What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

マツコが誕生日プレゼントでもらって愛用するバターケース&買えるお店は?その他お買い上げリストも


19年7月4日深夜(5日)放送のテレビ朝日系「夜の巷を徘徊する」では東京・渋谷区の千駄ヶ谷と北参道の間のエリア、通称“ダガヤサンドウ(駄ヶ谷参道)”をマツコ・デラックスさんが街ブラ。そこで見つけたオシャレな日用雑貨屋さんは実は番組スタッフが以前マツコさんに誕生日プレゼントとして贈った“バターケース”を購入したお店という事で早速入店。そしてマツコさんが新たに購入したのは何だったのでしょうか?

ということで番組の放送内容を元にマツコさんが訪問した「POST DETAIL(ポストディテール)」の様子を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

YouTube動画

YouTube動画ではハイライトと未公開映像が含まれたものが配信されていますがコチラから。

未公開映像は常磐線の駅名について熱く語るマツコさんが主で本記事で紹介する雑貨屋さんの情報はゼロw

POST DETAIL(ポストディテール)

「POST DETAIL(ポストディテール)」

住所:〒151-0051 東京都渋谷区51 千駄ヶ谷3丁目51番5号 jibikiビル1F

電話番号:03-3402-5355

公式ページはコチラ

「マツコさんの誕生日プレゼントで渡したバターケースとかもココで買ったらしいです。」という言葉を受けて、

マツコ「あっそうなの!?あれステキなバターケースよ。使いやすいし。何て言うんだろう、バターがね、ちょっといい感じに柔らかくなるのよ。」

お店にお邪魔するとまずはその愛用中のバターケースをチェック。

「木のバターケース イタヤ (メープル) 7344円」マツコが誕生日プレゼントでもらって愛用するバターケース&買えるお店は?その他お買い上げリストも

※正確な商品名は【高橋工芸】Kakudo45°木のバターケース

POST DETAIL(ポストディテール)公式ショップの楽天ページでも販売されていますが7月5日現在は売り切れで入荷待ち

その他に販売サイトはAmazonや楽天ショップの他店などもありますので割と手に入りそうですね。※不正サイト(偽サイト)の存在もあるようなのでその点はご注意ください。

販売元の高橋工芸の公式ページはコチラ「Kakudo バターケース」

取り扱い店舗の情報が掲載されていますので実際に手に取って確認したい場合は問い合わせるのもアリですね。

マツコさんがプレゼントされたものは3種類の木材のラインナップ“イタヤ(メープル)・ウォールナット・チェリー”のうちでイタヤ (メープル)のものですね。

マツコ「これねスゴイ取りやすいのよ!」

中の容器にアール加工が施され丸みを帯びているので使いやすいようですね。

マツコ「開けるまでにね半年ぐらいかかりました。笑。いただいてから。可愛かったんでもったいなくて。笑」

POST DETAIL(ポストディテール)は全国の職人さんが手仕事で作っている食器や日用雑貨を集めたセレクトショップ。

マツコ「これを基準に家を作ったら完成するわね。まとまりの良い家がね。」

続いてマツコさんが気になったのが、

「亀の子束子 西尾商店 白いたわし サイザル麻(大) 972円」

コチラが商品ページ

触れるなり「わ!柔らかい!感動!」と大きなリアクションのマツコさん。

柔軟性と吸水性に優れるサイザル麻を使用したたわし。

柔らかいので体を洗うのに使う人もいるとか。

マツコ「これだったら洗えるよね。」

続いて気になったのは、

「FUTAGAMI (フタガミ) 鍋敷き 各種」

コチラが商品ページ

星、月、太陽をモチーフにした鍋敷きのオシャレさに反応するマツコさんでしたが「でもこんなのダメよ。買ってったら。敷かなくなるから。」

デザイン性が高すぎてもったいなくて使えないという微妙な発言w

マツコ「そういう人はダメね。私みたいな貧乏性がさ、抜けない人は。笑」

白いたわしも使うと汚れてしまうからという理由で買っても“観賞用”になるかもとビクビクw

続いては、

「一菱金属 conte まかないボウル180 2592円」

コチラが商品ページ

“まかない”とは曲げ(巻き)加工をしていないという意味で、淵の部分が帽子のツバのようにそのままの形状になっているのが特徴。

一緒に組み合わせるのが、

「一菱金属 conte まかない平ザル 180 1944円」

コチラが商品ページ

パンチ加工された蓋を一緒に使う事で水切りも出来るという商品。

これも「もったいないから使わない。」とマツコさん。

スポンサーリンク

お次は、

「近江和ろうそく 大與 色ろうそく 各種」

コチラが商品ページ

カラフルな和ろうそくの5本パックに「和ろうそく可愛い~!」と食い付いたマツコさん。

天然の顔料で着色したという商品に「こんな色のあるんだ~!」と感激。

でも使ってしまうと「色が欠けてしまうので使えない。」と同じ発言を繰り返すマツコさんw

いい加減何か買いなさいw

そう思っていると遂に「私が今日一番欲しいなと思ったもの・・・」とマツコさんが手に取ったのが、

「近江和ろうそく 大與 お米のブロックキャンドル M 3888円」

コチラが商品ページ

公式ページはコチラで

米ぬかに含まれるロウを抽出して作られたという和ろうそく。色は着色などはせずにそのまま。

マツコ「これ私いただいていきます。これ。これいいのよ。私ろうそくの炎を見るのが好きなので。これはもう。」

煙がほとんど出ないので観賞用としても最適とか。

やっとお買い上げのマツコさん。

その他には薄さが特徴の吹きガラス「松徳硝子 うすはり」のラインナップも気になりつつもすぐに洗っている時に壊してしまうという理由であえなくスルー。

オシャレ雑貨を見ているうちに「どうしよっかなぁ~!家建てよっかなぁ~!」と思わず漏らすマツコさん。

自分専用のモデルルームのような観賞用の家が欲しいとまで言う始末w

マツコ「ダメだね。私はね。笑。こういうものを自然に臆することなく使える人間になりたい。なれると思ったんだけど、なれなかったよ。変わらないんだよ。みんな。幼少期の生活をそのまましてしまうのよ人間ってのは。笑」

そうは言いつつも流石に日用使い出来るものを何か欲しいというマツコさん。

目についたのは、

「POST DETAIL クローバー マグカップ 1296円」

コチラが商品ページ

お店オリジナルで制作したマグカップ。

“以前”作ったというお店の方の言葉を「備前」と聞き違えて備前焼だと勘違いしたマツコさんは赤面w

続いて手にしたのは、

「亀の子束子 西尾商店 亀の子スポンジ 各種 324円」

「亀の子束子 西尾商店 亀の子スポンジホルダー 864円」

コチラが商品ページ

公式ページはコチラで

マツコ「亀の子スポンジもあるんだ。」

お値段もグッとお手頃なので「これなら使うか!」と貧乏性のマツコさんw

選んだ色はグレーとカフェオレの2種類で「汚れが目立たない色」という生活感あふれる動機。※ちなみにカフェオレは秋限定カラーのようですね。

予備用という事で2個ずつ計4個をお買い上げ。

マツコ「今日開ける!帰ったらもう今日開けるこれは!」

さらに番組では紹介されていませんでしたが、小さなほうきも一緒に持っていたマツコさんなので恐らくコチラ、

「白木屋傳兵衛商店 はりみ用小箒 1404円」

コチラが商品ページ

もお買い上げ。

亀の子スポンジを選んでいる間もずっとほうきの手触りを堪能しながらでしたねw

という事でマツコさんのお買い物は以上。

スポンサーリンク

マツコが買ったものリスト

  • 「近江和ろうそく 大與 お米のブロックキャンドル M 3888円」
  • 「亀の子束子 西尾商店 亀の子スポンジ 各種 324円」
  • 「亀の子束子 西尾商店 亀の子スポンジホルダー 864円」
  • 「白木屋傳兵衛商店 はりみ用小箒 1404円」

という事で19年7月4日深夜(5日)放送の「夜の巷を徘徊する マツコ渋谷区のオシャレ街・ダガヤサンドウでV6三宅健と遭遇!」については以上。

今回紹介した「POST DETAIL(ポストディテール)」と他記事で紹介したマツコさんが飲みまくっていたスムージーのお店「ローランズ(LORANS.)原宿店」はお向かいという位置関係なのでコチラもついでにどうぞ。

テレビ朝日系「夜の巷を徘徊する」に関する全記事はこちらのリンクから。

一覧:テレビ朝日系「夜の巷を徘徊する」のグルメ特集

 - エンタメ

スポンサーリンク