What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第233回「青春高校 3年C組 月曜日」前川&別所のW主演による教室コントを生放送。見守る先生陣の無表情さw


4日間計5公演によるスタジオアルタ公演をやりきった生徒たちですが、今日は既に告知があった通りに日替わりで男女ペアによる主演で演じられていた教室コント(台本は基本的に共通)の中からスタッフさんの投票で最も優秀だったコンビを生放送で公開。投票の結果、前川&別所がW主演を務めた作品が披露される事になったわけですが、まあ出来栄えはちょっと・・・。観客席で見守るカズレーザー先生、中井りか先生、ノブナガ岩永先生の無表情さが全てを物語るようなw

という事で19年3月4日放送の第233回 青春高校 3年C組 月曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】メイプル超合金(カズレーザー、安藤なつ)

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】

※『』内は出席番号

【第一期生】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『4』めーな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『26』かのんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『27』べってぃー:別所匠(べっしょたくみ)

【第二期生】『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『30』もっちー:持田優奈(もちだゆうな)、『31』まーがりんorマーガリン:大曲李佳(おおまがりももか)、『32』黒木美佑(くろぎみゆ)、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)、『未定』上島陸歩(うえしまりくほ)、『未定』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『25』ボールドウィン零(れい)、『28』田中柊人(たなかしゅうと)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『6』中本大賀(なかもとたいが)※中本くんは休学か卒業か不明。→第173回放送で正式に休学と発表。

最優秀ペア発表

スタジオアルタ公演で披露された教室コントは主演の男女ペアを毎日交代させて計5作品披露。

細かい部分の設定などを多少イジっているものの、基本的な台本は共通となっていますが、スタッフさんのアンケートの結果で選ばれた最優秀作品は前川&別所コンビ。

佐久間Pから最優秀コンビの発表がされた後、意気込みを語る前川ちゃんは、

前川「私が自由に喋っても、べってぃー(別所)がちゃんと戻してくれると信じて自由に遊びます。」

別所「テレビの前の人を笑わせます。」

ここで30秒CM。

提供バックでは生放送での教室コント披露を目前に控えて舞台裏で出番を待つ生徒たち。

前川ちゃんは教室の席について板付きの状態。

途中でカメラが撮っている事に気付いたようで途中から表情を作っていますが、自然体の表情に多彩さがあって上手いですよね。

スポンサーリンク

教室コントスタート

本をくるくる回す前川ちゃん。

そこへ別所くんが登場。

本の上下が分からなかったというおバカキャラ設定を生かすつかみ。

お互いに謝り合う二人。

さらにホッチキスがカタカナだから分からないというおバカキャラその2。

チラッとスタジオで生観覧するメイプル超合金の二人と中井りか先生、ノブナガ岩永先生の表情が映りますが、ほぼ無表情。

リキ・小倉・黒木・佐藤登場

ホッチキスをパッチンという言葉で説明して教壇を探す二人ですが、

そこにリキ・小倉・黒木・佐藤が教室へ。

前川&別所の二人はその場の流れで教壇裏へ隠れる事に。

放課後にイタリアンを食べたいという前川ちゃんとトンカツが良いと言う別所くんがモメてケンカしているらしいという噂話をする4人。

くだらないケンカと切り捨てる小倉ちゃんですが、

前川「べってぃーがくだらないって言われてる~。可哀想~。」

別所「いや。歌音もセットで言われてるからね!」

リキは、二人の事を家族だと思っているから普通に心配。と仲間思いの熱いキャラ。

別所「俺ら仲直りしてんだけどなぁ~。家族だからなぁ~。」

前川「家族だから。」

前川&別所「家族に言いに行こう。」

サラッとリキをイジる二人。

ここでキレキャラの佐藤くんが口を開きます。

コントとか演技になると常にしたり顔で場面を積極的に動かす役ばかりですね。

前川ちゃんを“タダの宝塚気取り”、別所くんを“タダのかまってちゃん”と断言して、底の浅い二人は既に仲直りしているハズという見立て。

ここでも別所くんだけが可哀想だという前川ちゃん。

別所「だから!歌音もセットな!」

先ほどの天丼となるボケですが、ちょっとハズし気味。

放っておけばいいという佐藤くんの意見に同調する小倉ちゃんとリキ。

この意見に黒木ちゃんが反対。

これからの青春高校の行き先にも通じる根が深い問題と主張してケンカの根源はもっと他にあるハズと勘繰り。

スポンサーリンク

すると、今日中に前川&別所が仲直りする派と仲直りしない派に分かれて賭けをしようと提案する佐藤くん。

賭けを拒否する黒木ちゃんですが、佐藤くんはその肩を無理やり抱いて「逃げんじゃねぇよ!」と執拗に攻撃。

どこに連れて行こうとしているのか謎の動きw

リキ「佐藤、気持ち悪っ!」

気持ち悪いだとふわっとした印象のツッコミなので、もっと細かくその動きの不可思議さを描写してツッコんでもらいたい所。

結局、黒木ちゃんは仲直りしない方に賭ける事に。黒木ちゃんは若干セリフ間違い。

仲直りする派に小倉ちゃんもリキも賛同。

賭けの報酬は放課後のご飯代。

ここでまたしても黒木ちゃんの肩を抱く佐藤くん。

みんなに報告しようと教室を出ていく4人。

佐藤「おい!急げ!生放送だから時間ねぇぞ!」

いわゆる第四の壁を意識したセリフですね。

前川「佐藤くん、リハから全力で来るみたいな。」

別所「アイツ足クセェくせによ!捕まればいいんだよな。」

これを観るなつ先生は明るい表情ですが、隣の中井りか先生とノブナガ岩永先生の不安そうな顔w

結局、自分たちの事を底の浅い人間と断言した佐藤くん派を勝たせたくない&信頼してくれている黒木ちゃんの期待に応えたいという思いから、二人で協力してケンカしているフリをする事に。

これで大筋の流れが決定したのでここからはケンカするフリをする二人と、それに対する他の生徒たちの反応を軸に展開していきます。

浅井・まーがりん・持田登場

そこに浅井・まーがりん・持田の3人が教室へ。

するとスイッチが入ったようにケンカを始める前川&別所。

別所「おいおいおいおい!大阪の嬢ちゃんよ!」

ケンカのネタは相変わらずトンカツ vs イタリアン。

前川「こりゃすまんでした。別所はん!イタリアンなんて食った事無いからどんなんか分からんかったようで、こりゃごめんなさい。すいません。」

コテコテの関西弁でまくし立てる前川ちゃん。ここだけ吉本新喜劇的な。

続けて別所くんの出身地である群馬も盛大にディスる前川ちゃん。

別所「お前言い過ぎだからな!お前、一回秀ちゃんに怒られて来い!」

前川「秀ちゃんって誰?」

中山秀征さんですね。

浅井「ねぇ?どう思う?」

まーがりん「どうって・・・そうだなぁ・・・李佳はパエリアが食べたい!」

浅井「いや。そういう事じゃなくて!」

頬を膨らませてむくれるまーがりん。

持田ちゃんは、

持田「あっゴメン。ちゃんと聞いてなかった。ツムツム終わったらでいい?」

登場からずっとスマホをイジっていて我関せず。

浅井・まーがりん・持田の3人も仲直りする佐藤派であると告げて教室を後に。

群馬ディスりまで含めて言い過ぎだと忠告する別所くん。

またしても第四の壁を取っ払って観客席に話しかける前川ちゃん。

前川「皆さんも思いません?なんかすごい緊迫した雰囲気流れて、えっこれコントやのにホンマにケンカしてるんちゃう?って。」

またしても、すごく険しい表情で見つめている中井りか先生とノブナガ岩永先生。なつ先生はにこやかですが。

特にノブナガ岩永先生は舞台公演で既にこの作品を一度観ているハズなんですが、非常に厳しい目つき。

スポンサーリンク

ビジュアルの事をディスるのはやめろという別所くんと、やっぱりカタカナが理解できない前川ちゃんのやり取り。

今回は外見と言い換えても理解できないというおバカがエスカレートしたパターン。

これで3回目なので変化を加えてきましたが、もうこのパターンはいいのでは?そこまでウケてないようですし。

ついヒートアップしてイジってしまっただけなので許してと言う前川ちゃんは、その流れで本音が漏れたと口を滑らせてしまい、やはりここでも責められることに。

前川「イーー!と言ってない・・・言ったかなぁ?」

ちょっとこの辺は演技が上手くハマっていない様子。前川ちゃんっぽいと言えばそうですが。この演技がアドリブならしょうがないですが、OKを出した監督がいるとするとそちらの責任も。

村西・宮本・久保登場

村西・宮本・久保の3人が教室へ入ってくると途端に豹変して別所くんを突き飛ばす前川ちゃん。

早口でまくし立てる前川ちゃんと口下手で何も出てこない別所くんという対比。

村西・宮本・久保の3人も仲直りする佐藤派。

ケンカを続ける二人を見て、

村西「はぁ~・・・これだから外の世界は・・・。」

首をガックリとさせて元・引きこもりキャラ。ここは結構ウケているようですね。

ここで120秒CM。

提供バックではやっぱり言い過ぎだという別所くんと謝る前川ちゃんのやり取り継続。

前川「後で群馬に謝る。」

教室コント 後半

ナレーション「ここから半日、二人のケンカは続いた。」

暗転から明転すると、小倉ちゃんと佐藤くんが見守る中、喧嘩をする前川&別所。

前川「どこのブランドの靴履いてきたんや?言うてみ。」

別所「アディオス・・・。」

前川「それアディダスやん。アディダスのパチもんやん!」

別所「店員がちゃんとしたブランド物だって。」

ここは割とウケ気味。

さらに暗転。

ナレーション「他の生徒にバレないよう、時には思ってもいない悪口も言った。全ては黒木を助けるために・・・」

暗転中も無表情で舞台を見つめるカズレーザー先生、中井りか先生、ノブナガ岩永先生。

明転すると四つん這いの別所くんを足蹴にする前川ちゃん。

前川「おい!クソが。必勝法なんて二度とほざくなよ。テメェ。」

別所「必勝法は本当にありまーす!」

こういう暗転・明転のパターンで短めに色々見せていく方がしっくり来そうですね。

ナレーション「嘘は嘘を呼んだ。そして事態はどんどん取り返しがつかなくなり・・・」

暗転から明転すると、

仲直りしろと迫るリキと前川ちゃん。

前川ちゃんは別所くんの嘘の悪行を並べ立て、借りパク・盗み・群馬では畑泥棒でイノシシと同列に銃で撃たれるとディスり全開。その話にアッサリと乗っかるリキ。

スポンサーリンク

下校時刻間際

ナレーション「ついに下校時刻まで残り僅かとなった。」

一斉に教室に入ってくる生徒たち(シレっと女鹿ちゃんも合流)と、残り時間もあと僅かで勝利を確信する前川&別所のラストスパート。

別所「おいおいおいおい!大阪の嬢ちゃんよ!パート2!行くぞ!」

前川「パート2?」

観客席はノーリアクションで大スベり。

続けて九九の9 x 4を答えさせようとする別所くんと「九の段は嫌です~!」と耳をふさいで拒否する前川ちゃん。

「九の段は嫌です~!」ってセリフは結構面白いと思うんですけど、二人が大声でやり取りする中に埋もれちゃったのか全然ウケていませんねw

女鹿ちゃんも仲直りする佐藤派のようで「(ケンカが続いているので)どうする?ヤバいじゃんウチら~。」と焦り気味。

ここでも九九(7 x 3)で攻撃する別所くん。

前川「だから七と八と九は嫌や!七・八・九の段や嫌やって!」

ここもちょいウケだけw

すると黒木ちゃんが机を叩きながら、

黒木「いい加減にして!もう見てらんないよ~。もうトンカツだってイタリアンだって九九だって、もう本当にどうでもいい~。どうして譲り合えないの?どうして仲良く出来ないの?もう二人にはガッカリした・・・もうかのんはんのアタマにもガッカリ!」

味方だったハズの黒木ちゃんに愛想を尽かされて目論みが外れる前川&別所。

黒木「私が求めた青春じゃない・・・。ケンカなんて見たくないよ・・・。」

と遂には泣き出してしまう黒木ちゃん。

そんな黒木ちゃんの肩に触れながら慰める村西ちゃんは前川&別所を憎しみタップリの目で交互に睨み付けw

戸惑う前川&別所ですが、ここで下校時刻を知らせるチャイム。

慌てて握手をして仲直りをアピールする二人。

別所「見て!握手。仲直りしてる。ほら見て!この振れ幅見て!」

前川「この振れ幅!」

握手した手を上下に大きく振って仲良しアピール。

ここで演技でケンカしていたフリだったとネタばらしをする別所くん。

スポンサーリンク

佐藤「はぁ!?知ってたのかよ!何だよ!それ!」

リキ「いやお前。よくそんな事言えんな!」

ただ、仲直り成立はチャイムの鳴った後という事で賭け自体は黒木ちゃんの一人勝ちという流れに。

黒木「えっ!?ウソ?私の一人勝ち?」「2週間ゴチになりまーす!」

浅井「そこはちゃっかりしてんだね。笑」

やられた!という表情の佐藤くん。

やっと明るい表情が見えた中井りか先生とノブナガ岩永先生。

早速ご飯に行こうとする一同ですが、今日のメニューを前川&別所の二人に決めてもらうとすると、

ここでもトンカツ vs イタリアンでケンカが再発。

黒木「どうする?また仲直りするか賭けますか?」

別所「お前がそれ言う?」

まーがりん「はいはいはい!李佳はパエリアが食べたいです!」

村西「私はウィダーインゼリーでいいかな・・・笑」

持田「えっ!?今って何決める時間なの?ツムツムしてたわ。」

浅井「またやってたんかい!」

黒木「ファミレス行けば、全部あるよ?」

一同「確かに!」

一斉に教室を出ていく生徒たちですが、

女鹿「あの思ってるんだけど、ダメかな?あの~すいません!ねぇ待って!なんで私には誰も聞いてくれな・い・の!ウゥ~(泣)」

一人教室に残ってグズる女鹿ちゃんですが、そこに佐藤くんだけ戻って来て、

佐藤「女鹿ちゃん!」「時間ないから。」

女鹿「それはカズさんのセリフだからダメ!」

カズレーザー先生の女鹿ちゃんに対するいつものやつで教室コントはエンディング。

スポンサーリンク

エンディングトーク

教室コント終了と同時に前に出ていく先生陣4人。

そこに前川&別所のW主演コンビ合流。

中井りか先生「結構長いし、セリフ沢山あるし。大変だったけど。どうでしたか?出来栄えは。」

別所「まぁ何だろうな。緊張は公演の時よりしたんすけど、なんか笑い声が聞こえて良かったです。」

前川「思ったよりすごいあったかくて。」

感想を聞かれたカズレーザー先生は「そうですね。一番良かったのは持田さんが普通に机にぶつかったトコですね。」

初めに浅井くんとまーがりんと登場した際、帰り際に机に軽くぶつかって「あぁ痛い・・・。」と小さくつぶやいていた持田ちゃんでしたw

結局、一番おいしかったのは村西ちゃんだったような、そんな教室コントでした。

途中のケンカのやり取りも長すぎたので、舞台でウケなかった部分をどんどん端折って、もっとコンパクトにして欲しかった・・・。もし端折ってアレだとすると相当キツい出来だったんでしょうね。

テレビ東京「青春高校 3年C組」に関する全記事はこちらのリンクから

一覧:テレビ東京「青春高校 3年C組」

 - エンタメ

スポンサーリンク