What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

ラジエーションハウス2 八嶋智人のオープニング&エンディングナレーションまとめ


ドラマ「ラジエーションハウス2」ではメインキャストの田中福男役とナレーター役の2役をこなす八嶋智人のオープニング&エンディングのナレーションが印象的。漫画原作版には無いドラマ版独自の演出で、どこか王様のレストランを彷彿させる意味深なナレーションという事で各話ごとにまとめてみました。

スポンサーリンク

第1話

【オープニング】ラジエーションハウス2 八嶋智人のオープニング&エンディングナレーションまとめ 第1話 一枚の手紙

ここに一枚の手紙がある。2年と108日。

2年と108日遠く離れていながらたった一通だけ届いた手紙である。

たった一通だけ。

【エンディング】ラジエーションハウス2 八嶋智人のオープニング&エンディングナレーションまとめ 第1話 七枚の手紙

ここに一枚の手紙がある。2年と108日。

2年と108日遠く離れていながらたった一通だけ届いた手紙である。

ここに写真を武器に命を救おうとする者たちがいる。

そしてここに七枚の手紙がある。

【解説】

アメリカにいる間に五十嵐唯織が差し出したのは甘春杏に送った1通と、

その他に技師仲間に対する6通の計7通。

バラバラになっていたラジエーションハウスのメンバーたちが続編になって再集合するという第1話のストーリーを象徴するアイテムが手紙だったわけですね。

結局、五十嵐との2人きりでの食事に誘われたと勝手に思い描いていた甘春の期待に反して、ラジエーションハウスのメンバー全員が食事に誘われていたというオチがついたわけですが。

スポンサーリンク

第2話

【オープニング】ラジエーションハウス2 八嶋智人のオープニング&エンディングナレーションまとめ 第2話 一本の川

ここに一本の川がある。

向こうの岸とこちらの岸を真っ二つに隔て区別する川だ。

人と人との間にも目には見えない川が流れている。

【エンディング】ラジエーションハウス2 八嶋智人のオープニング&エンディングナレーションまとめ 第2話 大きな架け橋

ここに一本の川がある。

向こうの岸とこちらの岸を真っ二つに隔て区別する川だ。

人と人との間にも目には見えない川が流れている。

だがやがて人は作り出す。

二つをつなぐ大きな架け橋。

【解説】

第2話のテーマは親の心子知らずならぬ「子の心親知らず」だったわけですが、要するに人同士の気持ちのすれ違い。

そして橋を渡っているのはタクシーに乗った甘春杏が辻村駿太郎とのデートの集合場所に急いで向かっているシーン。

川のように隔たりのあった2人の関係性が橋を渡るように遂に急接近?それとも?と暗示するナレーションでした。

ちなみに原作漫画では甘春杏に一方的に思いを寄せる辻村駿太郎という関係性は変わらず、特に進展はないのですが、原作から離れてオリジナルでストーリーが進んでいく傾向の強いドラマ版ではどんな展開になるのかは全くの未知。ラジエーションハウス2 漫画原作版の甘春杏、五十嵐唯織、辻村駿太郎の三角関係

五十嵐唯織と甘春杏の2人の関係性もどうなるのか?そこに広瀬裕乃がどう絡むのか?全ては今後次第という事ですね。

以上、ラジエーションハウス2の八嶋智人によるオープニング&エンディングナレーションまとめでした。

※続きは物語の進行に合わせて随時更新予定

 - エンタメ

スポンサーリンク