What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

ダウンタウンDX 浜田雅功が「別格」と大絶賛する高島彩の神進行の凄さとは?


21年7月15日放送の日テレ系「ダウンタウンDX 女性アナ集結嫉妬SP」ではフジテレビアナウンサー時代の高島彩の別次元の凄さを浜田雅功がべた褒めするトークに。それはトリノオリンピックの中継を2人で担当した時のエピソードで、その神進行には舌を巻いたんだとか。

スポンサーリンク

高島彩は別格

ゲスト出演した中村仁美のフジテレビ時代の1期上の先輩に当たるのが高島彩。

「すごいなと思ったアナウンサーは?」というトークでは、

中村仁美「それは彩さんですよね。もう各所で10年に一人の逸材って言われていて、一緒にお仕事すると空気の読み方とか瞬時の判断とかが努力しても絶対追いつけないなっていう。別格。」

これには同じくゲスト出演していた元フジテレビの大島由香里も「別格」と同意。

中村仁美「彩さんにはなれない。別次元にいるって感じで。」

すると言葉を差し挟むように、

浜田雅功「僕も思います。」ダウンタウンDX 浜田雅功が「別格」と大絶賛する高島彩の神進行の凄さとは?

サラッと一言。

松本人志「あぁそうなんや。」

こんなストレートに他人を褒める浜ちゃんもなかなか珍しいような。

27時間テレビを高島彩が担当した際には、フロアで出されるカンペに「最初の接続詞(例:このあとは、ここで、それではなど)だけ赤線を引いておいて」とリクエスト。

最初の接続詞が目に入ればその後の流れは大体分かるからと。

27時間テレビともなればその台本の量もとんでもないわけですが、それを隅々まで覚えるのは流石に高島彩をもってしても不可能。

ところがきっかけ台詞だけ見せてくれれば、あとは流れが全て頭に入っているので問題ないという高いスキルを発揮してスタッフを驚かせたという高島彩の別格エピソード。

そんなリクエストを出しておいて、いざ本番でミスをしてしまえば「ほら見た事か。」と言われてしまう所ですが、ミスも無くサラッとやり切ってしまう所に高島彩の凄さが感じられますよね。

オリンピック中継での出来事

そして、浜ちゃんが高島彩と最初に共演したのはトリノオリンピックの中継現場での事だったそうで、

浜田雅功「初めて一緒で並んで。結構(収録時間)長いよ。選手がどんどん来るから。それをやってて、打ち合わせやってんねんけど。俺は適当にやっときゃええか思ってやってたら、来た選手にバーっと喋ってたら、すごいタイミングでこの人スパーン!スパーン!って入って来るのよ。」「これスゴイな!って思って。」

長年コンビを組む2人の阿吽の呼吸であればまだ分かりますが、この時初めて一緒に進行を担当する事になったわけですし、ましてやオリンピックの中継というかなりイレギュラーな現場という厳しいシチュエーションが重なった中で浜ちゃんに絶賛されるほどの手腕を発揮していた高島彩の凄み。

中村仁美「どうしても流れ壊しちゃったりとかするじゃないですか?一番いいタイミングで。」

浜田雅功「なぁ?確かにそう。この人は。」

料理や歌やメイクなど何をさせても器用にこなせてしまう万能超人ぶりを発揮していた高島彩ですが、

浜田雅功「なんかないんかな!?悪いトコ。」

中村仁美「本人が気にしてたのは『二の腕が太いの~。』って。」

浜田雅功「やかましわ!アホンダラ!」

以上、ダウンタウン浜ちゃんが語る高島彩の別格の凄さについてでした。

 - エンタメ

スポンサーリンク