく引き下がるクロちゃん。

スポンサーリンク

蘭「そんな軽い気持ちでキスとかも今はしたくない。」「最後にハグだけいい?」

たむらけんじ「かわいいなぁ~蘭ちゃん。」

浜田「ハグぐらいはええわ。」

ハグする二人。

浜田「コイツホンマすごいわ。」

モンスターハウス最後の日

そしてモンスターハウス最終日。

黒板のメッセージには、

サノケン「みんなとの日々は一生の宝物。大切な家族。ありがとう!!サノケン」

大雅「みじかい間だったけどたのしかった!たいが」

莉音「たのしかった!だいすき。莉音」

クロちゃん「出会えたキセキ 青春だったしん!クロちゃん」

毎日が修学旅行みたいだったと思い出を振り返る6人。

仕事があるという事でももはるがスーツケースを持って「また集まろうね。」という言葉と共にモンスターハウスを後にします。

続いてはサノケン。

大雅くんと莉音ちゃんは二人で手をつないで去って行きます。

クロちゃんは「頑張ってね。お幸せに。」と温かい言葉で二人を送り出します。

そして最後に残ったクロちゃんと蘭ちゃん。

クロちゃん「蘭ちゃんの事、信じてるから。」

蘭「私も信じたい。クロちゃんの事。」「じゃあ行きます。」

去って行く蘭ちゃんの後ろ姿に「信じてるからね。」とクロちゃん。

たむらけんじ「いやいや。蘭ちゃんのセリフや!」

浜田「ホンマやな。逆やな。」

そして荷物を持って帰り支度をするクロちゃんに、

浜田「はよ帰れ!」

痛烈w

最後にモンスターハウスを外から眺めるクロちゃん。

クロちゃん「楽しかった。」

浜田「何を言うとんねん!」

設楽「轢かれろ!轢かれろ!」

松本「家倒れて来い!家倒れて来い!」

それはドリフw

最後は6人の集合写真のカットで終了。

スポンサーリンク

スタジオトーク

浜田「えっ?これどうなんの?これで終わり?」

松本「どういう事ですか?」

たむらけんじ「蘭ちゃんはオンエアを全て観てからという事は・・・」

松本「これも観ないとダメ。」

秋元「そっか。また決めてないって事か。」

たむらけんじ「この後蘭ちゃんに生放送でどうするか聞きます。今から。」

設楽「いや。絶対ダメでしょ。」

松本「分からんで?」

実際にこのスタジオトークが収録されているのは11月中。

たむらけんじ「では最後に蘭ちゃんの気持ちを確認したいと思います!スタジオからは以上でございます!さよなら~!」

そして冒頭にも流れた「豊島園(としまえん)」へ。

生放送パート

たむらけんじ「ここからは生放送でお送りいたします。」

たむらけんじさんと相変わらずヘッドホンに目隠し状態のクロちゃん。

そして脱落者になった歩美ちゃんも含めたモンスターハウスの住人たちが集合。

蘭ちゃんに気持ちが固まったかどうか確認するたむらけんじさん。

蘭「はい。」

まずは今の状況が全く分かっていないクロちゃんに状況説明という事でヘッドホンと目隠しを外します。

CM中に流れたメリーゴーランドのシーンではクロちゃんは移動していると勘違いしていたとの事。

まずはヘッドホンを外して話しかけるたむらけんじさん。

クロちゃん「何なの?コレ!」

たむらけんじ「大体分かるやろ?」

クロちゃん「水曜日でしょ?水曜日は分かるよ?」

たむらけんじ「もう今日は土曜日やけどな。」

クロちゃん「あっそうなんですか・・・?」

よく分からない嘘をつくたむらけんじさんにアッサリと騙されるクロちゃんw

そして水曜日のダウンタウンの生放送である事が告げられます。

たむらけんじ「あなた蘭ちゃんに告白しましたよね?」

クロちゃん「・・・どの話?」

たむらけんじ「どの話?何パターンかあんのか?」

クロちゃん「ないないない!しました。しました。」

全てのオンエアを見て最終的に決めると蘭ちゃんが言った事を確認。

たむらけんじ「悔いが残らないように蘭ちゃんに全てを伝えてください。」

そしていよいよ目隠しが取られて全てを目撃するクロちゃん。

ヘッドホンからずっとマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が流れていますが。

Mariah Carey「All I Want For Christmas Is You」のYouTube動画はコチラ。

そして真横に立つ蘭ちゃんに対して最後の告白。

クロちゃん「正直ホントに好きです。全部見てもらってもちろん色んな、正直じゃない事もあったかもしれないけど、俺はホントに好き。ホントに。信じてる。」

たむらけんじ「何でお前が信じてんねん。」

思わず吹き出してしまうたむらけんじさんw

そしていよいよ蘭ちゃんの答えを聞く時が。

たむらけんじ「さぁ!蘭ちゃんお返事をお願いいたします。」

しばらくの沈黙の後、

蘭「ごめんなさい。」

スポンサーリンク

クロちゃん「何でよ!」

たむらけんじ「何でか分かるやろ!」

クロちゃん「分かんないよ!俺の事好きだったでしょ?好きだったって気持ちホントじゃんか!」

たむらけんじ「カップル成立ならず!」

クロちゃん「嘘でしょ!?」

たむらけんじ「ホントです!」

蘭「指輪何あれ?使い回しなの?」

口元に手をやって「しまった口が滑った・・・。」みたいな仕草のクロちゃんw

やっぱり気になったのは指輪の件という蘭ちゃん。

クロちゃん「そこは・・・新しいの買うから!」

往生際の悪いクロちゃんw

たむらけんじ「そういう問題じゃございません。」「蘭ちゃん、このクロちゃん許せますか?」

蘭「許せません。」

たむらけんじ「でしょうね。だと思います。」

ここでdボタンを使った視聴者投票企画の発表。

クロちゃんを許せると感じた視聴者は青ボタン、

許せないと感じた視聴者は赤ボタンをそれぞれ押してdボタン投票を呼び掛けるたむらけんじさん。

もしも許せないが過半数を超えた場合は、

たむらけんじ「クロちゃんには『真のモンスターハウス』アチラに入っていただきます!」

黒い幕がめくられるとそこには檻が。

ここでコーナー名は、

「真・MONSTER HOUSE 収監をかけてクロちゃん国民投票」

投票してもらった許せない(赤ボタン)の割合によって最大で24時間用意された檻の中に収監されるという罰ゲーム。

許せないが過半数の51%で12時間14分の収監時間、100%だと24時間との事。

クロちゃん「いや。何の為に!?」

そしてクロちゃんが檻に入れられている様子は一般公開。生放送の放送終了直後から。

ここでCM。

提供バックでは「指輪買うから!」と今更な事を繰り返すクロちゃんw

CM明けは檻の前に移動した一同のカットから。

国民投票がスタートしますが、クロちゃんは奇しくも赤いスカジャン着用。自ら赤いボタンで許せないを体現するクロちゃんw

開票が始まると、

許せない 1062012票 vs 許せる 44382票のスタート。随時、得票数が上がっていきます。

檻はパンダ仕様という事で藁が床に敷き詰められていて、ちょっとした毛布と吊り下げられたタイヤなど。

トイレも完備されていますがかなり壁が低い感じ。

たむらけんじ「見えそうで見えない感じにしてます。」

クロちゃん「上から見たら見えるって!身長高い人。」

たむらけんじ「大丈夫。大丈夫。身長高い人は来ないから。来ないという風に統計出てます。」

蘭ちゃんは「5年くらい入ってたら。」と非情な宣告。

そんな中、開票は進み、

許せない 2462484票 vs 許せる 133404票に。

たむらけんじ「ちょっと待って。今お前95%が許さへん言うてる。」

クロちゃん「嘘でしょ!?嘘でしょ!!」

たむらけんじ「こんなワクワクせぇへんこと無いで?笑」

このままだと22時間48分の収監時間にw

クロちゃん「バカじゃないの?マジで。」

スポンサーリンク

昔「黄金伝説」の企画で濱口優さんとふかわりょうさんが「スケルトンハウス生活」という過酷なロケをしたことがありましたよね。

CM明けに投票結果発表となりますが最後にクロちゃんからのお願いは「もう一回告白させて!キチンとするから!」というもの。

投票とは関係ないようなw

CM明けは投票結果発表ですが、クロちゃんは指輪は使い回しではなく、同じものを二個買ったものだったというまたしても嘘の説明w

たむらけんじ「また嘘ついてるやん!嘘です。買うてません。」

そして浜田さんの「結果発表~!」の音と共に投票結果発表。総投票数は279万7080票。

結果は、

許せる 5%

許せない 95%

クロちゃんの収監が決定。まあ途中の開票でもう勝負は決していたわけですねw

即座に飼育員風のスタッフさんに抱えられて檻に入れられるクロちゃん。

タイマーも作動して22時間48分がスタート。

たむらけんじ「明日(12月27日)の大体夜の10時位までいてますんで!」

豊島園に設置されている「真・MONSTER HOUSE」はオールナイト入園無料で開放されているとの事。

朝の9:30までは無料開放されていて、10:00からは通常営業がスタートするので入場チケットが必要になるとの事です。

また、クロちゃんに与える餌として、

犬ガム、鹿せんべい、ヒマワリの種、バナナ、煮干し、グミなどが用意されているそうで餌を購入してクロちゃんに与えるというシステムになっているそう。持参した差し入れなどは与えられないシステムのようですね。

クロちゃん「キチンと食べさせて!」

そして最後にあの指輪の入った黄色い箱が用意されて、蘭ちゃんが檻の中に投げ捨てた所で番組は終了。

たむらけんじ「さようなら~!」

蘭「良いお年を!」

クロちゃん「良くないよ!」

という事で最終回に「真・MONSTER HOUSE 収監をかけてクロちゃん国民投票」企画に変貌したモンスターハウスはこれにて閉幕。

第2弾があるのかどうかは分かりませんが、とりあえずここで一旦終了ですね。

その後・・・。

放送終了から約1時間が経った深夜1:10に夜間の無料開放の一旦中止を知らせるツイートが発表されています。

その後にさらに、12月27日中のクロちゃん収監イベント(「真・モンスターハウス」イベント)についても中止が発表されています。

【「MONSTER HOUSE(モンスターハウス)」に関する全記事はこちらのリンクから】

一覧:「モンスターハウス」

 - エンタメ

スポンサーリンク