What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

この歌詞が刺さったグッとフレーズ2022冬 名曲42連発の曲一覧 嵐の選曲は?


22年2月4日放送のTBS系「この歌詞が刺さったグッとフレーズ 世代別珠玉の名歌詞42連発」では歌詞が刺さる名曲をリストアップ。という事で今回も選ばれた嵐の選曲も含めて第3弾放送で紹介された全曲リストを一覧でご紹介。

スポンサーリンク

10代

菅田将暉『虹』

「一生そばにいるから 一生そばにいて 一生離れないように 一生懸命に」

のび太目線で書かれたウェディングソング。

YOASOBI『群青』

「大丈夫、行こう、あとは楽しむだけだ」

「もう今はあの日の透明な僕じゃない ありのままのかけがえの無い僕だ」

コロナ禍で受験生が聴いた曲1位に選出された事も。

乃木坂46『サヨナラの意味』

「サヨナラに強くなれ この出会いに意味がある 悲しみの先に続く 僕たちの未来」

メンバー橋本奈々未の卒業ソングとして作られ、その後はメンバー卒業の度に歌われる別れの定番曲に。

優里『ドライフラワー』

「声も顔も不器用なとこも 全部全部 嫌いじゃないの ドライフラワーみたい 君との日々も きっときっときっときっと 色褪せる」

20代

あいみょん『ハルノヒ』

「君の強さと僕の弱さをわけ合えばどんな凄いことが起こるかな?」

クレヨンしんちゃんのひろしからみさえへのプロポーズをテーマにあいみょんが書き下ろした曲。

Official髭男dism『115万キロのフィルム』

「苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も」

「フィルムは用意したよ 一生分の長さをざっと115万キロ」

友人の結婚式の為に書かれた曲で、そんな経緯もあってか結婚式に使いたい曲1位に選ばれた事も。

サンボマスター『できっこないを やらなくちゃ』

「あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も」

「君ならできない事だって 出来るんだ本当さウソじゃないよ」

レミオロメン『3月9日』

「瞳を閉じればあなたが まぶたのうらにいることで どれほど強くなれたでしょう」

別れの曲、卒業ソングの定番として紹介されたものの、もともとはメンバーの友人の結婚式にあてて作られた曲。

スポンサーリンク

30代

aiko『カブトムシ』

「少し背の高いあなたの耳によせたおでこ 甘い匂いに誘われたあたしはかぶとむし」

aiko曰く、表面上強がっている自分を殻で自分を守るカブトムシに例えたものだとか。

米米CLUB『君がいるだけで』

「たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること」

もともとはメンバーの結婚を祝福する結婚ソングとして作られたという経緯も。

その一方で君を”自分の子供”に置き換える事で子育て応援ソングとして聴けるという面も。

嵐『One Love』

「百年先も愛を誓うよ 君は僕の全てさ」

尾崎豊『僕が僕であるために』

「僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない」

コチラは歌舞伎役者・尾上松也の選曲。

20歳の時に父親を亡くし、若くして当主として家を支えるというプレッシャーに押しつぶされそうになった時に聴いていた曲との事。

大黒摩季『熱くなれ』

ガンバレルーヤよしこの選曲で具体的な歌詞の紹介は無し。

GReeeeN『遥か』

「さようなら また会える日まで 不安と期待を背負って 必ず夢を叶えて笑顔で帰るために」

映画『ROOKIES -卒業-』主題歌

40代

福山雅治『家族になろうよ』

「どんなことも越えていける 家族になろうよ」

元々のタイトルは『幸せになろうよ』だったとか。

THE BLUE HEARTS『TRAIN-TRAIN』

「栄光に向って走る あの列車に乗って行こう」

「世界中に定められたどんな記念日なんかより あなたが生きてる今日はどんなに素晴しいだろう」

スピッツ『空も飛べるはず』

「君と出会った奇跡が この胸にあふれてる」

ドラマ『白線流し』主題歌

スポンサーリンク

50代

サザンオールスターズ『真夏の果実』

「四六時中も好きと言って」 

川谷絵音からは”四六時中”のフレーズはもう真夏の果実の専売特許になってしまったので、うかつに曲で使えない歌詞になってしまったという分析。

長渕剛『乾杯』

「君にしあわせあれ」

結婚式ソングの定番中の定番。

TULIP『青春の影』

「君を幸せにする それこそが これからの僕の生きるしるし」

コチラは45歳で結婚したおぎやはぎ矢作の選曲。

ある程度歳をとってから結婚したからこそ感じる事ができる心境との事。

MISIA『幸せをフォーエバー』

いとうあさこの選曲。

芸人さんたちが真剣プロポーズをするという設定で作られたゼクシィCMで使われた曲。

具体的な歌詞ではなく、CMが印象に残ったという事で紹介。

渡辺美里『My Revolution』

「わかり始めた My Revolution 明日を乱すことさ」

森山直太朗『さくら(独唱)』

「どんなに苦しい時も 君は笑っているから 挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ」

コチラは錦鯉長谷川の選曲。苦労をかけた母親への想いが曲の歌詞と重なるとの事。

イルカ『なごり雪』

「今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった」

ピアノは舞い落ちる雪を表現しているそう。

Mr.Children『Over』

「”風邪が伝染るといけないからキスはしないでおこう”って言ってた」

コチラはおぎやはぎ矢作&川谷絵音の選曲。

スポンサーリンク

主題歌特集

ここは映画、ドラマ、アニメの主題歌にフィーチャーして選曲。

平井堅『瞳をとじて』

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』主題歌

「瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい」

Ofiicial髭男dism『Cry Baby』(10代選曲)

アニメ『東京リベンジャーズ』主題歌

「腐り切ったバッドエンドに抗う」

あいみょん『裸の心』(20代選曲)

ドラマ『私の家政婦ナギサさん』主題歌

「この恋が実りますように 少しだけ 少しだけ そう思わせて」

King & Prince『シンデレラガール』(20代選曲)

ドラマ『花のち晴れ』主題歌

「いつになっても 幾つになっても ボクはキミを守り続ける」

宇多田ヒカル『君に夢中』(20代選曲)

ドラマ『最愛』主題歌

「人生狂わすタイプ」

2021年のベスト曲に挙げる川谷絵音は、歌詞はギャルっぽい言葉遣いが出てくるのにそれをあれだけカッコ良く歌えるのは宇多田ヒカルをおいて他にいないという感想。

MISIA『アイノカタチ』(30代選曲)

ドラマ『義母と娘のブルース』主題歌

「あのね 大好きだよ」

子供にも伝わる”I LOVE YOU”を目指して考案されたフレーズだとか。

DREAMS COME TRUE『LOVE LOVE LOVE』(40代選曲)

ドラマ『愛していると言ってくれ』主題歌

「ただ伝えたいだけなのに ルルルルル うまく言えないんだろう…」

反町隆史『POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~』(40代選曲)

ドラマ『GTO』主題歌

「言いたい事も言えないこんな世の中じゃ POISON」

グズる赤ちゃんに聴かせると泣き止むという事で赤ちゃんにも刺さるとも。

小林明子『恋におちて -Fall in love-』(50代選曲)

ドラマ『金曜日の妻たちへⅢ・恋に落ちて』主題歌

「ダイヤル回して手を止めた」

I’m just a woman Fall in loveの英語歌詞は「私は恋に落ちただけの一人の女なの」という素直な気持ちの表れ。

まだダイヤル式だった頃かと思いきや、実はこの時既にプッシュ式に切り替わっている時代。

流石に古いという事で歌詞の書き直しがドラマプロデューサーから指示されたようですが、作詞担当の湯川れい子は心の迷いはダイヤル式の方が的確に表現できるという事でそのままで行く事になったそう。

DREAMS COME TRUE『何度でも』

ドラマ『救命病棟24時』主題歌

「10000回だめでへとへとになっても 10001回目は何か変わるかもしれない」

「10000回だめで望みなくなっても 10001回目は 来る」

コチラはいとうあさこの選曲。

ZONE『secret base ~君がくれたもの~』

ドラマ『キッズ・ウォー3』主題歌

「君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望忘れない 10年後の8月 また出会えるのを信じて」

コチラはおぎやはぎ矢作&青山テルマの選曲。

スポンサーリンク

有名人が選曲した曲

コチラは番外編として有名アーティスト、スポーツ選手などの有名人が選曲した曲たち。

家入レオ『Shine』

「You can shine 変わらないものはいつもここにあって」

「あきらめかけた時に 何かが生まれたんだ そう 瞳を閉じれば あの日の空に包まれてるよ」

31歳の箱根ランナーとして話題になった今井隆生の選曲。

変わらないもの=諦めない事 という信念を持っていて人生のテーマとの事。

amazarashi『僕が死のうと思ったのは』

「今日はまるで昨日みたいだ 明日を変えるなら今日を変えなきゃ 分かってる分かってる けれど」

「僕が死のうと思ったのは まだあなたに出会ってなかったから あなたのような人が生まれた 世界を少し好きになったよ」

「死ぬことばかり考えてしまうのは きっと生きる事に真面目すぎるから」

清原果耶の選曲。

あなたは人に限らず、景色でも、本でも何でも良く、きっかけ次第で強く生きていけるという分析。

衝撃的なタイトルに反してその内容は応援歌。

以上「この歌詞が刺さったグッとフレーズ 世代別珠玉の名歌詞42連発」で紹介された全曲リストでした。

※リストは42曲に足りませんが番組中に曲だけ流れた、中島みゆき『ファイト!』、プリンセスプリンセス『M』、Ado『うっせぇわ』、木村カエラ『Butterfly』も合わせると42曲。

コチラの記事も

第1弾 グッとフレーズ 世代別の歌詞が刺さる名曲32連発で紹介された全曲リスト

第2弾 この歌詞が刺さったグッとフレーズ2021冬 世代別の名曲30連発で紹介された曲一覧

 - エンタメ

スポンサーリンク