What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

BNPパリバ・オープン、マイアミ・オープンからのスーパーショット集。投票も受付中。


マイアミ・オープンの男子シングルス決勝ではスイスのロジャー・フェデラーとスペインのラファエル・ナダルというテニスファン垂涎の対戦の末、ロジャー・フェデラーが勝利。3度目のサンシャイン・ダブル達成となりました。そこで先ごろ行われたBNPパリバ・オープンとマイアミ・オープンの2大会から選ばれたスーパーショット集が公開されています。

スポンサーリンク

ATP公式ページから

ATP公式ページでは、BNPパリバ・オープンとマイアミ・オープンの2大会から選ばれたスーパーショット動画集が公開されており、お気に入りのショット(動画)に投票できるようになっています。

現状で人気のトップ3動画は以下のようになっています。

第3位 – N・キリオスの股抜き(?)ショット

第3位 – マイアミ・オープン準々決勝 N・キリオス vs A・ズベレフ戦からN・キリオスが見せた股抜き(?)のパッシングショット

一般的に「股抜きショット」と呼ばれるショットは頭上を越えるロブボールを追いかけていってネットに対して背中を向けたままに打つショットを指します。ちなみに以下の動画は通常の股抜きショットの動画集になっています。

見ていただければ分かりますが、股抜きショットは緊急回避的な意味合いのショットなのですが、今回のショットはネットに正対している状態ですから、わざわざ股の下から打つ意味が無い状況でN・キリオスが披露したトリックショットになっているわけです。

一応、こじ付けですが、通常のショットとはテイクバックやスイングの軌道が相手から見えづらくなり、体重移動も通常のショットとは異なる打ち方になるため、相手からするとどちらのコースにボールが飛んでくるか読めなくなるというメリットもあるにはあるとは思います。

初心者の滅茶苦茶なフォームから打つボールのコースが読みづらいのと似ていますね。

今回のスーパーショット集にはノミネートされていませんが、準決勝対R・フェデラー戦で披露した股抜きショットもこんな具合でした。以下の動画00:50付近でR・フェデラーのタイミングを外す瞬間が見れますね。

/p>

ちなみにその直後に収められているR・フェデラーがネット際のボールを拾ったショットは「同じような状況でR・フェデラーならどうするのか」という何やら対比的な意味が込められているようでおもしろいですね。

第2位 – J・デルポトロの股抜きショット

第2位 – BNPパリバ・オープン2回戦 J・デルポトロ vs F・デルボニス戦からJ・デルポトロが決めた股抜きロブショット

こちらは通常の股抜きショットですが、ボールの軌道はパッシングではなくロブショットになっています。あの体勢からロブショットに持っていけるのはコートを立体的に捉えていないと不可能でしょう。しかもコーナー付近にきっちり決まっています。

ちなみに、日本の錦織圭も過去に披露した事がありますね。

第1位 – R・フェデラーの巧みなタッチ

第1位 – マイアミ・オープン4回戦 R・フェデラー vs R・バウティスタ・アグ戦からR・フェデラーが見せたバックハンドドライブボレーから最後はアングルボレー

正直、R・フェデラーからすれば普通のシーンのようにも見えるのですが、バックハンドドライブボレーは華麗ですね。

そこからどんどんネットに距離を詰めながらボレーでR・バウティスタ・アグの反応時間を奪っていき、最後はアングルへのボレーで決めていますね。美しい一連の流れは流石です。

ただ、R・フェデラー vs R・バウティスタ・アグ戦から選ぶなら、こちらのシーンの方が見ごたえがあります。

こちらの記事でその他のシーンも含めて詳しく紹介しておりますが、悠々と返球を待ち受けるR・フェデラーのポジショニングが不思議です。

いかがでしたでしょうか?以下のリンクから詳細を確認できますので是非見てみてください。画面中央付近の黄色い「VOTE」ボタンで1票を投じる事が出来ますね。

ATP公式ページ – Vote For Your Fave Hot Shot

 

 - テニス ,

スポンサーリンク