What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

それって!?実際どうなの課で検証!フラフープを1週間続けると「くびれ効果」はある?そのウソホント


20年6月3日放送の日本テレビ系「それって!?実際どうなの課」ではフラフープを1週間ひたすら続けると本当に腰がくびれるのか?そのトレーニング効果をガチ実験。たった1週間という制約の中でどれほどの効果があったのか?そしてその裏にあるウソとホントとは?

スポンサーリンク

実験前のくびれチェック

実験に挑むのはグラビアでの活動もある安倍乙さん。

体型としてはふっくらした感じでお世辞にもくびれがハッキリ出ているボディタイプではないようですね。

ご自身も「一番体のパーツの中で自信無いです。怠けてましたね。」というコメント。

そもそもフラフープでくびれ効果というのは横腹の筋肉である腹斜筋をフラフープで鍛えられるからという原理だそうですが、果たして?

という事で実験スタートを前にウエストの計測。

ちなみにテレビ番組では衣装などを発注する際に必要になる「サイズ表」というものがあり、

ここにはあらゆる部位の数値が書かれているわけですが、ここには公称プロフィールとはまた違った数値が書かれていたり。

安倍乙さんのサイズ表に書かれていたのは「ウエスト57cm」という数値だったのですが、実際にウエストを測ってみると、それって実際どうなの課で検証フラフープを1週間続けると「くびれ効果」はホント?安倍乙のウエスト

70cm・・・

番組に提出したサイズと13cmも違うという大サバw

安倍乙「ちょっとフェイクですね。笑」

ちょっとじゃないw

さて、そんな芸能界の闇が明らかになった所で、今回の実験の概要について。

  1. 期間は1週間
  2. ずっとフラフープを回し続ける
  3. 毎日よる8時にウエスト計測 → 朝イチ計測に変更

コチラが基本的な3つのルール。

このルールに従いながら実証実験スタート。

初日スタート

フラフープ自体は難なく回せる様子の安倍乙さん。

まずは5分間ノンストップで回し続けて一旦休憩。

安倍乙「キュッて締まって来ている気はします。」

たった5分でそんなわけないと思いますが、まずは5分 x 10セットをこなしていきます。

パーソナルジムやエステに行ったりというお金をかけたケア方法には手が出せないという安倍乙さんはひたすらフラフープ。

そんなこんなで1時間フラフープを回した所で食事休憩。

バランスの良い食事を摂る事もくびれ作りには大事なポイント。

このフラフープ1週間生活では、

たんぱく質、ミネラル、炭水化物など体に必要な栄養をバランス良く摂取できる食材の頭文字である。

まごわやさしい

の標語に従ったバランスの良い食事メニューと腸内環境を整える発酵食品を積極的にとり入れていきます。

この日の昼食メニューは、それって実際どうなの課で検証フラフープを1週間続けると「くびれ効果」はホント?腸活メニュー

  • 納豆キムチとアボカドのささみ丼(玄米)
  • 野菜ときのこのお味噌汁

昼食後はまたひたすらフラフープ。目標ウエストサイズは60cmでマイナス10cmを目指すとの事で回し続けます。

サイズ表の57cmはどこいった・・・?w

さらにくびれを目指すためにお風呂でもしっかり体を温めて代謝を促進する作戦に。

夕食は、それって実際どうなの課で検証フラフープを1週間続けると「くびれ効果」はホント?腸活メニュー2

  • ごま豆乳鍋

筋肉を強化する為に必要なたんぱく質が豊富に含まれる豆乳と豆腐をガンガン摂取。

そしてよる8時に測定タイム。

ウエストサイズは、

71.5cm

とあれだけ頑張ったのにプラス1.5cm・・・。

くびれの専門家という事でB.Q.Bくびれ研究所 所長という塔筋真弓先生曰く、

夜は身体を緩めたい時間帯なので、朝の時間帯の方が正確に計れる

との事。

確かにお風呂に入って食事もとってリラックスモードなのでそういう事もあるのかもしれません。

そこでルール変更。

毎朝、朝イチで計測する

事に。

検証2日目

初日にずっと回し続けたフラフープのおかげで腹筋は筋肉痛になっている様子。

朝イチでウエストサイズを計測してみると、

71.5cm

やっぱり増えたままw

安倍乙「多分便秘で。慢性の便秘です。」

極度の便秘症でヒドい時には1週間お通じが無い事もあるとか。

出すものを出してお腹がスッキリしないとくびれるものもくびれないのでコレは大問題。

ここで塔筋真弓先生に登場してもらって一人でも出来るという

腸トリートメント

を施すことに。

やり方は、

  • お腹の中心から脇腹にかけてゆっくりとエステのようにお腹をさする
  • おへその下からみぞおちで向けて一直線にさする

イメージとしてはコチラのYouTubed動画のような感じ。

以下は英語による説明動画なので難しいかもしれませんがアニメーションを見るだけでもイメージは掴めるかと。

ちなみに便秘解消は英語で“constipation relief”と表現します。

さらにフラフープの効果を底上げする為に

肋骨引き締め呼吸法

も実践。

これは息を吐く時に肋骨を両手で締めつけてウエストを引き締める呼吸法。

手でコルセットをするイメージ。

さらに、フラフープストレッチも。それって実際どうなの課で検証フラフープを1週間続けると「くびれ効果」はホント?フラフープストレッチ

こちらはシンプルにフラフープを手に持って体をひねる運動。

体をねじる事で横腹の腹斜筋と腸を刺激。

フラフープを回すよりもコチラの方がよっぽど効果的のような・・・w

その後はフラフープ生活に逆戻りで2時間回し続けますが、ここでやっとお通じ到来。

安倍乙「なんか・・・期待はずれでした。」

あまりスッキリはしてない模様w

その後は便意も無く5時間フラフープ。

スポンサーリンク

検証3日目

まずは朝イチのウエストサイズチェックから。

68.6cm

ついにウエストサイズダウン。

その後に再度やって来たお通じのおかげでその成果が出た模様。

この日はもはやフラフープを回しながらお水を飲んで水分補給もこなせるようにレベルアップ。

さらに部屋の中を歩きながらフラフープしたり、2つのフラフープを同時に回したり。

ちなみにこの日の食事メニューは、それって実際どうなの課で検証フラフープを1週間続けると「くびれ効果」はホント?腸活メニュー3

昼食に、

  • 玄米
  • 豚汁
  • もずく

夕食に、

  • ネバネバ蕎麦 (オクラ、山芋、納豆、キムチなど)
  • アボカドのマグロのポキ

結局、よる8時までガンガン回し続けてこの日は終了。

検証4日目、5日目、6日目

4日目朝のウエストサイズは、

71cm

逆戻り・・・w

また便秘が戻って来たのがその原因だそう。

それでも夕方にはかなり大きめのアレが出て行ったようでスッキリ顔。

あとはひたすらフラフープ。

この頃になると15分間ノンストップでフラフープを回せるほどに上達。

5日目、6日目は編集でカットされていよいよ最終結果へ。

検証最終日 くびれ効果は?

最終日の朝。

いよいよ緊張のウエストサイズ計測へ。

結果は、

69cm

70cm → 69cm マイナス1cm

という結果ですね。

ただ、今回は1週間というごく短い期間での実験だったので今後も続ければ結果が出てくると塔筋真弓先生の言葉。

こんなフラフープ生活を延々と続けるぐらいなら普通に筋トレした方がマシでしょうねw

むしろ本人的には食事面をケアした事で体質が改善して便秘も良くなったという手ごたえの方を感じている様子。

つまり、

1週間ずっとフラフープを回し続けたらウエストが1cm減って便秘が解消された

という結論。

といっても「フラフープ以外の効果」の方がよっぽど大きいというのが真実でしょうね。

フラフープのツッコミどころ

そもそも1日中やり続けられる運動というのはそれだけ負荷が小さいという意味でもあるので、ガッと短時間に集中して腹筋(特に横腹の腹斜筋)に効く筋トレメニューを行う方がよっぽど効率的。

食事面では番組で紹介されたように栄養バランスが良く、腸内環境を整える食事を摂ればそれでOK。

その際、筋肉の成長も考えてたんぱく質は多めに。

大豆たんぱく質もいいですが、筋肉には動物性たんぱく質の方が効果的なので鶏のササミやむね肉なども積極的に。豚肉、牛肉でももちろん構いません。

さらに体脂肪を減らすという意味で有酸素運動をとりいれて体脂肪をガンガン燃焼させるのが王道。さらに体脂肪を減らしたいという場合は糖質を夜だけカットしてみたり。特に糖質依存度の高い食事ばかりの人は、糖質食品を減らし、その分を野菜や大豆食品(豆腐、味噌、納豆)などに置き換えしてみたり。

結局、くびれだ何だと言ってもやる事はダイエットに変わりないので正攻法のアプローチが一番正しいのが正直な所。

ハッキリ言ってフラフープなんて空き時間にその場で簡単に出来るという点はメリットかもしれませんが、それだけに集中してやるメリットはほぼ無いと思いますけどね。であれば縄跳びの方が確実に効果があります。

といっても縄跳びは相当キツい運動で1日中やるのは恐らく不可能なので、その辺はトレードオフ。1日中出来ない代わりに集中して行えば良いので考え方次第といった所でしょうか。

また、フラフープに全く意味が無いかと言えばそれはまた誤解であって、骨盤位置を適正に戻すにはある程度は効果があるというのがポイントでしょうか。

特に骨盤が普段から後傾気味で猫背、巻き肩、ストレートネック傾向の人が、骨盤を前傾に変えてお尻をグッと出して胸を張るような姿勢に変わるだけでウエストサイズというのはかなり違って来ます。

これは人体の構造上自然と起こる事なので骨盤矯正をするだけでもウエストサイズがガクッと落ちるんですよね。

特にポッコリお腹が気になるという人はこの骨盤後傾が強かったりですが、そもそも姿勢が綺麗になるので全体的にボディラインが綺麗になるという効果もありますしね。

また、くびれというのは身体のボディパーツを見た時に、上半身の肩・胸と下半身の腰・お尻に挟まれた胴部分を指しますよね。

そこをくびれさせるには上半身と下半身にボリュームがしっかりあるというのも一つの条件。いわゆるアワーグラス体型(砂時計体型)というやつで、日本的な表現でいうと「ボンキュボン」。

つまり、出る所がしっかり出ると引っ込む所が余計に強調される=くびれがある状態になるわけです。

となると、コチラの別記事で紹介しているように上半身、お腹、下半身とトータルで鍛えていくというのが結局のところは「くびれ獲得の近道」と言えるのではないでしょうか。

という事で以上、「それって!?実際どうなの課」でフラフープを1週間ひたすら続けると本当に腰がくびれるのかどうかガチ検証結果&そのウソホントについての考察でした。

第2弾企画が放送されていますのでコチラの記事で。

 - トレーニング

スポンサーリンク