What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ


TBS系ドラマ日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室」ではMER(Mobile Emergency Room)チームのリーダーを務める喜多見幸太チーフドクターを鈴木亮平さんが演じていますが、劇中ではその鍛え上げた筋肉を披露するシーンが所々に登場。というわけでそんな筋トレシーンをちょっとした解説と共にご紹介。

スポンサーリンク

第1話

まずは冒頭からあいさつ代わりと言わんばかりに懸垂で登場の喜多見チーフ。

いかにもアスリートっぽい体型を強調する為にアンダーアーマーのノースリーブを着用。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 懸垂シーン

医療従事者を意識しての白色なんでしょうか。

やっぱりお医者さんのイメージカラーって白衣の白ですよね。

わざわざ別カットも用意してじっくり懸垂シーンを見せるという。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 懸垂シーン ボトムポジション

体のポジションを一番下げた位置(ボトムポジション)で腕をしっかり伸ばしているのが見て取れますね。

懸垂をする時に腕を中途半端に曲げる人がいますがそれでは体の可動域をフルに使えないので、

喜多見チーフのように出来るだけ体を下げるのは大事。

上げ下げをゆったりしたリズムで行っているのもポイント。

素早く動かすよりもゆっくりの方が負荷が高くなるので喜多見チーフはそんなアプローチ。

逆に出来るだけ素早く動かして筋肉の爆発的な力の発揮を養うトレーニングもあるので、

これは何を目的に鍛えるのか?によって使い分ける必要がある所。

そこから急いで着替えるシーンに移ると、TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 着替えシーン

シックスパックがしっかり覗いていますね。

スポンサーリンク

続いてはMERの本拠地で体幹トレーニング中の喜多見チーフ。

両手両足を伸ばして前後にゆらゆら。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 体幹トレーニングシーン

ホローロック(hollow rock)と呼ばれる筋トレメニューの一種ですね。

トレーニングマットもきっちり用意してあって、職場で筋トレする気満々の喜多見チーフ。

奥にダンベルも2種類確認できますね。

「何をしてるんですか?」と音羽技官に冷たく問われると、

喜多見幸太「体幹ですよ。体幹トレーニング。一緒に汗流しますか?」

音羽尚「いらないですよね。医者にそこまでの筋力は。」

喜多見幸太「いりますよ。MERの医者には。」

ちなみに体操選手などがウォーミングアップや補強トレーニングに用いたりするケースも。

コチラが参考のYouTube動画。

前後に揺らさなくても両手両足を上げた状態をキープするホローホールド(hollow hold)というトレーニングでも十分に体幹トレになるので初心者でも取り組みやすいメニューだったり。

お次は着替えシーン。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 着替えシーン2

静止画だと分からないですが、ワイシャツを乱暴に脱ぐシーンでは大胸筋が波打っているのが分かるほど。

腹筋を収縮させると横腹の腹斜筋もしっかりカットがついているのが分かりますね。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 着替えシーン2の腹筋

この辺は体幹トレーニングの賜物でしょうか。

最後は足上げ腕立て伏せ(feet-elevated push up)をする喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第1話 足上げ腕立て伏せ

足から頭のてっぺんまで体が真っ直ぐに伸びているように見えますし綺麗な姿勢ですね。

足を付く位置を上げると負荷のかかり方も変わり、肩などにもより強い負荷がかかるようになるので普通の腕立て伏せよりもレベルアップ。

ダンベルが用意されているぐらいなので、場所も取らないプッシュアップバーの使用も喜多見チーフにおすすめしたい所ですね。

スポンサーリンク

第2話

第2話の筋トレシーンもやっぱり懸垂からスタート。

ここでは懸垂バリエーションのコマンドプルアップ(commando pull up)を行っていますね。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第2話 懸垂シーン コマンドープルアップ

このバリエーションは前腕に負荷が強くかかるやり方。

体を持ち上げたトップポジションをキープしながら高輪先生の来客に驚く喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第2話 懸垂シーン 上腕の筋肉

肘周辺の筋肉に力がはいているのが分かりますね。太い腕を作るためには有効なこのトレーニング。

誰もいなくなった部屋で黙々と腕立て伏せを行う喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第2話 腕立て伏せシーン 暗い部屋で黙々

上げ下げをゆっくりのテンポで行ってじっくり効かせているようですね。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第2話 腕立て伏せシーン 白のノースリーブ

第1話では足上げのバリエーションでしたが、ここではオーソドックスなスタイル。

上腕三頭筋(二の腕)がしっかりと隆起しているのが見て取れます。

バリエーション豊富に様々な刺激を筋肉に入れるというのは良いアプローチですよね。

スポンサーリンク

第3話

見上げるMERのメンバーを尻目に肩や胸を鍛えるディップスに取り組む今回の喜多見チーフ。

全体重を2本の腕だけで支えて上下する種目なので見た目以上にかなりキツい筋トレメニュー。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第3話 ディップス

いわゆる自重トレの中でもハードな部類。

2階の角のL字部分を上手く使って賢くどこでもトレーニング。

麻酔科医の冬木治朗から「チーフ、どこで鍛えてるんですか?」とツッコミを入れられていますが、

喜多見チーフはどこ吹く風。

難しいシチュエーションに腕を組んで仁王立ちの喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第3話 腕組みシーン

逞しい前腕の筋肉が見て取れますね。

第2話で登場したコマンドプルアップは前腕を鍛えるのも使える筋トレ種目なのでトレーニングの成果ですね。

第4話

いつものトレーニング場所でキャスター付きの椅子を使ったTRXクランチ(TRX crunch)を行う喜多見チーフ。TOKYO MER 喜多見チーフ(鈴木亮平)の筋肉&筋トレシーンまとめ 第4話 TRXクランチ

足を胸に向かって引きつけたり離したりして腹筋を鍛えるかなりハードな負荷がかかる筋トレメニュー。

TRX(Total Resistance Exercise)は体操のつり輪のような天井から垂れ下がったストラップを使うトレーニングの事で、いわゆるサスペンショントレーニングと呼ばれていますが、流石にあの部屋にストラップをだらんと垂らすわけにはいかないのでその代用として椅子を使ってトレーニングしているわけですね。

以上、喜多見チーフの筋肉&筋トレシーンまとめでした。

※物語の進行によって追加シーンがあった場合は随時更新予定

 - エンタメ

スポンサーリンク