What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ


TBS系ドラマ日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室」ではMER(Mobile Emergency Room)チームのリーダーを務める喜多見幸太チーフドクターを鈴木亮平さんが演じていますが、劇中ではその鍛え上げた筋肉を披露するシーンが所々に登場。というわけでそんな筋トレシーンをちょっとした解説と共にご紹介。

スポンサーリンク

第1話

まずは冒頭からあいさつ代わりと言わんばかりに懸垂で登場の喜多見チーフ。

いかにもアスリートっぽい体型を強調する為にアンダーアーマーのノースリーブを着用。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 懸垂シーン

医療従事者を意識しての白色なんでしょうか。

やっぱりお医者さんのイメージカラーって白衣の白ですよね。

わざわざ別カットも用意してじっくり懸垂シーンを見せるという。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 懸垂シーン ボトムポジション

体のポジションを一番下げた位置(ボトムポジション)で腕をしっかり伸ばしているのが見て取れますね。

懸垂をする時に腕を中途半端に曲げる人がいますがそれでは体の可動域をフルに使えないので、

喜多見チーフのように出来るだけ体を下げるのは大事。

上げ下げをゆったりしたリズムで行っているのもポイント。

素早く動かすよりもゆっくりの方が負荷が高くなるので喜多見チーフはそんなアプローチ。

逆に出来るだけ素早く動かして筋肉の爆発的な力の発揮を養うトレーニングもあるので、

これは何を目的に鍛えるのか?によって使い分ける必要がある所。

そこから急いで着替えるシーンに移ると、TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 着替えシーン

シックスパックがしっかり覗いていますね。

スポンサーリンク

続いてはMERの本拠地で体幹トレーニング中の喜多見チーフ。

両手両足を伸ばして前後にゆらゆら。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 体幹トレーニングシーン

ホローロック(hollow rock)と呼ばれる筋トレメニューの一種ですね。

トレーニングマットもきっちり用意してあって、職場で筋トレする気満々の喜多見チーフ。

奥にダンベルも2種類確認できますね。

「何をしてるんですか?」と音羽技官に冷たく問われると、

喜多見幸太「体幹ですよ。体幹トレーニング。一緒に汗流しますか?」

音羽尚「いらないですよね。医者にそこまでの筋力は。」

喜多見幸太「いりますよ。MERの医者には。」

ちなみに体操選手などがウォーミングアップや補強トレーニングに用いたりするケースも。

コチラが参考のYouTube動画。

前後に揺らさなくても両手両足を上げた状態をキープするホローホールド(hollow hold)というトレーニングでも十分に体幹トレになるので初心者でも取り組みやすいメニューだったり。

お次は着替えシーン。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 着替えシーン2

静止画だと分からないですが、ワイシャツを乱暴に脱ぐシーンでは大胸筋が波打っているのが分かるほど。

腹筋を収縮させると横腹の腹斜筋もしっかりカットがついているのが分かりますね。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 着替えシーン2の腹筋

この辺は体幹トレーニングの賜物でしょうか。

最後は足上げ腕立て伏せ(feet-elevated push up)をする喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 足上げ腕立て伏せ

足から頭のてっぺんまで体が真っ直ぐに伸びているように見えますし綺麗な姿勢ですね。

足を付く位置を上げると負荷のかかり方も変わり、肩などにもより強い負荷がかかるようになるので普通の腕立て伏せよりもレベルアップ。

ダンベルが用意されているぐらいなので、場所も取らないプッシュアップバーの使用も喜多見チーフにおすすめしたい所ですね。

スポンサーリンク

第2話

第2話の筋トレシーンもやっぱり懸垂からスタート。

ここでは懸垂バリエーションのコマンドプルアップ(commando pull up)を行っていますね。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第2話 懸垂シーン コマンドープルアップ

このバリエーションは前腕に負荷が強くかかるやり方。

体を持ち上げたトップポジションをキープしながら高輪先生の来客に驚く喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第2話 懸垂シーン 上腕の筋肉

肘周辺の筋肉に力がはいているのが分かりますね。太い腕を作るためには有効なこのトレーニング。

誰もいなくなった部屋で黙々と腕立て伏せを行う喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第2話 腕立て伏せシーン 暗い部屋で黙々

上げ下げをゆっくりのテンポで行ってじっくり効かせているようですね。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第2話 腕立て伏せシーン 白のノースリーブ

第1話では足上げのバリエーションでしたが、ここではオーソドックスなスタイル。

上腕三頭筋(二の腕)がしっかりと隆起しているのが見て取れます。

バリエーション豊富に様々な刺激を筋肉に入れるというのは良いアプローチですよね。

スポンサーリンク

第3話

見上げるMERのメンバーを尻目に肩や胸を鍛えるディップスに取り組む今回の喜多見チーフ。

全体重を2本の腕だけで支えて上下する種目なので見た目以上にかなりキツい筋トレメニュー。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第3話 ディップス

いわゆる自重トレの中でもハードな部類。

2階の角のL字部分を上手く使って賢くどこでもトレーニング。

麻酔科医の冬木治朗から「チーフ、どこで鍛えてるんですか?」とツッコミを入れられていますが、

喜多見チーフはどこ吹く風。

難しいシチュエーションに腕を組んで仁王立ちの喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第3話 腕組みシーン

逞しい前腕の筋肉が見て取れますね。

第2話で登場したコマンドプルアップは前腕を鍛えるのも使える筋トレ種目なのでトレーニングの成果ですね。

第4話

いつものトレーニング場所でキャスター付きの椅子を代用に使ったTRXクランチ(TRX crunch)を行う喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第4話 TRXクランチ

バランスボールなどを使うリバースジャックナイフ(ボールジャックナイフ)の方が近いでしょうか。

足を胸に向かって引きつけたり離したりして腹筋を鍛えるかなりハードな負荷がかかる筋トレメニュー。

TRX(Total Resistance Exercise)は体操のつり輪のような天井から垂れ下がったストラップを使うトレーニングの事で、いわゆるサスペンショントレーニングと呼ばれていますが、流石にあの部屋にストラップをだらんと垂らすわけにはいかないので。

スポンサーリンク

第5話

第5話はいつもの場所で懸垂をする喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第5話 懸垂シーン

2階で縫合の自主トレーニングを行う音羽先生とは対照的にいつものノースリーブ姿で筋トレ中。

第1話のシーンで既に詳細は述べていますが、体の上げ下げを丁寧に行っているのが見て取れますね。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第5話 懸垂シーン ボトム

腕が伸びきってしまうと負荷が抜けてしまうので、伸びきる直前で止め、そこからまた体を上げていくという動きが大切。

中途半端に上げ下げをすると筋肉の可動域が狭い範囲しか使えないのでトレーニング効果もイマイチに。

その点でいうと喜多見チーフの懸垂は広い可動域を使っているので効果的ですよね。

筋力に余裕が無いと余裕のある動きというのは出来ないものなので、その点で言うと喜多見チーフはしっかりと鍛えられているのが一目瞭然。

第6話

今回はいかにも筋トレという感じのダンベルカールで上腕二頭筋を鍛える喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第6話 ダンベルカール

第1話でチラッと映っていたダンベルがやっと活躍。

エンディングではいつもの格好でERカーの洗車。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第6話 洗車シーン

ここだけ見たらまるで消防隊員のようですね。

かがむと肩の三角筋のカットが見えますね。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第6話 肩の筋肉

腕立て伏せや第3話に登場したディップスなどを行っている喜多見チーフなので鍛錬の賜物。

遠くで見つめる音羽先生をよそになぜかシャツを脱ぎだして上半身裸に。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第6話 上半身裸シーン

菱形筋や大円筋などの形がしっかり出ているのが分かりますが、懸垂などでしっかり背中を鍛えているのでこの結果も納得。

もはやただのサービスショットのように思えますが、

フジテレビ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」でも山下智久さんの着替えシーンがサービスショット的にちょくちょく入っていたのを思い起こさせます。

コチラは決してスポーツクライミングをやっているわけではなく、ただの洗車なのでお間違えなく。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第6話 上半身裸で洗車シーン

“黒塗りの車に乗った連中”が喜多見チーフを監視していたようですが、筋肉の仕上がりでもチェックしていたんでしょうか。

スポンサーリンク

第7話

エンディングシーンではハンギングレッグレイズにいそしむ喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第7話 ハンギングレッグレイズ

なぜわざわざコチラ側を向いているのかは謎です。意外にかまちょな喜多見チーフなのかもしれません。

腹筋を縦に走る腹直筋などに強い刺激が加わるトレーニングメニュー。

上体を起こすいわゆる腹筋運動と呼ばれるクランチやシットアップよりもコチラの方が筋トレ効果は高いという研究データもあったり。

脚を上げる角度や上体を捻る動きなどで横腹の腹斜筋のトレーニングも応用化。

鉄棒にぶら下がっているので当然ながら握力のトレーニングにもなりますし、懸垂が一回も出来ないという人はぶら下がるだけでも懸垂の為の補助トレーニング効果があるので是非。

筋トレに打ち込む喜多見チーフをよそにお喋り中のMERメンバーたちはもうすっかり慣れっこの様子ですね。

後ろで筋トレ中の喜多見チーフのうめき声が聞こえるのにスルー。

メンバーが去った後に遅れて音羽先生が登場。ぶら下がったままやり取り。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第7話 筋トレする喜多見チーフの足と音羽先生

喜多見チーフのレッグレイズと音羽先生と言う謎の2ショット。

ここだけ見たら拷問シーンに見えますが。本人の意思なので。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第7話 拷問シーンに見える喜多見チーフ&音羽先生

ちなみに番組公式ツイッターアカウントでも、

既に紹介済みですが手すりを使ったディップスや、椅子を使ったTRXクランチ(リバースジャックナイフ)。

蔵前&弦巻の2人が行っているのはアキレス腱伸ばしではなく、恐らく段差を使ったブルガリアンスクワットでしょうか。

スポンサーリンク

第8話

第8話は喜多見チーフの洗車シーンからスタート。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第8話 洗車シーン

タオルを首からかけている姿は完全にジム終わりですが、ただ洗車しただけ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第8話 洗車終わりがジム帰りのような

喜多見涼香「なんでいつもお兄ちゃんが洗車してるの?」

喜多見幸太「みんな病院の仕事あるだろ。MER専属(で筋肉見せられるの)は俺だけだから。」

妹の涼香に洗濯物を渡すタイミングで脱衣シーン。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第8話 涼香の前で脱衣シーン

続いてはMER本部のいつもの場所でスター・トゥー・タッチを行う喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第8話 スター・トゥー・タッチ

右足左足と交互にタッチして、ひねりを加えて同僚たちに視線を送る喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第8話 スター・トゥー・タッチで目線

仰向けの状態で自転車を漕ぐように足を動かすバイシクルを行う喜多見チーフとそれを取り囲むMERメンバーたち。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第8話 バイシクルで腹筋

喜多見チーフの筋トレ姿をみんなで見ようの会状態。

腹筋を鍛えるメニューを連続して行ってジャイアントセット法の一種でしょうか。

病室で握力を鍛えるハンドグリッパーを使ってリハビリ中。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第8話 ハンドグリッパー

転んでもただは起きぬ喜多見チーフここにあり。

スポンサーリンク

第9話

TOKYO MER解体の危機を前にして流石に筋トレどころではなかった模様の喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第9話 悩む喜多見チーフ

ここまで毎話恒例だったトレーニングシーンが遂に第9話にして途切れる事に…。

トレーニングは合間に休養期間を設けるのも大事なので今回はそういう事でしょうか。

それだけだと流石に寂しいので、超重量級のシャッターを担いで持ち上げる千住隊長の雄姿。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第9話 超重量級シャッターを持ち上げる千住隊長

かなり珍しいですが、みこし担ぎ状態で行うワンショルダーバーベルスクワット。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第9話 シャッターをワンショルダースクワットで上げる千住隊長

その前に閉まりかけたシャッターを持ち上げるシーンがありますが、TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第9話 シャッターを上げる千住隊長

この姿勢だと恐らく力が十分に発揮されないので、デッドリフト姿勢をベースにする方が良いのではないでしょうか?

千住隊長とか身体のサイズが違い過ぎますが、これだと世界記録ラインで500kgとか持ち上げられますので。

重量挙げのクリーン&ジャークだとこんな具合。

もしくはシャッターを背にして持ち上げる姿勢でも良いかもしれません。

お尻の後ろを通すリバースデッドリフトの要領ですね。

そして、成人男性をお姫様抱っこして息を止めたまま走る喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第9話 お姫様抱っこする喜多見チーフ

お姫様じゃなくて大使様抱っこですけどね。

スポンサーリンク

第10話

第10話はいつもの場所で膝を立てた状態の喜多見チーフからスタート。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第10話 ヨガマットに横になる喜多見先生

何か思いつめた表情から、TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第10話 思いつめた表情の喜多見先生

「よし!」と一声発してから懸垂バーにジャンプ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第10話 サムレスグリップで懸垂する喜多見先生

分かります。その気持ち。恐らく先ほどまでやっていたトレーニング(膝立で仰向けなので恐らく体幹系トレ)の調子が良くなかったんでしょうね…。

それでも継続は力なり「必ずやり遂げる」という意志が大事ですから、トレーニングを続けなければと気合を入れ直したわけです。

ちなみにジャンプで懸垂バーや鉄棒に飛びついて、そこからゆっくり体を下げる方法(ネガティブレップ)でも懸垂のトレーニング効果は望めますので、懸垂がなかなか持ち上がらないという人にはおすすめ。

また、第1話の懸垂シーンと何かが違うのがお分かりになりますか?TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 喜多見先生の第10話の懸垂シーンと第1話を比較

答えは「グリップ幅」と「親指」。

グリップ幅を広くしたり、狭くしたりする事で刺激する筋肉に変化をつける事が出来ますよね。

第10話では親指をかけないサムレスグリップになっていますよね。

サムレスにするとバーを握るというよりも「指を引っかける」意識が強くなるので懸垂であれば背筋を追い込みやすくなるというメリットがあったり。

反対に握力を鍛えられなくなるデメリットもあるので目的によって使い分けるのが大事ですね。

懸垂で握力も一緒に鍛える場合にはタオルを掴むタオルグリップという方法も。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第10話 タオルグリップで握力トレーニング

第11話(最終話)

喜多見幸太「なんだか疲れがどっと出たみたいで。なかなかこう思うように体が動かなくて。あんなに筋トレしてたんですけどね。笑」TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第11話 最終話 あんなに筋トレしてたんですけどね

MERメンバーの前では気丈に振る舞う喜多見チーフ。

思い返せば第1話からほぼ毎回筋トレに励んでいましたよね。

最終話という事もあって筋トレをやってる場合ではないほどの怒涛の展開だったわけですが、

有毒ガスの影響で意識がもうろうとする音羽先生を抱えて持ち上げる喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第11話 最終話 音羽先生を抱えて持ち上げる喜多見先生

そのまままるで社交ダンスのような動きで音羽先生をリリース。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第11話 最終話 まるで社交ダンス?な音羽先生&喜多見先生

片手でパートナーを上手くコントロールする喜多見チーフは流石です。

以上、喜多見チーフの筋肉&筋トレシーンまとめでした。

 - エンタメ

スポンサーリンク