What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

第238回「青春高校 3年C組 月曜日」中井りかの卒業ドッキリで番組愛をチェック。隠しカメラで本音がポロリ?


番組プロデューサーの佐久間Pに呼び出されて、番組の卒業について通知された中井りか先生はどんなリアクションを取るのかで番組愛を確かめるというドッキリ企画。さらに代わりの人選として同じNGT48のおぎゆかや、番組に一度出演した事もある朝日奈央さんの名前を出された時、中井りか先生はどんな反応をするのかを検証。すると、突っ込んだ質問をする佐久間Pに対して本音を語り出す中井りか先生の姿が。

という事で19年3月11日放送の第238回 青春高校 3年C組 月曜日の内容について見てみましょう。

スポンサーリンク

出演者

【担任】メイプル超合金(カズレーザー、安藤なつ)

【副担任】NGT48 中井りか

【教育実習生】ノブナガ 岩永達彦、信太優人(欠席)

【ゲスト】

【ナレーター】村田太志

【VTR出演】三四郎 相田周二、アンタッチャブル 柴田英嗣

※『』内は出席番号

【第一期生】『2』佐藤諒(さとうりょう)、『4』めーな:日比野芽奈(ひびのめいな)、『5』浅井優平(あさいゆうへい)、『8』村西里世(むらにしりせ)、『10』きめしゅん:木目田俊(きめだしゅん)、『11』河野紳之介(こうのしんのすけ)、『12』黒田照龍(くろだしょうりゅう)、『13』おばちゃん:宇都木彩乃(うつぎあやの)、『14』チャーリー:エゼマタ健太チャールズ、『15』むっちゃん:本多睦(ほんだむつみ)、『16』にゅま:小沼綺音(こぬまあやね)、『18』ひなまる:宮本ひなの(みやもとひなの)、『19』女鹿椰子(めがやこ)、『20』出口晴臣(でぐちはるおみ)、『21』ハニトラ:山口茜(やまぐちあかね)、『22』えのちん:小倉可愛(おぐらえな)、『24』リキorリッキー:奥村力(おくむらりき)、『27』べってぃー:別所匠(べっしょたくみ)

【第二期生】『28』田中柊人(たなかしゅうと)、『29』久保侑大(くぼゆうだい)、『30』もっちー:持田優奈(もちだゆうな)、『31』まーがりんorマーガリン:大曲李佳(おおまがりももか)、『33』わくっしー:涌嶋茜(わくしまあかね)、『34』上島陸歩(うえしまりくほ)

【欠席】『1』トーマス:大下美瑠(おおしたみる)、『7』るちゃ:西村瑠香(にしむらるか)、『9』夘余野陽奈乃(うよのひなの)、『23』わったー:渡邉聖明(わたなべまさあき)、『25』ボールドウィン零(れい)、『26』かのんはん:前川歌音(まえかわかのん)、『32』黒木美佑(くろぎみゆ)、『35』松岡龍二郎(まつおかりゅうじろう)

【大学受験専念のために休学中】『3』なる:鈴木七瑠(すずきなる)、『6』中本大賀(なかもとたいが)※中本くんは休学か卒業か不明。→第173回放送で正式に休学と発表。

オープニング

冒頭の自己紹介のくだりが頭に入っていなかったようで「何すか?」とちょっと戸惑い気味のカズレーザー先生。

そして先週金曜日の放送でハニトラこと山口茜ちゃんが夢である看護師を本格的に目指すために3月いっぱいでの卒業を発表した事ですが、これを受けて、

カズレーザー先生「あらおめでとう。いいじゃないですか。ずっと同じトコにいたってしょうがないから新しい場所に行くのは大事ですよ。いい事ですよ。おめでとうございます。」

3月29日の金曜日が3月中の放送最後になるので、その日にハニトラの卒業式が行われる事も既に告知済みですが、そんな事もあって画面左上には「卒業式まで残り18日」のカウントダウン。

事情を知らない人からしたらこの番組自体の卒業式に勘違いされるかもしれませんねw

ここで急に佐藤くんが立ち上がってすごみながらの告知。

近くにいた日比野ちゃん、村西ちゃん、女鹿ちゃん、後列の男子生徒たちもこの突然のカットインにマジで驚いた様子w

そんな佐藤くんをよそにカズレーザー先生はしみじみと生徒たちとトーク。

最後は真面目モードに戻って普通に告知に切り替える佐藤くん。

ノブナガ岩永先生「佐久間さんが、こんなカットインは望んでなかった。って。笑」

佐久間Pの思惑が何かしら外れちゃった様子w

ここでタイトルコール。

スポンサーリンク

中井りかドッキリ

「中井りか 青春高校愛 確かめドッキリ!」

自ら自分がかけられたドッキリを振る、仕切り役の中井りか先生。

中井りか先生「というわけで、今回わたくし中井りかがですね、ドッキリにまんまとハメられてしまいました。」

カズレーザー先生「ドッキリの内容って、また(週刊誌に)撮られたんですか?」

中井りか先生「・・・違いますよ。笑」

中井りか先生は2018年にブレイクタレントに選ばれたわけですが、そのせいで青春高校への愛情が薄れているのではないか?という事で番組への愛を確かめるというのが企画主旨。

ブレイクタレントは番組出演数を元に発表されるランキングなので、帯番組である青春高校への出演があったので、青春高校のおかげでブレイクタレントトップに輝いたという事情もあったりしますけどw

ほぼ同じ理由でノブナガのお二人もブレイクタレント2位に選出されていますしね。

コチラがデータを発表しているニホンモニターの元記事のリンク。

ニホンモニター 2018番組出演本数ランキング

カズレーザー先生「まぁハメられたんすね?」

中井りか先生「別部屋に呼ばれた時点でちょっと怪しいなって疑ってたんですけど、でも話の内容的に全然そんな感じじゃなかったので、普通に・・・ハメられました。笑」

ここで30秒CM

提供バックで険しい表情を作る中井りか先生。

生徒たちからは「かわいい~。」の声が飛んでいますが。

カメラが寄るとツンとした表情。

ドッキリVTR

柴田先生「中井りか青春高校愛確かめドッキリ~!」

柴田先生と相田先生がVTR中でモニタリング担当。

カズレーザー先生「やらかしの先輩!笑」

中井りか先生「やめて!笑」

柴田先生も色々ありましたからねw

ここで中井りか先生の裏の顔を暴露する柴田先生&相田先生は、

相田先生「やる気のない時も確かにありますよ。あるんですよ。」

柴田先生「楽屋で半透明に見えた事ありますよ。」

中井りか先生「無いよー!そんな事無い!」

ドッキリの仕掛け人は番組プロデューサーである佐久間Pと中井りか先生の女性マネージャーさんである、鈴木さん。

カズレーザー先生「お~!鈴木さ~ん!」

ドッキリの具体的な内容としては、

青春高校だけに縛っておくと他の仕事が受けられないという太田プロ(中井りか先生の所属事務所)からの要請で、番組側としては泣く泣く考慮せざるをえないという話を佐久間Pから通知。

そこで中井りか先生がどんなリアクションをするかによって番組愛を確かめるという事ですね。

佐久間P「(副担任を)誰に代わるのが一番嫌がります?」

鈴木マネージャー「おぎゆか(NGT48 荻野由佳)ですね。」

柴田先生「一回それもチラつかせます?笑」

佐久間P「おぎゆかか朝日奈央でしょ?笑」

鈴木マネージャー「確かに。笑」

佐久間P「(朝日奈央が)1回来た時ガンハマり。笑」

カズレーザー先生「作り手がハマってるから。」

さらに中井りか先生への通知の前に前振りとしてノブナガ卒業も通知。

佐久間P「でも無い話じゃないからね?ノブナガの卒業。笑」

柴田先生「ちょっと待って。笑。ドッキリじゃなくなる一言。」

という事でまとめると、

  • 別部屋に呼び出して佐久間P、鈴木マネジャーと中井りか先生の三者面談方式
  • ノブナガの卒業報告
  • 番組出演を減らす相談
  • おぎゆか or 朝日奈央が交代要員候補

という流れで中井りか先生に伝えていきます。

スポンサーリンク

ドッキリスタート

佐久間Pが一人で待っている部屋に鈴木マネージャーに連れられて入室してくる中井りか先生。

佐久間P「いや。楽屋で話せない話があってさ。」

中井りか先生「何ですか!?笑。怖いんですけど!何の話?」

佐久間P「4月以降の話。」

中井りか先生「え~やだ!笑。怖いからやだ!怖いから座りたくない!」

席に着こうとせず後ずさり。さらにキョロキョロと隠しカメラを警戒しているような動き。

柴田先生「一回ノブナガの振りが入るんで、ホッとするでしょうね。笑」

既にMC担当の芸人さんたちには順々に通知済みという事で、

佐久間P「ほぼ確定なんだけど、ノブナガは卒業します。」

中井りか先生「えっ!?マジ?ガチ?笑」

ここで中井りか先生から衝撃的な一言。

中井りか先生「無理だった?」

柴田先生「無理だったってどういう事よ。笑。どういう評価の仕方?」

中井りか先生「え~・・・。かわいそう。」「ちょっと。かわいそう。」

柴田先生「笑っちゃってる。笑。私の事じゃなかったから。良かったも半分入っちゃってるてる感じがありますよね?」

相田先生「ビビって損した。」

中井りか先生は笑っていますが、その解釈の仕方は微妙な所。安心の笑顔なのか、せせら笑っているような嘲笑的な意味合いと捉えるべきか、悲しみを隠す笑顔なのか。

佐久間P「それだけじゃないんだよ。」

中井りか先生「何!?やだやだやだやだ!嫌です!」

佐久間P「太田プロさんとも話して、月~金帯をずっとやってると、他の仕事が受けにくい。夕方の5時半。曜日レギュラーで出て来るのを、2から3回とか。もしくは1回になるかもしんないんだけど。っていうのはどうだ?っていうのは太田プロさんからある程度そういう話をもらってて。」「でもちろん確定したわけじゃないんだけど、本題はどっちかって言うとコッチ。」

柴田先生「どうなんだろうね?本人の心境。」

カズレーザー先生「もうノブナガの事は忘れてるでしょうね。笑」

中井りか先生「どっちがいいんだろう。分かんない・・・。」

佐久間P「寂しいのは寂しいけどね。せっかく2年目になって。」

中井りか先生「え~。笑。う~ん・・・」

鈴木マネージャー「次のステップに行ってほしいなっていう事務所の思いはあって。新しい事をやりたいなっていうのはあるにはある。」

スタジオの中井りか先生「これホントにヤバかったからね。めっちゃ騙された!」

カズレーザー先生「何で、この番組は踏み台みたいな言い方!どういう事だよ!今の!鈴木さん!」

スポンサーリンク

中井りかは何曜日が好き?

佐久間P「ちなみにだけど、どの曜日が離れがたいっていうのはある?」

中井りか先生「金曜日。だってサトシがいるもん。笑。」「優しいから。」

東京03 飯塚悟志先生の名前が出た事で金曜日を交代で担当している柴田先生はショックw

柴田先生「俺じゃねぇのか・・・。だから俺の時半透明に見えんだな。マジで!ちょっと待って。佐久間さん!俺へのドッキリ!?これ?」

飯塚先生と離れたくない?と聞くと、うん。と答える中井りか先生w

柴田先生について聞いてみると、

中井りか先生「しばっちょも面白いから好き。」

柴田先生「よっしゃ。よっしゃ。よっしゃ。」

こうなると隣でモニタリングする相田先生も自分の評価や担当の水曜日が気になってしょうがないw

鈴木マネージャー「水曜は?」

中井りか先生「三四郎さんは割とでもなんかどこででも会える感が。笑」

相田先生「何だよそれ!何だよそれ!」

柴田先生「仕事の内容が被りやすいという事で。」

相田先生「被んないですよ!別に・・・」

別室でふてくされる相田先生をよそに、

中井りか先生「相田さんも仲良いですよ。CM中もめっちゃ喋ってくれるし。面白い。・・・けど、いつでも会える。笑」

佐久間P、鈴木マネージャーも一緒に爆笑w

中井りか先生「曜日レギュラーとかになるんだったら別に、水曜日とかは、いいかなって。」

スタジオの中井りか先生「すいません。ホントに。笑」

ガックリと肩を落とす相田先生w

おぎゆか、朝日奈央の名前を出すと?

火・木だけを中井りか先生が担当して他の曜日は他の人がキャスティングされるかもという話を振る佐久間P。

相田先生「おぎゆかさんっていう話もあるらしいよって。」

柴田先生「秋元先生からね。」

鈴木マネージャー「秋元さんからおぎゆか説も。」

中井りか先生「やだよ!絶対!なんでおぎゆか!」

激しく拒否w

佐久間P「朝日奈央だったらどうする?」

中井りか先生「え~!でもバラエティの力的には断然負けてると思いますけど。笑。私の実力的には、青春高校では素を出せるようになったけど、他の番組であんまりやりたいようにまだ出来ない状態なので。」

柴田先生「中井先生にもそういう悩みがあんだね。」

佐久間P「他の仕事現場と青春高校は結構違うのか、じゃあ?」

中井りか先生「全然違います。圧倒的ホーム感。で外に出た時は自分のキャラを知らない人たちの方が多いから、話せなくなっちゃったりとかするんですけど青春高校は全然大丈夫です。」

佐久間P「出せる?自分を?」

中井りか先生「うん。」

スタジオの中井りか先生「やめてよ~!恥ずかしいよ~!」

スポンサーリンク

生徒たちについては?

佐久間P「一人間として、中井にとって青春高校とか生徒ってどういう感じなの?」

中井りか先生「個人的に(相談の)DMが来る生徒とかもいて。私からDMする事もあるし。プライベートでもディズニー行ったりとかして、仲良くなって来たし。」「私じゃおこがましいかもしれないけど、アイドル部とかも、成長するのを見守ってるっていうポジションだったから、うーんっていう感じ。笑」

佐久間P「かわいいのね?」

中井りか先生「うん。」

さらに生徒たちについては、

中井りか先生「かわいくないワケないじゃないですか。なんか誤解されてますけど?笑」

佐久間P「誰が一番かわいいの?」

中井りか先生「西村。笑」

佐久間P「最近、日比野もかわいいっぽい?」

中井りか先生「日比野もかわいい。なんだかんだ言って、たぶん私の事好きだし、日比野は。笑。だからまあ、好きでいてくれるから私も心を許せるので・・・。あんま私の事好きになる人いないから。周りで。笑」

佐久間P「青春高校の生徒は違うんだ?」

中井りか先生「うん。ちょっとね。(NGT48の)メンバーとはまた違った場所というか。」

ここで番組スタート時からの振り返りVTR。

日比野ちゃんへの強く当たる中井りか先生や、中井りか先生の為に千羽鶴を折って来た佐藤くんの頑張りや、文化祭でうよのちゃんと共にコントも披露。

水泳大会では水着をチラ見せしていた中井りか先生や、文化祭のアイドル部のパフォーマンス後には涙を流して喜ぶ姿もありました。

運動回企画では揉める生徒たちを仲裁したり、熱愛スキャンダル後に生徒に一時的に降格になった中井りか先生も。

18年6月18日放送の第56回

中井りかの決断は

鈴木マネージャー「事務所の事抜きで中井はどうしたいの?」

中井りか先生「私は(青春高校に)出たいです。曜日レギュラーというよりかは今まで通りで、もう1年ぐらいはやりたいっていう気持ちが大きいですね。生徒の事を分かってて話を振れるのは多分私だけ。」

柴田先生「僕はね、このドッキリを通じてね思った事がありますよ。この子はまあまあいい子です。」

スタジオの中井りか先生「まあまあかよ!笑」

スポンサーリンク

ここで別室でモニタリングしていた柴田先生&相田先生が三者面談の席に突入してネタばらし。

柴田先生「どうしたんですか!中井さん!あなた!神妙な面持ちで随分と!」

中井りか先生「ちょっと待って・・・笑。相田さん・・・笑。」

相田先生「変な事言ってくれたな~!」

最終的には番組出演継続を訴えた中井りか先生でしたが、

相田先生「外すなら水曜っていうホントそれだけはやめてくれない?すごい傷ついてます。コッチは。」

佐久間P「理由は“いつでも会えるから”笑」

柴田先生「(他の番組の)MCじゃないから。笑。打算過ぎるよ。中井さん。」

生徒への愛情を語っていた中井りか先生は、

中井りか先生「好きですけど・・・笑」

柴田先生「日比野の事もすごくかわいいんだね?アイドル部の成長も応援してるんだね?」

中井りか先生「もういいです・・・。うざー!マジでうざい!」

柴田先生「私みたいなものが言える立場じゃないけど?成長が楽しみだね?」

中井りか先生「うぜぇー!マジで!笑」

柴田先生「おめぇが金曜日好きなのはサトシがいるからだもんな?」

中井りか先生「しばっちょも。笑。しばっちょも。笑」

相田先生「あん時、柴田さん傷ついてたぞ!」

柴田先生「俺泣いたんだからな!」

相田先生「(なだめるように)よしよしよし。って思ってたら次俺が傷ついちゃった。」

柴田先生「二人ともグロッキー。」

中井りか先生「ビックリした。マジでクビにされると思った。」

柴田先生「ノブナガのクビがどっちなんでしたっけ?アレは?」

佐久間P「検討中です。笑」

VTR終わりに改めてカズレーザー先生からノブナガの卒業発表w

ノブナガ岩永先生「いろいろあって、最後、検討中で落ち着いたから!」

まあノブナガ先生の卒業はとりあえず保留という事で、ドッキリの結論としては中井りか先生の青春高校愛は深まっていたという事に。

女鹿「りか先生は、私が放送中に勝手に泣いちゃった時も、ごめんなさいってDM送ったら、いつも冷たい感じですけど女鹿ちゃんがいないと成り立たないアイドル部にしてやろうぜ!っていうDM送ってくださって。」

中井りか先生「やめてー!笑。何この回!?」

カズレーザー先生「結果的に女鹿ちゃんがいなくても成り立つアイドル部になってしまったと。」

リキに感想を聞くと、

リキ「生徒一人一人の事考えてくれてるし、僕が落ち込んでる時とかも来てくれて。で話しかけてくれたりとかするのでホントに大好きなんで。」

カズレーザー先生「でも、おぎゆかちゃんが来たら、人気があるんだよね。番組トータルで見たときにどうなんだろう?っていう。」

リキ「僕は一番好きです。中井さんが。」

他には、

小沼「私も多分女鹿ちゃんと一緒で、結構悔しくて泣いちゃう事があるんですけど、そん時にいっつも何か、りか先生寄って来てくれるっていうか。ホントに優しいんですよ!」

カズレーザー先生「世間には伝わってないけどね。笑」

中井りか先生「でもホントに恥ずかしいです。」

スポンサーリンク

4月以降も副担任をこれまで通り務める中井りか先生から生徒たちへ思いを込めて挨拶。

中井りか先生「4月から公演も始まりますし、それぞれ抱えてる悩みとかも沢山あると思いますけど、いつでも相談して来てもらっていいので私で良ければ話を聞くので、これからもよろしくお願いします・・・笑」「恥ずかしぃ~!笑」

続けて「岩永卒業の挨拶」という悪ふざけカンペを出す佐久間Pは悪い人w。

カズレーザー先生「来週からいませんけど。」

ノブナガ岩永先生「おるわ!ちゃんと思い伝えるからな!」

日比野ちゃんにも感想を聞いてみると、

日比野「本当に副担任はりか先生しかしないです。大好きです。SHOWROOMやってる時に自分の事褒めてくれた事があったんですけど、すごい見てくれてるなっていう印象で。」

中井りか先生「いいよそんなに無理して言わなくて。」

ノブナガ岩永先生「出た!出たよ~。ツンの方出たよ~。笑」

日比野「裏とかでもめちゃくちゃ優しいですね。」

中井りか先生「裏とかでとか言わないで!あんまり!」

でも一番かわいい生徒は、

中井りか先生「西村はかわいいです。笑」

ここで120秒CM

エンディングでは3月14日木曜日のホワイトデーに「チョコはあげてないけど出口からお返しを貰いたい女の子募集!」という謎の告知。

ギブ&テイクを無視してテイクから入るという謎コンセプトw

前回のチョコお渡し会と同様に別所&おばちゃんも参加して生放送でお返し会を中継するようですね。

詳細は番組HPで。

カズレーザー先生「ゴディバ?」

出口「ゴディバあげましょう!」

カズレーザー先生「自腹だぞ!」

テレビ東京「青春高校 3年C組」に関する全記事はこちらのリンクから

一覧:テレビ東京「青春高校 3年C組」

 - エンタメ

スポンサーリンク